2019年07月22日

参議院選2019・参院選の注目ライン(2019年1月)

「改憲3分の2」維持できず=自公、改選過半数

NHK選挙Web


参議院選挙は自民・公明が改選過半数を獲得するも、改憲発議の2/3には届かず、という結果になりました。

poster-800x1131

3年前の参議院選挙の様子は、

参議院選挙、自民大勝ではなく、民進に政権担当能力はないが、一応の抑止力(2016年7月12日)




与党大勝、改選過半数…改憲派3分の2超す


でしたので、与党の自民・公明は勝ったものの、勢力は減らした、というところでしょうか

kaihyou01-720x480

科学技術外交シンポジウム(科学技術を通じた日本外交の新たな方向)に行ってきました




「1番でなきゃ、いけないんですか?」

は民主党が政権担当能力に欠けることを象徴する言葉で、強く国民の印象に突き刺さりました。

それが、現自民党安倍政権が安保法制などで、強気に出られる原因かとも感じます。


と書いたように、民主党は政権担当時に政権担当能力がないことを露呈しました。

ea72d1c7

この蓮舫行政刷新担当大臣の言葉以外にも、

厚生労働大臣なのに、年金の名寄せ問題を指摘しただけで、十分な改善もできず、医療行政は全くわからない長妻大臣

国際舞台で各国首脳が歓談する中、全く浮いている、野田総理大臣

震災による原発事故で、必死に対応している現場をわざわざ乱しにいく菅総理大臣

などなど

20190722-00135157-roupeiro-000-10-view

「自民党の横暴はストップさせたい」「さりとて、野党には政権担当能力がない」

「衆参のねじれ状態では、何も進まない」

「改憲は議論はともかく、今、行う時期ではない」

今回の参議院選挙では、国民の苦渋の選択を映し出す結果となりました。

8

細かいところを見ると、

自民党は公示前改選議席から9減らしたのですから普通の解釈は「負け」です。

立憲も前が少なすぎたので、東京、大阪、兵庫で取りこぼしたことを考えれば決して「議席を伸ばした」とは言えません。

秋田・新潟・愛媛などで勝てたのも「敵失」です。

8abcf34b

イギリス国民投票、EU離脱を選択、によせて


勢い余って、EU離脱という結果になってしまったイギリスと異なり、日本国民の選択は、まずまず妥当な結果だった、と考えます。

今後の政治運営が楽しみです。




2019年07月19日

スマートシティー、人口が集中する都市を、快適生活空間にデザインする



cdbc5828


都市が快適生活空間であるためには、居住空間だけでなく、交通、物流、さらには余暇を過ごす空間も快適であることが求められます。

すなわち、自然環境、人工環境、社会環境を、スマート、グリーン、レジリエントにデザインすることが求められます。


と書きました。

GL2

すると、

高い建物を建てても街は変わらないけど、1階部分次第で街は生き返る

未来づくりはまちづくり 「1階づくりはまちづくり」


という記事を見つけました。

IMG_20190616_183201

街のグランドレベル(1階)に人の姿が日常的にあることが最も重要なんです。

街を歩く時に5階や6階ではなく、1階やその周縁の景色を見て歩いているのです。

だから『1階づくりはまちづくり』なのです。

人の気配で溢れる魅力的な街には人が自然と集まってしまう「居場所」が街の一階を満たしている。

人の気配がない街には1階に人を滞留させる機能が充実していない。

IMG_20190616_184834

建築をひらき、まちをつくっていく、オープンハウス



まちづくりについては、

コミュニティーデザイン、人がつながり、活動する仕組みとは?





コミュニティーというと、以前は地域コミュニティーのような、集まりが考えられましたが、インターネットの時代になって、地域という、空間的な制約を超えて、時には国境も超えて、人々が集まるプラットフォーム、

組織が「壁」があり、出入りが制約され、閉ざされている、のに対し、コミュニティーは、オープンで、出入りが自由、なのが特徴だったりします。

ハードからソフトという流れが主でしたが、最近、逆にハードの重要性が見直されてきました。


IMG_20190616_172745

将来への架け橋としての博物館、美術館、図書館




「箱物」行政と言うと、建築物を作って、職員も雇うのだけれど、ほとんど利用されず、税金の無駄遣い、のような言われ方をしていたことがあります。

ところが、最近では博物館、美術館、図書館などの「箱物」が元気です。

来る人を待っているだけではなく、活動の幅を広げて、いろいろなイベントを行っています。

「箱物」のいいところは、とにかく、人が集まる、物理的な「場」があること

共通のテーマに関心がある人が集まると、人と人のネットワークが生まれ、また、新しい動きが起きます


IMG_20190621_123242

文化の醸成に大切なのはふれあいの場




文化的環境の整備を目的に帝国劇場が作られたが、劇場で上演される演劇もさることながら、実際にはより重要だったのが、開幕までの時間を過ごす場、通路では政財界の知名人、文化人が挨拶を交わし、談笑するサロンの役目を果たした、ということ


IMG_20190621_111431 - コピー

コミュニティーデザイン、多様な人が集まり、つながる「場」をつくるには




人が集まる「場」の重要性が見直されてきています。

ネットの時代だからこそ、リアルな「場」が大切だったりします。

IMG_20190618_112112

コミュニティーが選択されるのか、

「場」が、人が集まり、栄えるのか、人が去っていき、寂れてしまうのか、

は、「何をやる場なのか?」に加えて、「どんな人が集まっているのか?」が大切だったりします。

楽しそうな人が集まっていると、多くの人が集まってくるし、閉鎖的な内輪感がすると、去っていきます。


IMG_20190619_092207

建築についても、

建築デザインという学問

建築的思考を演劇、アート、ファッションに展開する


建築は、人が居住する建物、場、の設計、製作であり、工学的な構造計算、人の居住に適した冷暖房、照明、給湯などの設備設計、意匠など、デザインを総合的に行うものです。

理論、原理に従い、精密な計算を行いつつ、それを、人の居住という視点から、設計、建設していきます。

まさに、人間とエンジニアリングが出会う場所です。


のように考えてきました。


a93e6337

メディアとコミュニティー「えんがわでのワークショップから」


昔の農家には、家の座敷の外側に「えんがわ」がありました。

近所の人がやって来て、家に上がるのではなく、「えんがわ」に座る。

お茶を飲んで、お茶菓子を食べて、他愛のない世間話をする。

そして、お互いに頃合いを見計らって、「それじゃ」と帰って行く。

家の中でもない、外でもない、境界領域の「えんがわ」がありました。

マンションのような集合住宅になって、堅固なドアが家の外と中を厳格に分ける、今の時代には、住宅の「えんがわ」はなくなってしまったのかもしれません。

でも、社会の「えんがわ」は、どうでしょうか?


