2016年12月09日

6大学卒業生(慶応・上智・東大・東工大・一橋・早稲田)合同クリスマスパーティー2016に参加しました

6大学卒業生(慶応・上智・東大・東工大・一橋・早稲田)合同クリスマスパーティー2016

という案内が来ました。

00d83167-s


数年前より上智大学同窓会と早稲田大学ファイナンス稲門会が士業・金融関係者を中心としたビジネス交流会を開催していました。

又上智大学同窓会は一橋大学同窓会如水会の若手メンバーとの交流を合同クリスマス会などを通じて開催していました。

その後上記3大学で交流会を開催し、順次東京工業大学、東京大学をご招待し前回は5大学で交流会を開催しました。

2013年2月 3大学ビジネス交流会

2014年3月 5大学交流会
 
d38ff7ba


年1回の交流会だけでなく、カジュアルなイベントを通じての交流継続のご希望を多数頂いたことや、ゲストより次回は慶応大学同窓会三田会の方々にもご参加いただきたいというお声がけがあり、満を持して慶応・上智・東大・東工大・一橋・早大卒業生による交流会を開催する運びとなりました。


クリスマスパーティーのほか、3月、9月にも同様の会があり、その時に参加記は、

6大学(慶応・上智・東大・東工大・一橋・早稲田)合同卒業生交流会に参加しました

6大学卒業生(慶応・上智・東大・東工大・一橋・早稲田)合同クリスマスパーティー2015に参加しました

6大学卒業生(慶応・上智・東大・東工大・一橋・早稲田)合同クリスマスパーティー@東大に参加しました

上智大学、東京大学、東京工業大学、一橋大学、早稲田大学、「5大学合同交流会」に参加しました

大学合同交流会にも「二枚目の名刺」の流れ

6大学卒業生(慶応・上智・東大・東工大・一橋・早稲田)合同ビアガーデン交流会@如水会館に参加しました

に書いたとおりです。

97a6d41f


今回のクリスマスパーティーは、上記の6大学に必ずしも限定せずに、「参加したい」お友達がいれば、誘ってきましょう、という感じです。

それゆえ、上記大学以外の方の、たくさん参加されています。


また、

「この6大学(慶応・上智・東大・東工大・一橋・早稲田)の卒業生なのですが、連絡をいただいていません。」

という声を伺うのですが、この同窓会は大学当局が行っているものではなく、各大学の有志が行っているものです。

それゆえ、大学から連絡は来ません。

参加を希望するのであれば、このサイトのリンクから主催者のサイトにたどり着くとか、「TAK」さんの知り合いであれば次回以降連絡を転送します。


さて、今回の交流会は大人気で、参加者が多くて、ゆっくり写真撮影をしているヒマもなかったほどです。

それゆえ、掲載している写真は今回の交流会だけでなく、前回以前のものも含みます。

IMG_20161208_204851695


この会には、女優およびキャスター、かつ参議院議員の石井苗子さん(上智大学および東京大学卒業生)が参加され、ご自身が中心に推進している

東日本大震災被災住民支援プロジェクト「きぼうときずな」

について熱く語ってくださいます。

67dc199d-s


さて、各大学の卒業生交流会であれば、学部、年代を超えた交流ができますが、大学の枠の中だったりします

この交流会の楽しいところが、大学の枠を超えて、友達の輪が広がってゆく、ことでしょうか

「TAK」さんは東大を卒業、東大大学院を修了、社会人になってから東工大大学院を修了、ということで、大学の枠を超えて、ゆるやかにつなぐ役割ができそうです

c1da4237


「みなさん、よく、こういう会をされるのですか?」

という質問をたくさん受けましたが、上に書いたとおり、年に3回程度です。

実際に会うのは年に1〜3回、ただ、日ごろの活動はソーシャル・メディアで何となく、知っている、という状況でしょうか。

ソーシャルメディアの時代と言われますが、それに加えて、この「年に1〜3回、実際に会う」のが大きかったりします。

a43ce6db


さて、このクリスマスパーティーは立食形式です。

初対面が多く、ちょっと雰囲気が堅かった参加者同士もすぐに打ち解け、会話が始まり、知り合いを通じて、新たなつながりができる、という楽しい雰囲気になりました。

さて、こういった交流会で、お話した方、全員とお友達になる訳ではありません

ただ、前回の交流会で、お知り合いになって、お友達づきあいを続けている方々もたくさんいます

この会は、大学、業界の枠を超えたつながりができるきっかけ、であることは間違いなさそうです



stake2id at 19:45│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives