2017年05月22日

5/20(土)21(日)と東大五月祭に行ってきました

東大五月祭2017

3

学園祭は秋に開かれることが多いのですが、東大では初夏に本郷キャンパスで五月祭、秋に駒場キャンパスで駒場祭が開催されます

東大五月祭は学園祭の雰囲気を味わえるのですが、質の高い講演、ワークショップも盛りだくさんで、スケジュールを組むのが大変ですが、楽しみです。

以前は、

グローバル化時代の日本の教育「変わる世界で、変える人に」

723c39a4

東大イノベーション・サマープログラム五月祭企画に行ってきました

c9d5687c

のように、講演、ワークショップを中心に参加していたのですが、

講演会、ワークショップに参加すると、2時間くらいはかかって、いろいろなプログラムを見れなくなってしまいます。

4

そこで、最近は、

東大五月祭2016に行ってきました

東大五月祭に行ってきました

に書いたように、今年もキャンパス全体のいろいろな企画を回りつつ、講演会、ワークショップものぞきつつ、全体の雰囲気を味わうことにします。

3

五月祭には、ここ数年、訪れているのですが、年々参加者が増えています。

2

以前は大学生が中心で、大学院生になると、「ついていけないよ」という感じだったのですが、企画者側も大学生、大学院生、参加者側は中高生、あるいは小学生から中高年まで、幅広い世代が参加します。

特に、若い卒業生が子連れで参加する方が多い感がします。また、留学生の企画も目立ちます。

20

まず、赤門を入ってすぐの案内書でパンフレットを受け取り、正門、安田講堂方向へ歩こうとするのですが、もの凄い、人!人!人!

でも、空いていたらさびしいですから、混んでいるくらいがいいのです。

17

ひしめく模擬店、コーラス、演奏、パフォーマンスの中に身を置いていると、次第にワクワクしてきます。

数十年前にタイムスリップして、学生の頃に戻った感じです。模擬店で、ユニフォームを着て、一緒にお客さんの呼び込みをしたくなっちゃいます。

18

いくつかのミニ会場でコーラス、演奏、パフォーマンスが開催されているのですが、それぞれ質が高くて、興味深いものです。

8

屋外企画も面白いのですが、室内企画も上に書いたように高い講演、ワークショップが盛りだくさんで、ちょっとずつのぞいていきます。

10

合唱、ミニ講演、たたら製鉄の実演、など、

本当はひとつひとつじっくり見学したいイベントが凝縮されています。

中でも、最近顕著なのが、理工系のイベントです。

6

これについては、

東大五月祭2017は近未来のデモンストレーション?

に書きます。





2017年05月17日

福澤先生ウェーランド経済書講述記念講演会「福澤先生の訳した憲法:アメリカ合衆国という国のかたち」

という案内がきました。

IMG_20170515_142951

ウェーランド経済書講述記念講演会

とは、

「慶應義塾は一日も休業したことはない」(福翁自伝)

福澤先生が、戊辰戦争の最中、新政府軍が上野の寛永寺に立てこもる彰義隊を総攻撃する日も、普段と変わらず、講義を続けたことを記念する講演会「学問に休みの日はない」

というものだそうです。

photo_2

アメリカのペリー提督来航(1853年)は、当時の日本にとって安全保障上の大事件でした。

もっとも、日本の安全を脅かそうとしていたのは、アメリカだけではありません。

クリミア戦争から考えるウクライナ情勢


クリミア戦争(1853〜6年)の影響を振り返り、考えてみることにします。

3279697e

ロシアの南下は、フランスだけでなく、インド、パキスタンを植民地としていたイギリスの権益とも反するもので、ロシアとイギリス・フランスなどの戦いになりました。

産業革命を経験したイギリスとフランス、産業革命を経験していないロシアの国力の差が歴然と証明され、ロシアが敗戦国となる形で、1856年に、パリ条約が成立しました。

主戦場は黒海、クリミアでしたが、バルト海、カムチャツカでも戦いが行われました。

クリミア戦争は、日本にも影響を及ぼしました。イギリス、フランス、ロシアは東アジアに目を向ける余裕はなく、影響が少なかった、アメリカのペリーが浦賀に来航し、日米和親条約が締結され、ロシアのプチャーチンは、クリミア戦争の影響で日本到着がペリーより遅れ、それでも、日露和親条約が締結され、この条約で北方4島を日本領とし、樺太は国境を決めず両国民混住の地とすると定められました。

ただ、冬に凍らない港の確保を目論む、ロシアが南下政策は、これで収まるものではなく、1877年に、イギリスやフランスが介入しない形でトルコと露土戦争、東アジアの南下で1904年に日露戦争が起きています。

144879c1

1855年に日露和親条約が締結され、この条約で北方4島を日本領とし、樺太は国境を決めず両国民混住の地とすると定められました。

ところが、1856年にクリミア戦争が終結すると、ロシアの樺太開発が本格化し、日露の紛争が頻発するようになります。

そこで、樺太に国境を設定し、北側をロシア、南側を日本とすることで妥結を試みようとしますが、不調に終わります。

4eb4fff3

日本は幕末から明治維新の時期で、1875年、ペテルブルグにて、樺太全島をロシアに譲る代わりに千島列島(クリル諸島)を受け取るという「樺太・千島交換条約」が調印されました。こうして日露間の国境が確定します。

1853年にペリーが浦賀に来航し、日米和親条約、1858年に日米修好通商条約を締結したアメリカですが、1861〜65年には国内で南北戦争があり、日本の対応どころではなくなりました。


上記では、ロシアについて書いたので、以下はアメリカについて書きます。

01_05

東部海岸沿いの13植民地から始まり、1776年に13州の連邦国家として独立宣言をしたアメリカ合衆国ですが、1787年にアメリカ合衆国憲法を制定します。

西部開拓のフロンティア精神により、辺境(フロンティア)を西に移動させていきましたが、1848年にカリフォルニアを獲得して太平洋岸に到達し、逆に言えば、フロンティアが消滅してしまいました。

その後、米西戦争(1898年)の結果、フィリピンをスペインから購入し、同じ年にハワイを併合した、ことより、

実際のところ、アメリカは日本の植民地化、併合を目論んでいた、と考えられます。

fe5bf31b

さて、自由、平等を求めて建国したアメリカですが、工業化が進む北部とプランテーションによる大規模綿花農園運営中心の南部では様相が異なり、南部では黒人奴隷が不可欠でした。

1860年には、大統領選挙では奴隷制が争点のひとつになり、奴隷制の拡大に反対していた共和党のエイブラハム・リンカーンが当選すると、南部各州は合衆国からの脱退を宣言し、アメリカ連合国を結成します。

81306024010554

南北戦争は、装備、人口、工業力など総合力に優れた北軍が優勢に戦いを進め、リンカーン大統領は、1862年に奴隷解放宣言、1863年にはゲティスバーグ演説「人民の、人民による、人民のための政治」を行い、1865年に北軍勝利で終結するのですが、リンカーン大統領は勝利宣言の6日後に暗殺されてしまいます。

ae8585dcac785f829ef36ddb6b9a0ab6

さて、これだけでは、太平洋をはさんだ、遠い海の向こうのこと、のようですが、実はそうでもありません。

1866年に日本では、幕府による第2次長州征伐が行われるのですが、長州藩は同じ年に薩摩藩と薩長同盟を結んでいました。

薩摩藩は1862年の生麦事件、それに端を発する薩英戦争(1863年)、長州藩は四国艦隊下関砲撃事件(1864年)を受けて、西洋列挙各国を攘夷することは不可能であることを知り、積極的に西洋の近代兵器を取り入れていました。

beato_maedadaiba

そして、1865年の南北戦争終結により、大量の大砲、銃が余ることになり、それがイギリスから薩摩藩を通じて長州藩にわたることになり、古い装備の幕府軍による長州征伐は失敗に終わり、幕府の弱体化を露呈することになりました。

その後、戊辰戦争(1868年)で薩摩藩、長州藩を中心とする新政府軍が幕府軍を破り、幕府体制は終結し、明治維新へとつながりました。

bosin0016

つまり、アメリカの南北戦争と幕末、明治維新は、このように密接に絡み合っています。

日米それぞれが、戦争が終結して、みんな幸せか、と言うと、そうでもありませんでした。

dc7fc4a0

上記のように、アメリカの南北戦争で勝利した北軍側のリンカーン大統領は6日後に暗殺されました。

南北戦争後、修正13条で憲法により、奴隷制を廃止したのですが、南部を中心に人種問題は根深く残り、現代になって、黒人出身のオバマ大統領が誕生しても、人種問題は残っています。敗れた南部各州の不満は根強いものだったようです。

IMG_20170515_143905

アメリカ合衆国憲法は、上記のように、立場が異なる、北部と南部の各州が、州の連合体でなく、統一国家である連邦として機能するため、1787年のフィラデルフィア憲法制定会議では、最低限の7条が制定され、その後、修正が加えられ、現在は修正27条まであります。

2

日本も、明治維新の最大の立役者である西郷隆盛が明治6年の政変で下野し、西南戦争で非業の死を遂げる、同じく大久保利通も1878年に暗殺される、全国で新政府に不満な旧士族の反乱が起こるなど、平坦な道ではありませんでした。

アメリカが引いた形の、当時の日本の明治維新は、ドイツ憲法を参考に立憲君主制の明治憲法をほぼ輸入するものの、その際の天皇を位置づけを示す、天皇機関説を「神である天皇を機関とは何事だ」など、憲法の運用、育成が未成熟で、戦争への道を歩むことになってしまいます。

ae934998

自国での運用、育成が未成熟なのは、現憲法でも同様で、制定から70年を経て、社会との不整合も目立ってきていますが、修正ができないどころか、修正を口にすること自体、タブーだったりしています。


「福澤先生の訳した憲法:アメリカ合衆国という国のかたち」について、その背景について考えてみました。憲法について考えるのは、後日にとっておきます。









2017年05月16日

早稲田大学産業経営研究所アカデミック・フォーラム『ブロックチェーンが切り拓く未来』

という案内が来ました。

9

ブロックチェーンについては、

偶然は必然、なぜこの人なの?は、ブロックチェーンで説明




ブロックチェーンという言葉が話題になっています。これは中央機構の無い分散型のネットワークであり、仮想通貨ビットコインの開発により世に広まった概念です。

ブロックチェーンはネットワークの一種であり、複数個所に過去の取引情報をまとめたブロックと呼ばれるデータを置くことで成立します。

213b69ca-s

複数個所にデータが置かれているため、例えば利用者の一人が取引データを改ざんしても他の場所のデータとの照合により不整合を検知できるため、取引されるデータの信頼性が高いとされています。

またこれまでのネットワークでは1か所にデータを置き、高度なセキュリティをかけるのが一般的でした。

これに対しブロックチェーンではデータを複数個所に置き、お互いに監視させる仕組みになっています。


と書きました。

b5f9694c

上記の通り、ブロックチェーンはネットワークの一種ですが、フィンテック(金融と情報通信技術の融合)の基幹技術となります。

フィンテック(金融と情報通信技術の融合)については、

一橋大学開放講座「ビッグデータとFintech」

フィンテック(金融と情報通信技術の融合)とは?生活への影響は?

フィンテックは金融と経済をどう変えるか

に書きましたが、


19b4a08a

フィンテックは必ずしも、最近始まったことではなく、実は15年以上も前から、始まってます。

フィンテックとして一番有名なのがモバイル決済です。

iPhoneやAndroid携帯などに小さな器具を取り付けるだけでクレジットカード決済が出来る、Squareや楽天スマートペイなどが有名です。

e3c997ca-s

従来はクレジットカード決済端末という大きな機械を購入し、それを電話回線などにつなぐことでクレジットカード決済は行われていましたが、フィンテックを活用したモバイル決済では携帯電波で決済が出来るので、最小限の器具のみでクレジットカード決済が出来るようになりました。

従来:専用のカード決済機を購入して店舗に設置&決済

今後:iPhoneなどのスマホに器具を取り付けて決済可能

ace60cda-s

これにより、

小売店はクレジットカード会社の審査の必要はなくなり、端末もiPhoneやiPadに付ける無料で配布されている機器を付けるだけでよくなりました。

また、個人間取引では、現金もしくは銀行振り込みという選択肢を選んでいましたが、モバイル決済を使うことによって個人間での取引でもクレジット決済が可能になりました。

6595eb7a

ここまで見てきたところでは、

小切手、手形、送金など、これまで銀行が行っていた決済業務が、どんどん他の企業に置き換わってきます。

銀行は以前は、資金を調達し、借入と貸出の金利差でビジネスを行っていましたが、

ゼロ金利で、しかも企業も個人も、お金を借りたがらない時代になって、小切手、手形、振り込み、送金などの手数料でビジネスを行っていました。

クレジットカード会社と提携していない、海外のホテルなど、特に海外に送金する場合の手数料は、これまで相当割高でした.

ところが、この銀行の決済業務が、他へ置き換わっていくわけです。

ed0056de-s

ディジタル化、オンライン化によって、大きく様変わりしたのが、カードのポイントでしょうか?

カードのポイントは、古くからあったのですが、今どれだけポイントがたまっているのか、販売店で購入した際、あるいはカード会社から送られてくる明細で知ることができるもので、取引の大きな要因にはなっていませんでした。

e91de6a4

ところが、インターネットにより、自分のカードに、今どれだけポイントがあるのか、いつでもわかるようになり、

ネット通販も進んできて、各企業が、ポイントを進んでつけるようになりました。

このポイントは、通貨と似た価値がありますが、他では使えない、それぞれの企業の仮想通貨と言えます。

d7827ba1-s

購入額の10%など、比較的大きなポイントを付与することにより、消費者を自社に囲い込む、ことがしやすくなりました。

なお、この仮想通貨であるポイントはなるべく広く使える方が消費者にとっては便利です。それゆえ、企業間での連携も見られます。


上記には、決済機能が銀行から、他の企業に置き換わっていく、と書きました。

通貨については、アメリカがドル、EUがユーロ、日本が円など、国家が通貨を発行し、それぞれの国家を超える場合は、

通貨を手数料を支払って、行く国で通用する通貨に交換します。

IMG_20170513_120638

通貨の歴史を考えると、

マクロ経済学は他学問、とりわけ統計物理学を取り入れて変わっていく


太古の昔から、物々交換などモノとモノ、サービスの交換をスムーズにするための貨幣、通貨の発明

トマ・ピケティ『21世紀の資本』金融経済と実体経済の格差を利用する 

古代の東西貿易では、それぞれの場所では安価だが、よそへ持って行くと高く売れるもの(東洋の塩、コショウ、絹、西洋の鏡などの工芸品)

7b47f7b0

つまり、安いものを買って、高く売れる場所で売る、ことにより、莫大な利益を上げました。財産である、商品を積んだ船は難破で沈むリスクがありましたが、これを回避するために作られたのが保険です。

江戸時代の両替商は、江戸の金貨、大阪の銀貨、各般の藩札を両替し、手数料で大きな利益を上げました。


希望とデザイン


1914〜1918年の第1次世界大戦前は、アメリカ、ヨーロッパは金本位制という、金と通貨が交換できる制度でした。

これにより、通貨の価値は金で保証されていました。

戦争には、兵器、物資、食料など、大量の需要が発生します。

主な戦場はヨーロッパでしたが、直接の戦場ではなかったアメリカ、日本には大量の製品の発注があり、工場はフル稼働で生産し、設備増強しても、生産が追いつかないほどでした。

アメリカ、日本の企業は大儲けし、「戦時成金」が発生しました。

この発注に大量の通貨が必要なため、金本位制は一時中断していました。

それゆえ、通貨の価値は下がっていました。

さて、戦争が終わり、平和がやってきました。

0e2c6e61cdb9fc852c9c163c177462f4

アメリカ、ヨーロッパは金本位制を再開し、日本も行いました。

ところが、戦争でふくらんだ通貨は、もはや金とはバランスしません。

順調な経済をもたらしていた、兵器、物資、食料などの発注もなくなりました。

そこで起きたのが、1929年のウォール街に端を発した世界大恐慌です。


結局、この世界大恐慌を乗り切ることができたのは、第2次世界大戦の勃発まで、待たねばならなかったでしょうか?


ae5c0a0f

経済、政策、国際社会の振り返りから見るアベノミクス


アメリカのニクソン大統領が1971年8月に金とドルの交換停止、いわゆるニクソンショックがありました。

これは、アメリカが1960年代後半のベトナム戦争などによる、財政支出を受けてインフレーションの加速や貿易黒字減少など、景気過熱気味で経常収支が悪化するアメリカは、歳出が増大する一方で歳入が減少し財政赤字が急拡大し、急増する失業者を前に国内雇用維持のためには財政支出が必要と考えられており、ジレンマに悩まされます。

ドルと金と交換するのであれば、ドル紙幣を大量に発行することはできません。そこで、金とドルの交換を停止しました。これによりドル紙幣は、政策的に発行できるようになりました。

さらに、1971年12月に、いわゆるスミソニアン協定のより、1ドル360円から308円に切り上げられ、1973年2月14日に、第二次世界大戦後の通貨の枠組みであったブレトン・ウッズ体制が終結させ、固定相場制度を軸にした通貨体制から、金融政策の独立性が高い変動相場制度へ移行しました。


faa4c7a4

国際テロ危機が高まる中、EUはギリシャ危機でユーロ安、ロシアはウクライナ危機の再燃、中国の景気減速で、アメリカが独り勝ち、金利引き上げの予想で国際経済はどうなる?


貨幣の時代には金銀の採掘量により発行に制限がありました。

紙幣は発行されても、金本位制により、紙幣が金と交換される制度においては、紙幣発行量に制限がありました。

金本位制でなくなってから、紙幣を大量に発行できるようになり、「紙幣」を大量に市場に供給するのであれば、「紙幣」の価値が急落するのでは、と考えるのが自然です。

紙幣が金と交換されない現在は、紙幣が大量に出回れば、ハイパーインフレで、文字通り、紙屑同然になってしまうリスクも、ないわけではありません。


通貨を発行できることが国家のパワーの源泉であり、また、ドル、ユーロ、円など信頼性の高い通貨、

特に基軸通貨であるドルを発行でき、その発行量をコントロールする力が、超大国アメリカのパワーの源泉でした。

12

仮想通貨、ビットコイン、というと、暴落する危険がある、犯罪に使われるのでは、など何やら怪しいイメージが付きまとっています。

ところが、例えば、amazon、楽天などネット通販で使える「仮想通貨」があり、それにポイントが付き、

PASMO、SUICAなど交通機関で使えて、海外でも当日のレートで利用できたとしたら、どうなるでしょうか?

安全性は、上記のブロックチェーンにより、それぞれの取引が連鎖する形で、担保されます。

10

今後、どう展開するのか?楽しみです。







2017年05月11日

内容の無いコミュニケーションを馬鹿にしている人は、何もわかっていない


「コミュニケーションの内容」より「コミュニケーションしていること」のほうが重要


というサイトがありました。

ea64266e-s

もう少し、書き直すと、「コミュニケーションの内容」よりも「コミュニケーションができる関係性が構築されていること」が大切

ということでしょうか。

これについては、

コミュニティーづくりは、まず関係性を構築する


つながれば、できることが、いろいろある、この指止まれの、コミュニティーづくり


・場所づくり、よりも仲間づくり。仕組みだけでなく、関係性をつくる

・楽しいから続く

・プロジェクトはやりながら、変わっていく


5931c604-s

コミュニティーや地域資源を活用し、新しい価値を創造


・「関係の質」の変化が、「思考の質」「行動の質」やがては「結果の質」の変化をもたらす

・住民と行政ではなく、「人」としてつながる、関係性の構築、「やらされている」ではなく「自ら動いている」継続のための仕組みづくり

・対話の場から、関係性が変わる。話し合って終わり、ではなく、何かを始める。

・閉鎖的なコミュニティーでも、関係性が構築された「外の人」ならば、受け入れられる

・「話」を聞くのは、情報の入手だけでなく、関係性構築のため。相手のもとに出向くと、話のネタに事欠かない。会議室ではすぐ、ネタが尽きる



2342e829

よくできる人は、よくつながっている人である

コラボレーションできるネットワークとは?


「コラボレーションできるネットワーク」とは、交流会の名刺交換で、できるものではありません。

・ネットワークは創れない、出来上がるもの。知られる、貢献できるの偶然性

・ネットワーク、つながっている人が自分を規定する。「コミュニティーの橋」「ハブ」に価値がある


と書いてきたとおりです。

繰り返しになりますが、「コミュニケーションの内容」よりも「コミュニケーションができる関係性が構築されていること」が大切

4da46d64

場と人のネットワーク、継続と質の担保が大切




場つくりの大切さが述べられますが、場を継続させ、守り立てるには、デザイン、仕掛け、制御、エネルギーが必要です。

これは、自然の「エンタルピー現象、エントロピー増大」の法則に似ています。

放って置くと、荒れて、さびれていきます。


9755ae6b-s

と書きましたが、せっかく構築されている「コミュニケーションができる関係性」も放って置くと、さびていきます。

毎日1日10分でもいいから、ジョギング、英語のリスニング、リーディング、数学の演習などをやっておくと、

体力、英語力、数学力などが維持できますが、これを怠ると落ちていくことに似ています。

b98cc011-s

「元気?」「調子どう?」「いい天気だね」

くらいでも、とにかく機会があれば、あるいは機会を作って、挨拶を交わすことが大切です。








2017年05月10日

「境界」この取り扱いが難しいモノ、境界紛争、境界条件、境界層など



30404e5b


「際」で閉ざすのではなく、「際」でつながる。互いに異質なものが接合し、時にぶつかり合い、反発し、時には融合し、収斂と拡散を繰り返し、新たなものが生み出される。

都市同士が十分に離れている時は、よかったのですが、それぞれの都市が拡大して、境界を接して、都市国家となると新たな問題が発生します。境界を接すると、どうしても争いが起こります。その結果、強い国家が弱い国家を征服して、その領土、人民を奪っていくことになります。

では、境界をなくせばよいのか、と言うと、その試みを行ったEUでは、移民問題が深刻です。

境界を接する時の難しさ、衝突、侵略、接触、融合などなど、


と書きましたが、「越境」「外界」など、やはり「境界」は難しいのですが、もう少し考えてみます。

6376e4f2

(1)新たな状態への変化は「外界」からの刺激、影響による。

(2)「境界」を(無断)侵入されることは不快。「越境」は自分の「境界」が安全で、相手の承認がある時に

(3)公共の場所、空間における個人の「境界」、あいまいな「境界」、見えない「境界」

(4)ほころびは「境界」から始まる

Boundary_Layer

順番に話します。

(1)新たな状態への変化は「外界」からの刺激、影響による。

宇宙の起源、生命の起源、とは?起源への問い




宇宙の起源「ビッグバン」が138億年前、地球が出来た45億年前

宇宙に始まりがあったとする考え方は古代からありましたが、これを科学的な方法で検証することができるようになったのは過去1世紀のことです。

宇宙物理学の観測技術が発達したことで、この20年の間に初期宇宙についての理解は飛躍的に進歩しました。

402c8234

地球内部に観察される異状な構造の中には、地球の中心に金属のコアが集積した時や、地球を覆っていたマグマの海が冷えて固まっていったプロセスでできたものと考えられるものがあります。これらを手掛かりに地球の成り立ちを紐解くことができるのです。


と書きました。

Earth_Eastern_Hemisphere

「地球は水の惑星、地球の2/3は海」と言われますが、地球全体で考えると、実は地球はとても「乾燥」しています。というのも、地球には質量で約0.1%の水しか含まれていません。

海の一番深い海溝でも10Kmくらいですから、水があるのは表面だけです。

地球の水はどこからやってきたのか?

この地球の水は、もともと地球にあったわけではありません。

いろいろな説がありますが、大量に水分を持った天体(おそらく彗星ではなく、小惑星)に衝突してもたらされた、という説が有力です。

つまり、外の天体との衝突がなければ、地球は現在のような、生命を持つ惑星にはなり得ませんでした。

neutron-stars-story-top

天体だけでなく、人、組織などについても、同様かなと考えます。

新しい考え方、ライフスタイル、文化、知識は、「外界」の人、組織からもたらされます。自分だけでは難しかったりします。

あるいは、これまで自分の中にあった知識、考えが、「外界」との接触により、再編、再構築され、新たな状態になります。

よく「答えは自分の中にある」と言いますが、一人で自分をいくら掘ってみたところで、答えは見つかりません。

それよりも、人とのふれあいの中から、再発見があります。

8344276a

(2)「境界」を(無断)侵入されることは不快。「越境」は自分の「境界」が安全で、相手の承認がある時に

連休中にテニスをやりました。テニスクラブには何面かのコートがあります。

通常、明確な境界はないものの、各コート同士が、一応の独立した存在で、コート間に、暗黙の境界があります。

自分がプレーするコートの範囲内で、ボールを収めるのが基本ですが、スマッシュ、ミスショットなど、他のコートに入ってしまうこともあります。

88e4a659-s

プレー中に他のコートから、ボールが入ってくると、ゲームであれば、やり直しになります。

これは「迷惑」なことですが、お互いが同じ条件なので、お互い様、という認識でしょうか。なるべく、他のコートにはボールを入れないようなプレーを心がけます。

連休中だと、通常とは違う人がプレーすることがあります。

あるグループの人たちは、他のコートに入るのは当然、と言わんばかりのプレーをしていました。

隣のコートの人たちは、困っていたのですが、まったく臆することがありません。お互い様ではなく、全く迷惑です。

「境界」を無断で侵入されることは不快なことです。

414fc7af

越境のポイントは「ひとりで行く」のだが、越境先に「友達」がいるとよい




いつも慣れ親しんだコミュニティーばかりにいると、「世界」が広がりません。

世界を広げるためには「未知の世界」に越境することになります。

「未知の世界」ではアウェイ感を味わうことが予想されます。

それは、ちょっと辛いので、一人ではなく、誰か、友達と行くことがあります。

すると、結局、せっかく行った「未知の世界」で、一緒に行った「友達」とずっと一緒で、新しい友達をつくることもできず、うまくいかないことがあります。

それゆえ、勇気がいるかもしれませんが、「未知の世界」にはひとりで行くことが大切です。

157757ea

ただ、少しポイントがあります。

ややこしいのですが、

「友達」と一緒に越境するのではなく、

ひとりで越境し、越境先の主催者、コアメンバーに「友達」がいると、

その「友達」に、そのお友達を紹介してもらうと、共通のテーマがあって、また関心が重なっていたりして、お話がずっと深まります。


新しい世界を広げるには、「境界」を超える「越境」が有効なのですが、それなりに準備が必要で、無断で越境しても、拒絶、排除されることにもなりかねません。

0cc5a7bb

(3)公共の場所、空間における個人の「境界」、あいまいな「境界」、見えない「境界」

駅、レストラン、劇場、電車など、公共の場所、空間にも個人の「境界」があります。

電車であれば座った席、レストランであればついたテーブルなどが、個人、グループの「境界」になります。

電車の中で隣の人が多く場所をとったり、レストランで周囲をはばかることなく大声で話すグループが不快なのは、「境界」を守らないからです。

3590e1ab

南仏コートダジュールからプロバンス、パリに行ってきました(文化、習慣編)



フランスでは電車、バスなど、向かい合わせの座席で、中央のテーブルをシェアする形のものがよくあります。

男性はみんなが使えるように融通し合うのですが、女性は自分の荷物を置いて占拠してしまう、

混んだ場所でぶつかりそうになった時も、譲る男性と、割り込む女性、だったことが多かった気がします。


と書いたとおり、日本だけではありません。

ae188f68

電車の中で、化粧をする女性をよく見かけます。そのくせ、見ていると、睨み返されたりします。

電車の中で、子供が走り回っていて、乗客が困っているのに、親が注意しないことがよくあります。

公共の場所、空間における個人の「境界」は、あいまいな「境界」、見えない「境界」、難しい問題です。

13

(4)ほころびは「境界」から始まる

服、カバンなど、長く使っていると、ほころびが出てきます。

ほころびが出始めるのは、服であれば、袖口、すそ、カバンであれば、コーナーの部分、ファスナーの留め具、

など、外界と接する機会が多い場所です。

国、組織なども同様かもしれません。

14

「越境」「外界」、やはり「境界」は難しいようです。もう少し考えてみます。



2017年05月01日

「得意を伸ばす」と「苦手の克服」、一時期は前者が大切、と、された時期がありました。

理由は、得意なことはやる気も高いが、苦手なことはやる気もしない。

苦手を克服して、標準レベルになったとしても、それでは勝負にならない.

得意を伸ばして、トップレベルにすると、それが武器になる、という感じだったでしょうか。

a004e9dd

連休でテニスのダブルスをやっていました。

人によって、ストロークが得意な人、ボレーが得意な人、いろいろいます。

ゲームをする時には、相手の得意なショットは打たせないようにします。苦手なところにボールを集めます。

例えば、フォアハンドが得意な人には、バックにボールを集めます。

つまり、「苦手」対「苦手」の展開の中から、自分が、より得意なパターンにして勝負します。

ちょっと苦手くらいなら、この展開になりますが、極端な苦手があると、そこを攻められて自滅していきます。

ec44cf81


人生とは、何かを計画しているときに起きてしまう「別の出来事」である


若い頃は自分の得意な事が人生を押し上げてくれるが、大人になると自分が苦手だったものを克服したノウハウが大いなる武器となりうる。


88e4a659-s

「結果を出すこと」と「能力の幅を広げること」



やりたい仕事に就いたのならば、やる気も高くて、いろいろ勉強もするので、自然に、いい結果が付いてきます

では、やりたくない仕事についた場合は、どうでしょうか?

もちろん、あまりやる気は高いわけではないので、なかなか結果は出ません

ただ、後に大きな業績を出す人は、「やりたくない仕事」を少なからず経験しています

f528d556

例えば、研究開発をやりたかったのに、生産管理の仕事に就いた場合、と例に取ります

既に持っている研究開発の能力に加えて、これまで、あまり知らなかった生産管理のスキルをつけていくことになります

すると、能力、スキルの幅が広がります

fdceec13

すなわち、それまでは研究開発しかできませんでしたが、生産管理のスキルも加わって、相乗作用も出てきます

あまり好きではなく、得意ではないので、なかなか結果は出ないかもしれませんが、能力の幅は確実に広がります

という具合に、やりたくない仕事についたとしても、「能力の幅を広げる」チャンスなのです

腐ってしまってはもったいないことです

上の例では、研究開発だけでは優れた業績を出しても事業部長レベルまでしか通用しません

経営層を目指すのであれば、ファイナンス、労働管理、マーケティングのスキルも必要です


imamura-jishuhinan-198x198

レジリエンス、復原力、回復力が大切


結果が出ない時こそ、視野を広げる意識を!

感謝の気持ちがなぜ、競技の結果に結びつくのか、想像できない選手もいる。

過去の実績を振り返っても、それに気づくことができている選手ほど結果を出しています。

自分の競技のことしか考えられないような、視野が狭く浅慮な選手ほど、置かれた環境を当然のように思い、そうしたサポートが見えていない。残念ながら結果に結びつかない。

結果を残せる選手ほど、視野を広く持ち、あらゆることから貪欲に学ぼうとするので人間的成長が伴い、思考の幅が広がる。

負けたとしても、落ち込んで自信を失うというマイナスな考えで終わらず、課題を見つけて「自分はまだ伸びしろがある」と喜ぶような、負けを成長に変えられる考え方につなげる。

7e9c1b22

スランプに陥ると不安から焦りが生じて、視野が狭くなる。

すると、競技に直接関わるような"一次的要素"しか頭に入らなくなります。

「競技力アップ」「スランプ脱出」にまつわる要素が第一になり、直接つながらないように思えるものには一切関心がなくなる。

そんな選手ほど、競技以外のやるべきことが疎かになってしまい、生活そのものがだらしなくなってしまいます。そのような状態では競技に集中できない

172c5e4b

社会の中で生き抜くための最低限のルールをしっかり守ってこそ、周囲からの信用を得ることができ、生活基盤や気持ちもスッキリ整って日々の練習にも集中しやすくなる。

どんな雑務でも後回しにせず、すぐ片付けられる人間ほど、結果に結びつけている

記録が伸びている時は成長意欲が高まり、自主的にいろんなことを吸収したくなるもので、視野は自然に広がります。

調子が悪い状態が続くと視野は狭まり、競技に関係なさそうなことは極力やりたくなくなる。

焦る気持ちは分かりますが、世界が狭まり、周りが見えなくなると、考え方が凝り固まってしまう。

脱出どころか負のループに陥ってしまう。


6497d34c

「得意を伸ばす」と「苦手の克服」、もう少し考えてみます。





2017年04月27日

「砂漠の探究者」から都市、境界を考える

14

に、世界4大文明のひとつの発祥地である、チグリス川、ユーフラテス川流域のメソポタミア地方で生まれた文明について紹介しました。

-7-638

そのひとつが、世界最古の法典と言われる

ハンムラビ法典(紀元前1792〜1750年頃)

でしょうか。

15

バビロン第1王朝のハンムラビ王は王国内の諸民族を統一的に支配するために、法典の整備に務め、全282条からなるハンムラビ法典を制定しましたた。

「目には目を、歯には歯を」という復讐法の原理が有名です。

かつては世界最古の法典とされていましたが、現在はハンムラビ法典は先行したシュメール法典を集大成したものとされており、「世界最古の法典はシュメール法典」と訂正されているそうです。

70dff5a2

さて、上記のように、法典は王国内の諸民族を統一的に支配するために制定されたものですが、弱者保護の効果もありました。

法典がない時に、強者と弱者が紛争になった時は、弱者は泣き寝入りするしかありませんでした。

ところが、法典が制定されてからは、弱者は法典を根拠に強者に主張できるようになりました。

王権の責務の一つが社会正義の確立と維持であり、その実現のために裁判を行い、法を定めるという思想が確立します。

leaf_kenpo_daiji05

ただ、王権の責務の一つが社会正義の確立と言っても、暴君ではそれも難しいものになります。

国家は物語に駆動され、物語を取り入れ、自らを更新していく。黒歴史にこそ本質が宿っている。




もともとイギリスは単一国家ではなく、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドからなる

太古の昔より、支配者が人民を支配するための手段としての法はあったが、1215年にマグナ・カルタ(大憲章)を制定し、

国王といえども完全に自由ではなく、憲法の制約を受ける、立憲君主制を始めることとなった。

150122105524_magna_carta_624x351_bbc_nocredit

1215年マグナ・カルタ(大憲章)制定により、国王といえども完全に自由ではなく、憲法の制約を受けることになり、法律による弱者保護、社会正義の確立がより強固なものになります。

a868f350

国家は物語に駆動され、物語を取り入れ、自らを更新していく。黒歴史にこそ本質が宿っている。


トランプ大統領の大統領令と、司法省、最高裁が対立するのは、立憲主義の原点の構図


法律は、どのような背景から、どのような意義を持ち、制定され、歩んでいったのか、振り返ると見えてくるものがありそうです。




今村復興大臣、記者会見での激高から学ぶこと

で取り上げた今村復興大臣が、今度は東日本大震災を「まだ東北だったからよかった」と述べた

ことにより事実上の更迭となりました。

C-QAa7HWAAEaR7M

<今村復興相辞任>実際は首相の更迭「かばうことできない」

二階派パーティー暗転 今村氏、名誉挽回の講演で失言

復興相辞任 安倍晋三首相「被災地のみなさまに深くおわび。任命責任は私にある」後任に吉野正芳氏

【今村復興相更迭】大震災「東北で良かった」 安倍首相も不快感_2

まず、前回の対応を振り返ります。

今村復興大臣、記者会見での激高から学ぶこと


今村復興大臣が記者会見で、質問した記者に「出て行きなさい」と激高し、

さらに「自主避難は自己責任」と発言し、自主避難している人々から辞任を要求されることになってしまいました。

imamura-jishuhinan-198x198

冷静に考えれば、

オイルショック以降の、石油代替による原子力推進は国策であり、その原子力発電所トラブルにともなう避難である。

ただし、国が指定した規制区域からの避難と、区域外の自主避難では、国の対応は異なる、ことにならざるを得ない。したがって、自ずと対応にも差が出てしまう。

ただ、原発トラブルによる被害は専門家でも特定が難しく、安全のため自主避難せざるを得ない人も多数いる。

ということでしょうか?

imamura1

今村復興大臣は、冷静さを欠いてしまい、自ら失言とも取れることを公の場で述べ、被災者の感情を逆なでする結果となってしまいました。

復興大臣とは、被災者に寄り添い、支援する立場の責任者です。あまりにお粗末な対応です。

大臣という立場のリスクマネジメント上も問題です。


今回は所属する派閥の長である、二階幹事長が、汚名挽回の機会として、復興に尽力していることを示す場を、

自らの派閥のパーティーで設定してくれました。

よりによって、その場で、

首都圏であれば、もっと大きな被害が出た、と言うべきところを「東北のほうだったからよかった」は、まず過ぎます。

C-QA4dyV0AA_BdB

無意識、反射的をどうやって言語化、再現するか?




脳が手、足、目などの各部位をコントロールして動かすと考えていますが、実際には、

・手、足、目などの各部位毎に、それぞれ相当部分、独立して動いている

・脳が意識して各部位を動かす以外の、無意識的、反射的反応が相当ある


と書きましたが、

04688c73-s


今村元復興大臣は、思ったことを無意識的、反射的に口に出してしまう方のようです。

思ったことを必ずしも口に出してよい訳ではないことは、小さい頃から学びます。

子供の頃、誰かからプレゼントをもらったとします。

ただ、そのプレゼントは自分がほしいものではなかったりします。

a004e9dd

その時に、がっかりした顔をして、「これ、ほしくありません」などと言おうものなら、せっかくプレゼントをくれた人の気持ちを踏みにじってしまいます。

プレゼントはほしいものではなかったとしても、プレゼントをくれた人の気持ちはうれしいもので、それには感謝で応えます。

「どうもありがとうございます。これほしかったんです」

必ずしも本意ではなくても、思ったことをそのまま口に出すのではなく、相手の気持ちを推し量ります。

b98cc011-s

人前で話す人は、自分が話す内容を聞いた聴衆がどう思うか、言葉を選んで話すことが大切です。

また、人前で話す場合、聴衆がいますので、聴衆の反応をうかがいながら、できるならば、引き付け、巻き込み、一体感を醸成しながら話すことになります。

77a6ff4c-s

会話のキャッチボール、パスボールさらにはワイルドピッチ?は、なぜ起こる?




同じ内容のレクチャーを行っても、場所、時間帯により、聴衆は異なり、それゆえ反応も異なります。


アートとクリエイティブティーのトーク「身体は「うそ」をつかない。」


相手と触れあったり空間を通して身体で「会話」しながら一緒に動く。

一瞬一瞬をもっと敏感に感じて表現できるように、『場』を制することの出来るパフォーマー。

単なる美しさだけでなく、社会について表現するアート。

身体は「うそ」をつかない。


619d5b06

計画、予測と想定外の事項に対する対応、偶然と必然、この微妙で奇妙な関係


即興ダンスを演じるダンサーは何を考え、何を感じ、また観客との空気のインタラクションの中で、どう演じていくのか?

社会生活の多くは、大まかな計画はしつつも、想定外のことが起こり、即興で対応していきます。

ダンサーの経験、対応から学ぶことは多そうです。


f6be4798

即興演劇インプロ、「はみ出す」ことが目的ではなく、結果としてはみ出している




人生は即興の連続。台本などない。即興とはその瞬間に想うことを表現すること。次のセリフは、なんて考えたらがっかりするだけ。思うように周りは動いてくれない。こんなはずじゃなかった、と思うのがオチ。この時、この瞬間を感じる。

変化が急激な時代、人生は即興演劇(インプロ)の連続。ただし、インプロは準備なしで、その場で行ってできるものではなく、型をたくさん習得し、瞬間的に、その場に応じた型を使う練習を十分に積み、状況に対応するだけではなく、瞬時に、これから起こる状況を無意識に(意識することなく)予測することにより、可能になる。


創造性に関してのパラドックス、制限があるほど創造性が高まる


即興とは、参加者各自が言葉にできる考えをしっかり持っているからできること、音楽も即興演奏は実力がないとできない


と書きました。

7c0dcb01-s

人前で、言葉を選びつつ、自分が話す内容を聞いた聴衆がどう思うか、聴衆の反応をうかがいながら、引き付け、巻き込みながら話すことは、ほとほと難しいようです。


蓮舫民進党代表代行、「 岡田克也代表、本当につまらない男だと思いました。」社会人としての基本的礼節を疑う

に書いた、蓮舫民進党代表の

899e6edb

私は岡田克也代表が大好きです。ただ、1年半一緒にいて、本当につまらない男だと思いました。

「1番でなきゃ、いけないんですか? 2番じゃ、いけないんですか?」

も深く人々の心に刻まれています。

1e12a81a

人前で話す人は、思ったことを無意識的、反射的に口に出してしまうことのないようにしたいものです。





2017年04月26日

「砂漠の探究者」から都市、境界を考える



14


都市同士が十分に離れている時は、よかったのですが、それぞれの都市が拡大して、境界を接して、都市国家となると新たな問題が発生します。

境界を接すると、どうしても争いが起こります。

その結果、強い国家が弱い国家を征服して、その領土、人民を奪っていくことになります。

-8-638

陸上の国境だけでなく、南シナ海では周辺国の間で境界紛争が起きています。

これは、国家だけでなく、個人レベルでもよく見かけます。

では、境界をなくせばよいのか、と言うと、その試みを行ったEUでは、移民問題が深刻です。

境界を接する時の難しさ、衝突、侵略、接触、融合などなど、

これについては、今後考えてみます。


53c3f8b0

「建築の際」「際(きは)」と「縁側(えんがわ)」




「際」で閉ざすのではなく、「際」でつながる。互いに異質なものが接合し、時にぶつかり合い、反発し、時には融合し、収斂と拡散を繰り返し、新たなものが生み出される。


と書きました。

e2bf8f78-s

「砂漠の探究者」から都市、境界を考える

で挙げたメソポタミアの事例だけでなく、古代から近代までのヨーロッパは領土、支配権を巡る戦いの歴史でした。

四方が海に囲まれた日本は、明治時代より前は、海という自然の境界を超えて攻め込まれたのは2度の元寇くらいですが、国内では、戦国時代など、全国で領土、支配権を巡る戦いで、それ以外の時代でも各地に領土、支配権を巡る紛争がありました。


さて、境界の取り扱いが難しいのは、国家間だけではありません。

53f3fb148c67d4625257889ea0ecd3ad

シミュレーションによる展開とその限界、基本工学の大切さの再認識

シミュレーション科学とは?理工学の手法から生活を広げ、豊かにする手段に

工学の自然科学化から社会科学化、そして人間科学へ




「シミュレーション」の定義、コンピューターの発達に伴い、物理、工学において、実験だけでは再現し切れない現象を、自然条件に即して忠実に再現する手段として使用されるようになった。

建築物、船などは、昔からありましたが、その設計、建造に、科学的知見が取り入れられるようになったのは、日本では明治以降、世界でもニュートン、ベルヌーイ、ライプニッツらの自然科学的知見が出てくる近代になってからで、それまでは大工、職人の経験、勘によるものでした。

c4c15103

産業革命以降、蒸気機関による鉄道、船、飛行機あるいは鉄、コンクリートによる建築物ができると、飛行機の空気による揚力、抵抗、船と波の相互作用、建築物の耐震、耐風など、これまでは考える必要のなかった、新しい自然と人工物の関係が生まれてきました。

この、新しい自然と人工物の関係は、理学ではなく、主として、これら鉄道、船、飛行機、建築物、をつくった工学が担当することとなりました。

そこで、流体力学、材料力学などの学問が生まれました。

6c0c2dce-s

鉄道、船、飛行機、建築物をつくる、工、技術に対して、新しい自然と人工物の関係の評価は、工、技術よりも、むしろ観察に近い自然科学的手法が取られます。

これは、自然科学の知見を取り入れて、モノ、技術を創りだす、という方向から、創り出したモノ、技術を自然科学的手法で評価する、という、一種のパラダイムシフトを生むことになります。

この自然科学から技術へ、技術を自然科学で評価、という両方向を使いつつ、技術は進歩していくことになります。


bb87ba44

シミュレーションを行うとは、流体、材料などの状態を表わす方程式を解くことになります。

方程式を解くには、最初の条件である、初期条件と、その系の境界の状況である境界条件が必要です。

kakusan9

学校で習う方程式では、境界条件が前提として設定されていますが、実際のモノでは、境界条件を見つける、あるいは、方程式が最適になるように、境界条件を設定することになります。

方程式を解く機会が多い、理工系の方はよくご存じのように、境界条件が異なると、同じ方程式でも全く異なる解になります。

8ab35ca9

流体力学、例えば船では船体と水が接触する近傍、パイプの中を通る流体では、パイプ内面近傍で、流れの挙動が難しい「境界層」

伝熱工学では、例えば、コンロと鍋、鍋と水、などで鍋表面、内面近傍に、熱の伝わりの挙動が難しい「境界層」があります。

Boundary_Layer

この「境界層」は全体のほんの一部なのですが、この部分が流体、伝熱で極めて重要な役割を果たします。

ここを正しく表現できないと、全体の解が全く違ったものになってしまいます。

例えば、川と流域の境界は、堤防ですが、この堤防という境界が一部でも決壊すると、安定した流れが壊れてしまいます。

be007d57-s

さて、このように大切で、取り扱いが難しい「境界」ですが、その役割は、

場と人のネットワーク、継続と質の担保が大切




「多様な人たちの場」と言いながら、完全にオープンにすると、必ず質が低下します。

質が担保するには、境界によるフィルタリング機能による選別、もっと直接的に言うと、「不適切者の排除」が必要です。


と書きました。

2342e829

「砂漠の探究者」から都市、境界を考える




境界をなくせばよいのか、と言うと、その試みを行ったEUでは、移民問題が深刻です。

境界を接する時の難しさ、衝突、侵略、接触、融合などなど、

これについては、今後考えてみます。


と書きました。

f791b3a2

境界による一応のバリア、フィルタリング機能による選別、は必要で、なくせばよい、というものではなさそうです。


日本と朝鮮の境界の対馬、江戸時代の西洋と日本の境界の長崎・出島、明治維新の西洋と日本の境界の横浜、など、文化の交差点の役割も面白そうです。

2-02

このように社会科学だけでなく、自然科学、工学、人文科学にも深くかかわる「境界」については、これからも考えてみたいと思います。




2017年04月25日

「砂漠の探究者」を探して―女性たちと百年

という案内が来ました。

14

こういった研究会は、「TAK」さんの全くの専門外です。専門外だからこそ、逆に気づくことも多かったりします。

「イスラーム以前の中東」メソポタミア、地中海地域の中東世界

から、考えたことを書きます。

15

チグリス川、ユーフラテス川流域のメソポタミア地方は、世界4大文明のひとつの発祥地です。

人類が生存するためには、水、食料の確保、安全の確保が不可欠です。

食料確保が安定しづらい、狩猟採集から農耕へと移行し、そのためには飲料水だけでなく、農作のための水も必要となりました。

まとまった労働力も必要となり、集落が形成されます。

大きな集落に人が集まるようになると、その大量の人々の水、食料をまかなうことが必要になります。

また大量の人々に対するサービス業、商業も発生します。

すると、そのサービス業、商業を得ようとさらに多くの人が集まるようになります。

このようにして、大きな集落が都市になります。

多くの人が集まるところには情報も集まります。

image1

文明が生まれるためには、生活にゆとりがあり、平和で、多様な情報が集まる、ことが必要です。

つまり、都市居住の魅力とは、そこにあるサービス業、商業、情報、多様な魅力的な人々である反面、

水、食料など社会インフラの整備、確保が課題となります。

さて、都市同士が十分に離れている時は、よかったのですが、それぞれの都市が拡大して、境界を接して、都市国家となると新たな問題が発生します。

境界を接すると、どうしても争いが起こります。

その結果、強い国家が弱い国家を征服して、その領土、人民を奪っていくことになります。

-8-638

農学、食料生産技術から生命科学、バイオテクノロジーさらには社会、経済へ




人々は早い時期から「火」を使って、煮る、焼く、炊く、などの調理行為を行ってきました。

ただ、肉、魚、などの生鮮食料品を家庭で保存できるようになったのは、昭和30年代の冷蔵庫の普及からです。

それまでは、肉、魚、などを長期に保存するには、煮干し、鰹節など、乾燥させていました。

家庭で、冷蔵、解凍できるようになってから、生産、流通にも劇的な変化が起こっています。

食料の安定供給という、人類の長年の悲願は、食料生産技術、防疫技術という農業技術の進歩、及び、食料の冷凍保存技術、輸送技術の進歩により、20世紀後半に取りあえず達成されました。


d7bce86c

食料という人間の生存に不可欠なものについては、太古から高床式倉庫によるコメなどの保存、

塩、胡椒などによる肉、魚の長期保存、煮干し、鰹節など、乾燥保存などが試みられましたが、

昭和30年代の冷蔵庫の普及により、ほぼ達成されることになりました。

e89342d3

再生可能エネルギーによる電力が貯蔵できるようになると?




南蛮菓子の伝来と貿易―グローバル・ヒストリー的に


食物の冷蔵手段がなかった時代、食物の長期保存のために、塩、胡椒などの香辛料は重要で、その主要産地インドとの交易は大切だったのですが、陸路では輸送量が限られ、大量輸送が可能な航路の探索が重要な課題でした。


食料の保存が難しかった時代は、人口は食料生産量に依存し、一時的な余剰はあっても、慢性的に不足していました。

食料の貯蔵技術が進んでいない時代には、飢饉など食糧不足に見舞われました。

昔の平均寿命が短く、著名人の寿命はそこそこ長いのは、食料危機になると、裕福な人以外は、栄養不足でなくなったためです。

d26356f3

ところが、農薬の進歩、品種改良、機械化に加えて、冷蔵保蔵できるようになり、食料不足は原則的になくなり、むしろ価格を維持するための生産調整、食べられるのに捨ててしまうフードロス、などが問題となるようになりました。

平均寿命が伸びたのは、医療の進歩もありますが、食料の保存技術によるものが大きいです。


と書きました。

食料の保存技術による、安定供給は、上記のように人類に劇的な変化をもたらし、まだまだ課題はあるものの、食糧難は一応の解決を見ました。

b3ffb33c

都市居住の魅力とは、そこにあるサービス業、商業、情報、多様な魅力的な人々、とは、現在も同様でしょうか。

一時はにぎわった都市が寂れてしまい、最盛期のにぎわいを取り戻そうという動きが、ありますが、ほとんどがうまくいっていません。

e988e902

「日本再発見」構造が変わる時、合理化、効率化は延命策に過ぎない、新たな価値を見出すこと




エネルギーの石炭から石油への流れ、海外のコストの安い露天掘り、などの影響を受け、多くの炭鉱が合理化、効率化を進めようとしました。

ところが、「仕事は特に頭は使わず、簡単で楽で、給料がよく、労働者は好況時にはストライキなど尊大な態度」から急に転換できるものではありません。

炭鉱はいつかは復活するのではないか、という漠然とした期待があったようです。しかし、現実は厳しく、弱者から廃業し、最強の数社だけ生き残りました。

しかし、徹底的な合理化、効率化を行った、最強の三井三池炭鉱でさえ、石炭から石油への流れ、海外露天掘り採掘の低コストには勝てず、やがて閉山します。


と書きました。魅力がなくなってしまい、人々が去って行ったのは自然の流れで、社会、時代が変わってしまった以上、にぎわいを取り戻そうとしても、難しい、と考えます。

d6728748

都市同士が十分に離れている時は、よかったのですが、それぞれの都市が拡大して、境界を接して、都市国家となると新たな問題が発生します。

境界を接すると、どうしても争いが起こります。

陸上の国境だけでなく、南シナ海では周辺国の間で境界紛争が起きています。

img_929e585ca102b419a45cf55a46d9e6d8225852

これは、国家だけでなく、個人レベルでもよく見かけます。

では、境界をなくせばよいのか、と言うと、その試みを行ったEUでは、移民問題が深刻です。

境界を接する時の難しさ、衝突、侵略、接触、融合などなど、

これについては、今後考えてみます。




livedoor プロフィール
最新記事
Archives