2006年05月26日

日曜日の〆切は鬼門?

今度の日曜日はある学会の全国大会発表梗概の電子投稿〆切


最近の学会の梗概投稿はほとんどインターネットで電子投稿

〆切は多くが日曜日


以前は郵送投稿で○月×日消印有効というものだったので、

消印前日に教授主催の最終査読会が行われ、

研究に関する大学、企業の関係者が集まって、検討を重ね、

投稿者は朱書きで真っ赤になった原稿をもとに

徹夜で清書し、郵便局に駆け込んだものです


今は原稿案をメールで関係者に送付し、チェックを受けるのですが、

投稿者が「土日にやればいいや!」

というのか、金曜日に問い合わせても、

「まだ最終梗概はできていません!」

という返事がほとんどです。


投稿直前の土日に緊急事態に陥っても、

関係者全員がスタンバイできている訳ではありません

企業によっては休日はオフィスがしまっていたり、

サーバーにアクセスできない場合もあります


土日に「あの資料がほしいんです」

と言われても、オフィスに入れなかったり、

サーバーにアクセスできないこともあります。


また、頑張って土日に梗概を作成して、投稿した梗概を月曜日以降に関係者に配布しても、

「これで提出しちゃったの?」

と感謝どころか、がっかりされる場合もあります。


直前の土日を「当てにする」ことなく、余裕をもって梗概は書きましょう

そして、関係者には事前に示して、「見ていない!」ということはないようにしておきましょう!




stake2id at 21:59│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives