2013年10月29日

マクドナルド理論:敢えてよくない提案をして議論を活性化する

「マクドナルド理論」を使うとより優れたアイデアが出てきてプロジェクトが進行する

McDonald’s Theory

なるものを見つけました。

131029mac1



ランチタイムにどこに食べに行こうか?ということになりました。

でも誰からも意見が出てきません。

そこで、「マクドナルドに行こうよ」と提案します。

すると、今まで、黙っていたみんなが口をそろえて「ええ!マクドナルドはやめよう」

と言い出します。

そして、「だったら、○○へ行こうよ!」

のように次々に意見が出てきます。


このように、

「実行可能なアイデアのうち最低のもの」を提案することによって、ディスカッションが始まり、人々が急にクリエイティブになること

を「マクドナルド理論」というそうです。

131029mac2



プロジェクト、グループワークの始まりなど、だれからも意見が出てこなくて、

沈黙が支配したり、表層を引っ掻く、議論に終始して、なかなか進まないことがよくあります。

まず、スタートして、議論を活性化するためにも、この「マクドナルド理論」を使ってみるのもいいかもしれません。





stake2id at 23:12│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives