2017年04月06日

人生とはプランBを用意、制御、シミュレーションしつつ、生きていく

4月は新たな生活がスタートする時期、胸をふくらませて、大学、社会人の新生活を始めた人も多いことと思います。

ただ、必ずしもすべての人がハッピーかと言うと、必ずしもそうでもないようです。

225a1c0d


第1志望の大学には入れなかった、希望するゼミ、研究室には入れなかった、修士論文のテーマは必ずしもやりたいテーマではなかった

希望していた会社、官庁に就職できたけれども、配属先が希望とは違う部署だった、東京で働きたかったのに地方勤務となった

などなど

5a5480e0-s


入試など、自分の実力の発揮が結果に反映されるもの、人事異動、選抜チームの編成など、自分はコントロールできないもの、

を含めて、すべてが希望通り、とは、なかなかいかないようです。

3da75e45


解散したSMAPの曲「夜空のムコウ」に、

「すべてが思うほど、うまくはいかないみたいだ。(でも)夜空のムコウには、もう明日が待っている」

とありますが、まさにその通りで、失意の自分の気持ちなど察することなく、社会はどんどん進んでいきます。

とどまっていると、置いていかれてしまいます。

d85ce9fc


キャリアアップと「夢を持って、自分のやりたいことをやる」について




第1志望の大学には入れなかった、希望するゼミ、研究室には入れなかった、修士論文のテーマは必ずしもやりたいテーマではなかった

必ずしも自分がやりたいことはできなかったけれど、夢を持ちつつ、折り合いをつけてきたのではないでしょうか?

a1a05300


「夢を持って、自分のやりたいことをやる」

ただ、これだけ言われても、困ってしまい、茶番になってしまうかもしれません。

しっかりと結果を出し、実績を積み、信頼を重ね、ネットワークを広げていくことが、「夢を持って、自分のやりたいことをやる」へつながっていきます。


「夢を持って、自分のやりたいことをやる」の弱点は、上記のように、夢、自分のやりたいことができなかった時に、挫折し、止まったままになってしまうことです。

1d1d79f8


こういった時に有効なのが、

キャリアは偶然をたぐり寄せつつ、構築していく。プランBも用意して




選択する際には、本命プランだけでなく、本命がうまくいかなかった時の、プランBも用意しておく


プランBを用意しておくだけではなく、本命がうまくいかずに、プランBを発動した場合の、当面のゴール、そのゴールへの制御、短期的なシミュレーションがあれば、失意の中でも、とにかく動き出せます

48725cb3-s


人生とはフィードバック制御?リアルタイム制御?最適制御?




バスケットボールの試合は、両チーム5人ずつの選手が参加して、場面は刻々と変化していきます。

この場合の制御は、各選手に対する、リアルタイム制御なのですが、バスケットボールの試合のゴールは、計40分後の試合終了時に、相手よりも1点以上の得点を取っている状態が求められます。

すると、試合終了時から逆時間で解く問題になります。

46a6f68b


ところが、初任のコーチは、刻々と変化するリアルタイムの状況についていくのがやっとで、おろおろするばかりで、この、試合終了時から逆時間で解く問題ができなかったりします。

また、ゴール自体が変化することもあります。

進行している複数のゲームにより、対戦相手が決まる場合など、進行状況により、「勝つと強豪と当たるが、引き分けでも勝ち進めて、その場合は、力が劣る相手と対戦」というように、目指すゴールが途中で変わることも少なくありません。

cfe88567


また、制御には外乱がつきものです。

外乱にも、ある程度、想定されている外乱と、想定、予期していない外乱があります。

こう考えると、人生とは制御理論を活用したプロセス、とも言えそうです。


30360d31


人工知能に大学、産業、ビジネスはどう対応する?


シミュレーション、最近では、リアルタイムで得られるデータを逐次、入力していくことにより、実際を反映した結果を得る「データの同化」が一般的になり、初期条件、境界条件、方程式そのものが、よくわかっていない時でも、正確な予測ができることが知られています。


5bbdc3df


入社して初めての上司、3年目くらいの仕事経験が大切、と言われても


キャリアとは、本人にはコントロールできない要素が伴う環境下で、事前にはよくわからず、結果としてわかる状況で形成していく、ということでしょうか。

さらに付け加えるならば、事前にある程度のキャリア計画はあるとしても、刻々と変化する時代、状況に合わせて、計画も修正していかなければなりません。

ece1d369


人生とは、何かを計画しているときに起きてしまう「別の出来事」である




人生とは、何かを計画しているときに起きてしまう「別の出来事」である (シリア・ハンター)

人生は、「計画」をいつも超えていきます。

だからといって、「計画をしないこと」が知性的態度とはいえないのですが、人生を愉しむためには、一方で「計画」をしつつも、他方では「計画を超えること」を受け入れ、新たに変化することを厭わぬ姿勢が求められます。


8fed583f


後から振り返って、「あれがターニング・ポイントだったな」と感じることがあります。

ただ、その当時は、「たまたま」だったりすることがほとんどです。

つまり、重大な人生の決断、よりも、「たまたま」がターニング・ポイントだったりします。

もちろん、振り返ったときは、いろいろな理由をつけたり、説明できたりします。でも、その時は、「たまたま」だったりします

直感の大切さ、反面で、その危うさも理解しつつ、即興の世界の中を、プランBを用意して、偶然をたぐり寄せつつ、構築していくのがキャリア
と書いたとおりです。




stake2id at 20:12│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
最新記事
Archives