2017年10月09日

東京工業大学工大祭2017に行ってきました

工大祭2017

1


工大祭は、大岡山キャンパスが1年で最も熱気に包まれる2日間のお祭りです。

講義室では様々な展示や発表が行われ、キャンパスにはたくさんの模擬店が並びます。

6


野外ステージではバンドコンサートやお笑いライブなど、様々なイベントが行われ、大いに盛り上がります。

最先端の研究や技術を体験できる、恒例の研究室公開も行います。

5


2017年のテーマ「Prism(プリズム)」

プリズムは、それ自身だけでは輝きませんが、光を受けると綺麗な虹を作り出します。

2


工大祭も同じように、来場者や学内生、教職員、地域の方々の支えがないと成立できません。

ご協力してくれた方々に感謝をして、輝かしい工大祭を生み出そう!

18


まず、東工大スローガンが来場者を迎えます。

「ちがう未来をみつめていく。変わらぬ思いの先に東工大の未来がある。」

20


工大祭のイラストも面白いです。

4


学園祭は、その大学の特徴、性格が、物凄く、よく出ます。

焼きそば、揚げドーナッツ、などの模擬店が多いので、そんなに変わりはないのでは?という声も聞きますが、東大五月祭、駒場祭、早稲田祭、慶應三田祭など、大学学園祭ごとで、模擬店の呼び込みなど雰囲気も違ってきます。

7


東工大工大祭は、それなりに、にぎやかですが、上に挙げた大学に比べると、少し大人しめの感じがします。

12


さて、興味深い学術講演も数多くありますが、限られた時間ですから、キャンパス内をできる限り歩き回って、学園祭の雰囲気を味わうことにします。

11


工大祭では航空機、チタン合金、宇宙など理工系大学ならではの企画が満載です。

13


秋のひと時、工大祭の雰囲気を味わうことができました。

来年も来たいです。


















stake2id at 19:04│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives