2017年01月17日

錦織 大苦戦も全豪OP7年連続初戦突破、世界45位との激闘制す<男子テニス>

20170116_nishikori_546_0515

錦織圭選手については、

錦織選手、全米オープン準優勝から考える

錦織圭選手、銅メダル獲得に寄せて

テニス錦織圭選手、全米オープン快進撃がもたらしたもの


伊達選手より以前は、プロのテニスは外国人選手によるもの、でした

b8e810fb

男子はビヨルン・ボルグ、ジミー・コナーズ、ジョン・マッケンロー、イワン・レンドル選手

女子はクリス・エバート、マルチナ・ナブラチロワ、シュテフィ・グラフ選手が大活躍していました。

テレビ放送のほとんどもこれらの外国人選手のプレーを放送していました。

たまに、全日本選手権決勝などが放送されましたが、そこで行われているプレーを、ウィンブルドン本戦と比べると、「大リーグと高校野球、いや草野球」という感じだった、でしょうか?


4bcf7165

と書いたように、錦織圭選手がジョコビッチ選手、マレー選手らと世界のトップ5に入って戦っているのは、以前では、想像もつかなかった、素晴らしい快挙です。

錦織圭選手の活躍で、テニスをする若い選手も増えているのでは、と思います。

img-404071736-0001

「TAK」さんは、学生時代からテニスをやっていて、全盛時には全日本選手権出場者とも何度か対戦したことがあります。

そこで、ちょっと気になることがあります。

14fad9e5

アマチュアの選手の中には、錦織圭選手のプレーをまねる人も多いのではないか、と思うのですが、「ちょっと待って」と思います。

テニスの試合では、「ミスをしない」「決めるボールはしっかり決めてポイントを取る」

・ベースラインの打ち合いでは、クロス、ストレートは、基本的に相手が打ってきた方向に、より深い球を返し、

・相手のボールが短くなったら、オープンコートに決める

ことが基本です。

ジョコビッチ選手はしっかり、これを行っています。

20161109111048

錦織圭選手も、そんなことは百も承知でしょう。

ただ、外国人選手に比べ、体格、パワーで劣る錦織選手が、これを忠実に行ったのでは負けてしまいます。

そのため、浅くなったボールではなく、ベースラインの深い位置から、相手が打ってきた方向ではなく、オープンコートを狙って、ポイントを取りに行きます。

浅くなった、力のないボールであれば、コースを変えて打つことは簡単ですが、速くて、強いボールを、ベースラインからオープンコートを狙っても、ミスが多くなります。

これは、錦織選手だから、できることです。

172c5e4b

ベースラインの深い位置からドロップショットも錦織選手の得意なショットですが、これは錦織選手のストロークに備えて、相手選手が深い位置にいるからこそ、有効で、そうでなければ相手のチャンスボールになってしまいます。

基本を忠実に行い、少ないミスで、確実にポイントを取れるジョコビッチ選手と違って、

錦織選手は、その格別の身体能力を利用して、基本を少し外して、世界のトップで戦っています。

2014-04-19_3

アマチュアまねるのは、錦織ではなくジョコビッチ、そんな感を持ちつつ、テニスを観戦している「TAK」さんです。




2017年01月11日

ヨコのネットワークにタテが加わると推進力が増大




ノマド(遊牧民)ライフスタイルについて「会社をやめてフリーランスで働くこと」のような解釈がなされ、

・ほんの一握りの成功者がいるかもしれないが、安易に、会社への就職を否定し、フリーランスを助長し、結果として、二度と脱出不能な貧困層を産み出している


と書きました。

1bbe4eb3

3〜4年前のことですが、この頃、フリーランス・ノマド(遊牧民)スタイルのスター的存在だった人々の多くが、大企業、大学などでポストを獲得し、定収入に加えて、年金、保険などの対応も確保した上で、いろいろなプロジェクト、企画、イベントなどを飛び回る、ライフスタイルを続けています。

一方で、それ以外の大多数の大企業をやめて、フリーランス・ノマド(遊牧民)になった人々は、戻ろうにも戻る先もなく、低所得のニートに没落しています。

b2b2ac88-s

この状況は、その当時から予想していて、

ノマド(遊牧民)社会とは、どういう社会?

ヨコのネットワークにタテが加わると推進力が増大




「会社定住型からノマド(遊牧民)型」と言っても、

・どの会社、官庁などの組織にも所属することなく、ノマド(遊牧民)型なのか?

・1か所以上、場合によっては複数の会社、官庁などの組織にも所属した上で、そのぞれの組織およびその他コミュニティーをノマド(遊牧民)するのか?

どちらもありですが、私の見解では後者の比率が増えるのでは?という感じがします

組織とコミュニティーを敢えて、別に書いていますが、組織が従来型の会社、官庁、コミュニティーとは参加・離脱が自由でリアル社会だけでなく、ネット上で繰り広げられる集まり、でしょうか

index

参加離脱が自由なコミュニティーでは、個性は発揮してこそ、存在価値があり、個性を抑制したのでは存在意義がありません。それが地縁・血縁ような参加強制、全面コミットメント強要のムラ社会型共同体と違うところです

この存在価値がないのであれば、ノマド(遊牧民)型は難しくなります。つまり、ノマド(遊牧民)型生活を送るには、それぞれの組織、コミュニティーで価値を生み出すことが不可欠です。単に寄生するだけでは排除されてしまいます

ノマド(遊牧民)的ライフスタイルとは、経済的基盤、社会的ネットワークを維持できる信頼、常に新しいものを生み出すクリエイティビティーが不可欠です。就活がうまくいかない、企業に入りたくない、からのような安易な理由で考えるべきものではありません

index

ヨコのネットワークだけでは、推進力、パワー、活動資金などが足りません

ヨコのネットワークからブレークした人を見ていると、ソーシャルメディアにより、ヨコのネットワークを形成した上で、マスメディア、大企業など従来型の伝統的メディア、組織をうまく活用しています

個人同士のネットワーク、ソーシャルメディアの活用だけでは限界があります。

「縦のネットワーク」マスメディア、大企業など従来型の伝統的メディア、組織をうまく巻き込む、ことが、プロジェクト、活動が大きくブレークして展開するには欠かせないようです

「横のネットワーク」だけではなく、「縦のネットワーク」が大切なようです


31368728

あえて内向きに、組織、領域、業界内のポジション確立は?


領域、社内外を横断するオープンネットワークが最近、強く標榜されています。

ひとつの会社、業界にとどまるのではなく、広い社会で活躍するには、オープンネットワークが欠かせません。

一方、業界、学会でしっかりした、抜きん出た立場を獲得するには、「業界、学会」内のコア・サークルに加わり、そこでの評価が不可欠です。

後者が内向きとされがちですが、業界内での確固たるポジションも大切です。

オープンネットワークとインナー・サークルは、相乗効果がある場合もあれば、相反する場合もあります。ただ、どちらか一方ではなく、両方が大切です。


career-ladder

フロンティア人材は「社外のネットワーク」と「社内の合意形成力」を併せ持つ


「社内で認められリーダーになっていく、内向きの人」と「社外ではネットワークが強いが、社内では浮いている人」の両方の長所を併せ持つ人がフロンティア人材、組織には必ず抵抗勢力がいる。組織で何かを行うには、推進、説得、合意形成が不可欠

産学官プロデューサーをやっていて感じるのですが、民間企業に所属している方で産学官に幅広いネットワークを持っている方が、よくいます。

こういう方々は産学官、異分野交流型の研究会、勉強会の委員長、主査、幹事などの取りまとめ役を務められ、参加者からの人望も厚いのが特徴です

多くの場合、名刺は「部長」ただ、社内では部下がいない「部長」、部に何十人もいる「部長」の一人だったりします

社外でこれだけ大活躍されているのですから、社内でも部署間の取りまとめなどに大活躍されているのでは?と思いきや、社内では「浮いた」存在だったりします。

「社外の皆さんはわかってくださるのですが、社内、特に経営層はなかなか理解してくれなくて」が口癖だったりします

network

社内では活躍の場がないのなら、社内に拘束されている時間がもったいないので、社外のネットワークを活かして、会社を辞めて、フリーランス、いわゆる「ノマド」を考える人もいます

この人たちは「会社の看板」で仕事をしている訳ではなく、社外のネットワーク、持っている知識、取りまとめ力、コミュニケーション力で仕事をしているので、一見問題なさそうです

ところが、問題なのが「経済的安定」です

この人たちは、上位1割以内に入る程度の収入はもらっています

その安定した収入を基盤に、社外の活動ができています。これを失ってしまうと、一気に活動は狂い出します

アナウンサーでテレビ局を辞めて、フリーランスになる方がいますが、90%以上の方々は収入がダウンします。そのため、やりたくない質の悪い仕事も受けざるを得なくなります。「好きなことがしたくて、フリーランスになったのに、却って不自由になった」というボヤキをよく聞きます

同様のことが起こり、活動の質が一気に低下し、ネットワークもしぼみ、またネットワークの方々に職探しを頼み、敬遠されたりします

109bd518

この人たちは、「社外の皆さんはわかってくださるのですが、社内、特に経営層はなかなか理解してくれなくて」と諦めるのではなく、

一度目を社内に向けてみると、違った光景が見えてくるのかもしれません

「社外のネットワーク」に加えて、「社内の合意形成力」を併せ持つことができれば、真の「フロンティア人材」になれるかもしれません


643c44af

「安定を望みつつ、変化を望む」この矛盾をどう考える?


安定を望みつつ、変化を望む、矛盾をどう考える?です。


これは一見、矛盾するように見えますが、

・まず、自分がいる場所については「安定した場所」を確保した上で、

・その確保した安定した場所が侵されない前提で、周囲においては、マンネリに陥らず、飽きない程度に、変化がほしい

・ただ、現実には社会、生態系は急激に変化しており、「確保した」と思っていた「安定した場所」も危うくなるかもしれない。

・その場合は、失敗した場合、元の場所に戻れる条件で、新しい場所に移りたい

と考えると、わかりやすそうです。


8314ce7a

女性博士人材の社会起業を考えるフォーラム@お茶の水女子大学、に行ってきました


女性に限らず、男性でも、高学歴で、例えば東大の博士だとしても、新卒採用の、正規トラックから外れてしまうと、そのルートに戻ることは大変難しくなります。


努力しているのに、なかなか成果が出ない場合、思い切って、環境、境遇を変えてみるのもいいかもしれません。

ただ、一時のブームに安易に乗ってしまい、「不可逆的、下方」への移行になってしまわないか、注意することが必要です。




2017年01月10日

多様性に伴う「居心地の悪さ」こそチームの成果を高める

631608e7


多様性によって生じる議論と違和感は、創造性と深い思考を促す重要な誘因である。

もしリーダーがこのことを認識できれば、多様性を歓迎するはずだ。

そして、組織とそこで働く全員が、きっと恩恵を得ることだろう。


という記事がありました。

b5788a69

「居心地のよさと悪さ」と、新しい能力の開拓については、以前にも考えたことがあります。

居心地のよさと悪さのバランス


「居心地の悪い環境を求めよ。居心地のよい場所では能力は伸びない」

人は各々の環境、社会の中で、自分の「居場所」を見つけ、作り出します。

そして、その「居場所」が、居心地がよく、快適なもの、にしようとします。

力が十分に発揮できるのは、居心地がいい環境で、得意なことをしている時です。

0b15064f

一度、居心地がよくなると、その状態をなるべく維持しようとします。

しかし、自分が得意なことをやっている時は、ろくに努力をしなくても、それなりに成果が出ます

それゆえ、居心地がいい居場所、では、自分の能力は止まったままで、伸びません。自分の幅も広がりません

ずっと自分が得意なことだけしていればよいのですから、幅は広がらず、能力は止まったままです

そんな時、居心地のよい場所をあとにして、新天地を求めます

index

新天地は慣れていませんから、今までの得意パターンは使えず、なかなか成果は出ません。もちろん居心地はよくありません。

でも、新しい能力が着実に伸びていきます

ただし、繰り返しますが、なかなか成果は出ません。成果は、新しい分野が得意分野になっていくにつれ、出てきます

1d6c745a

敢えて、自分が不慣れな、居心地の悪い場所へ移って、常に新しい能力を見出し、伸ばすことの大切さを教えていただきました。

安定志向、現状維持志向が何も日本人に限ったことではない、ことがわかりました。

誤解してほしくないのは、居心地の悪い場所では、なかなか成果は出ません。

居心地の悪い場所を得意分野にしていくプロセスで、能力がついて、成果が出てきます。


2e4dfc2f

「居心地のよさ」を捨て、新天地、新しい能力の開拓を目指して、新しい環境に飛び込んだ時、通常、以前よりも「居心地がよくない」環境です。

新しい環境で、コミュニティー、チームとして機能、稼働していく中で、ある程度の軋轢はあるとしても、信頼関係の構築、などを通じて、居心地がよくなっていく場合があります。

すると、上記のように、これまで習得した能力に加え、新しく身につけた能力を発揮できるようになります。

よくない居心地がよくなっていくのがチーム運営、コミュニティー・ビルディングの醍醐味だったりします。

1f491fc2

一方で、「居心地の悪さ」が一向に解消されない場合もあります。

上記に書いたように、居心地の悪い場所では、なかなか成果は出ません。

居心地の悪い場所を得意分野にしていくプロセスで、能力がついて、成果が出てきます。

もし、どんなに努力しても、「居心地の悪さ」が一向に解消されないのであれば、コミュニティー、チーム自体を見直した方がよさそうです。




できることが増えると人生は楽しくなる

というブログがあります。

275d88f3


人生は小さなことの積み重ね。

子供の時は何もできなくて、やってもらっていたことが大きくなるにつれ少しずつ当たり前にできるようになり、可能性を見つけながら大人になっていく。

初めて自転車に乗れた時。初めて料理をした時。初めて海外に行った時。

初めての時は誰だってワクワクして、自分の新たな可能性を発見できる。

たとえうまくいかなかったとしても。

6e3c39cc

大人になってからもそれは同じで、「これってできるかな?」

「できたらきっとすごく楽しいだろうな」ということをやってみる。

人にやってもらえることでも、まずは自分でやってみる。

自分の髪を切ってみる。洋服を作ってみる。帽子も作ってみる。家具を作ってみる。パンを焼いてみる。海外に行く時は自分で調べて自分の足で歩いてみる。宿もお店も行きたい場所も、色々調べて探してみる。

そうやって自分の手で何かをすると、物事がよく理解できるようになる。


37ec2a26

日々、仕事で出力するためには、日々、ほんのちょっとの差でいいから、ほんのちょっとでいいから、出力よりも多い学びの入力をすること。


「できることを精一杯やる」ことは、とても大切です。これを怠ってはいけません。

ただ、逆説的にみると、「できることだけ」をやっていたのでは、代数級数的な量の向上はあっても、質の向上、幾何級数的な量の向上はありません。

a94b418c

一方で、「今日はできないこと」ができるようになると、できることが飛躍的に広がっていきます。

これは、山道を登っていて、あるところまでは、変わらなかった景色が、一気に開けてくるのに似ています。

0175b168-s

「英語ができなくても生活には困らない」という人がたくさんいます。今の日本では、その通りかもしれません。

一方で、英語のコミュニケーションが堪能な人は、添乗員なしで、海外旅行を存分に楽しむ、

ビジネスがグローバルに展開する、国際会議で発表する、など、いろいろな展開があります。

25e606dc

能力が増えるだけでなく、ツールが増えることも、「今日はできないこと」ができるようになる、につながります。

10代の生まれながらにして、インターネット環境だった、デジタル・ネイティブよりも、上の世代は、インターネット、スマフォ、パソコンを獲得して、できることが、質的、量的に飛躍的に広がったのを覚えている、と思います。



これほど劇的な変化ではないにしても、「できることを精一杯やる」に加えて、ほんの少しでも、「今日はできないこと」ができるようになると、楽しそうです。





2017年01月01日

明けましておめでとうございます。

昨年は周囲のみなさんにご協力いただき、様々な活動を行ってきましたが、今年もよろしくお願いします。

例年、新年の抱負を掲げるのですが、今年も抱負を述べさせていただきます。

IMG_8466

産学官連携における研究開発、技術開発の成果を、埋もれさせてしまうことなく、社会に反映、実装する、ビジネスにつなげることをMOT(技術経営)の視点から行っていた活動ですが、

6f1f8b8d

1.技術を駆使して、新たなビジネスとする、MOT(技術経営)の考え方が、社会に十分に普及、浸透し、MOT(技術経営)という言葉自体が、陳腐化する一方で、進展する科学・技術の社会実装が待ったなしの急務である。

1c078706

2.進展する科学・技術の社会実装が当初、予定されていた分野以外において、著しい成果を生み出すことが少なくなく、専門技術の進化に加えて、周辺技術、他分野技術の理解、把握、さらには科学技術だけでなく、人文、社会科学、サイエンス、アートなどの幅広い知識、リベラルアーツの素養も求められる。

eb796949

3.科学・技術と言えども、新たなテーマ、プロジェクト、発想、アイデアをもたらすのは、新たな人との出会い、懐かしい人との再会、など人と人の信頼に基づくつながり、である。

index

4.プロジェクトのテーマ、実用性、便益もさることながら、プロジェクトの運営のデザイン、仕組み、仕掛け、が成功、失敗を左右する。

88457703

5.スピードアップが求められる一方で、タイミングを見計らう、社会、時代の流れ、方向を正しく観察する、ことも大切で、表面の短期的な動きだけでなく、国際関係、経済、金融の潮流にも理解が必要。

3

6.年々、研究予算などの環境が厳しくなる一方で、いろいろな分野の最先端の研究者、学生から年長者まで、幅広い年代の人々、海外からの留学生も集まるプラットフォームとして、大学の役割が再認識されつつある。

ことがわかってきました。



これらを踏まえて、今年の活動としては、

0175b168-s

1.研究者、アントレプレナー、オーガナイザーよりも、むしろ、個々の活動をつなげ、社会に実装するプロデューサーの役割を強化する。

fd9380f5

2.活動の範囲をMOT(技術経営)、特定の学会、研究会に限定することなく、科学技術だけでなく、人文、社会科学、サイエンス、アート、リベラルアーツへの拡大を継続します。

いきなり、未知の学会、研究会に行くのは辛そうなのですが、実は先方の主催者、コア・メンバーに一人でも知り合いがいるとスムーズにいきます。

631608e7

3.上記の活動を行うには、複数の、他分野のコミュニティーに参加することが欠かせません。

ただ、どのコミュニティーも生態系があり、そこに存在する意義、価値がなく、ぶら下がっているだけでは、居場所がなくなります。それぞれのコミュニティーに価値をもたらす存在であるよう、努めます。

11

4.活動には参加することと、同様に記録することが大切です。記録することにより、他者との経験のシェア、あるいは自分が振り返ることができます。

参加したイベント、研究会については、できる限りブログに記載します。

IMG_8418

5.年に一度の海外旅行へは今年も行きます。ただ、最近は国際テロの影響で、行ける場所、期間が限定されて、しかも、安全に特段の注意が必要です。

そんなわけで、行ける場所のうち、行きたい順番に行きます。


以上、とりとめがありませんが、今年もよろしくお願いします。






2016年12月31日

「リーダーのためのキャリア・デザイン・カフェ」は、この1年のキャリア・デザインの流れを総括して締めくくろうと思っていたのですが、

年末押し迫ってから、

64b32d1c

「学歴」という最大の分断 大卒と高卒で違う日本が見えている


日本は学歴で分断される社会になっている。さまざまな「格差」の根にあるのも学歴だ。

「進学校の両親はほとんどが大卒。この学校はシングルの家庭も多いし、親もほとんどが高卒。親の収入と学力格差が比例する問題はよく言われるけど、文化の違いもありますよ」

「大卒の家庭は大学のメリットを知っている。だから、最初から子供も進学させようとしますよね。でも大学のメリットを知らなかったら、進学のための貯蓄だってしない。学力以前に選択肢から消えるんですよ……」


というサイトが飛び込んできて、話題を呼んでいます。

「TAK」さんは開成中学・高校から東大を卒業、東大大学院を修了、その後、社会人になってから、東工大大学院を修了していますので、完全に「分断」されていそうなので、その立場からコメントします。

75e0b0ce

このテーマについては、以前にも考えたことがあり、

価値観は住んでいる「世界」に影響される、だから住む「世界」を大切に



低学歴と高学歴の世界の溝


すごい田舎の底辺中学を卒業してるけど、地元同級生たちや親戚達の常識感っていうのは独特だなぁとずっと思ってた。

上京してからは特にそう思ってて、同じ日本なのに本当に違う世界が共存しているんだなと思ってそれがもう日本だと思ってた。

この記事を読んで、そうかそれは「低学歴の世界」と「高学歴の世界」の溝だったんだと納得した。

地元は田舎だからか両親ともに兄弟が多くて、いとことか30人くらいいるんだけど、その中で大学に行かせてもらったのは俺くらい。

俺の両親は、他のいとこが次々と中卒・高卒で働き始めたりしているのを横目に、頑張って俺を大学まで行かせてくれた。

両親が大学まで俺を行かせたかった理由としては学歴コンプレックスもあったのだと思うけど、それ以上に今後生きて行く上で大切な友達や結婚相手の階層のレベルをあげてやりたいってことがあったのだと思う。


efb87d27

向上心のある人とない人の世界の溝


向上心のないクラスメイトって将来のことを何も考えてない。

夢がないとかそういう意味じゃなくて自分の進路についてキャリアについて考えられるだけの知識を持ってない。

親がそういう知識のない親だから、家庭がそういう知識のない家庭だから。


のような記事がウェブ上をにぎわせています。

af343ded

文章の記述はともかくとして、感じるのは、

・人間は価値観が次第に掲載されていくが、その価値観は住んでいる「世界」に影響される、だから住む「世界」を大切に

ということでしょうか。

8314ce7a

残念ながら、「親」を選ぶことはできません。ただ、「親」が高学歴な場合と低学歴な場合では、少なからず、価値観の形成、育つ環境に差があります。


こう書くと、貧困な環境に育っても、立派な業績を残している人がいる、という反証がありそうです。

こういった事例を、つぶさに調べた訳ではないですが、親、親せき、でなくても、かなり身近に「尊敬すべきロールモデル」がいたのではないでしょうか?


よく言われることですが、地方の一流県立高校からよりも、開成高校、灘高校など超一流私立高校からの方が東大に合格するのは簡単です。

なぜかと言うと、特別に勉強しなくても、周りの価値観に合わせて、一緒にやっていればよい、からです。


上記サイトでは大卒と高卒で大きく分断されている、という論調ですが、

大学に関わり、「分断」される側の「TAK」さんから見ると、さらに細かい「分断」があることに気づきます。

7355c97f-s

1.一流大学とその他大学の「分断」

大学に関わり、学生さんとお話しする機会も多い「TAK」さんから見ると、東大、京大、一橋、東工大、慶早の一流大学と、それ以外の大学には「分断」があると感じます。

異論も多いと思いますし、そうでない事例もあると思いますが、話をしている時に感じる、幅の広さ、奥行きの深さ、はおおまかには、こんな傾向です。

90928903

2.東大新入生でも、親が東大であるか、そうでないか、による「分断」

東大に合格した以上、こんな「分断」ないでしょう、と思われるかもしれませんが、確かにあります。

親が東大でない場合、東大合格を、人生の大きなゴールとみなすのに対し、親が東大である場合、東大合格とは、人生のスタート、通過点である、ことを認識しています。

両者では、大学生活の過ごし方に大きな違いがあり、結果も大きく違ってきます。

b1ac3227-s

3.東大新入生でも、開成高校、灘高校など超一流高校卒と地方の一流県立高校卒の「分断」

これも指摘されていますが、ネットワーク力、それによる情報収集力だけでなく、既に「自分よりもずっと凄いやつがいる」ことを認識している前者と、自分は凄い、と錯覚している後者も差も大きかったりします。

09a08a9c

結論は、以前考えたことと変わりません。

価値観は住んでいる「世界」に影響される、だから住む「世界」を大切に


・価値観は住んでいる「世界」に影響される、だから住む「世界」を大切に

・無意識のうちに自分が住んでいる世界の価値観に染まってしまう。高度な、違う価値観の世界との交流を大切に





2016年12月30日

リーダーのためのキャリア・デザイン・カフェとして、

キャリア・デザイン、2016年の振り返り

キャリア・デザイン、出口戦略と実績記録、フィードバック、その場の対応の大切さ

キャリア・デザイン、この1年を振り返る

キャリア構想、最近の流れを考える2015

に、最近のキャリア・デザインの流れを書いてきたのですが、

631608e7

時代、社会、技術の進展と制度、人々の思いに大きなギャップがあります。

年末のこの時期にそれらについて書いてみます。


キャリア構想と社会の進展のギャップ


人々は技術の進展、社会の変革は十分に認識しつつも、一方では、キャリア構想は「高度経済成長期」から、それほど進歩がない。官庁、大企業に就職し、組織内で出世して、高いポジションを得ること、と考えている。


b247f6a3

「半沢直樹」に見る、人事異動のメカニズムとは?

女性リーダーへの「女性の視点」の期待について


人事異動は、高得点者から順番に昇格、ポストに就く、訳ではなく、組織の責任者が、その時の状況に応じて、自分が組織を運営しやすいように、人材をポストにあてはめていきます。

全体数に比べて、極めて少ない定員数しかなく、それを入試のような、公正な高得点順ではなく、組織の長が、自分が組織を運営しやすいように選考するプロセスですから、大多数から見れば、不合理であり、そこに「公平性」を求めること自体、ナンセンスかもしれません。

a3ed49bc

組織の中で出世するためには、「能力がある」ことはもちろんですが、それと同じくらい、「評価者の評価基準を理解し、それに自らを適合させる」ことが大切です。


275d88f3

キャリアアップとは「自分がやりたいことを形づくるプロセス」


キャリアアップというと、ともすると専門知識やスキルを高めていくことで達成されるように思うけど、その概念が大きく覆されつつある。

今、露わになりつつあるキャリアアップの姿は、「自分がやりたいことを形づくるプロセス」だ。未来がくっきり見えない今の社会では、自らが進む方向性を明確に描き、着実に具現化を進める人こそがリーダーになる。これは企業の中でも外でも同じこと。だから、自分がやりたいことを見極めることこそが、これからのキャリア観の基礎を成すことになる。

84f976dd

やりたいことがある、すぐに見つかる人にとってはワクワクする世界。そうでない人にとってはなかなか住みづらい世界

専門知識やスキルを高めていくことは、そのための手段、必ずしも直接的に現業に結びつくものでなくても、育児休業や時短勤務も「自分がやりたいことを形づくるプロセス」の手段

キャリアアップというと、以前は、大企業で、同僚よりも早く出世して、高いポジションに付き、大きなプロジェクトを任される、

大企業が窮屈になると、転職、起業して、大企業の歯車では、なし得なかった夢を実現する、という感じでしたが、

0bffc13e

キャリアアップとは「自分がやりたいことを形づくるプロセス」

と考えれば、別に転職、起業しなくても、会社内でも、いろいろなパターンが考えられます。

あるいは単純に、しっかりと結果を出し、実績を積み、信頼を重ね、ネットワークを広げていくことが、次の仕事に連鎖的につながり、「自分がやりたいことを形づくるプロセス」になるのかもしれません





2016年12月29日

年末、この1年を振り返る時期です。

リーダーのためのキャリア・デザイン・カフェ

としては、キャリア・デザイン、この1年について振り返ってみます。

06d80ca1

昨年の同じ時期に

キャリア・デザイン、この1年を振り返る

キャリア・デザイン、出口戦略と実績記録、フィードバック、その場の対応の大切さ

に、

ポイントは、

275d88f3

1.キャリアとは、本人にはコントロールできない要素が伴う環境下で、事前にはよくわからず、結果としてわかる状況で形成していく。さらに付け加えるならば、事前にある程度のキャリア計画はあるとしても、刻々と変化する時代、状況に合わせて、計画も修正していかなければなりません。

bf3823f0

2.直感の大切さ、反面で、その危うさも理解しつつ、即興の世界の中を、プランBを用意して、偶然をたぐり寄せつつ、構築していく

d7e0f188

3.研究もビジネスも、幅を広げ、継続させ、キャリアを切り拓くのは、人のネットワーク。研究もビジネスも、幅を広げ、継続させ、キャリアを切り拓くのは、人のネットワーク

4.キャリア戦略にも出口戦略が大切

出口戦略を持ってビジネスを始める。これがないと、具体的な事業戦略が立てられない

と書きましたが、終身雇用が期待できない時代、キャリア戦略にも、

途中のプロセスはともかく、どういう形で卒業するのか?出口戦略を持っていることが大切です。

と書きました。


今年2016年を振り返ると、これらのポイントがより、鮮明、明確になってきた、という印象があります。

それらを象徴する事例をいくつか示します。

fd2f28ca

東大卒女子、電通社員事件に寄せて


上司達はあなたのキャリアを勝手に、その時の都合で決めてしまうかもしれません。

但し、これは一般社員だけでなく、管理職、役員にも当てはまることです。役員人事も社長など上役の役員が決めてしまいます。

但し、決められたあなたのキャリアは、決めた上司達ではなく、あなたが責任を持たなければなりません。

上司は責任など取ってくれないし、いずれ人事異動で別の部署に行ってしまいます。

e1f0aaa0

会社でも、役所でも、おおよそ組織は、その中と外があり、組織の中には、その組織で通用する(多くの場合、その組織の中でしか、通用しない)価値基準があり、それで評価されます

a3ed49bc

・価値観は住んでいる「世界」に影響される、だから住む「世界」を大切に

・無意識のうちに自分が住んでいる世界の価値観に染まってしまう。高度な、違う価値観の世界との交流を大切に


6e3c39cc

キャリアは「粋な別れ」を繰り返しながら、形成していく


何度か転職する人たちを見ていて、面白いことに気づきました。

元いた会社、前に勤務していた同僚、上司、後輩と、連絡を取り続け、時には同窓会を行うなど、仲のよい交流を続ける人と、

そういった人たちとは、原則として連絡、交流を断絶する、あるいは断絶はしないまでも疎遠になる人に分かれることがわかりました。

367cabc5

「関係を断ち切る、苦い別れ」ではなく、「これからもいいお友達の、粋な別れ」の場合、「粋な別れ」をするたびに、いろいろなところにコミュニティーが構築されていくことになります。

そして、この「粋な別れ」コミュニティーを、意図せずか、意図してか、キャリア形成に活用していきます。


84f976dd

自分ではコントロールできず、他人の都合で決められてしまい、にもかかわらず、自分で責任を取らなければならないキャリア、

ただ、そういった環境の中で、「粋な別れ」をするたびに、いろいろなところにコミュニティーが構築していく


さて、さらに結婚、出産を伴う女性の働き方が注目される中、実は高齢者の働き方が激変を迎え、翻弄されている人々も少なからずいます

ffbefa01

団塊の世代が、当時の定年の60歳を迎える頃までは、55歳程度での早期退職が勧奨されていましたが、団塊の世代の大量退職に伴う、労働力不足から、十分な職務経験、判断力を持つ、50歳以上の人材の活用が見直され、年金支給年齢の65歳以上への引き上げも伴い、雇用が延長される傾向にあります

マラソンで言えば、ゴール直前に、ゴールが延長され、「もっと走ってください」と言われ、キャリア・デザインの変更を余儀なくされ、戸惑っている人も少なくありません

これについては、場をあらためて書くことにします。








2016年12月28日

今年の初め1月20日に

SMAP騒動で諦め感が漂う中、新しいトレンドが生まれている?

a10e814b


世の中はSMAP騒動で大騒ぎ、国会でも質問があり、安倍総理が答弁する事態だったりしています

ちゃんといつか自分の言葉で話せる時がきたら、自分の言葉で、お話させていただきたいと思っております

SMAPは単なるアイドルグループを超えて、長い期間にわたり、国民生活に深く定着した存在になっています。

ただ、その人気はピークを過ぎていて、マンネリ感、飽きられ感もあります。

グループとしての飛躍的な成長、活動を期待するよりも、SMAPというプラットフォームをベースに各自がナレーター、俳優などの活動で個を磨いていく状態でしょうか。

その国民的グループのSMAPですら、ジャニーズ事務所の所属でなくなってしまったら、活動は難しい


03ad66b1

と書き、一時はメンバーが、しぶしぶながらもグループとしての活動継続を表明したものの、

その後、今年いっぱいで解散となりました。

上に書いたように、SMAPは年末の紅白歌合戦、日曜夕方の笑点、のように、アイドルグループを超えて、長い期間にわたり、国民生活に深く定着した存在になっています。

それが活動を停止するのは、さびしいものです。

メンバーとて、SMAPというプラットフォームをベースに各自がナレーター、俳優などの活動を継続する状態であり、

SMAPというプラットフォームが外れてしまったら、自分たちの活動の舞台自体がなくなることなど、十分に承知しているでしょう。

にもかかわらず、メンバー間、メンバーと事務所の間の確執は、あまりにも根深く、これ以上のグループとしての活動は無理なようです。

images1

SMAP×SMAPの最終回、最後のステージで「世界でひとつだけの花」を歌った後に、メンバーは深々とお辞儀をしました。

ただ、このような場では、最後に、これまで応援してくれたファンに対して、感謝の気持ちを表明するのが通例であり、社会的儀礼でもあり、長い間、芸能界で過ごしてきたメンバーとて、それは十分に分かっているでしょう。

にもかかわらず、決められた歌詞、セリフ以外は、発することができるような状況ではなかった

これについては、本当の状況はわかりませんので、これ以上書けません。

hqdefault

「TAK」さんはSMAPは、それほど好きではなかったのですが、「夜空のムコウ」が好きでした


あれから、僕たちは、何を信じてきたのかな

すべてが思うほど、うまくはいかないみたいだ

(でも)夜空のムコウには、もう明日が待っている

41581779

社会は理不尽なこと、矛盾だらけ、

「すべてが」どころか、「思うほど、うまくいく」ことなど、ほとんどないのかもしれません

(でも)夜空のムコウには、もう明日が待っている

精一杯生きてみようじゃないか







2016年12月27日

さんさん大忘年会!(さんさんネットワーキング)

という案内が来ました。

13

さんさんネットワーキング、大忘年会!おいしい食事とお酒を囲み、今年一年をみんなで振り返りましょう!

当日は、東は宮城県気仙沼市よりメカジキを取り寄せ、西は宮崎県小林市より美味しい牛肉を取り寄せます。

14

ここで行われた、業種、分野を超えた交流イベントについては、

ソーシャルメディア全盛の時代だからこそ、リアルで会う場の大切さ

TIPS・3×3Labo忘年会&交流会に行ってきました

家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」とは、ちょっと懐かしい人に会えるかもしれない場所

家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」ちょっと懐かしい人に会えるかもしれない場所で、つながりのスパイラルが広がっていく

に書いてあります。

eb796949


家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」とは?


企業で働く大人たちは、

「働くことの意味」を自ら問い直すことや、いままでにない新しい価値を創り出すことが求められています。

家庭でもない、職場(企業・学校)でもない、「第3の場」

家庭や職場から離れ、多様な他者とゆるやかにつながり、対話・交流する中で、改めて自分の仕事の意味を問い直したり、新しいアイデアや気づきを得るための場。

それが、「学びのサードプレイス」です。

aabe0981

家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」とは、社会学者のオールデンバーグが取り上げたものですが、

職場から家庭に帰る前に、ちょっと居酒屋に立ち寄る、あるいは英会話スクール、スポーツジムに立ち寄る、

というのは、「第3の場 サードプレイス」ということを意識せずとも行われていることです。

もっとも、居酒屋、英会話スクール、スポーツジムに会社の人と行ってしまうのでは、会社の延長で、家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」にはならないのですが。


11

主催者の方々が、イベント・タイムを設けているのですが、参加者の方々は、「交流」に夢中、という感じです。

初対面が多く、ちょっと雰囲気が堅かった参加者同士もすぐに打ち解け、会話が始まり、知り合いを通じて、新たなつながりができる、という楽しい雰囲気になりました。

輪は安定しているけれど、閉じている。ちょっとずれた、スパイラルは不安定だけれど、いろいろなものを巻き込むことができる。

3×3LABOという場は、閉じた内輪ではなく、大きなスパイラルになり、多様な人々を巻き込み、さらに、そこで人と人を結びつける場になりました。

12

つながりができた方々とは、ネット上では、毎日のように、今日はどんな活動をしているのか?知ることができるのですが、リアルでお会いする機会は、実は、びっくりするほど、ありません。

月に1度どころか、2、3か月、あるいは半年、1年に1度だけ、しかも、この同じ集いのイベントで、だったりします。

そこに行けば、ちょっと懐かしい人たちに会えるかもしれない、

そんな場所が、家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」かもしれない、

a8006284

無理なマッチングをしなくても、自然と、心地よい集まりに収束していく、

そんな、ほどよい安心感に加えて、

閉じた内輪ではなく、スパイラルに新たに参加した人たちと、さらにネットワークを広げていく

a0f40f15

さて、この家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」の3×3LABOですが、

当初は取り壊しが決まっているビルの1フロアを利用して始まり、さらに2度ほど、場所が変わりました

場所が変わると、集まる人たちも、少し変わります。すると形成されるコミュニティーも少し変わります。

生物多様性学の最前線




同じ遺伝子のセットでも、環境が異なると、異なる生体発達をし、進化は数世代にわたり、数千、数万年かかるものだけでなく、一つの世代、個体で数週間、数年で行われるものもある、ことがわかってきました。

環境が変化すると、細やかな対応ができるのが生物の特徴です。

生物が環境にどのように働きかけるのか?相手がどのように対応するのか?

生物多様性の状態とは、生物と自然のフィードバックの状態を反映しています。


と書きました。

827a3cfb

この家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」も、このような環境の変化に対応して、

少しずつ変化していきます。

少し懐かしい人と出会う場であり、同時に、新しい出会いもある場所

そんなことを感じた集まりでした






livedoor プロフィール
最新記事
Archives