2012年11月16日

人はイノベーティブで、環境を自分のニーズに合うように操作する

今週は講演、セミナーにほとんど参加していません。

講演、セミナーは自分が不明な分野について、専門家からわかりやすく情報を入手することができるのですが、スケジュールの調整が可能か?往復の時間がかかる?など、時間と労力がかかります

そこで、キャリア、生活環境について、twitter、Facebookの2/2〜2/3の情報より、まとめてみます



・社会人になってからの方が大学に行きたくなる。いろんなことを知って、いろんなことが見えてくるから

・アントレプレナーシップ:あらゆる人はイノベーティブで、環境を自分のニーズに合うように操作する。これは本能的なもの

・MITテクノロジーレビュー:IT分野を除けば、アメリカでも成功している起業家は50代・60代の方が20代よりもはるかに多い

・クリエィティビティは「解放」に宿るように思われがちだが、実は「抑制」に宿る気がする。特に、日本的な色気や美は後者に宿る。完全な自由ではなく、制約条件下でこそ、 クリエィティビティが生まれる 

・子どもの頃の夢って大切に持ち続けていれば、いつか繋がることもある。持っている夢が、20年先に実現することある。今、目の前にある仕事がやりたかったこととは全く関係ないように見えても、自分の夢につなげる方法は絶対にある(木村文さん)

・君の行いで、君の言葉を穢すなよ 

・企業も個人も同じです。変われば生き残れるのに、変わらないから替えられる。

・結婚相手候補を狙うならコンサル男子に決まり!8個の理由 1、ハイレベルな遺伝子を持つ、2、根性がスゴい、3、給料が高い、4、体力がある、5、良い身体をしている、6、聞き上手、7、独立する人が多い、8、知的で大人 

・諦めやすい性格の人、走りながら考えることが苦手な人は、「すごいアイデア」でプロジェクトを始めるのではなく、「すごいアイデア」でプロジェクトを終わらせる 

・私たちの活動は日々ディジタル記録されている。その多くは、自分以外の手にあり、忘れたい出来事でも消去できない

・英語を読むときも可能なかぎり「音読」するようにしたら、するすると内容が頭に入る・しかもどっぷり残るようになった

・今の自分ができる以上のことにチャレンジすると伸びる!

・障壁は、ひとつひとつ乗り越える。足りないものは、補う。行き止まりに出くわしたら、迂回する。ただちに理想の仕事ができなくとも、常に触手を伸ばして、目の前にある仕事を次の仕事につなげる努力をする。「できない」こと以上に「できる」ことはある

・標準化により市場を拡大し、周辺の差別化領域で収益を上げる。標準化だけではダメ

・いわゆる「言葉にしづらい」ものでも、再現性を担保するには記述、記録が不可欠 

・ステップアップとは、コツコツと努力を積み重ねること、ステップアウトとは、タイミングを計って一気に勝負に出ること。これからはステップアップよりもステップアウトを狙う

・本当に「好き」で「食う」を目指すなら、まずは「プロフィットエンジン」事例を見つけ、自分の“やりたいこと”に当てはめる 

・新分野に進出、新しいことにチャレンジする時は未経験なことばかりで失敗が付きまとう

・素敵は無敵

・アカデミアに残らないことに決めたハーバードの大学院生「アカデミアはね、何が問題かって、あまりにもひとりぼっちな場所なのよ」確かにビジネスに比べればそうかもしれない

・円周率を3とする人は、六角形と円との区別が出来ない人間です。3.14とするあなたはだいぶ良い感じに見えますが、57角形を円と誤認します。つまり 57までしか数えられない人間です。3.14159まで考えれば1000角形ぐらいまで到達します。





stake2id at 13:56│Comments(0)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 結婚してどこに住むかは結婚相手の次に大きな問題?  [ 恋愛コラムリーダー 〜Love Column Reader〜 ]   2012年12月15日 09:04
結婚してどこに住むか? という問題は個人差があまりにも大きい。住み慣れた場所を離れたくない人、知らない場所で新生活をスタートしたい人、仕事のため離れられない人、離れてもいいけど両親が心配な人、と...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives