2006年05月18日

在宅勤務は普及するか?

在宅勤務は「テレワーク」と呼ばれ、インターネット、メールのネット時代とともに、普及してきました。


往復2時間程度の通勤時間が削減できるし、何より、小さな子供を抱える女性に好評です。

原稿、翻訳、コンピューターグラフィックなどの仕事の適しているようです。


必要な情報はほとんどインターネットで収集できるし、

メールで複数の人たちと瞬時に情報の受発信ができるようになりました。

在宅でも仕事ができてしまう時代になりました。


在宅勤務は本格的に普及するでしょうか?


「TAKさん」自身は在宅勤務はする気は、現時点ではありません。


いつもオフィスで顔を合わせる人は、別にどうでも構いません。

でも、大学のキャンパスでの先生、学生さんとの話し合い、

いろいろな会社、官庁を訪問しての情報交換、

セミナー、講演会などへの参加

などが、「TAKさん」の元気、アイデア、創造、企画の源泉です。


これらは自宅でインターネットを検索しても入手できません。



stake2id at 22:27│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives