2008年10月

2008年10月30日

少し前のクリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」は勝ったアメリカ側からだけではなく、日米双方から見たもの、ということでした。

そうは言っても、やはりアメリカ側の視点はぬぐえませんでした。

例えば、このタイトルは「「いおうじま」からの手紙」でしたが、その後、旧島民から「いおうとう」と呼んでいた、という申し出により、国土地理院は島の名前を正式に「いおうとう」としました。

物語は、通常、勝者により、勝者からの視点で語られます。

敗者は、どう言っても、何と言っても、「言い訳」「愚痴」「負け惜しみ」にしか、聞こえません。

企業間の争いでは、ビデオテープの「VHS 対 ベータ」、次世代DVDの「ブルーレイ 対 HDDVD」が思い浮かびます。


1980年代まで家庭用洗剤の分野では、花王とライオンがお互い35%シェアを争っていました。

ライオンが、河川の汚染を防止する無リン洗剤「トップ」の投入で、一歩リードしていたでしょうか?

この頃、洗剤の小型化が検討され、花王もライオンも技術的には可能なところまできていました。

ところが、当時は、洗剤の箱に注ぎ口を開け、そこから、目分量で洗剤を入れていたため、量が少ないと、損をした気分になり、テスト販売では消費者から不評でした。

花王、ライオンの経営陣ともに、小型化には慎重な態度でしたが、結局、花王は当時の丸田社長の決断で小型化洗剤の発売に踏み切り、ライオンは主力製品「トップ」の売り上げを喰ってしまう小型化洗剤の発売は行いませんでした。

その後、お互い35%程度だったシェアは、花王が50%に上がり、ライオンは20%に落ちました。

コンビニエンス・ストアの普及が、小型化洗剤にマッチしたのです。

その後、これを契機に、花王は1兆円企業に成長し、ライオンは3000億円企業のままにとどまっています。

花王は、同じ時期にフロッピーディスクの製造に乗り出し、一時は世界シェアの15%を獲得しますが、その後、さっさと撤退しています。

これについては、多くのビジネススクールのケーススタディーに取り上げられ、「経営トップの決断力の重要性」とされています。もちろん花王側からの視点です。

では、「経営トップの決断力」が重要なのは、間違いありませんが、それだけで、すべてが決まってしまうのでしょうか?

経営トップが決断を誤れば、社員も一緒に沈む、いやならば会社を飛び出す、しかないのでしょうか?

ライオンの技術者たちは、経営トップの決断に影響を与え得なかったのでしょうか?説得できなかったのでしょうか?

ライオン側からの物語を聞くと、「実はそうでもない」ようなのですが、ここでは書けません。

敗者からの物語も、もっとたくさんビジネススクールのケーススタディーになるとよいのですが?




2008年10月27日

一時は、大きな売り上げがあったのに、急激に減少した、あるいは、ほとんど、なくなってしまった製品があります

レコードおよびレコード針、カセットテープ、フロッピーディスク、アナログカメラおよびフィルム、などなど

全く新しい技術を使った対抗商品が出て来た時、上記のものは影響が懸念されました

でも、売り上げは、当初はそれほど落ちる訳ではありません。むしろ、ちょっとした景気の流れで、増えることもあります。

ところが、ある時を境に、ぐっと新製品に取って代わられます。この流れは一気です。

これによって、廃業を余儀なくされた企業もあれば、新しい分野に活路を見出した企業もあります。

フジフィルムなどは後者の例でしょうか?

上記のような例だけでなく、企業にはグローバル経済、技術革新など、いろいろな変革の波が押し寄せます。

昨日と同じように、今日も明日も暮らしていける訳ではありません。

5年後、10年後の将来、自分たちの企業はどういう姿で、どういうビジネスをしているべきか?

若手社員を中心に、こういったテーマを話し合い、検討するのはとても大切なことです。

ところが、短期的に見れば、こういった話し合いは、何の売り上げも利益ももたらすことなく、人件費だけかかる、ことになります。

すると、こんなことを言い出す人が出てきます。

「将来の夢を話し合うのは、時間外にやれ!」


この話、うそだと思いますか?本当だと思いますか?

企業にゆとり、体力がある時は、将来検討は、当然のことながら、重要業務として時間内に行われていました。

しかし、企業がゆとり、体力をなくすにつれて、「そんなことは時間外」という企業が増えてきています。

当然、業務として認められませんから、わざわざ参加する人も減ってきます。

こういう企業はどうなってしまうのでしょうか?余計なお世話でしょうか?


原油、食料などの原材料費の高騰が一段落したと思ったら、世界大恐慌、急速な円高、と、企業にゆとりはできそうにありません。

どうやって、企業は活路を見出していくのか?難しい世の中です。




2008年10月26日

「できた人間の傲慢」vs「できない理由さがし」 で、社会人大学院について、入学試験、仕事と勉強の両立、などについて、「TAK」さん自身の経験に基づいて、カフェ・スタイルで軽くお酒を交わしながら、お話をしました。

集まった方々は30代後半から50代まで、男女比は7:3というところでしょうか?

30代前半までは、企業派遣・費用全額負担で、勤務扱いで、海外、国内の大学院に入学する制度が多くの企業であります。

しかし、上記の通り、これらの制度が適用されるのは、30代前半までです。

かつては、この年代を過ぎると、大学院入学世代は終った、という認識でした。

ところが、今では、30代後半から50代までの人たちが、個人負担で大学院での勉強を考えるようになりました。

これらの世代は、アラウンド40(アラフォー)、アラウンド50(アラフィー)と言われる世代でしょうか?

特に、印象的だったのが、アラウンド50(アラフィー)世代の言葉です。


アラウンド40(アラフォー)は、「多様なライフスタイル、価値観を持ち、選択肢が多い」と言っても、自分に選択するチョイスがある、というよりも、むしろ選択を迫られています。

まだまだ若いとは言っても、20代の頃のバイタリティーは失いつつある。焦りながら、迷っています。

私たち、アラウンド50(アラフィー)は、迷っている時間などないんです。

これから生きていく時間は、これまで生きてきた時間より、確実に短いんです。

まだ、結構元気です。

迷っている暇があったら、元気なうちにチャレンジしなくちゃ!

迷っていたら、人生終っちゃうんです。

住宅ローンの支払いは終ったし、子供の教育費も一段落しました。幸いなことに経済的ゆとりはあります。

チャレンジがうまくいかなくたって、別に失うものは何もありません。

でも、チャレンジしなかったら、それを死ぬまで後悔するでしょう。


う〜ん、アラウンド50(アラフィー)は、本当に、腰がすわっています。




2008年10月23日

文芸評論家の高澤秀次氏が阿久悠氏の日記力について、おもしろい記述をしています。

作詞家、作家としての情報収集、情報整理のために、「日記」を書き続けました。1981年以来のことである。そのきっかけを作ったのは、前年のクリスマス・プレゼントに、イタリア製の「Day by Day」という日記帳を贈ったTBSの演出家(現・相談役)鴨下信一でした。

以後、阿久悠氏は死に至るまでこの日記帳を更新し続け、1日も欠かさず克明に「その日の出来事」を記録していきます。それはスケジュール帳でも、個人的な備忘録でもない、阿久悠自身の編集による1冊の「その日の出来事」集でした。

言葉のアンテナを縦横に張りめぐらし、さらにそれを複数のチャンネルに振り分けます。やがてそこから、歌詞になる言葉が沈殿し、多様に結晶した言葉の滴となって歌に定着します。彼はこの歌詞生成のためのハード・トレーニングとして、黙々と「日記」をつけたのです。

彼の言葉は、常に「市場」につながっていなければなりません。市場原理に合致しない言葉は、次々にふるい落とされるのです。

「その日の出来事」の無数の集積として「時代」があり、その個々のデータをこまめに拾い上げることを怠っていては、知らず知らずに「時代」からはずれていくことは、はっきりしています。

阿久悠氏の「日記力」とは、だから彼の「作詞力」を支える原動力でもありました。

「日記」という極めて私的なメディアに「日記力」が備わるためには、「公」に通じる回路が、どこかに組み込まれていなければなりません。


今日を生きる人間が、口にする明日は、希望だが

今日を生きない人間が、口にする明日は、逃避だ


阿久悠氏にとっての「明日」も、「今日」の戦いの結果として切り開かれる「明日」に違いなかったのでしょう。





2008年10月21日

就活最前線より コーヒーを片手に、学生さんの輪に入ってを書いていたら、タイトルの事柄を思い出しました。

会社ではなく、学生サークルの話です。

大学のサークルでは1年生の頃は、「新入生歓迎」で歓迎して迎えられますが、学年が上がるにしたがって、敬遠されます。

2年生ならば、何とかなりますが、3,4年生では、サークルに入れてもらうのは難しくなります。

「TAK」さんは大学3年生の時に、テニスをやりたくなったのですが、どこのテニスサークルに行っても「申し訳ないけれど、3年生は入れておりません」と断られました。

仕方がないので、テニススクールに通うことにしました。ラケットを持ってキャンパスを歩きます。

すると、友達から、「あれっ、「TAK」さんって、テニスやるんだ?今度一緒にやらない?」なんて誘われます。

学内のテニスコートでその友達とテニスをしていると、通りがかった別の友達から「今度一緒に入れてくれない?」なんて頼まれます。

「僕のゼミ、研究室、後輩でテニスやりたいのがいるんだけど、今度誘っていい?」

なんて、どんどん輪が広がっていきました。

東大の女子学生からも、相談がきました

「東大のテニスサークルって、女子は○○女子大系と××女子大系ばかりで、東大の女子学生が入ると雰囲気が変わるって、断られるんです」

他女子大の学生からも相談がきました

「私と仲のよい友達が、部員との恋愛トラブルでサークルを辞めなきゃいけなくなったんです。私たち二人入れてくれませんか?」

あれよ、あれよ、という間に、「テニスサークル」ができてしまいました。わずか1、2ヶ月のことです。


ということで、「TAK」さんは採用を断られる方から、採用する側に変わりました。

このテニスサークルは現在、東大の強豪サークルです




2008年10月19日

来年入社する大学4年生の入社内定式が終ったと思ったら、もう、大学3年生、大学院修士1年生の就職活動が始まっています。

これまで、「TAK」さんは先生の立場で、就職活動する学生さんから相談を受けていました。

ところが、今は社会人学生をやっているおかげで、コーヒーを片手に、学生さんの輪に入って、就活の話に加わります。

もちろん、「TAK」さん自身は、就活はしないし、もっぱら聴き手で、学生さんだって、「TAK」さんのことを就活仲間だなんて思っていません。

でも、とにかく、物理的に、コーヒーを片手に、学生さんの輪に入って、お話をします。

具体的な内容を書くと、さすがに差し障りがあるかもしれないので、雰囲気だけを書きます。

したり顔の大人たちが、

「学生はムード、雰囲気に流されて、会社を決めてしまう」

「表面的なことしか見ないで、本質を見ないから、3年以内で辞めてしまう新入社員が1/3もいるんだ」

なんて、言っています。

でも、学生さんたちは、大人よりずっと賢くて、現実もよく見ています。大人の余計な心配など、既に考慮済みです。

これは、「TAK」さんとコーヒーを片手に、学生さんの輪に入って、お話をする大学生の皆さんが、東大、東工大の学生さんで、必ずしも日本の大学生すべてを表しているわけではないからかもしれません。

5年後、10年後にどの業界が伸びているか?なんて誰にもわかりません。結局、現在に引きずられます。

したり顔の大人たちだって、実は自分のキャリアについて、「こんなはずでは?」なんて思っています。

学生さんたちは終身雇用制は既に崩れていることは承知済みです。自分が輝いて働ける期間、能力にもとづいて、1stキャリア、2ndキャリア、場合によっては、3rdキャリアくらいまで想定しています。

「TAK」さんが本当の学生だった数年(数十年?)前には、理系の学生は学科推薦で「○○会社に××大学工学部から何名」のように、大手メーカーに就職しました。

メーカーではなく、銀行、保険、商社などに就職を希望する理系の学生さんだけ文系の学生さんと一緒に就活をしていました。

それゆえ、数年(数十年?)前にメーカーに就職した理系出身の会社員たちは就活をほとんどしませんでした。

文系、理系を問わず、学生さんがみんな就活をする今の時代の方が、文理融合の時代にはいいのでしょう。


でも、やっぱりひとつだけ気になることがあります。

今の学生さんに限らず、「TAK」さんが本当の学生だった数年(数十年?)前の学生もそうでしたが、世の中の雰囲気、ムード、自分がやりたいこと、よりもはるかに強く「仲間内の評価」に引きづられます。

「仲間内の評価」は一種、宗教、慣習のようなもので、あまり根拠がない場合がほとんどです。

実際に、「仲間内の評価」に従って、就職してしまい、後悔している人もたくさんいます。

その頃、「仲間内の評価」を作り上げた人たちは、誰も責任など取ってくれません。自分で何とかするしかありません。

仲間とは情報交換しつつも、あまり、その中の評価に引きづられずに、自分なりの就職観を築いてほしいものです。




2008年10月18日

081017plc一般に製品の販売は導入期、成長期、成熟期、衰退期の「S字カーブ」を描くことが知られています。

テレビ、冷蔵庫、エアコンなどの家電製品の普及率では、衰退期でカーブが下降せず、飽和して水平になります。

何も製品だけにとどまりません。

学習についても、当てはまるかもしれません。

「TAK」さんは環境・エネルギー、耐震工学などは「専門家」です。

逆に言うと、これらの講演、セミナーを聴いても、新たな発見はそれほどないし、感激することもありません。

「成熟期、衰退期」という感じでしょうか?

一方、現在、関心があるマーケティング、ファイナンス、知的財産、コミュニケーションなどは、「スポンジが水を吸う」ように頭に入ってきて、新たな発見、感激がたくさんあります。

理解するのが大変だった「導入期」を経て、現在「成長期」というところでしょうか?

081017S字「TAK」さんは、「S字の法則」をこのように考えていたのですが、マイミクのMoeさん

から、他の解釈を教えてもらいました。


S字の法則とは・・

「女性らしさ」の象徴、曲線美を作ってしまおうというもの。

081017S字2S字を描くラインや身のこなしは、女性らしい魅力

をアップさせるんです。

>ミスユニバース世界大会はS字ラインの宝庫でした


ふ〜ん、S字の法則はいろいろな事柄に当てはまるようです。













2008年10月15日

「泥棒を捕らえてから、縄をなう」という「ことわざ」があります。

日頃から十分な準備をせずに、いざ事件が起きてから、あわてて用意する、という例えで、このようなことがないように、戒める意味があります。

確かに、昔はそうだった、と思いますが、今の時代はどうでしょうか?

縄を準備しておいても、泥棒の方が賢くなって、せっかく用意して縄で縛っても、切ったり、抜けたり、してしまうかもしれません。

あまり早く準備しておいても、世の中が変化して、使い物にならなくなってしまう、ことも珍しくありません。

トヨタのカンバン方式、ジャスト・イン・タイムは余計な在庫を置かずに、注文に合わせて、在庫を仕入れるシステムです

変化が急激な社会では、準備を十分にするよりも、まず、行動する、ことの方が大切、な時代になりつつあります

泥棒を見つけた時には、縄をなう、よりも、まず、捕まえる、ことが大切です(実際には警察に通報でしょうか?)

縄なんかなっていたら、泥棒に逃げられてしまいます。まず、捕まえることが優先です。

こう考えると、「泥棒を捕らえてから、縄をなう」はこれからの時代に合っているのかもしれません




2008年10月13日

アメリカのサブプライム・ローン問題から発生した世界同時株安は、

昭和初期のニューヨーク・ウォール街に端を発した世界大恐慌と並ぶ規模になっています。

「私は株も外貨預金もやっていないから、関係ありません」

と思っているあなた、本当に大丈夫ですか?

あなたは銀行に預金を預けていませんか?

銀行はあなたの預けたお金を株式、外国債券で運用しています。

当然、運用利回りは下がっています。

もっとも、国内では1000万円までは保護されますが

あなたは保険に入っていませんか?

保険会社もあなたの掛け金を株式、外国債券で運用しています。

あなたは会社に勤めていませんか?

あなたの会社の流動資産(株式、外国債券など)の価値は下がっていますので、今期の決算は悪化するでしょう

ボーナスは順当に考えれば、下がるでしょう

原油価格、食料価格が高騰した時、それぞれの営業努力の成果が、もろくも原材料費高騰に飲み込まれてしまいました

ということで、関与したくなくても、グローバル経済には巻き込まれてしまうのです

数年前に、日本でバブル経済が破綻して、金融機関に公的資金を導入した時に、相当根強い反対意見がありました

「民間企業の経営の失敗になぜ税金を使うんだ?他の会社なら倒産だ!」

感情はよくわかります

でも、金融機関が倒産すると、連鎖的に他の企業も倒産して、不況が拡大してしまいます

アメリカもヨーロッパも、金融機関に公的資金を導入を検討したり、あるいは、決めています

あれだけ批判された当時の日本政府の判断は間違っていなかったのでしょう

さて、これからのグローバル経済はどう推移するのでしょう?

名前は挙げませんが、数ヶ月前、名の通った数名のエコノミストの方々から伺ったお話が当たっているとはとても思えません。

ご本人たちは一部を採りあげ、「私の入った通りだろ!」と言うかもしれませんが、大局的には当たっている、とは言いがたいものです。

ということで、誰も予測できないグローバル経済ですが、誰もが巻き込まれてしまうのです。






2008年10月12日

起業をする人、中でも海外で起業する人はバイタリティーにあふれています。

こういう方からお話を伺うと、パワーをもらうことができます。

今日、お話を伺うのはアイザック社代表取締役,早稲田大学国際部参与 野元 克彦 氏です。

Medical-Science領域をベースにシンガポールで、プロジェクトの発足を提案し,その実行を推進しています

Medical-Scienceはこれまで医薬・医療分野とされていましたが、生命科学、分子物理学など、の協力がないと、十分な進展が望めません。

このような学際・隙間領域、しかも制約が多い日本ではなく、シンガポールでの起業、とは、目の付け所がよいのでしょう。

・技術を適用しようすると、そのままだが、ベースとなる科学まで立ち返り、アセンブルし直すと数倍になる。

・経営は、ヒト、モノ、金と言われるが、これに加えて、タイミング、場が大切。タイミングを外すと、せっかくの計画もうまくいかない。

・戦略立案にはアドバイザー、専門家を活用する。

・仮説を立てて、うまくいかない時は、仮説まで戻る

・「型」をベースに。「型」とは基本的な考え方、原理原則、発想

野元氏は勉強会をいくつも行っています。勉強会は知識・技術を獲得するだけではなく、人とのネットワーク作りにも役立つ、と言っていました。

仕事も情報も結局は「人」を通じて入ってくる、とは身にしみる話です。

最後の野元氏の3つのアドバイスがありました。

・人間は一人では生きていけない。

・自分を語る物語を持て。語る物語を持つ人は強い。

・違う文化を受け入れる度量が大切

すぐにでも活用したいアドバイスです。







livedoor プロフィール
最新記事
Archives