IMG_20190619_162658

「建築の際」「際(きは)」と「縁側(えんがわ)」



「建築の際」、「際」で閉ざすのではなく、「際」でつながる。互いに異質なものが接合し、時にぶつかり合い、反発し、時には融合し、収斂と拡散を繰り返していく。


GL1

建物と街との、接点は1階です。というよりも、1階までが街の続きです。

そして1階が訪れた人々を建物へいざなう、入り口、玄関です。

もちろん、マンション、オフィスなどは、セキュリティーが大切で、1階で不審者を入れないデザインになっていることが大切です。

IMG_20190621_115856

一方で、ミュージアム、商業施設などは1階が、人が入りやすい、集まりやすいデザインになっているか、が大切です。

せっかく高層部に、眺望のよいレストラン、など施設を充実させたのに、人が集まらない建築物も、よくあります。

だから『1階づくりはまちづくり』です。

今後考えてみたいテーマです。




2019年07月17日

スマートシティー、人口が集中する都市を、快適生活空間にデザインする



IMG_20190618_104310


人の動きはGPS、SNSから、人々の感情は、街のカメラ、SNSから、リアルタイムで観測できます。


と書いたように、

IMG_20190619_100646

スマフォのGPSから、あなたの位置情報、行動履歴は記録され、スマフォの電子決済から、購買履歴が記録され、SNS、グーグルなどの検索、アクセス履歴も記録されます。

街の防犯カメラの記録には、あなたの映像も記録されます。

つまり、もはやプライバシーなどありません。

やましいことをするとすぐにばれるので、もうできない訳ですが、一方で、「先週会ったのは誰だったっけ?」なんて検索は簡単にできます。

IMG_20190618_103651

SUICA、PASMOなどの電子媒体が、鉄道のキセル乗車の防止に大いに貢献したのですが、違法行為の防止は確実に進みます。

防犯カメラも、犯罪が起きてからの犯人逮捕への貢献だけではなく、危なさそうな人、行為へのアラーム機能などは、もうすぐできそうです。

自動車も完全自動運転はまだ先としても、逆走防止、事故防止、交通規則違反防止などの機能は、もうすぐできそうです。

IMG_20190618_104737

人工知能、IoT時代の人材育成とは




7d82b583


Society 5.0


とは、狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)

とのことです。

IMG_20190620_094113

似たような言葉に、

第4次産業革命

があります。

cdbc5828

これは、

第4次産業革命とは、18世紀末以降の水力や蒸気機関による工場の機械化である第1次産業革命、20世紀初頭の分業に基づく電力を用いた大量生産である第2次産業革命、1970年代初頭からの電子工学や情報技術を用いた一層のオートメーション化である第3次産業革命に続く、

IoT及びビッグデータ、AIがコアとなる技術革新

とのことです。

IMG_20190618_103756

これについては、

システム・イノベーション、独立したシステムがゆるやかにつながると




第4次産業革命は、ディジタル化を強力に進める技術によるシステム化がキーテクノロジーとなり、製造業の革新は勿論のこと社会の変革までも視野に入れたグローバルなムーブメントになっています。

社会全体が複雑化・広域化・大規模化した環境のもとで「よいシステム」を創案し、効率よく構築・運用することが、製造、経営、流通など人間活動のあらゆる側面でもっとも重要な課題として浮かび上がっています。


と書いたとおりです。


about-5g-1

第5世代移動通信システム5G社会


がもうすぐやってきます。

高速・大容量化、超多数端末接続、超低遅延、超高信頼性など、が期待されるのですが、

スマフォへのダウンロードが劇的に早くなるのがポイントではなく、

例えば、自動車と信号、自動車同士など、機械、装置同士での情報通信が高速で行われることがポイントです。

つまり、社会全体の情報が記録され、つながることになります。

0dcfe598

それれの情報をHUAWEI(ファーウェイ)を通じて中国政府に伝わる、CISCOを通じてアメリカ政府に伝わる、

ことなどを危惧し、米中摩擦につながっています。

IMG_20190618_102150

さて、時代の流れでは、あなたの全情報は、他の人々、機械、装置の情報とつながります。

情報同士がつながると、新たな価値を生み出します。

「苦手な人と遭遇しそうだったら回避する」

「ほしかったものが、この先の店に売っている」

「会いたかった友達が近くにいる」

などなど

IMG_20190619_094837

すべての情報がリアルタイムでつながった社会はどういう社会になるのか、楽しみです。











2019年07月12日

最近、官民人材交流、官庁から民間企業への出向、逆に民間企業から官庁への出向
など、人材の交流が盛んです。

60737537

目的は、

所属する組織とは異なる文化、風習の組織で働くことにより、

異なる価値観、考え方を身に着け、帰ってきてから、その価値観、考え方を広めてほしい

組織間の交流の懸け橋になってほしい

というところでしょうか

0633f5e4

文化のグローバル化は国境を超える人々による




金融、経済はネット社会になり、既に国境を超えていますが、文化はネットで発信は可能なものの、国境を超える人々の交流、インタラクションによるところが大きい、と感じます。


と書いたように、古代からの東西の文化交流の時代から、

文化の交流は人の行き来により、もたらされるところが大きい、ようです。

そして、それを担う人たちが、文化、交流の懸け橋となります。

dd9a72c4

ここまでは、よいのですが、問題は、他の組織で働いた人が、元の組織に戻ってからです。

上に書いたように、

「異なる価値観、考え方を身に着け、帰ってきてから、その価値観、考え方を広めてほしい」

ということなのですが、戻った組織は、変わりません。元のままです。

すると、懸け橋の人は、強い違和感にさいなまれます。

これは、人材交流だけでなく、海外留学、海外駐在から帰ってきた人も感じる違和感です。

45783be3

社会を動かす工学は文理融合というよりも文理混在




社会制度には「慣性の法則」が働き、簡単には変わりません。


と書いた通りで、組織にも慣性の法則が働き、そう簡単には変わりません。

df7712b3-s

上に書いたように、懸け橋の人は、強い違和感にさいなまれ、元の組織を辞めてしまう人も少なくありません。

社会を動かす工学は文理融合というよりも文理混在



9aec57ad


縦割り社会では、俯瞰・構想し、横方向につなげ、展開することが大切です。


と書いた通り、変わらないのなら、辞めなくても、横方向につなげ、展開する方法もありそうです。





2019年06月25日

香港理工大学で開催された、国際学会

CIB World Building Congress 2019 (CIB WBC 2019)


に参加します。

IMG_20190620_204103

折から、香港では、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」の改正案に反対する大規模デモが起きており、

「危険なので見合わせた方がよいのでは」

と周囲が心配しました。

https _imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO4644574022062019FF8001-PN1-2

ところが、香港を訪れている知人のFacebookを見ると、「危険」という感じではありませんでした。

「香港の今の状況は、どうですか?」

と尋ねると、

「確かに、香港島の立法府周辺は、騒然としているようだけれど、それ以外の場所は平穏です」

という返事でした。

IMG_20190619_092207

自分の研究発表が2件あるので、とにかく行くことにしました。

すると、知人の言うとおり、

「確かに、香港島の立法府周辺は、騒然としているようだけれど、それ以外の場所は平穏です」

でした。

IMG_20190620_195738

ネットの時代には、なんでもすぐに調べることができます。

ただ、ネット、報道では、インパクト、刺激のある情報を発信しようとするため、実際には一部分を、全体であるかのように、錯覚することがあります。

一般情報だけではなく、信頼できる知人、友人の情報が大切です。




香港理工大学で開催された、国際学会

CIB World Building Congress 2019 (CIB WBC 2019)


