2009年12月13日

ラケットと彼女の類似性に関する考察

金曜日の夜中降っていた雨もあがって、土曜日は薄日が差して晴れてきました

午前中は、テニスをするのですが、コートは雨でびしょびしょ

シープガットのラケットは使えません

先週は、元ラケは元カノと同じ?雨上がりの日曜日にわかったことで書いたように、元ラケを使ってあまりよくなかったので、今日はテニスクラブに置いてあるモニターラケットを使います

以前、テニスクラブに置いてあるラケットは使い古しのあまりよくないラケットでしたが、最近はメーカーが試打してもらって、気に入ったら、買ってもらおうという、マーケティング作戦で、最新のラケットが置いてあります

すぐに手になじんで、ショットの切れもよく、上々のプレーができました。

さすが、最新のラケットです

でも、今使っているラケットをやめて、このラケットに買い換えることはしません。

このモニターラケットとは、一日限りの縁、です。決して、のめりこんではいけません。

「今日はおかげ様で楽しくプレーができました。また、お会いすることがあれば、よろしくお願いします」で、決して、「これからもよろしくお願いします」ではありません。

どんなに気に入ったって、今のラケットをやめて、今日使ったモニターラケットに買い換えることはしません。

以前、このような機会に使ったモニターラケットが気に入って、買い換えたことがあります。

モニターラケットの時は、本当にショットの切れ、打球感が良く、びしびし決まり、思い通りのプレーができました。

ところが、購入して、自分のラケットになった途端に、「えっ?本当にこのラケットだった?」と思うほど、ショットの切れ、打球感は平凡なものになってしまいました。

自分のものでなかった時の「すばらしさ」は自分のものになった途端になくなります。


やはり、ラケットと彼女には類似性があるようです

何かの縁で1日だけお付き合いするラケットは「一夜限り」ならぬ「一日限りの縁」です。のめりこんではいけません。

乗り換えて、自分のものになった途端に、「自分のものでなかった時のすばらしさ」はなくなります。






stake2id at 21:49│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives