2018年06月10日

新しい動きは中心よりも周辺から始まる、動きをうごかす

東大駒場リサーチキャンパス公開2018

という案内が来ました。

IMG_20180608_125603


東大駒場リサーチキャンパス公開2016に行ってきました





東大駒場リサーチキャンパスには、生産技術研究所と先端科学技術研究センターがあります

東大の中心である本郷キャンパスから、離れた場所で、自由な雰囲気で研究するのが特徴です。

このふたつの組織が同じ敷地内にあり、同日にイベントを行うことで、いい意味でも悪い意味でも、お互いが影響しあうようになっているのでしょう。


IMG_20160602_13265924


この、東大の中心の本郷キャンパスから離れた、東大駒場リサーチキャンパスのさらに外れにS棟があります。

最近この外れのS棟から、新たな面白い動きが起きています。

IMG_20180608_143856


そのひとつが、「動きをうごかす展」

主催の山中俊治教授から、これまで伺ったお話を以下に書きます。

先端研究の場でデザインが果たす新しい役割〜プロトタイピングが開く未来


デザインは単なるスタイリングではなく、人と人工物とのあらゆる関わりを計画し、統合的に幸福な体験を実現するための技術になりました。

研究の場においても、新しい技術がもたらす価値を共有し、様々な人材を巻き込み、社会に対して未来の姿を訴えてゆくために、デザインが大きな役割を果たすようになりつつあります。

17a08ea8-s


デザイン:人とモノの間で起こる、ほぼすべてのことを計画し、幸福な体験を実現すること

美しいロボットとは何か?:構造が美しい。ふるまいが美しい。わかりやすい。

なぜ美しくないとダメか?:究極の人工物の姿を探る。未来の姿。

8f0e1492-s


まだ「カタチ」になっていない技術が、「カタチ」を与えられたがっている。

技術に「カタチ」を与ると、社会とつながる。

チタン、一般に高価だが、レアメタルではなく、9番目に多い元素。多くは酸化チタンで存在し、純チタンにするのにコストがかかる。

a588eac3-s


義足、第1次大戦で需要が急増し、量産体制へ。人と人工物が調和する未来。

プロトタイプは単なる実験機ではない。

ユーザー体験を事前に提示し、技術がもたらす価値を共有するもの。


e043e984-s


同じく、山中俊治教授の

美しく見せるってなんだろう 研究の面白さの伝え方

も興味深かったので紹介します。

22


アーティストやデザイナーだけでなく、最近は研究者にとっても増えてきた「展示」の機会。まだまだ、研究成果を机の上に置くだけの方も多いかもしれません。

展示に共通するのは「研究をわかりやすく、そして美しく見せる」ということ。

23


研究者は、論文を書いて、発表するだけでなく、研究成果を「展示」し、説明する機会が増えています。

研究成果を知ってもらい、活用してもらい、フィードバックも得る、絶好のチャンスだったりします。

IMG_20180608_143922


与えられた情報を、与えられた場所に、しっかり美しく、収めることの大切さ。

イベントの企画、どれだけ当事者ではなく、シロウトでいられるか?参加者の立場で見る。

研究は「すべて」伝える必要はなく、「コア」を伝えることが大切。

dbbd3f81-s


専門家になる必要はないが、本質がわからないとデザインできない。

クリエーション。「表現」を与える。

展覧会、主役は展示物。参加者がどれだけ、展示物を楽しめるか?

ちょっとしたことで、参加者のストレスが全く違う。

ddac1201-s


研究室とギャラリーの境界がなくなる。ギャラリーでプレゼンすることも研究の一環。

「わかるから、面白い」ことがある反面、「わからないから、面白そう」だったりすることもある。わかってしまうことによる、つまらなさ。

展示会、準備を含めて、コミュニケーション




stake2id at 16:13│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives