2018年03月27日

サイエンスの学びから将来の夢へ

リケジョ-未来シンポジウム・サイエンスの学びから将来の夢へ

という案内が来ました。

11


「TAK」さんは、「理系女子」という言葉が嫌いです。

どのような職業でもコンピューターは駆使し、法律、経済は必須で、物理、化学、生物の法則にしたがい、生きていくには哲学が必要、である以上、文系、理系という区分けが時代遅れで、融合、再統合が必須です。

今でも、理工系に進学する女子学生は少ないのですが、人工知能、ロボットを志す女子は増えてくるでしょう。

topimg


主催者の機構長の挨拶にも


私が高校生のときに理系に進学することを決めました。

すると、周囲のオトナたちはびっくりしました。なぜならば、当時、女性は文系に進学するのがあたりまえ、理系は男性が進学する領域という社会の通念が存在していたからです。

13


しかし、時代は変わり、かつては少数派であった理系女性が増加し、さまざまな場面で輝きながら活躍する時代となりました。

しかし、社会はこれまで以上に多くの理系女性を必要としています。


とあります。

00a96ff7


理系女性シンポジウム「女子生徒にとっての物理・数学」




女子生徒本人よりも、親御さん、先生たちの周囲、あるいは社会全般にいまだに

「女子は理工系へ行くものではない」「女の子なのだから東大へ行くことない」

という根強い思い込みがあり、これが女子学生の理工系進出を阻んでいるのではないか

989ae4fd


ICT、人工知能、バイオ技術など、これから進展していく分野に、大いに女性にも進出してほしいものです。


と書いたように、女子生徒本人よりも、親御さん、先生たちの周囲、あるいは社会全般が、いまだに古い概念にとらわれているようです。

12


人々の想いと現実社会のギャップ

経済成長からキャリアを考えるとわかりやすい

キャリア構想と社会の進展のギャップ




人々は技術の進展、社会の変革は十分に認識しつつも、一方では、キャリア構想は「高度経済成長期」から、それほど進歩がない。官庁、大企業に就職し、組織内で出世して、高いポジションを得ること、と考えている。


8eaf77c2



と書いたのですが、ICT、人工知能、バイオ技術など、科学技術の進展がすさまじい世の中にいながら、理工系とはモノづくり、

少子化、女子の高学歴化を反映して、共働き世帯が、専業主婦世帯を大きく上回っているのに、女子は結婚、出産と共に家庭へ

という、時代い遅れの古い意識が広くはびこっているようです。

このような事態を少しでも打開するには、女子生徒本人よりも、親御さん、先生たちへの啓発が欠かせないのですが、

このシンポジウムでは、それを反映して、親御さん、先生たちの参加がかなりの率を占めます。

17b5f666


理系女性シンポジウム「女子生徒にとっての物理・数学」

に書いたように


社会の変化が急激で、グーグルなど、IT関連では急成長する産業も多く、大学入試時点で将来の職業を描くのは難しいのかもしれません。


親御さん、先生たちだけでなく、少し上のお兄さん、お姉さんの経験、意見をたくさん聞いて参考にするといいかもしれません。







stake2id at 19:29│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives