2012年02月27日

メディア芸術による地域文化の進化・地域拠点から世界へ発信

東京六本木の国立新美術館、東京ミッドタウンを中心に数か所で文化庁・メディア芸術祭

が開催されます

120227国立新美術館


受賞作品がサイト

にもアップされています

会場、作品を見つつ、メディア芸術祭部門別会議「メディア芸術による地域文化の進化」

に参加します

120227メルセデス


学生の頃むさぼるように読んだ「構造と力」著者の浅田彰(京都造形大学院長)氏がパネリストにいるので楽しみです

案内文には、

「メディア芸術によって地域拠点をどのように活性化させるのか」

「現状のメディア芸術の各分野をどのように革新させるのか」

「新しい文化創造のコミュニティーをどのように形成していくのか」

「地域のミュージアムや教育機関をどのように活性化させていくのか」

とありますが、これらの議論はマンネリ、陳腐化している感があります。

120227ニコファーレ


浅田氏をはじめとするパネリストの方々からどんなお話があるか?楽しみです


・メディア・アート:芸術と通信の重なり合う部分

・札幌:地下道の空間をアート空間に

・研究とアートは似ている

・クリエイティビティーがあるところに、アートが生まれ、なかなか理解されないこともあれば、共感を生むこともある

・アートが共感を呼び、理解されるためには、技術による支援が必要なことが多い

・アートは自由なモノの見方や考え方を促す媒体

・近代は重工業を背景に東京が地方を集約する形で発展してきた。ポスト近代は地方が東京を介さずに、世界とつながり文化発信

・メディア・アートというコアで地方が文化の拠点となり、文化発信。東京に隠れていた地方の特徴が出てきた。東京以外にも面白いところができてきた

・ハコモノ:誰がどう使いたがっているか?考えてデザインする。メディア・アートだけでなく、利用者の動線を考えて

・公園の中にちょこちょこアート作品を配置するのではなく、公園全体を利用者の視点、使い方を考えたアート作品に

・水は流れる水、反射する水、氷、水蒸気、霧など、いろいろな形態を取る。アートの重要な材料になり得る

・自分でコントロールできないものが、できないゆえの外部性により、重要なリソースになる

・アート、地域の活性化よりも未来の創造を志向する

・メディア・アート:電子情報技術を活用したアートから、ソーシャルな人と人とのインタラクティブなアート、に推移してきている

・音楽、ディジタル化、iPod化により、単なる情報になってしまうおそれがある。その一方で、ライブ活動が増え、体験の復権、も進んでいる

・ソーシャルメディア、人と人との交流は進んだが、人以外の生物、自然、地球との交流はこれから

・メディア・アートとはコミュニケーションを促進するものであってよいが、コミュニケーション以外の、訳のわからないもの、を含んでいてよい

・明治時代の尋常小学校の建設は中央政府の財源よりも、地方の動きによるものが大きかった。同様に中央の動きを待つだけでなく、地方発の活動がもっとあってよい

・マッシブ・データ・フロー、膨大な量のデータを分析する方が、ヘタなモデルを構築するよりも、社会、経済の動きを予測できる


メディアを利用したアートのディジタル化、それに伴うソーシャル化、双方向化、地方からでも、東京に集約することなく世界に発信することが可能、

美術館、博物館など、ハコもの、と呼ばれ、前時代的に金がかかり、陳腐化と言われてきたものが、アートのソーシャル化の伴い、活動の拠点、多様な人がリアルに集まる「場」として復権してきている

などなど、いろいろな可能性を感じたイベントでした





stake2id at 15:57│Comments(0)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「第15回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展...  [ ピンポイントplus ]   2012年03月04日 12:30
 青空がのぞいたオフィス街、東京六本木です。 2012年2月22日(水)から3月4日(日)まで国立新美術館で「第15回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」がひらかれています。 世界58の国と地...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives