2007年07月

2007年07月31日

慶應義塾大学・NTT共催シンポジウム「ユビキタス先導〜産学連携の未来〜」に参加しました。

ユビキタス情報社会については、

東京大学21世紀COE「次世代ユビキタス情報社会基盤の形成」

坂村 健 東大教授「イノベーション基盤としてのユビキタス・ネットワーク

に書いていますので、そちらをご覧ください。

永井美奈子シンポジウムの司会は元日本テレビアナウンサーの永井美奈子さんでした。

日本テレビで「マジカル頭脳パワー」他、報道番組のキャスターを務めた後、フリーアナウンサーになり、結婚、出産。

その後、慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程修了し、妻、母、フリーアナウンサー、慶應義塾大学 政策・メディア研究科上席所員、及び同大学 メディア・コミュニケーション研究所 研究員と四足の草鞋を履きこなすべく奮闘中、とのことです。

放送と通信の融合など、メディアがこの先大きく変わっていくんだろうなと、肌で感じ、マスメディア論を体系的にしっかり学びたかったそうです。

永井美奈子さんを間近で見たのは、初めてですが、背筋をピンと伸ばして歩くのが、まず印象的でした。

そして、はっきりと通る声で、聴衆のひとりひとりに語りかけるように、司会進行されます。

シンポジウムには、パワーポイントの不調による中断がつきものですが、絶妙なアドリブで、場を飽きさせません。

ユビキタス情報社会、放送と通信の融合も楽しみですが、永井美奈子さんがメディアが大きく変わっていく中で、今後どのような活躍をされるのか?もっと楽しみです。







2007年07月30日

南に島のビーチでのんびり休暇から、日本に帰ってくると、

東京は南の島のスコールのような豪雨

参議院選挙は自民党大敗、新潟中越沖地震は復旧が進んでいます

参議院選挙の結果は、民主党の躍進というよりも自民党批判票が民主党に流れた、ものでしょう

次の衆議院選挙は「安倍総理」では戦えない、と自民党は考えるでしょう

では、誰が総裁ならば、選挙が戦えるのでしょうか?

以前に、安倍総理の信念は?に書いた事が現実になっていくようです。

「TAK」さんの知り合いに、官僚を辞めて、参議院議員に一度当選したものの、前回、今回の選挙で連続して落選した人がいます。

次は党公認がもらえないかもしれません。国会議員も大変なようです。


新潟中越沖地震の被害状況を見ると、3月25日に発生した能登半島地震と、同じ状況が見られます。

古い建物が壊れている、という、当たり前のことです。

日本の建築物の耐震設計法は1981年(昭和56年)の建築基準法改正前後で大きく異なるのですが、能登半島地震からの教訓に書いた通りのことが再現されています。

 
南の島から帰ってみると、以前書いた事が実現している、

う〜ん、どう考えればいいのでしょう?





2007年07月20日

書きたいこと、お知らせしたいイベント、など、

山ほどあるのですが、明日からしばらく夏休みです。

「TAK」さんは夏休みは海外、山と海を毎年交互というパターンです。

一昨年はタヒチ、昨年はスイス・ベネツィアなので今年は海でゆっくりです

環太平洋地震マップを見ながら、津波が来なさそうなリゾートを探しました

月末には戻ります。

それでは、しばらくのんびりして来ます


まちどおしい夏休み~ドライブ編
コロムビアミュージックエンタテインメント
トロと旅する~ポップス・コレクション:夏...
ワーナーミュージック・ジャパン
夏歌(2)
Sony Music Direct




2007年07月19日

一橋大学大学院国際企業戦略科 大薗恵美 准教授から伺ったお話です。

企業も個人も勝ち残るのは大変です。勝ち残るには戦略が必要です。

戦略の本質とは差別化です。意図的にライバルとは異なる活動により、独自の価値のあるポジションを作り出すこと、です。

どういうことか?というと、あなたが野球チームのピッチャーで、レギュラー入りを目指している、とします。

あなたのチームには豪速球のピッチャーが多くて、あなたは速球は得意だけれども、彼らには到底かなわない、とします。

その場合、あなたは彼らのスピードに追いつこうと速球を練習するよりも、彼らが投げられない、ストンと落ちるカーブ、バッターの目の前で消えるフォークボール、など、彼らにはない「持ち味」をみがいた方がレギュラーになりやすい、のです。

あなたの「持ち味」は市場から評価されることが前提ですが、他の人がマネしにくい、ことが大切です。

せっかくあなたが「持ち味」を発揮して、市場から評価されても、他の人から簡単にマネされると、どっと新規参入されて、あなたは利益を確保できません。

この「意図的にライバルとは異なる活動による独自の価値のあるポジション」が「戦略的ポジショニング」です。


「戦略的ポジショニング」と混同しやすいのが「業務の効率性」です

一時、企業のベンチマークが、はやりました。最も効率的な企業の活動をまねるものです。

ただ、この場合、どの企業も最新機器、技術、システム化を行うため、明確な差は出にくくなります。

これは、いずれは追いつかれたり、消耗戦になってしまいます。

意図的に他とは異なる活動により、独自の価値のあるポジションを作り出すこと、が大切なのです。


ところで、大薗恵美 准教授は、一橋大学商学部卒業後、住友銀行勤務ののち、ジョージワシントン大学でMBA、一橋大学大学院商学研究科で博士号(Ph.D)を取得されています。

とても明るいお話の仕方で、わかりやすい説明でした。

また、是非お話をうかがいたい、と思います





2007年07月17日

慶應丸の内シティキャンパス専任講師 桑畑幸博さんから伺ったお話です。

「この人がデザインすればヒットする」とまで言われている、装丁家の鈴木成一氏が登場したNHK『プロフェッショナル』の次の言葉が印象的です。


プロフェッショナルとは?

「次の依頼が来るってことです」(鈴木成一 装丁家)


「またお願いします」というリピートオーダーがもらえること、これがプロフェッショナルです。

そして、他からも、仕事の評判を聞きつけて「ウチもお願いします」という新しい依頼が来る、このサイクルを廻せるのがプロフェッショナルです。

この前提条件は、「相手の期待と信頼にこたえる」ことです。

信頼とは、「信じて頼る(頼む)」こと

「頼られて、頼まれてこそプロ」です。


「自分としては精一杯やったのだから」「相手がわかってくれないんだ」

などと言っているうちは、プロではない、のかもしれません。





2007年07月16日

今年の予報は渇水でした。そして、7月中旬までは渇水でした。

早明浦ダム四国の水がめ 早明浦ダムは写真のように、ダム底に沈んだはずの旧町役場が現れ、ダムの底まで見えていました。

ただ、台風のもたらした雨のおかげで、満水になりました。

おそるべき今回の台風ですが、災い転じて福となる、の一つでしょうか?



さて、台風が過ぎ去ったと思ったら、今度は強い地震です。

これについては、もう少し情報がまとまってから書きます。




2007年07月15日

台風情報関連の報道で、東京駅からの実況放送でキャスターが、

「現在、東京から新大阪方面への新幹線の運休が決まっています」

と放送しました。

それを受けたテレビ局のアナウンサーが、

「運休区間は東京〜名古屋間ではないですか?」

と返します。

東京駅のキャスターからは、

「こちらにはそのような情報は入っていません」

という返事でした。


正解は新幹線の運休区間は東京〜名古屋間でした。



「TAK」さんは、9/11の時に、ワールドトレードセンターに2機目の飛行機が衝突した映像を見てからしばらくして、アメリカのダラス空港にいる友人からメールをもらいました。

「今、ダラス空港で足止めをくっている。何か重大な事件が起こったことは間違いないようだが、一体何が起こったんだ?知っていることがあれば教えてほしい」


宇宙飛行士で日本未来館館長の毛利衛さんから伺ったお話です。

飛行機の機内に乗客全員が乗り込み、離陸体制をしているのに、なかなか飛行機が飛び立ちません。

乗客には、詳細な理由が説明されません。

客室乗務員に聞いても、はっきりした答がかえってきません。

ところが、乗客の誰かが、到着地の空港で問題が起きていることを耳打ちしてくれました。

問題が解決して無事飛び立つことを、乗客は機内アナウンスより早く知っていました。



どこにいても正確な情報を入手することが、次の行動のためには大切です。

必ずしも現場の情報が最も正確、とは限りません。

情報が錯綜する場合、どの情報が正確なのか?判断することも大切です。








2007年07月14日

3月18日に発売後、人気が爆発して、PASMOは、生産が追いつかず、定期券以外は購入できない状況です。

定期券が切れるため、ようやくPASMO定期券を購入することができました

いちいち定期券を定期入れから、出さなくてよい、だけでなく、

・JR、私鉄を問わず、どこで乗る場合でも、券売機で乗車券を買う必要がない。

・降りる駅で、清算が必要な場合でも、清算機に並ぶ必要がない。

というのは大きなメリットです。

特に、券売機、清算機が混んでいて、乗り換え時間が少ない場合など、便利です

ただし、すべてPASMOで対応するわけではありません。

PASMOにしてわかったことですが、10000円札、5000円札などの高額紙幣をくずす場合、JR、私鉄の券売機は大変便利なことにいまさらながら、気づきました。

券売機以外の自動販売機は1000円札しか、受け付けません。

時間に余裕があり、高額紙幣しかない場合は、券売機を利用します。

チャージした金額があっという間に減っていくのに、驚きます。券売機、清算機だと、その都度、現金で支払うので、認識しやすいのですが。

いろいろ勉強になりました。





2007年07月12日

日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2007」を受賞された、日本 UNHCR(国連難民高等弁務官事務所) 協会事務局長 根本かおるさんのお話をうかがう機会がありました。

根本さんは東京大学法学部在学中に文化放送の「ミスDJ リクエスト」に合格し、テレビ朝日にキャスターとして入社。

今、女子大生の間でテレビ局のキャスターは、あこがれの職業で、アナウンス学校に通ったりして、狭き関門を目指します。

でも、根本さんは「よく考えることもなく、何となく流されるままに」テレビ局に入社した、そうです。

1年目から夕方のニュース番組にレギュラー出演しますが、放送中に感情移入し、大泣きをして「報道するキャスター」としてふさわしくないとされ、降板。

入社4年目に報道局へ移動し、政治担当初の女性記者となります。

今でこそ、女性の政治記者は珍しくありませんが、当時は希少的存在だったそうです。

政治家からすぐに覚えてもらえる、というメリットはあったものの、完全な男性社会だったそうです。


根本さんは、お父さんの仕事の関係で、9歳から13歳までドイツ・ハンブルクで過ごされたそうです。

当時は、アジア系住民に対する偏見もある時代だったそうです。そこで、人権に対する意識が芽生えたそうです。


1994 年31歳の時に、フルブライト奨学生として米国コロンビア大学大学院に留学。

コロンビア大学のあるニューヨークはいろいろな国際機関の本部が集まっています。そのような国際機関へのインターンシップもたくさんあった、とのことです。

修士号を取得し帰国後、テレビ朝日を退社し、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所) に勤務されたそうです。

休職して留学後は復職する条件での留学なので、退社するのもいろいろ大変だったそうです。


世界中の難民救援活動をしながら、この活動が日本では、ほとんど知られていないことに気づいたそうです。

そこで、日本 UNHCR(国連難民高等弁務官事務所) 協会事務局で、難民救援活動を知ってもらう活動をされています。

活動自体もさることながら、それを知ってもらうことも大切とおっしゃっていました。

詳しいお話は、日経 WOMANネット(根本さんの特集記事)でご覧下さい





2007年07月10日

ウィンブルドン・テニスの熱戦が連日続いていました。時差の都合で、日本での放送は深夜になります。

「TAK」さんのテニス友達にも、毎日徹夜で観戦して、寝不足の人がたくさんいます。

でも、「TAK」さんは少し見るだけで、夜遅くまでは見ませんでした。

しっかり見たのは、男子決勝のフェデラーvsナダルくらいでしょうか?

昔は「TAK」さんも徹夜で見たものです。

男子はレンドルvsマッケンロー、女子はグラフvsサバティー二

なぜか、そこで時間が止まっています。15年前でしょうか?

音楽でも懐かしい時代の音楽オールディーズがお気に入りだったりします。

テニスにもお気に入りの懐かしいオールディーズがあるようです。




livedoor プロフィール
最新記事
Archives