2014年12月

2014年12月28日

MOT(技術経営)この1年を振り返る2014




医療データベース、遠隔診療などによる医療革命


と書きましたが、医療は大変革を迎えつつあります。

これについても書いてみます。

2048年の医療「医療を変えることは未来を変えることである」

0ba9383a


・ゲノム以降の生命科学、(見つける、測る わかる生物学、システム生物学)、(操る、創る 創る生物学、合成生物学)

・医療の進歩、ゲノム等のバイオ技術だけでなく、光学、情報通信、ディジタル化など、「医療の可視化」によるものが大きい

・高解像度カメラにより、今まで見えなかったものが見えるようになった

・高解像度カメラなど光学、情報通信、ディジタル化技術の進歩により、患者の
患部を直接見る以上に、治療箇所が的確に見えるようになった

・電子カルテ、医療情報データベースによる、情報共有は個人情報の問題は大きいものの、間違いなく全体のレベルアップにつながる

・医療にビジネスと言うと、人が困っていることで金儲け、と悪く思う人も多いが、ビジネス化は公的資金に頼らず、物事を動かすメカニズム

・インターネットのように「これがなかった時代など想像できない」という医療イノベーションは何になるか?現時点ではわからない

0824aa72

・病気になる前に健康を気づかせることは難しい。自覚できない

・ゲノムにより、自分に将来起こりうる病気をある程度、予測することができるが、外的条件も相当大きい

・健診は「わかって対処できること」にメリットがある。わかっても対処できないことは健診すべきか?

・医療は非日常ではなく、日常の延長

・科学的に正しいことと、社会的に正しいことは違う

・経験と技術は、トライ・アンド・エラーで着々と身に着けざるを得ない。情報だけでは埋まらない

・1961年の平均余命10年は65歳、現在の平均余命10年は75歳

・幸せは結局は他人との比較、何歳まで生きたいかも同様

・多くの人が集まる意味、「そこから何が生まれるか?」集まってテキストを読むだけでは意味がない

・研究者が「凄い!」と感じることを解決していくことが、大きなブレークスルーになっている



・マイクロチップを人体に貼付することにより、血圧、脳波などを24時間モニタリングする

・医師が症例データベースにより、患者の症状をその医師の経験の範囲内でなく、広く照合し、診察する

などは既に行われつつあります。

これまでは「患者の自覚症状により、通院する」というパターンでしたが「計測データから未然に対策」が現実のものになりつつあります。

光学、情報通信、ディジタル化などにより「医療が可視化」され、3Dプリンターにより、「可触化」されつつあります。

光学、情報通信、ディジタル化などによる「可視化」、3Dプリンターによる「可触化」など、医療だけでなく、社会全般で起こりつつある技術の進化が医療の進歩にも大きくかかわりそうです。



63c70779-s

Googleがスマート コンタクトレンズを開発、血糖センサと無線内蔵の医療用

涙に含まれるグルコースを監視することで、糖尿病患者に血液検査より楽な血糖値管理の方法を提供するとともに、今後はLEDを内蔵して、着用者に血糖レベルの急激な変動を警告する機能も検討しています。

5e6ab9e4

人間のすべての健康状態を計測してくれる世界最小最薄のスキンセンサー

イリノイ大学の研究者たちが、皮膚に直接接着できる世界最小最薄のセンサーの開発に成功した。このセンサーは体温はもちろんのこと、皮膚の乾燥状態、血流、筋肉の疲労具合など、様々な健康状態を測定・管理することが可能

のように、ディジタル化、ネットワーク化により、「患者の自覚症状により、通院する」から「計測データから未然に対策」が現実のものになりつつあります。


一方で、

医療は他分野とのコラボで大きく展開する

に、


東大駒場シンポジウム「進路選択は先人の経験をつなぎあわせて、自分の中で再構築」




医学部、医者は、他業界と違って、つぶしがきかず、付き合いの幅も狭く、閉鎖的な社会である。同窓会が異様に強い。


と医学部の先生から、予め紹介がありました。

そんなためか、医療系学生が

医療学生ラウンジ

などを作って、


閉鎖的な医療系学生の大学生活にイノベーションを!

そしてその先に医療とヘルスケアにイノベーションを!

尖った人材の発掘と育成を通じて、医療をよりよいものに変えること。


などの活動をしています。


と書いたように、医療の世界は、まだまだ閉鎖的であることに加え、医療のビジネス化、産業化、などと言うと、弱者切り捨てか?のように、目くじらを立てる人がいます。

cd51032e

食料でも、家電製品でも、交通でも、社会保障ではなく、ビジネス、産業として行われていますが、いわゆる「弱者」であっても、これらのサービスを享受できています。

むしろ、多数の「弱者」を顧客とできないようでは、ビジネスとして成立しないでしょう。

社会保障制度としての医療が、崩壊しつつある今こそ、医療の産業化が求められます。

また、グローバル化が急速ですが、医療についても同様で、優れた日本の医療を海外に展開する、

看護師などの不足は、海外の優れた人材に来てもらう、など、が必要です。

a279506e

「病院」がトヨタを超える日、大変革を迎えつつある医療


コンピューター、ネットによる自動問診システム、これにより、初期診断、薬の処方ができれば、医療行為の8割が対応できる。つまり医者も大量に不要になる。



東大イノベーション政策研究会「サービス工学の概念と実践」に参加しました


医師による診断はこれまでは、その医師のそれまでの経験の範囲内での診断でしたが、検査データを、大規模データベースと照合すれば、診断はずっと容易になります


4e5df5a7

教養としての生命科学


医学とコンピューター・グラフィクス(CG)、組み合わせると、とても便利で、医学が進展するのに、他分野のCG利用に比べ、驚くほど進んでいない。


医療が大変革を迎えつつあるのは間違いないのですが、

どう変革し、その後、どのような社会が訪れるのか?楽しみです。



2014年12月27日

昨年の年末に

MOT(技術経営)この1年を振り返る


今年に限らず、最近のMOT(技術経営)の進展を振り返ると、

(1)センサリング技術を活用して、意図しなかったビッグデータから、プロセス、結果を織り込んだデータへ

(2)デザインによりマネジメントを最小化

(3)サービスイノベーションの進展

でしょうか。


と書きました。

今年1年のMOT(技術経営)を振り返ると、

(1)デザイン思考、学んだことを活かして、ビジネスとするところまで含んだプログラムの創設ラッシュ

(2)センサリング技術を活用して、意図しなかったビッグデータから、プロセス、結果を織り込んだデータへ
   
   直感、勘、感覚など「計測できない」「ブラックボックス」とされていたモノを計測し、コントロール

(3)3Dプリンター技術により、IT技術だけでなく、「ものづくり」でもプロトタイプが容易に可能

   「絵に描いた餅」ではなく、実際の餅に

でしょうか?

それぞれについて、今年の記述から抜粋してみます。

(1)デザイン思考、学んだことを活かして、ビジネスとするところまで含んだプログラムの創設ラッシュ

EDGEプログラム

とは、

イノベーション創出の活性化のため、大学等の研究開発成果を基にしたベンチャーの創業や、既存企業による新事業の創出を促進する人材の育成と関係者・関係機関によるイノベーション・エコシステムの形成を目的としています。

13大学のプログラムが選定されました。

d8eca29a

EDGEプログラムについては、

人間中心イノベーション方法論は大学を超えて社会に普及するか?

MOT(技術経営)、イノベーション教育は大学を超えて、活用しつつ

東京工業大学「チーム志向越境型アントレプレナー育成プログラム」シンポジウムに行ってきました

スタンフォード大学ビジネススクールにいると、在学中に起業する

に書きました。

9e8025fc

大学で、高度な学問だけでなく、ビジネスに役に立つような教育、ということで、ハーバード大学など、主として、アメリカで行われたのがMBAプログラムでしょうか?

マーケティング、ファイナンス、ヒューマン・リソース、生産・流通過程など、ビジネスを見据えた、横断的なプログラムが行われるようになりました。

アメリカでは長い歴史がありますが、日本に本格的に取り入れられたのは1980年代後半からでしょうか?

技術についても、専門を深化させて研究開発、技術開発を行うだけでなく、技術をビジネスに結び付けるべく、MBAの手法を取り入れ、同じく、マーケティング、ファイナンス、知的財産などを学ぶプログラムがMOT(技術経営)でしょうか。

技術については、上記のように、専門を深化させて、最先端の技術開発を行う、から、いろいろな技術、さらには技術以外にマーケティング、ファイナンス、知的財産などを、横断的に学び、技術をビジネスに活かすのが、MOT(技術経営)の目的でしょうか。


このあたりまでのプログラムでは、大学ではビジネスに活用できるプログラムを提供するけれど、実際にどう活用するか?は学ぶ人次第、という感じでしょうか?

2c67c931

MBA、MOTを取得したら、飛び出さないと グロービスGSC & Japan MBA Forum 共同企画に参加して

東工大MOT(技術経営)同窓会フォーラム

に書いたのですが、


大企業から参加した方々は、MOT(技術経営)修了後に、起業するわけでも、転職するわけでもなく、ほとんどが、もとの大企業に戻っていきます

そこで、MOT(技術経営)での勉強はどのように活きているのか?定かではありません。

聞くと、皆、口をそろえて「役に立っています」というのですが、どのように役立っているのか?よくわかりません。

もしかしたら、せっかく受けたMOT(技術経営)での勉強も、しばらくすると、埋もれてしまうのかもしれません

どうやら、MBA、MOTで学んだことは、なかなか会社では活かせないし、また、会社ではMBA、MOT取得を評価されない、というのが実態のようです

せっかく勉強したこと、素晴らしい環境での経験も、元の鞘に収まると、活かせないようです。

学んだこと、身につけたこと、新鮮な経験を活かすには、新しい環境を切り開くこと、が重要なようです。

海外留学でも、社会人大学院でも、学んだこと、身につけたこと、そこでの新鮮な経験を活かすには、元の鞘には戻らない、新しい環境を切り拓いて、かもしれません


のように、学んだことは大変有意義だったけれど、それを活用できているか?がポイントで、

実際には、必ずしもうまく活かせていない例が多いようです。

6cd289c2

一方、このEDGEプログラムに参加している、いくつかのものでは、

MOT(技術経営)大学院とデザイン思考大学院の違い

に書いたように、

デザイン思考大学院では、

デザイン思考、シリコンバレーIDEOの事例より

に書いたように、


早い段階で、コストをかけずに、プロトタイプを創り、市場に出して、フィードバックを得る。アイデアでは見えなかったことが、プロトタイプにすると見えてくる。 

など、実際にやれているか、どうか、がキーポイントです。


c1d155c2-s

東大iclubプロジェクトが同時並列的に進行中、どんなイノベーションが生まれるのか?



「イノベーションの学校」東京大学i.school関連の活動で、いつも感心するのが、

・活動が東大内で完結することなく、どこかで根を下ろした活動が始まる

・複数の団体とのコラボレーションが同時並行的に起きている

ことでしょうか?

単なる地域の高校生と東大生の課外活動ではなく、キーパーソンとなる社会人を巻き込んで、ビジネスとなっているところでしょうか?

学校では先生、専門家、経営者などから知識、経験を学んだり、参加者同士のグループワークにより、調査、話し合い、プランの作成、プレゼンテーションなどを行います。

それぞれが大変有意義なのですが、そのほとんどが「大変ためになった」と学校内で完結してしまいます。

ビジネスに活かすために参加している社会人学生も、決して例外ではなく、せっかくの学びが学校内で完結してしまっています。

スタンフォード大学ではグループワークで考え付いたビジネスプランを実行して、年商数億のビジネスになる、ということもあるようですが、日本ではあまり聞きません。

学校内で完結させずに、どこかで活動を行うためには、誰か、とのコラボが必要になります。

それも「足し算」ではなく、「掛け算」であることが大切です。

a0530cba

「スケールアウト」

人手、資金が十分ではない状況で、小さなプロジェクトが同時並列的に進むと大きなイノベーションが起こる可能性がある

が、まさに進んでいる、ということかもしれません。


ということで、同時多発並行的に、いろいろなプロジェクトが進み、着実に輪が広がっている


のように、「学んだことは大変有意義だったけれど、それを活用できているか?」と悩んでいるのではなく、

とにかく、何らかのプロジェクトが進行中、もちろん、うまくいかないこともあるけれど、フィードバックして、修正しながら進行中

ということで、社会への波及も含めたプログラムになっている、ということでしょうか?

つまり、せっかく学んだことを実社会で活かせるか?悩んでいるよりも、大学を超えて、実社会で活かすことまでプログラムに組み込んでいます。

832e0518-s

ところで、MOT(技術経営)では、社会人大学院生が多くて、アイデア、プランを実際にビジネスにしていくのに、大変有効な役割を果たしてきていたのですが、

最近では増え過ぎて、ちょっとした「弊害」も出てきたようです。

「社会人大学院生が加わることにより、実行性、実現性が出てくるため、グループワークには不可欠です。

ただ、過半数を超えると、「大人らしさ」が支配的になり、アイデア、プランに斬新性、チャレンジ性がなくなって陳腐になってしまうのです。

放っておくと、社会人学生ばかりになってしまうのですが、「数学」「物理」を入試に加えるなどして、社会人学生の制限をしなければならないかもしれません」


(2)センサリング技術を活用して、意図しなかったビッグデータから、プロセス、結果を織り込んだデータへ
   
   直感、勘、感覚など「計測できない」「ブラックボックス」とされていたモノを計測し、コントロール

6660e65d-s

意図しなかったビッグデータから、プロセス、結果を織り込んだデータへ


ビッグデータという言葉が最近よく使われます。

ビッグデータとは、記録の、自動化、大量化による、「意図しない」データであり、これら「眠っているデータ」を発掘すれば、もの凄い「宝の山」が埋もれているのではないか?と思われていました。

しかし、結果として得られた「結果データ」と、その結果が得られたプロセスでの「プロセスデータ」がセットになるように、データ取得がデザインされていないと、せっかくのビッグデータも活用できないことが指摘されるようになってきました。

これは、非常に重要な、認識の転換点と考え、あらためて考えてみます。

ワインの場合でも、ワインの味わい、質(結果データ)だけでなく、気温、降水量など、ぶどう栽培、収穫時の気象条件(プロセスデータ)をセットにして取得することが大切です。

どの「結果データ」がほしくて、その「結果データ」に影響を及ぼす「プロセスデータ」は何なのか?何の可能性があるのか?

ストーリーを構築し、結果とプロセスを織り込むようにデザインする、ことが大切になってきました。

今さらながら、PDCA(プラン・ドウ・チェック・アクション)サイクル

PDCA(プラン・ドウ・チェック・アクション)サイクルとは、

(1)測定の仕組みがあるか?(Plan)

(2)計画的に実施しているか?(Do) 

(3)測定結果を適切に評価しているか?(Check)

(4)その結果を改善につなげているか?(Act)

(5)改善効果は得られているか?(成果)

(6)もし(1)−(5)が適切になされていなければその原因は何か?

巷で言われているPlan(計画)よりも、踏み込んで、「測定の仕組みがあるか?(Plan)」としているのが特徴です。

計画しっ放し、ではなく、測定できるように、と言っています。

あなたの会社では(1)〜(6)がしっかりできていますか?

なお、この(1)〜(4)の順番は入れ替わることもあります。

images

こうなりたい姿に現状から目指すのであれば、

PDCA(プラン・ドウ・チェック・アクション)ではなく、CAPD(チェック・アクション・プラン・ドウ)

・なりたい姿と現状のギャップを評価する

・そのギャップを踏まえて、なりたい姿へアクション

・計測できる仕組みづくり

・計画的にできるか?

というステップになります。


これまでは、

(1)測定の仕組みがあるか?(Plan)

が、不十分であったり、あるものの集計が複数の人の手作業で時間がかかる、など、労力、時間がかかり、

(2)〜(6)のステップにタイムラグがあり、タイムリーかつ有効な対応が打てずにいました。

このようなシステムを持ち、経営陣がいつでも見れるみもかかわらず、経営が悪化した企業も少なくありませんでした。

センサリング技術の進歩により、結果として得られた「結果データ」と、その結果が得られたプロセスでの「プロセスデータ」がセットになるように、データ取得をデザインし、リアルタイムでデータ取得できるようになると、
(2)〜(6)のステップもリアルタイムで行えるようになり、フィードバックが迅速になります。

index

自分の脳波を常に計測、可視化できたら?




脳波の測定は可能です。ただ、計測器の重量が重くて、価格が高価な、いわゆる「ヘッドギア」タイプの装置を、装着します。

そのため、測定作業自体がストレスで、通常の生活行為での脳波は計測できません。

この計測器を大幅に軽量化してヘアバンドに、制御部を携帯電話、iPod、ヘッドホンに組み込むことができれば、通常の生活での脳波の状態が計測、記録できます。

すると、自分がイライラしているのか?ゆったりしているのか?自分の脳波を見て、確認することができます。



「政治学と脳認知科学の融合のフロンティア」に参加しました




MRI(Magnetic Resonance Imaging)による脳の機能計測技術が急速に進んだおかげで、脳の活動の活発なところに、血流が多く流れて、酸素化ヘモグロビンが増えているところを見つければ、脳は部位毎に視覚、聴覚などの機能に対応しているので、どの機能が働いているのか?わかる


と書きました

img01

直感、勘、感覚など、これまで「計測できない」「ブラックボックス」とされていたモノが計測できる、そしてコントロールできるようになれば、人間の生活、行動が大きく変わってくる、と考えられます。


(3)3Dプリンター技術により、IT技術だけでなく、「ものづくり」でもプロトタイプが容易に可能

   「絵に描いた餅」ではなく、実際の餅に

00_m

バーチャルな世界での出来事をリアルな世界で再現ー3Dプリンターの衝撃


コンピューター・グラフィックはもの凄い勢いで進化していて、いろいろな映像を見ることができるようになりました。

ただ、スクリーン上、映像でのこと、で、あくまでも「バーチャルな世界」でのことでした。

しかし、3Dプリンターの出現により、「バーチャルな世界」でのコンピューター・グラフィックをリアルな世界で実現できるようになりました。

価格的にも数万円台で、熟練工や大規模設備がなくても、コンピューター・グラフィックで表現したものを、リアルな世界で再現できるようになりました。

これまでは、コンピューターでの「バーチャルな世界」だったものが、リアルな世界で再現できるようになりました。

3Dプリンターは製造業だけでなく、デザイン、医療など、いろいろな分野で利用され始めた段階で、これが、どんなインパクトがあるのか?は、まだ未知数です。

img006

建築は、鉄骨、コンクリート、材木などの材料を使って、大工さん、職人さんが作り上げていく、「匠の技」の世界というイメージもあります。

一方で、1980年代ごろより、構造強度計算に大型コンピューターを駆使した有限要素法が導入されたり、

それ以外にも、通風、室内の換気・温度の大規模シミュレーションが行われています。

また、デザイン、意匠の分野でも、早い時期からコンピューター・グラフィックが取り入れられてきました。

つまり、設計段階まではコンピューターをふんだんに取り入れつつも、現場は、まだまだ、経験、わざ、の世界という非連続がある、というイメージでしょうか?

近代の建築の巨匠と言われる、ミース・ファン・デル・ローエは、近代の工業的大量生産に合わせて、材料が均質化するように、デザインを行い、圧倒的なコストダウンを達成し、また、このデザインが近代の高層ビルディングの建築を可能にしました。

これは、機械、電機などの、部品の標準化、モジュール化に対応するものでしょうか。

ただし、3Dプリンターの出現により、工業的大量生産に合わせることなく、熟練工も大規模な設備もなしに、正確な部品の製作が可能になりました。

また、3Dプリンターだけでなく、ネットワーク化による構造部材、室内環境のセンシングなど、これからの建築技術の新たな進展が楽しみです。


これ以外にも、医療データベース、遠隔診療などによる医療革命、

2048年の医療「医療を変えることは未来を変えることである」


・マイクロチップを人体に貼付することにより、血圧、脳波などを24時間モニタリングする

・医師が症例データベースにより、患者の症状をその医師の経験の範囲内でなく、広く照合し、診察する

mm140708_wearable6

これまでは「患者の自覚症状により、通院する」というパターンでしたが「計測データから未然に対策」が現実のものになりつつあります。



など、いろいろな分野で進展があった1年でした。来年もMOT(技術経営)にどんな進展があるのか?楽しみです。



2014年12月21日

WASEDA-EDGE 人材育成プログラム「共創館イノベーション・エコシステムの構築」


という案内が来ました。

IMG_20141219_145221829

EDGEプログラム

とは、

イノベーション創出の活性化のため、大学等の研究開発成果を基にしたベンチャーの創業や、既存企業による新事業の創出を促進する人材の育成と関係者・関係機関によるイノベーション・エコシステムの形成を目的としています。

13大学のプログラムが選定されました。

EDGEプログラムについては、

人間中心イノベーション方法論は大学を超えて社会に普及するか?

MOT(技術経営)、イノベーション教育は大学を超えて、活用しつつ

東京工業大学「チーム志向越境型アントレプレナー育成プログラム」シンポジウムに行ってきました

に書きましたが、今日はどんな話が聞けるのかしら?

d8eca29a

・アントレプレナーシップとは何か?会社を始めるには何が必要か?アイデア、実行プラン、クオリティーの高いチーム、お金、運、出口戦略など

・スタンフォード大学ビジネススクールにいると、当初は特に起業するつもりはなくても、結局、起業している人が多い。

・アントレプレナーは新事業のリスクを負う。情熱、拒絶を克服する自信、リスクを怖れない、モティベーション、ドライブ、望みが高い 

・アントレプレナー、必ずしも起業する必要はない。

・起業の良い面、オーナーシップ・自分で決め、行動し、利益を上げる。ボスがいない。素早い行動。楽しい。創造的。チャレンジング、報われる

・起業の良くない面、自分でやらなければならない、利益は少ない、セーフティーネットがない、失敗したら落ちる、リソースがない、リスクが大きい、拒絶される、不安定

・大企業の良い面、定期的な収入がある、リソースが多い、大きなプロジェクトができる、リスクが少ない、セーフティーネットがある、システム、プロセスがある

・大企業の良くない面、オーナーシップがない、官僚的、決断、行動が遅い、大成功の見込みは少ない

IMG_20141219_151621427

・起業の目的は、お金儲けよりも、むしろ、あたらしいモノ、サービス、会社をつくる、価値観、チームをつくる、チャレンジングなことをする

・アイデアを得るためには、何に悩んでいるのか?何に関心があるのか?ある分野のイノベーションを他分野に応用する、他の人々からヒントを得る

・成功したアントレプレナーとて、必ずしもグレートアイデアを持っていた訳ではない。凡庸なアイデアを改善していく。何かにつまづく。誰かのアイデアをまねる。一般的なサービスを改善していく。

・グレート・ビジネスに、必ずしもグレート・アイデアは必要ない。 

・ビジネスプランを書くことで、どうやってビジネスを運営するか?自分の前提条件、がわかる

・資本は製品と同様に、スタートアップビジネスには大切

・資金のよい面、より早いビジネス、正当性がついてくる、投資家からアドバイスがもらえる、個人のリスクが小さくなる

・資金のよくないところ、コントロールを失う、資本家が起業家と違うゴールを持つことがある

IMG_20141219_151224415

・チームビルディングは会社の重要な要素、文化づくり

・会社が成長すると、必要とされる人材も変わる。創業時は何でもできる人、成長期は専門性を持ったスキルを持つ人

・自分がコントロールできることだけでなく、コントロールできないこと、運も大切、経済状況、外部環境はコントロールできない

・出口戦略をもっとビジネスを始める。これがないと、具体的な事業戦略が立てられない

・最良の方法はやってみること

・いつ止めるか?は、いつ始めるか?と同様、大切

・誰もがアントレプレナーになれるが、必ずしも、すべての人がアントレプレナーになるべきではない

・自分を信じる、やってみる、ことが成功へのキー

・アントレプレナーと話をしてみる。関心ある分野を調べる。まず、リスクが少ない、アントレプレナーをやってみる。メンターを見つける。

20090725223157

参考になるお話しばかりですが、一番興味深かったのが、

・スタンフォード大学ビジネススクールにいると、当初は特に起業するつもりはなくても、結局、起業している人が多い。

でしょうか?



ハーバードとスタンフォードのギャップ




世界中の優秀な人たちが集まり、卒業後のネットワークが役に立つ、という点では同じですが、

・国際機関、グローバル企業のエグゼクティブ向きのハーバード

・ビジネスのネタを見つけ、起業家向けのスタンフォード

のような、おおまかな違いはあるようです

公共政策大学院からビジネススクールに移って、そのカルチャーギャップに苦しんでいた私は、公共性と利益追求の狭間で将来の進路に悩んでいた。

課題で見ると、ケネディで議論されている内容のほうに、より共感できる。世界で起こる紛争や、国づくりの難しさや、世界に電気や水を届けるほうが、次のiPhoneアプリを作るよりも大事な気がする。

一方で、アプローチはというと、スタンフォードで会う人たちのほうが、わくわくさせられる。

あの学校に出入りする起業家やベンチャーキャピタリストたちのクールなこと。話し方もアイディアもまとっている空気も、実にかっこよすぎて、一生かなわないよ、と思わせられる。でも、そんな人たちの才能は、「このビジネス、当たるか当たらないか?」というところにすべて割かれている。


communitydesign

就職という名の産学連携




以前は、工学部には就職に際して、ある企業に学科推薦枠○名、という制度がありました

例えば、土木・建築学科はゼネコン、機械工学は自動車・機械、電気・電子工学は電機メーカーなど、学科と就職する企業が、かなり結びついていました

企業からすると、「基礎的な教育は大学が行なってくれて、先端的な技術・知識は採用する卒業生から入手する、先生方との関係も維持できる」

学生、大学からすると、「苦労することもなく、大企業に就職できる」

双方にとって、いい制度でした。卒業生が大学と企業のパイプ役を果たしていました

ただし、学生が学科と直接結びつかない、商社、金融などへ就職しようとすると、大学、先生方は冷淡でした。時には、関係する業界への就職をするような働きかけ、勧めがあった、かもしれません。

パイプ役を果たしてほしい卒業生が、その役目をしないのですから、当然かもしれません


832e0518-s

「TAK」さんが工学部を卒業する頃は、工学部を卒業する人はメーカーに就職するのが当然で、それ以外への就職は、ほとんど考えられず、商社、金融などへ就職しようとすると、上記のように、大学、先生方は冷淡で、時には、関係する業界への就職をするような働きかけ、勧めがありました。


「社会」は、そこに集まる人々が価値観を形成し、参加する人々は、好むと好まざるを問わず、その価値観に影響されつつ、考え、行動します。

参加する「社会」は、自分で決められる場合も、決められない場合もあります。

いずれの場合でも、参加する「社会」の価値観に、自分の考え方、行動が大きく影響されます。

それゆえ、出来る限り、自分が進みたい道に、価値観が合致する「社会」を選んでいきたいものです。









2014年12月17日

公開研究会「ミライバ」第7回:「街にあるものを使いこなす」学びのプロジェクト

という案内が来ました。

IMG_20141216_170016523

普段住み慣れている街も、あらためて見直すと、いろいろなものが潜んでいます。

それらを発掘していくと、いろいろな学びがあります。

これについては、

身近なまちから創発する学問・社会リテラシー「ぼくらはまちの探検隊」

に書いたのですが、

171555b4-s

それだけでなく、街を住み慣れている人ではなく、外の人から見てもらって、新しい魅力を見つけてもらい、新しい街づくりをする動きも全国で起こっています。

コミュニティーを活性化するのは、よそ者、若者、ばか者、と言われますが、外からアーティスト、プロデューサーを呼んで、まかせっきりにするのではなく、動きの良くなかった、地域の人々を巻き込んでこそ、ムーブメントができます。

輪は安定しているけれど、閉じている。そして次第に萎んでいく。

一方、ちょっとずらした「らせん」は、オープンとクローズドを使い分けて、いろいろな人を巻き込むことができる。

31368728

この動きにアートも活用されます。

アートと言っても、特に芸術性の高いものに限られません。

実はアートは日常に潜んでいます。この日常に潜んでいるアートを引き出すのが、アーティストの役割、

それをムーブメントに結び付けるのがプロデューサーだったりします。

a8f21576

これらのプロジェクトは、地域ごと、プロジェクトごとに、その特性に合わせて行われます。

もちろん共通点も多いのですが、相違点もたくさんあります。

これらのプロジェクトについては、

アートが「限界」を超える

コミュニティーデザイン、人がつながり、活動する仕組みとは?

「つながりが生まれる場」は、どうしたら生まれる?

地域から発信するイノベーションの挑戦

メディア芸術による地域文化の進化・地域拠点から世界へ発信

アート・コミュニケーションとコミュニティー・デザイン

夢ビジョン2020オープンセッション『人口減少時代を希望に変える地域と創造』

スプツニ子!アーティストトーク「デザイン+物語」で考える未来のかたち

に書いてあります。

15f48249

さて、今日はどんなお話が伺えるのでしょうか?

早速出た話をまとめます。

・プランは企画する、プロデュースは実現する

・表参道、クリエーターが多い。ランデブー・プロジェクト、アーティスト、クリエーター、デザイナー、科学者、技術者が出会うことでプロジェクトが始まることがある。

・中小工場、ひとつ毎では厳しいが、集まるとできることがある。

・タオルは手触り。肌は本物を知っている。水分の吸収評価法に、人間の感覚も加える。 

・イルミネーション、歴史ある建造物に照明を当てると素敵になる。 

・アート・プロジェクト、ソフト(活動)+ハード(作品)+エンジン(担い手)

・文化の違いは食事で見えてくる。

・箱の中に入ってしまうと、外から見えない。

c8c0dc55

・「子供」が中心にいて、「媒体」になると、立場を超えた大人同士の交流が起こる。「弱いもの」を中心に置くのが、交流を起こすコツ

・何かを起こすにはコスチュームが必要、普段着では人々が起きていることに気づかない。コスチュームだと注目される。ハレの気分。

・大人は、関係ない大人には厳しいが、子供はニコニコして、オープンに受け付ける

・子供がいると大人が創造的になる

・プロジェクトは想定外のことが起こることが大切 

・子供はいつまでも子供ではなく、大人に成長していく 

・アート・プロジェクト、アーティストは制作者ではなく、伴走者。市民は鑑賞者ではなく、実行者。プロデューサーが必要で、市民に「調子に乗ってもらう」ようにプロデュースする

・ソルーション、解決に金が払われるが、アイデア、視点、プロセスが大切。アート、アーティストとの付き合いが大切

IMG_20141216_170653910

・風景は異化されなければ、メッセージを伝えない

・アートは創意工夫の基礎訓練。目に見える具体的なものを。

・地元だけでは完結しないネットワークを。地元でクローズするのではなく、外部が入ってくる仕組み。

・「楽しさ」は伝染する。「面白い」は外部から注目される。

・活動により、周囲が変わっていく。

・非日常を日常に持ち帰る。

・ストーリーをわかりやすくすると、周囲からの協力を得やすい

・アート・プロジェクトには、アーティストだけでなく、プロデューサーが不可欠

・新しい街は。住む人を「ふるい」にかけて、選定することがある。この街を表象する人々を選び出す

・スマートシティー、アートと技術のバランス

・プロジェクトの継続には、発展、展開、進捗、ブレがないと、難しい

・「自由」よりも「役割がある」「フォーマットがある」と入りやすい

・いろいろな情報が集まって、違うコンテクストから説明すると、新たな展開がある




2014年12月15日

2014年12月14日の衆議院選挙の結果

ですが、

db6a6a8e

選挙前

衆議院(総議席:480):与党系326議席(自民党295議席、公明党31議席)、野党系ほか154議席(民主党62議席、維新の党42議席、次世代の党20議席、共産党8議席)

選挙後

衆議院(総議席:480):与党系326議席(自民党291議席-4、公明党35議席+4)、野党系ほか154議席(民主党73議席+11、維新の党41議席-1、次世代の党2議席-18、共産党21議席+13)

政党の解党、議員の所属替えなど、ありますので、図と数字の増減に多少違いがあります。


これは、

衆議院解散、戦いは勝てるうちにやってしまう




与党が優位で、わざわざ解散する必要な見えません。

今、解散すれば、政権交代はないものの、与党は確実に議席を減らすでしょう。

では、なぜ、今、解散するのでしょうか?

1418570357_aflo_AYFA013450

衆議院任期満了後に、消費税を増税した後であれば、民意が野党側に吹いて、与党が大敗するおそれがあります。

そうであれば、議席は減らすけれど、大敗はしない、今のうちに、選挙をやってしまうのも手かもしれません。

新しい政治の流れがありそうです。


と書いたとおりになりました。

アベノミクスへの批判はある程度あり、それが自民党の議席減につながり、批判票が共産党へ流れています。



民主党は議席は増やしたのですが、2009年の政権交代選挙のような風は吹かず、しかも海江田万里代表が、選挙区で落選、比例でも復活当選せず、という大打撃がありました。

民主・海江田氏落選!野党第1党党首では49年片山元首相以来の屈辱

1418574173_20141215-00000010-jijp-000-view

「小選挙区選挙で落選し、比例区選挙で当選する」「選挙区で落選、比例でも復活当選せず」、が、わかりづらいので調べてみると、

重複立候補


衆議院の選挙制度(小選挙区比例代表並立制)では小選挙区での立候補者を、比例代表区における政党の名簿にも同時に登載することができる。

その場合、小選挙区での立候補者の全部(もしくはその一部)を同じ順序にすることができる。その同一順序の候補者の中での当選者は惜敗率で決まる。

惜敗率とは小選挙区における落選者の得票数を当選者の得票数で割った数値。当選者との差が小さければ、惜敗率は高くなる。

復活当選とは、重複立候補者が小選挙区選挙で落選し、比例区選挙で当選することを指す。ただし、小選挙区選挙で供託金が没収された者は復活当選できない。


el_im_050831_03l

比例復活当選のしくみ


比例区は名簿の順位が上のほうから当選します。

この順位は政党が決めるので、有権者が直接候補者を選べません。

したがって、当選してほしくない候補者が名簿の上位にあると、不本意な選択を迫られることになります。

候補者が重複立候補をしていれば、政党が決めた順位ではなく、惜敗率という有権者の選択にしたがって当選するので、有権者にとって不本意な選択が避けられることになります。

候補者にとっても、比例区は名簿の上位の候補者が楽に当選するので、選挙区を苦労して当選した候補者と比べて不公平があります。重複立候補にすれば、比例の順位は全員おなじになるので、このような不公平がなくなることになります。

また、比例復活当選は、惜敗率の高いほうから当選しますから、選挙区で支持基盤を堅めたほうが有利になり、
選挙に強い候補者が残りやすくなる、という特徴もあります。


つまり党首だからといって、名簿第1位で復活当選確実という訳ではなく、

惜敗率(小選挙区における落選者の得票数を当選者の得票数で割った数値)によって決まる。

83b08957

海江田万里代表の比例区東京ブロック

は、選挙区落選者のうち、松原仁氏、長島昭久氏がわずか数百票の差で惨敗、元総理の菅直人氏が惨敗率がわずかに海江田万里氏を上回り、この3名が比例復活となりました。

松原仁氏、長島昭久氏がわずか数百票の差で当選していれば、海江田万里氏は比例復活したわけで、まさに1票の重みが、野党第1党党首を落選させる、選挙の怖さを物語る結果となりました。

BEAEC2F4A4C8

衆議院選挙、政策を立案、判断できる議員を選ぶこと




ルックスを利用した集票能力を期待された、タレント活動をしている「きれいなお姉さん」ではなく、政策を立案、判断できる議員を選ぶことがこれからの日本を委ねる選挙では大切なことは言うまでもありません。


新旧小沢ガールズ復活当選も厳しく


2009年の政権交代選挙で、民主党から立候補し当選した「小沢ガールズ」と呼ばれる議員たちは、その後、所属政党替え、選挙区替えをした議員も多いのですが、「全滅」ではないまでも、ほぼ「壊滅状態」というところでしょうか。


ところで、

衆院選投票率52.66%戦後最低更新

とあります。

index

「票を入れたい候補がいない」「どこの政党も変わり映えがしない」「私が1票を投じたところで、何も変わらない」


せっかく、選挙権があるのに、棄権してしまう、とは、もったいないことです。

明治時代の初めには、政府はありましたが、国会はありませんでした。議政官、集議院と呼ばれる立法機関はあったのですが、議員は行政官が兼務するなど、国民から選挙で選ばれるものではありませんでした。

それゆえ、ある意味、政府のやりたい放題で、1881年(明治14年)に起きた北海道開拓使官有物払下げ事件をきっかけに、

国会開設の要求が盛り上がります。

そこで、1881年(明治14年)に「国会開設の勅」10年後に国会を作りますというアナウンスがされます。

mst001015

詳しくは、

国会開設の勅から自由民権運動の高まりへ

国会開設の勅諭が発せられた日

を参照ください。

ところが、

当初(1889年(明治22年))の選挙権は、「満25歳以上の男性で直接国税15円以上を納めている者」

でした。

02-graphimg

女性に参政権がないばかりか、「直接国税15円以上を納めている者」では、

有権者総数は、四千万人の国民のうち、わずか四十五万人ていどで、百人に一.一人という極端な制限選挙であった。

国会開設

納税条件が撤廃されるのは、36年後の

1925年(大正14年) 納税条件撤廃。満25歳以上の男性全員(総人口の20.12%)に選挙権付与(狭義の普通選挙・男子普通選挙)

さらに女性が参政権を得るのは、さらに20年後の、

1945年(昭和20年) 満20歳以上の男女に選挙権付与(広義の普通選挙・完全普通選挙)

です。

日本に限らず、他の先進諸国でも様々な歩みをしております。詳しくは以下のサイトを参照ください。

image005

普通選挙とは財産制限のない選挙制度

先人の努力で勝ち得た選挙権を、無駄にすることはないようにしたいものです。



2014年12月12日

女性のグローバルな活躍のためのワークショップ「翔び立とう!チャンスに満ちた世界へ!」

という案内が来ました。

IMG_20141210_180748952

案内文によると、


アナウンサー、社会人類学者として活躍されている原麻里子氏をお招きし、ご講演いただきます。

帰国子女アナウンサーがもてはやされた時代にテレビ朝日に就職し、海外留学にあこがれ続けていたという原さんですが、その後イギリスBBCへの出向やケンブリッジ大学留学でのさまざまな方との出会いを通して、少しくらい遠回りをしても、強い希望をもち続ければ、いくらでもグローバルな活躍へのチャンスは開ける、と学んだといいます。


ところで、このセミナーは、お茶の水女子大で開催されていますが、公開イベントのため、社会人、男性の姿が目立知ます。

このようなテーマは学内限定、女性限定ではなく、オープンで行うと参加者、議論、が広がり、効果が大きくなります。

IMG_20141210_18290227

お茶の水女子大ではこのようなオープン・イベントが開催されることがあり、その参加記は、

国連広報センター所長・根本かおるさん講演「好奇心が原動力」

博士にこそ、起業家精神とビジネスマインド醸成

結婚・博士号取得・出産・子連れでのハーバード大学大学院留学

に書いてあります。


原さんは大学時代にイギリスに語学研究に行かれて、その時の、


マスコミが伝える海外と、実際の海外では全く違う。真実とは何か?

ホームステイ先で、フランス人、ユーゴスラビア人など、多国籍な人々と暮らす

ArticleImage-005-ja_1

という経験が、その後のマスコミへの就職、海外での勤務、留学などのきっかけとなったそうです。

マスコミでは、声がよく出ている人、反射神経がよく、即妙な対応ができる人が求められるようです。


さて、その後、イギリスBBCへ出向されますが、イギリスには、アメリカと同様、いろいろな国の人が集まります。

この時代は、東西冷戦の最終局面で、アフガニスタンから命からがら逃れてきた人、ユーゴスラビア、ベトナムなど世界中から、いろいろな背景を持った人が集まります。

多国籍の人々は英語を話せるだけでなく、それぞれストーリーを持っている。

cam11

さて、海外勤務から日本に帰国すると、日本の労働システムの問題点が目立ってしまうことが多いようです。

それゆえ、30代中盤でケンブリッジ大学に留学されます。


原さんは人と人とのネットワークの大切さを強調してました。

ちょっとしたきっかけで人生が違ってくる。

知り合いには、しっかりコンタクトを取る。

多様なネットワークの維持は大変だけれど、役に立つ。



さて、社会に出てからのキャリアということですが、学生さんにとっては未知のこと、

そこで、最前列に座っていた「TAK」さんも議論に加わり、わかりやすいネタ出しをします。



女性のキャリア形成で考えていただきたいのは、

結婚・博士号取得・出産・子連れでのハーバード大学大学院留学

に書いた


20代後半から30代前半にかけて、留学、就職、キャリア構築と結婚、妊娠、出産を同時並行的に進めなければならないのですが、

特に女性は出産という大役があり、しかも出産には年齢による生物学的制約が伴います。

32歳を超えると出産する能力は低下していくそうです。

kampo_05

32歳までに出産するには、2年前の30歳までには結婚していなければならない、30歳までに結婚するには2年前の28歳までには結婚を前提とした人と付き合い始めていなければならない、ことになります。

大学入学は高校卒業の18歳、就職は大学卒業の22歳というガイドラインが示されますが、

結婚、妊娠、出産は、このようなガイドラインが示されず、個人的な事情とされていますが、気づいた時には手遅れ、ということも少なくありません。


ことでしょうか。これを頭の隅にでも置いておかないと、いや、置いていても大変だったりします。

048355be-s

女性の活躍が叫ばれ始めてから、原さんのようなロールモデルも増えてきました。

このようなロールモデルの方々のお話を聞く機会を増やすと、チャレンジする女性も増えてくるのでは、と感じたイベントでした。





2014年12月07日

「アートと社会」:「国際化に欠かせない、オペラという最強のツール」

という公開講義の案内が来ました

IMG_20141205_162404867

講義の主旨

によると、


 「芸術--芸術こそ至上である。それは生きることを可能ならしめる偉大なもの、生への偉大な誘惑者、生への大きな刺激である。」(ニーチェ「権力への意志」)

グローバル化と技術革新が進行する今日の社会にあって、アートの重要性はますます高まっている。

それは、複雑な人間社会を生きる我々にとって重要な糧であり、一人ひとりがアートにより大きな関心を持ち、理解を深めることが期待されている。

同時に、アートは社会的な側面を持っている。アートを育てるには社会全体のサポートが必要である。

また一方でアートが持つ社会的な力の活用を巡って、様々な動きが広がりつつある。

各国は「ソフト・パワー」としての文化・芸術戦略を強化し、また貧困や環境などの“グローバル・アジェンダ”の解決にアーティストが活躍する場面も少なくない。


とあります。

社会の発展を考える上で、経済の力だけではなく、文化の力が見直されてきています。

IMG_20141205_162547630

例えば、

次代を牽引するカルチャー・リーダーシップを考える




イギリスでは、アートやクリエイティブ産業の幅広い分野で、社会全体の発展に寄与するような活動を展開する組織や個人への注目が高まっています。

政策レベルでも変革の時代に即した文化セクターのリーダーを育成しようという声が高まり、2005 年頃から政府や民間主導の下、「カルチャー・リーダーシップ」という名を冠した人材育成プログラムが数多く提供されるようになってきています。

こうしたイギリスの事例を受けて、次世代のリーダー育成を視野に、日本におけるカルチャー・リーダーシップのあり方や、持続可能な活動方法、社会の発展を牽引する創造力の役割について話し合う、カルチャー・リーダーシップ・ミーティングが開催されました。


と書きました。

では、どうやって日本の文化を展開、発信し、社会全体の発展に寄与するような活動をすればよいでしょうか?

15f48249

技術、製品から音楽、アート、料理など文化のグローバル化へ




音楽、アート、料理など文化については、西洋文化の他地域への普及が主で、一部、クールジャパンのように日本初のアニメ、音楽が海外で評価される動きもありますが、まだまだ、という段階でしょうか?

・日本歌曲、日本語による芸術的な詩や短歌に西洋音楽による曲をつけて、結果、国内だけでなく、世界に広まった。

・ソフトパワーとは政治力(現在)、技術(将来)、文化力(過去からの蓄積)

・国境の壁を越え、世界に普及した事例、フランス料理、イタリアオペラ。言葉と様式の壁を超える。チャネルを持つ。市場を知る。

・人はもらったものは大事にしますが、創ったものは忘れてしまう。(戸口幸策)

・文化事業は一時のブームではなく、ロングテール。 

西洋音楽の中に、日本らしさを取り入れる工夫をし、西洋音楽を日本に根付かせています。


西洋音楽という「国際標準化」により、世界中での適用性を確保し、その中で、「日本らしさ」を伝える、という手法でしょうか。


アメリカにも美味しい豆腐があることを知ってほしい

という記事がありました。


アメリカでアジア系の料理は人気が高く、日本料理の評価も高い。ただ、日本人が経営する店ではない。「純日本風の味付け」や「日本から空輸した高級食材」など細部にこだわり過ぎる伝統的な日本料理はうまくいかない。


日本の文化を発信する手がかりを得た気がします。


と書きました。

日本には素晴らしい伝統文化、能、和歌、和楽器による音楽、があります。

ただし、これらをいきなり伝えようとしても、世界ではなかなか伝わるものではありません。

上に書いたように、西洋音楽という「国際標準化」により、世界中での適用性を確保し、その中で、「日本らしさ」を伝える、という手法がありそうです。

a8f21576

さて、このような前提を踏まえた上で、出た話をまとめます。

・アートは至上のモノである(ニーチェ)。アートは社会が支える。

・オペラは17世紀初頭、イタリアで生まれた舞台劇。歌唱と演劇で構成。もちろん、当時は電気がないので、生の歌声で上演したが、今は、様々な専門家が集まって創り上げる総合芸術

・オペラ、国際社会において、国境を超えて、理解される国際文化

・舞台上で演じる人よりも、バックステージの人の方がはるかに多い。場所も舞台の3倍のバックステージが必要

・オペラは東京文化会館(上野)、新国立劇場(初台)で可能、サントリーホールでは不可

・アジア新興国、豊かになると、クラッシックホール、オペラハウスを創ろうとする

IMG_20141205_174042651

・グローバル人材、英語が話せる、は基本だが、それだけではダメ、異文化を理解する。国境という枠組みを超えて、、異文化の中で、尊重され、信用され、愛される人

・オペラ、世界中の王室、貴族、資産家、上流階級に永年にわたり、愛され、尊重された総合芸術

・オペラ、異文化、異なる価値、異なる出身国を背景とした人々が集まる国際社会で、共通言語としての文化的教養

・世界に入っていくきっかけとしてのオペラ、いきなり日本の伝統文化では難しいが、「和」するオペラであれば、世界に受け入れられる芸術を日本から発信できる

・西洋のオペラ、個性のぶつかり合い、日本のオペラ、ハーモニー、アンサンブル、「和」全体観

・アカデミックだけでなく事業性、経営のトップがアーティストではなく、経営者

・国の力を広げるには、経済だけでなく、文化の力が不可欠


オペラは世界のユニバーサル・カルチャーです。

いきなり、日本の伝統文化は難しくても、世界に発信するきっかけとしての、日本発の「和」するオペラがありそうです。

有名な蝶々夫人は幕末の長崎が舞台です。

講義の後、二期会会員による、ちょっと早いクリスマス・ミニ・オペラ公演がありました。

ヴェルディ・椿姫、モーツァルト・フィガロの結婚など、おなじみの公演で、たっぷり楽しむことができました。

IMG_20141205_17222332

国立新美術館開館5周年オペラコンサート




アートから縁遠い生活の「TAK」さんですが、プッチーニの蝶々夫人、ビゼーのカルメンなどは聞く機会も多くて、いずれは実際のオペラに行きたいな、と思っていました。

でもチケット代が高くて、なかなか足が向きませんでした

今回上記の無料オペラコンサートのことを伺い、早速参加することにしました

なかなか無料のイベントは経営上難しいと思いますが、ファン層のすそ野を広げる面から、アマチュアの音大生などの団体には発表会も兼ねて、安価でお願いできれば、と思います


と書きましたが、こういった動きが加速するといいな、と考えています。




2014年12月04日

東大、早稲田、慶応などの大学院で、経済、金融、企業戦略などを教えている宿輪純一先生の勉強会

宿輪ゼミ「国際経済・金融情勢」

に参加しました。

IMG_20141203_183110593

さて、前回の参加は

独り勝ちのはずのアメリカの株価暴落、日本国債がマイナス金利で、国際経済金融はどうなる?

10月下旬でした。

この時から、経済・金融に影響を及ぼす事象が立て続けにありました。

アメリカの量的緩和終了に合わせて、日本も12月に量的緩和終了、というのが大方の思惑でしたが、これを裏切るかのように、追加量的緩和が発表されました。

これを機に一気に円安に進み、また株価も高騰しました。

28afc464

これは上記ブログに


金融の量的緩和、余ったお金が株式市場に流れる。緩和が解除されると、金融が引き締まり、株価が下がる 

景気が回復すると、「株が買われ、債権が売られる」量的緩和では「株が買われ、債権も買われる

投資は株が高いところ、金利が高いところへ動く。


と書いたとおりです。

では、なぜ追加緩和をしたか、と言うと、上記ブログに


最近の景気動向を見ると、消費税増税後は景気が冷え込んでいます。

消費税増税前の駆け込み需要からの反動だけでなく、すっかり下方局面です

現在見る限り、さらに10%に増税するのは難しそうです。


と書いたように、このままでは景気が冷え込み、消費税の10%への引き上げが難しいため、と考えられます。

e2d2c3fd

ところが、サプライズの追加緩和にもかかわらず、消費税の10%への引き上げは1年半延期され、2017年4月とされ、この是非を含めた、安倍政権の経済政策を問うために衆議院が解散され、選挙になりました。

また年金の運用について、

ce22dd60

国債などの国内債券の割合を「60%」から「35%」に引き下げる一方、国内株式を「12%」から「25%」に、外国債券を「11%」から「15%」、外国株式を「12%」から「25%」に、それぞれ引き上げる

ことになりました。

この辺の経緯については、

経済情勢は

急激な円安、株価高騰、アメリカ量的緩和終了にもかかわらず日本は追加緩和で国際経済金融はどうなる?

選挙については、

衆議院解散、戦いは勝てるうちにやってしまう

衆議院選挙、政策を立案、判断できる議員を選ぶこと

を読んでいただければ、と思います。

img_64306f1c4b154f411e8b0a6bc345423c30037

これに加えて、1バーレル100ドル以上で高止まりしていた原油価格が60ドル台まで暴落しました。

これは主として、アメリカのシェールオイル、ガスが原因ですが、これまで原油価格を決定してきた資源国ロシア、OPEC諸国から、アメリカに価格決定が移ったことを意味します。

これは地政学的意味が極めて大きいので、場所を代えて書くことにします。

円安により、輸入品、特に原材料費が上昇していたのですが、原油価格の下落で、これもひと休みする期待も出てきました。

消費税の引き上げ延期により、日本の財政再建が遠のいたとされ、日本国債の格付けが引き下げられ、中国、韓国を下回ることになり、国際暴落の可能性が否定できなくなってきたことも見逃せません。

0742c77d

さて、量的金融緩和策についての復習から始めます。

経済の教科書では、市場に流通する通貨の量を調整するのが、政策金利(昔の公定歩合)であり、好景気の時にはインフレ防止で金利を上げ、逆に、不況時には、デフレ対策で、金利を下げる、というものでした。

ところが、政策金利がほぼセロに近いゼロ金利状態では、これが機能しないため、ゼロ金利の状態で、市場にさらに資金を供給するという政策がとられます。

これが量的金融緩和策です。

久しぶりの宿輪ゼミ「剥げ落ちたアベノミクスの期待/米国の量的緩和解除に注目」

にも


・金融の量的緩和とは?本来は金利の上げ下げで、市場に出回るお金の量をコントロールするのだが、金利がほぼゼロに近いため、量でコントロールせざるを得ない 

・アメリカの金融の量的緩和、余ったお金が株式市場に流れている。緩和が解除されると、金融が引き締まり、株価が下がる 


と書きました。

しかし、「紙幣」を大量に市場に供給するのであれば、「紙幣」の価値が急落するのでは、と考えるのが自然です。

金本位制の時代には、紙幣は金と交換されることで、その価値を担保していました。

紙幣が金と交換されない現在は、紙幣が大量に出回れば、ハイパーインフレで、文字通り、紙屑同然になってしまうリスクも、ないわけではありません。

16df7f06

なお、重要な経済指標として、アメリカの雇用統計が挙げられますが、

アメリカ「雇用統計」

アメリカ労働省が毎月第一金曜日に発表する雇用に関する統計で、アメリカ経済の状態を知る上で、極めて重要な指標です。

失業率、非農業就業者数を中心として、製造業就業者数、小売業就業者数、週労働時間、賃金インフレの状態を示す平均時給など10数項目が同時に発表されますが、特に重要なのは、失業率、非農業就業者数です。失業率は経済の状態の反映に少し遅れがありますが、、非農業就業者数は遅れがなく、すぐに反映され、よりタイムリーな指標と言えます。

さて、前置きが長くなりましたが、国際経済、国際金融について、検討する時は、このくらいの前提はしっかり整理してからでないと、表層だけなぞって、本質は理解できないことになってしまいます。

早速出たお話をまとめます。

・経済政策は、自分でやる、のではなく、自立、自律するのをサポートする。

・アメリカは景気回復で、失業率が5.8%と低く、雇用23万人増加予想(10万人だと停滞、20万人だと増加)。ただし、予想と実際のギャップでドル売り、ドル買い、が決まる。

・年末商戦(ブラックフライデー(感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日からクリスマス)一年で買い物が最も行われる。

・シェールオイル、ガス増産により、これまで原油価格を決定してきた資源国ロシア、OPEC諸国から、アメリカに価格決定が移った

・原油価格が1バーレル100ドル以上から60ドル台まで暴落したが、シェールオイルの損益分岐点は40ドル台、まだ余裕しろがある。

・アベノミクスによる財政政策15.5兆円、GDP500兆円の3%、景気上昇分は単に財政政策分が上積みされただけ。

・日本国債の格付けが引き下げられ、中国、韓国を下回ることになり、国際暴落(デフォルト)のリスクが否定できなくなってきたことも見逃せません。

・EUは、これまでインフレ抑制のため、金融の量的緩和を行ってこなかったが、国債買い入れの可能性、ドイツは抵抗

・中国、以前の10%の経済成長から、現在は7%台に低下。

・中国、不動産価格のバブルで金融引き締め、お金が借りにくい、闇金融が横行

・ロシア、原油、ガスなどの価格が下落し、通貨ルーブルも下落

・日本の追加緩和マネーがアジア新興国に流れ、アジアの通貨が上昇





2014年12月01日

即興演劇インプロ、「はみ出す」ことが目的ではなく、結果としてはみ出している




変化が急激な時代、人生は即興演劇(インプロ)の連続。ただし、インプロは準備なしで、その場で行ってできるものではなく、型をたくさん習得し、瞬間的に、その場に応じた型を使う練習を十分に積み、状況に対応するだけではなく、瞬時に、これから起こる状況を無意識に(意識することなく)予測することにより、可能になる。


cc8fab09




知覚・心・運動の対話「知覚はだませても、運動はだまされない?」


トッププレーヤーはサービスリターンの時、相手プレーヤーがサービスを打つ瞬間より、わずかに以前に反応を開始しているのです。

つまり、意識、知覚する以前に無意識的に運動が起きているのです。


と書きましたが、誤解を招く恐れがあるのでは、と考え、少し追記します。

これらは、結果としてできている、ということで、やろうとしてできること、とは違う、ということです。

例えば、アマチュアのテニスプレーヤー同士の試合で、相手プレーヤーがサービスを打つ瞬間より前に、意識的に反応したとしたら、リターンミスの山になります。

8aa14cb9




インプロをやりに行くのに、事前に、たくさん、セリフを仕入れて、使ってやろうと、臨むと

人生は即興の連続、台本のない人生を生きろ




人生は即興の連続。台本などない。即興とはその瞬間に想うことを表現すること。次のセリフは、なんて考えたらがっかりするだけ。思うように周りは動いてくれない。こんなはずじゃなかった、と思うのがオチ。この時、この瞬間を感じる。


と書いたとおり、うまくいかないのではないでしょうか?

これらは、「「はみ出す」ことが目的ではなく、結果としてはみ出している」に似ているのですが、

やろうとしてできること、ではなく、結果としてできていること、なのです。


1341398943_photo

キャリアトランジション勉強会:人生の分岐点に 八木沼 純子さん

で、「ジャンプをする前に何を考えていますか?」と以下がうと、「何も考えません。考えると飛べなくなります」という回答が返ってきました。

結果としてできることを、やろうとすると、うまくいかなくなります。

b0137183_154168

イノベーションを創出する思考とは?

効率化とイノベーションのトレードオフ




イノベーションは、意図的に、起こそうとして起きた、、よりも、結果として起きていた、ことが多いのではないでしょうか?


37ec2a26

コラボレーションできるネットワークとは?




ネットワークは創れない、出来上がるもの。知られる、貢献できるの偶然性


ArticleImage-005-ja_1


と書いたように、

・イノベーションが、意図的に起こせるものではなく、結果として起きていた

・ネットワークは創るものではなく、出来上がるもの

に似ています。

イノベーションを創出する思考とは?




イノベーションが起きるのを漫然と待つのではなく、

どういう時に、イノベーションは起こり、

どういう人がイノベーションを創出できるのか?

これまでの事例を集めていくと、共通点、背景にある理論が見出されるかもしれません。


と書いたように、どういう場合、時に、結果としてできているのか?共通点、背景にある理論を探してみます。



livedoor プロフィール
最新記事
Archives