に参加します。

IMG_20190620_091720

今回のテーマはスマートシティー

都市部への人口集中は、世界的な傾向、現象です。

日本でも東京など都心部への人口集中が起きていますが、

中国、インド、東南アジア、中南米、アフリカ諸国では、

はるかに、それを上回る都市部への人口集中が起きています。

IMG_20190618_103756

日本では、東京への一極集中の抑制し、地方創生が大切、と言われますが、

海外では、生活、サービスが便利で、仕事、ビジネス、お金が集まる都市に人口が集まるのは、自然な現象で、

それを抑えようとしても、無理がある、という考えが主流です。

IMG_20190618_103651

「砂漠の探究者」から都市、境界を考える





人類が生存するためには、水、食料の確保、安全の確保が不可欠です。

食料確保が安定しづらい、狩猟採集から農耕へと移行し、そのためには飲料水だけでなく、農作のための水も必要となりました。

まとまった労働力も必要となり、集落が形成されます。

IMG_20190619_094837

大きな集落に人が集まるようになると、その大量の人々の水、食料をまかなうことが必要になります。

また大量の人々に対するサービス業、商業も発生します。

すると、そのサービス業、商業を得ようとさらに多くの人が集まるようになります。

このようにして、大きな集落が都市になります。

多くの人が集まるところには情報も集まります。

IMG_20190618_105437

文明が生まれるためには、生活にゆとりがあり、平和で、多様な情報が集まる、ことが必要です。

つまり、都市居住の魅力とは、そこにあるサービス業、商業、情報、多様な魅力的な人々である反面、

水、食料など社会インフラの整備、確保が課題となります。


と書いた通りで、

IMG_20190619_141517

都市に人口が集中すると、

・大気汚染

・交通渋滞

・エネルギー、水の不足

・洪水、地震など自然災害の増大、深刻化

などの問題が起きます。

IMG_20190620_094113

また、都市が快適生活空間であるためには、居住空間だけでなく、

交通、物流、さらには余暇を過ごす空間も快適であることが求められます。

IMG_20190618_104737

すなわち、自然環境、人工環境、社会環境を、

スマート、グリーン、レジリエントにデザインすることが求められます。

IMG_20190618_102150

大気汚染、エネルギー不足は、太陽光発電など再生可能エネルギーの導入がキーになりそうです。

交通、物流は、自動運転技術の進展がキーになりそうです。

気温、湿度などは衛星写真などから、人の動きはGPS、SNSから、

人々の感情は、街のカメラ、SNSから、リアルタイムで観測できます。

IMG_20190618_101218

スマートシティーのデザイン、実現、進化はこれから本格化しそうです。



2019年06月12日

私が一橋大学の教員を辞めた理由?国立大に翻弄された苦しい日々

という記事が注目を集めています。

index


「お前(たち)はいらない」というメッセージ

昨年度まで勤めた一橋大学大学院経営管理研究科(旧商学研究科)を退職し、専修大学法学部に着任した。

国立大から都内の中堅私大への異動が多く起きている。

話の鍵は、「旧教養課程」という一語である。


いろいろとつづられていますので、詳しくは読んでいただければ、と存じます。

f2924025

以下は「TAK」さんの見解です。

成長分野を増強して、不採算分野の削減は、民間企業では当然のことです。「国立大学は「聖域」という考え」は無理があります。

文系学科、特に人文科学系が軽んじられる風潮の中で、研究予算も厳しい状況にあります。

一橋大学という、日本の文系トップ大学なのだから、特権階級で例外、というわけではありません。

71a45fb1

「層が厚く、豊富な人材」の東大、「知の巨人たち」の東工大、トップ大学は教養教育を重視


一方で、日本全体では人文社会系学部、教養課程の削減、廃止し、理工系学部、実学の重視という流れの中、東大、京大、東工大などのトップ大学は、あえて、この流れに反するかのように、教養教育を重視を打ち出しています。

それも、1、2年次の教養課程だけでなく、3年以降の専門課程、大学院進学後の教養教育の大切さも指摘しています。


一橋大学の事情は、よくわかりませんが、、東大、京大、東工大などのトップ大学は、あえて、この流れに反するかのように、教養教育を重視を打ち出しています。

8751c426

研究開発のトレンドにみる、人材開発の方向

クラウドソーシング、ホワイトカラー革命の現実化


弁護士、会計士、技術者など、専門知識を有する分野については、高額の委託契約が必要な専門職、と考えられてきたしたが、コモディティー化が進んでいます。


748ba937


京都大学でIPS細胞を研究している山中伸弥教授、東京大学でニュートリノ天文学を研究している梶田隆章教授、東工大でオートファジーを研究している大隅良典教授などが、

「お前(たち)はいらない」というメッセージ

を受けることは考えられません。

b3a618a1

一橋大学の教員だからと言っても、コモディティー化しない保証はありません。

キャリア形成においては、代替されるコモディティーではなく、余人をもって代え難い、唯一無二の存在になることが大切です。





2019年06月10日

知的財産マネジメント研究会(Smips)「大企業は、本当にスタートアップを求めているのか」

IMG_20190608_134220

日本大企業のスタートアップとの取り組みは、近年増加しています。

しかし、企業によって取り組み方には違いがあり、大きく2種類に分類できます。

一つは、テーマを決めずにスタートアップ的な事業開発を行ってみたい。

もう一つは、自社だけの研究・開発の限界があるので、外部のスタートアップなどの力を借りて、進めたいテーマについて成長させる方法です。

つまり、何らかの形で、スタートアップに魅力を感じて、一緒に取り組みたい大企業は多いのです。では、どのように大企業と取り組むべきか

9f5c9614

ブレークスルーはベンチャーと大企業のパートナーシップ




ミドリムシの企画を500社に持って行って、すべて断られた。

「採用実績、主要取引先がないため」501社目の伊藤忠商事が採用。

a56b7a97-s

「聞いたことないからリスク」と「聞いたことないからチャンス」の違い。

伊藤忠商事が販売すると、飛ぶように売れるようになった。

日立、電通、全日空、いすずなどが参入。オープンイノベーションが急激に進んだ。

46a3d255

ベンチャーだけでは難しく、途中で大企業とのパートナーシップが欠かせない

自社主義よりもコラボの方がイノベーションが起こる。

8567e5f6

パートナーシップに大切なのは信頼。これがないと、大切な情報は提供できない

オープンイノベーションのためには信頼関係が不可欠。最新の技術を取ってやろう、では、成り立たない

ゼロからやることは難しい。ポテンシャルを持つパートナーと組む。

うまくいった事例を発信することで、大企業のマインドセットが変わる


b0047a63

このミドリムシのユーグレナのように、スタートアップ・ベンチャーのブレークスルーには、大企業とのパートナーシップが欠かせないようです。

36e3b221

では、一方で、大企業は、スタートアップ・ベンチャーとパートナーシップを組みたいのでしょうか?

最近の大企業には、イノベーション、新規事業、などの名前が付いた部署が多く新設されています。

これは、従来からのやり方に行き詰まりを感じ、何らかのブレークスルーを起こしたい、というものでしょうか?

ただ、大企業が求めているのは、イノベーションと言いながら、

組織の構造、あり方を根本的に変えてしまうようなイノベーションではなく、現状の行き詰まりの打破、だったりします。

fd9db7e0

大企業「主体性がない」「ビジョンがない」だけでなく、暗黙に同調?



製造業に限らず、大企業と言われる組織の人々と話していて感じるのは、本部長、部長の意向、考えに無意識に同調してしまうこと、でしょうか。

さらに、市場、社会よりも、本部長、部長の評価ばかり気にします。


0843a850

大企業とスタートアップ・ベンチャー、両者の思惑、価値観、考え方、ビジネスの進め方は、なかなか合致することろが少なかったりするのですが、win-winの関係を見つけることが、今後、求められるようです。

完全に発散しておりますが、現状では妙案が見つかりません。




2019年06月06日

懐かしい再会、新しい出会い「第3の場 サードプレイス」忘年会2018

家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」とは?



3b4de883


人は、

「働くことの意味」を自ら問い直すことや、いままでにない新しい価値を創り出すことが求められています。

家庭でもない、職場(企業・学校)でもない、「第3の場」

家庭や職場から離れ、多様な他者とゆるやかにつながり、対話・交流する中で、改めて自分の仕事の意味を問い直したり、新しいアイデアや気づきを得るための場。

それが、「学びのサードプレイス」です。

d8505bb8

家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」とは、社会学者のオールデンバーグが取り上げたものですが、

職場から家庭に帰る前に、ちょっと居酒屋に立ち寄る、あるいは英会話スクール、スポーツジムに立ち寄る、

というのは、「第3の場 サードプレイス」ということを意識せずとも行われていることです。

もっとも、居酒屋、英会話スクール、スポーツジムに会社の人と行ってしまうのでは、会社の延長で、家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」にはならないのですが。

645b7823

そこに行けば、ちょっと懐かしい人たちに会えるかもしれない、

そんな場所が、家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」かもしれない、


と書きました。

5877ef70

おひとりさまが楽しく過ごすコツ「さみしいと言えることが重要」


多くの人が、自分にかまってくれる人がいない、自分の話を聞いてくれる人がいない、とさみしい思いをしています。

また、多くの人が悩みを抱えています。

家族、上司、先生など、周りの人にも相談できません。

なぜかというと、家族、上司、先生などが、その悩みの原因だったりするから。

1

でも、指導教官の先生には相談できなくても、信頼できる、知り合いの先生ならば、相談できそう

同じ会社、本部、部の上長には相談できなくても、同じ業界の、大学の先輩ならば、相談できそう

e759eba5

悩み事は、信頼できる人に、話を聞いてもらえると、8割がた解決します

心に閉じ込めていたことを、リリースして、頭の中で、あれこれ、あらぬ方向をさらに悩むことがなくなるから

あるいは、自分で話しているうちに、問題を再構築して、自然に解決策が見つかるから

20

産業界、学界、官界を、それぞれ知っている産学官プロデューサーは、

家族でも、先生、上司でもない、第3の人サードパーソンかな、などを考えています。

もちろん、信頼関係が構築されていることが前提です。

ご相談には、いつでも乗りますが、何かのイベントでお会いした時に、ついでにお願いします。

「相談に乗る」ために、「時間を作って、お待ちしていたら」「出向いて行ったところ」、都合が悪くなってキャンセル、

は、辛かったりしますので。






2019年06月04日

川崎殺傷、難航する動機解明

元エリート官僚が息子刺殺を決意するまで…息子のSNS投稿に見える“いびつな親子”関係

人生100年見据え、今後30年の人生があるとすれば、単純計算で2000万円が必要

d3032852

川崎の無差別殺傷事件、元農水省事務次官の息子刺殺にみる、中高年の引きこもり

今後30年の人生があるとすれば、年金では不足し、単純計算で2000万円が必要、と老後に年金では不足、働くことが必要


現在起きている問題は、いろいろあるものの、ある形に集約されそうです

39b5f1f2

いいタイミングで、トラックに乗らないと、ずっと乗り損ねたままになる

一度トラックを降りてしまうと、どんな高速ランナーでも、元と同様のトラックに乗る、戻る、ことは難しい

7cf222e2

フリーランス・ノマド(遊牧民)から拠点型・総合プロデューサーへ





5〜6年前のことですが、この頃、フリーランス・ノマド(遊牧民)スタイルのスター的存在だった人々の多くが、大企業、大学などでポストを獲得し、定収入に加えて、年金、保険などの対応も確保した上で、いろいろなプロジェクト、企画、イベントなどを飛び回る、ライフスタイルを続けています。

一方で、それ以外の大多数の大企業をやめて、フリーランス・ノマド(遊牧民)になった人々は、戻ろうにも戻る先もなく、低所得のニートに没落しています。

0117e34d

努力しているのに、なかなか成果が出ない場合、思い切って、環境、境遇を変えてみるのもいいかもしれません。

ただ、一時のブームに安易に乗ってしまい、「不可逆的、下方」への移行になってしまわないか、注意することが必要です。


0af585bf

走り続けている人、学び続けている人は、いいけれど、やめてしまった人はどうする?




走り続けている人、学び続けている人は、ゴールが延長され、「もっと走ってください」と言われても、

とにかく、何とか、走り続けることができます。

23a71c3f

問題なのは、早期退職などで、走る、学ぶのをやめて、悠々自適の生活に入った人たちでしょうか。

この人たちが、再び走るのは、簡単なことではありません。

そもそも、走ろうとしても、走る「場」がありません。


936f06d0

悠々自適の生活に入り、平日に山登り、テニスをしている人たちがいます。

それを、うらやましい、と思ったことは、一度もありません。

「山登りも、テニスも休日にできるのに」

平日には、休日にできる山登り、テニスよりも、ビジネス、研究など、レジャーよりも、社会との関連、貢献があること、というのが「TAK」さんの考えです。

875ecd52

インターネットという、都市を捨てて、本を読もう



寺山修司が「若者よ、書を捨てよ、町へ出よう」と投げかけた1967年から半世紀が経ちました。

インターネットという、無時間の情報があふれている都市から、本を開くと、「生きた時間」が待っています。

実は寺山修司のこの言葉にはちょっとした注釈が必要です。

11

寺山修司は早稲田大学に入学しながら、病院で、絶対安静を強いられて、社会のことは書物で知る、しか手段がありませんでした。

その頃は、俳句、短歌に素晴らしい作品を残しています。

ようやく退院できるようになり、書物という間接的手法で社会を知るのではなく、直接、街へ出かけよう、という訳です。


17

インターネット、SNSにより、引きこもりでも、悠々自適でも、社会とのかかわりは保てます。

SNSによる、ネットワーク、コミュニケーション、ビジネスも重要です。

一方で、それと並行、相関する形で、実世界での社会とのかかわりが、重要性を増しています。

189904a2-s

特に、結論めいたことはありません。

人生100年時代を迎え、走り続けること、学び続けること、

一時のブームに安易に乗ってしまい、「不可逆的、下方」への移行になってしまわないか、注意すること





livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives