2015年04月

2015年04月28日

東大、早稲田、慶応などの大学院で、経済、金融、企業戦略などを教えている宿輪純一先生の勉強会

宿輪ゼミ「国際経済・金融情勢」

に参加しました。

なお、先生は4月1日付で帝京大学教授に就任されたそうです。

IMG_20150422_183751746

さて、前回の参加は

アメリカは金利引き上げ先送り、日本は消費再増税、延期確定、中国主導のアジアインフラ投資銀行、で国際経済はどうなる?

で4月の上旬でした。

この時は、EUはギリシャによる経済危機、アメリカはNYダウ、ナスダック史上最高値更新で金融引き締めのため、金利引き上げの予想、中国主導のAIIB(アジアインフラ投資銀行)、

日本は15年10月に予定していた消費税率10%への引き上げを1年半延期し、17年4月とすることが確定。「景気条項」を削除し、景気情勢次第でさらに先送りできなくなる。

というところでしょうか。

img_2451b1bc57a2e72d0950b8bca211c572146452

この時は、日本は消費再増税、延期確定ということで、財政再建の遅れが懸念され、長期国債金利上昇のリスクについて書いたのですが、

日本国債、1段階格下げ「A」に フィッチ、12年以来

格付け「A」は、イスラエルやマルタと同じで、中国やチリより一つ下になる。

銀行の国債保有規制 バーゼル委、金利変動に備え

主要国からなるバーゼル銀行監督委員会は、国債の金利が突然上昇(価格は下落)して損失が出ても経営に影響が出ないようにする新規制。

銀行は前倒しで国債の売却などを検討するとみられ、金融市場や住宅販売などに影響が出る可能性がある

など、日本国債が大量に売られて、価格は暴落、金利は上昇、というシナリオが、ホラー・ストーリーではなく、少しずつ現実味を帯びている感があります。

AS20150415005188_comm451

AIIB(アジアインフラ投資銀行)中国主導

については、上記URLで、


これまでの国際金融秩序はアメリカを中心とするIMF(国際通貨基金)、世界銀行(World Bank)、アジア地域もアジア開発銀行(ADB)

当初はBrics銀行だったが、アジア地域の発展が著しく、資金が必要ということでAIIB(アジアインフラ投資銀行)に

東南アジア諸国だけでなく、ヨーロッパ、Brics諸国、中東諸国など47か国が参加表明

当初は対米の観点から中国、ロシアおよび中国との貿易額が大きいオーストラリアなどの参加と見られていたが、

・サウジアラビアなど比較的親米よりの中東諸国

・親米のイギリス、その後、ドイツ、フランス、イタリア

が参加加盟表明したことで、加盟見送りは日米などのみ

経済的に低迷している欧州は、発展が望まれるアジアへの投資を行いたい

ただし、中東諸国でイラン、イスラエルが参加検討、欧州でもギリシャ、スペイン、ポルトガルが参加検討など、中東、欧州の「火種」が飛び火する可能性も

まだまだ、不透明で予断を許さない段階


と書きましたが、TPP(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement 環太平洋戦略的経済連携協定)がアメリカ主導で、中国を排除しているのに、中国が対抗する形でしょうか?

アメリカに極めて近い立場のイギリスの参加がターニングポイントで、その後、ドイツ、フランス、イタリアなどヨーロッパ諸国が、雪崩を打って加盟することになりました。

ただ、中国主導の国際金融機関が、果たして、うまく機能するのか?中東、欧州の「火種」が飛び火することにならないか?など、不透明な部分が相当あります。

img_tpp03

4月末の安倍首相の訪米で、TPP(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement 環太平洋戦略的経済連携協定)は最終局面になるのでは、と考えられます。

高度食料生産業への農業イノベーション急速進化中




TPP(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement 環太平洋戦略的経済連携協定)で農産物の関税が交渉のテーマですが、

関税率の高い農作物

b95d317a

コンニャクイモ:1706%、えんどう豆:1085%、コメ:778%、落花生:593%、タピオカでんぷん:583%

小豆:403%、バター:360%、粗糖:328%、大麦:256%、小麦:252%、生糸:245%、いもでんぷん:234%、脱脂粉乳:218%

20%程度ならば理解できますが、「コメ:778%」とは、異常と言わねばなりません。

つまり、8倍の関税を掛けなければ、アジア諸国、アメリカとの国際競争の中で経営が成り立たないのです。

医食農イノベーション、グローバル・フード・チェーンへ


世界人口の増加を背景に、増え続ける食料需要。2009年に340兆円規模であった世界の食の市場規模は、2020年には倍増する見通しです。世界はこれらへの対応を迫られています。



「チェンジ」「変革」と「居場所と出番」のバランスは?




夕張は、かつて炭鉱の中心として栄えましたが、石炭から石油へのエネルギー転換、海外の安い石炭に太刀打ちできず、閉山していきました。

釜石は、かつては鉄鉱石の鉱山があり、隣接する製鉄所が、日本の製鉄の中心として栄えましたが、海外の露天掘りによる安い鉄鉱石に勝てずに、閉山しました。


食糧自給は大切ですが、鉄、エネルギーとて同様です。

8805757d

ただ、従事する人口の規模が違います。農業をまともに国際競争の場におけば、あっという間に衰退し、農業に従事する人々は失業してしまいます。

ただし、コメを原料とする、食品産業は高い国産米では、海外での競争力がないので、輸入米を原料としたいのですが、上記のような、けた外れの関税が、障碍となっています。


このような背景を踏まえた上で、出た話をまとめます。

ba3bc746

全般

日本が中国を抜いて、最大の米国債保持国に。中国はドル離れで分散投資を進めている。

TPP(環太平洋パートナーシップ)アメリカの仲良し国、中国を入れない、対中国軍事同盟、これでAIIBアジアインフラ投資銀行への巻き返しを図る

TPP交渉、アメリカの自動車、日本のコメ、それぞれ国内事情で譲れない

世界景気を見るにはNYダウ30が最重要、この30社は世界中と取引

輸出への影響、為替レート、輸出先の経済状況、の2つを見る。海外拠点から日本へ送金する必要が薄れている。


アメリカ

9月予想の利上げが、世界経済最大の注目事項、予想より前倒し、先送り、いずれも引き締め、緩和と同様の効果が株式市場へ

ff00b47c

日本

コメのミニマム・アクセス、最低輸入機会ともいわれ、高関税による事実上の輸入禁止を撤廃する事が目的で作られた。

TPPでは、飼料用だけでなく、市場用へも10万トン分は合意。

コメの関税750%、コンニャクイモ1000%は市場経済としては異常。

コメの消費量は減っている。減反でお金がもらえるのもおかしい。

日銀黒田総裁、就任から2年、就任時の約束、2年で2%のインフレターゲット、実際には1%、原油安の影響を引き合いに出している。

実質経済成長が伴わないインフレをターゲットとすること自体を問題視する声も多い。これでは国債を買い続けることになってしまう。

4/30に追加緩和を期待して、日経平均が2万円を回復

政府より、企業に賃上げ要請があるが、これは本来、企業の経営状況に委ねるべき

62bd40bb

ヨーロッパ

5/12がギリシャからIMFへの返済期限で、資金繰りが懸念される。ギリシャ債は3年ものが29%の金利で投資不適格、倒産リスク1/3

5/24ユーロ圏財務大臣会合

ドイツは9年もの債権までマイナス金利(金利は10年国債が基本)

IoT(Internet of Things)インダストリー4.0 第4次産業革命、機械同士がつながり、人間が不要に

インターネット、3Dプリンターではアメリカに勝てない、IoTで対抗

AIIB

中国

AIIBアジアインフラ投資銀行、国内の成長が頭打ちなので、東南アジアに目を向ける、台湾の加盟を拒否(台湾はAPEC以外では「国」として扱われていない)

計画的景気減速?8%から7%に落とすことにより、経済を引き締めている?

空売り規制緩和、先物の解禁、これまでは現金を持っていないと売れなかった

預金準備(銀行倒産準備のため、使えないお金)率を1%下げて18.5%に、実質的な金融緩和

預金準備率は新興国ほど厚く、日本は今ではゼロだが、以前は3%

iida

為替

ドル円:ドル引上げ方向で円安

ユーロ円:ギリシャ不安でユーロ安

新興国:ヨーロッパ不安でやや安

株式

米株:横ばい

日株:金融緩和継続、海外拠点好調で、やや上昇

債券

国債:金利低下

商品

金、原油:やや上昇




2015年04月27日

「ダンスのおける即興と型」@東大岡田研究室

という案内が来ました。

IMG_20150423_163857615

即興ダンスを演じるダンサーは何を考え、何を感じ、また観客との空気のインタラクションの中で、どう演じていくのか?

社会生活の多くは、大まかな計画はしつつも、想定外のことが起こり、即興で対応していきます。

ダンサーの経験、対応から学ぶことは多そうです。

即興演劇インプロ、「はみ出す」ことが目的ではなく、結果としてはみ出している




人生は即興の連続。台本などない。即興とはその瞬間に想うことを表現すること。次のセリフは、なんて考えたらがっかりするだけ。思うように周りは動いてくれない。こんなはずじゃなかった、と思うのがオチ。この時、この瞬間を感じる。

変化が急激な時代、人生は即興演劇(インプロ)の連続。ただし、インプロは準備なしで、その場で行ってできるものではなく、型をたくさん習得し、瞬間的に、その場に応じた型を使う練習を十分に積み、状況に対応するだけではなく、瞬時に、これから起こる状況を無意識に(意識することなく)予測することにより、可能になる。


051038ed

と書いていますが、今日伺いたいことは、

・「創作」して、用意しておくこと、と即興の関係

・表現する自分の身体、自分の身体なのに、自分が思うように動かない

・観客の反応、「受ける」と思っていたところと、実際に受けたところの差

・自分が表現したいこと、自分が表現していること、観客が期待していること、のギャップ

なんて感じです。

4aaff6a9

では、早速出たお話をまとめます。


自分の身体を使って表現できるものにチャレンジ、トークとダンスを即興

コンテンポラリー・ダンス、つかみどころがない、つかんだところから、ニュルッと逃げていく

人の数だけあり、型ができそうになると、そこから抜けていく、パフォーマンスの中で、常に型から抜けようとしている

即興の時、何からヒントを得て、どのように表現するか

自分だけが気持ちがよい「悦」状態にならないように、自分を別の位置から俯瞰する

自分の生理的状況、内側からの声、外の状況をつかむ

自分の身体を楽器として使って、リズムを生み出していく

観客の反応がいいと、調子に乗って、俯瞰できなくなってしまう

観客との一体感により、大きなエネルギーを得ることができる

いきなり、激しい動きでは観客がひいてしまう、「あれっ、ちょっと変、なんだろう?」から入る

スタートラインは観客に合わせて、観客と同じところから

a95bbf29

終わった時の拍手が観客が感じたすべてを物語る、薄っぺらな拍手と厚みのある拍手

状況を変えることによって、制約を加えて、創作を促す

アンテナに引っかかるものを「拾っていく」何度でも繰り返す

自分のパフォーマンスは見えないため、ビデオに撮って、観察する

力を抜くために、力を入れる

即興、大ホールでは観客と遠すぎる、「場の設定」が大切

足裏と床のコミュニケーション、靴、床の材質が大切


上に書いた質問は伺いましたが、「う〜ん、そうですね」と言って、明確な言語による回答と言うよりも、上のお話の中に吸収されていました。

自身で、明確に意識しているとことと、無意識で行っていることが、混在している状態、という感じでしょうか。

4e707788-s

東京大学公開講座「想像力ー想像から創造へ、混沌と構造化」に参加しました




・インスピレーション(触発):外界の刺激に触れることによって、表現のモティベーションが高まったり、新しいアイデアや作品が生まれる現象

・「他者の表現」との出会いからもたらされるインスピレーション(触発)は想像(イマジネーション)、創造(クリエーション)に大きな役割を果たす

・ダンス:周囲のダンサーの動きや音楽に触発されて、即興ダンスが生まれる 

・ストリートダンス:ダンサーは新しい踊りを発見する際に自らの失敗をうまく利用している

・ダンス競技:対戦相手を意識して、よりダイナミックな動きを試みた結果、動きの失敗が増え、その失敗が自身の動きのレパートリー外にある新しい動きを生み出すきっかけとして利用されている


も参考になると思います。

802bb20c

さて、即興と言いながらも、すべてが即興ではなく、観客の反応を見ながらも、ある程度、準備しているものを、使い分けているのでは、と思います。もちろん、完全は即興もあるかと思いますが。

生体情報センシングによる健康管理、予防医療の展望


予測できると経験値の中に入るので対応が楽


交渉上手になる基本テクニック

交渉の成否は交渉前に決まっている。合意できなかったときの最善策(BATNA)と交渉を撤退する基準(RV)を決めておけば、自信を持って交渉に挑めます。


つまり、全く予測がつかない状態ではなく、ある程度、予測がつくと、自分の経験値の中で対応できるものが出てくるので、対応が楽になります。

o0640064012158989649

さて、川上未映子「ヘブン」という小説に次のような一節があります。


権利があるから、人は何かするわけではない。したいからする。

たまたま、というのは、世の中の仕組み

後から理由をみつけること、説明することはできる。でも、事の始まりは「たまたま」でしかない


kitjobweb-20141218-21-638

計画された偶然




スタンフォード大学 クルンボルツ教授によると、「キャリアの80%は予期しない偶然の出来事によって形成される」ということです。

人生に起こる様々な出来事「偶然」は、本人の意識では、あくまでも「偶然」。だが、その「偶然」が起こるための仕組みを本人が気付かずに行なっていて、「必然」的に起きている。


計画、予測と想定外の事項に対する対応、偶然と必然、この微妙で奇妙な関係は一筋縄ではいきそうもありません。



2015年04月24日

東大ワールドカフェ「超小型衛星が拓く未来」に参加しました

IMG_20150417_081703641




超小型人工衛星「ほどよし」は、ヘリコプター1機分の低コストで保有することが可能であることが、2014年10月に東大で開催された科学技術交流フォーラムで紹介されました。

これまで数百億円かかる高性能人工衛星を、目的に合った機能にシンプル化することで50分の1程度のコストと高い信頼性を確保することができたのです。

更に、これらの超小型衛星をネットワーク化することで高次の機能も発揮できるのが特徴です。

IMG_20150418_16101198

これは、メインフレーム・コンピューターから、低コストのパーソナル・コンピューターに変換し、ネットワーク化していくのと同様です。

このように一つの衛星をシンプル化して「ほどほどがよい」機能にしながら、多様な組み合わせも可能になってきたことで、柔軟な活用が可能となります。

携帯データと衛星観測による地理情報や気象情報、衛星通信と地上波通信を組み合わせるなど、その利活用のアイディア次第で、防災やスマートシティの実現に必要な様々な価値を創造して行ける可能性を秘めています。


と書きました。

39106167-s

超小型人工衛星であっても、すべてを最高品質の部品で創り上げようとすると、コストは高いものになってしまいます。

それゆえ、「ほどよし」が目指そうとする、ハードルを下げることによる、多くの参入による、多様な組み合わせ、は期待できなくなってしまいます。

index1

追求したいポイントについては、最高品質を担保しつつ、周辺部分は、通常の品質確保により、低コストを実現します。

誤解がないように言っておきますが、決して「安かろう、悪かろう」ではありません。

必要な品質は確保しつつ、最高品質は追求したいポイントだけに絞ることによる、低コストの実現です。

52c13402

文章は言語を使って表現するアートである




「細部を愛撫せよ」素晴らしいことを言っていても、細部で破綻していることも多い。


と書いたように、アート、文学などでは「細部」まで、こだわることが大切だったりします。

0ff880f5

でも、

技術、製品から音楽、アート、料理など文化のグローバル化へ


アメリカでアジア系の料理は人気が高く、日本料理の評価も高い。ただ、日本人が経営する店ではない。「純日本風の味付け」や「日本から空輸した高級食材」など細部にこだわり過ぎる伝統的な日本料理はうまくいかない。


images3

創造とイノベーション、料理の力で世界を変える


完璧を求めても難しい。できることに集中し、改善を続ける。


ffbe57b0-s

夢ビジョン2020オープンセッション「工芸、文化、産業、テクノロジー そしてこれからのものづくりとは」


日本の伝統工芸は「あらゆるところにこだわり」ではなく「こだわるもの」「こだわりを捨てるもの」を取り入れていくと、世界に進展していく可能性。


images2

と書いたように、実用に供するもの、広く普及させたいもの、については、細部にこだわり、完璧を目指すよりも、「こだわるもの」「こだわりを捨てるもの」を取り入れていくことが大切です。

すべてにおいては完璧を目指さない「ほどよし」

いろいろな分野で参考になりそうです。



2015年04月21日

東大ワールドカフェ「超小型衛星が拓く未来」に参加しました

IMG_20150417_081703641




これまで数百億円かかる高性能人工衛星を、目的に合った機能にシンプル化することで50分の1程度のコストと高い信頼性を確保することができたのです。

これは、メインフレーム・コンピューターから、低コストのパーソナル・コンピューターに変換し、ネットワーク化していくのと同様です。

現時点での衛星利用は既に利用されている気象、通信、上空からの撮影、などが主体ですが、

普及が進めば、現時点では予想もできない利用法が開発され、スマートフォーンなどと結びついて、

個人が衛星を利用する時代がもうそこまで来ているかもしれない


と書きました。

IMG_20150418_150418709

「現時点では予想もできない利用法を開発」するのは、航空宇宙の専門家、あるいが工学関係者、よりも、専門外だけれども、関心がある人たちだったりします。

イノベーションを起こすには多様な分野の人々の存在が欠かせない、と言いますが、多様な分野の人々が集まったからといって、必ずしもイノベーションが起こる訳ではありません。

イノベーションを創出する思考とは?

効率化とイノベーションのトレードオフ




イノベーションは、意図的に、起こそうとして起きた、、よりも、結果として起きていた、ことが多いのではないでしょうか?


37ec2a26

多様な分野の人々のネットワークについても、

よくできる人は、よくつながっている人である

コラボレーションできるネットワークとは?




「コラボレーションできるネットワーク」とは、交流会の名刺交換で、できるものではありません。

・ネットワークは創れない、出来上がるもの。知られる、貢献できるの偶然性

・ネットワーク、つながっている人が自分を規定する。「コミュニティーの橋」「ハブ」に価値がある

つまり、ネットワークとは「意図的につくる」よりも「結果として出来上がっている」もの、のようです。


と書きました。

31368728

イノベーションを創出する思考とは?




イノベーションが起きるのを漫然と待つのではなく、

どういう時に、イノベーションは起こり、

どういう人がイノベーションを創出できるのか?

これまでの事例を集めていくと、共通点、背景にある理論が見出されるかもしれません。


と書いたように、どういう場合、時に、結果としてできているのか?

b8253509

コミュニティーづくりは、まず関係性を構築する




初対面の子供が集まる場では、まずは、じゃんけん、よく知っている歌を歌う、など、緊張感があっても、できるコミュニケーションが少ないことをして、緊張がほぐれてから、積極的な他者への関与が必要なものへ移行する。

パーティーなどでも、このパターンに沿って、まずは、グループに分かれてクイズ、ゲームなど、緊張感があっても、できるコミュニケーションが少ないことをして、緊張がほぐれてから、自主的かつ積極的な他者への関与が必要な、フリートークへと移行する

つまり、コミュニケーションをとるには、まず関係性を構築することが大切です。


9136407f-s

偶発的な出来事、自走的な流れ、を起こすには計画的・人為的な「場」が不可欠




シリコンバレーのエコシステムが自然発生的なのに対し、オースティンは当初は計画的、人為的で、ある段階からは偶発的、有機的、自走的発展したのが特徴的です。


と書きました。

f9d5eb3b

つまり、多様な人々を集めたとしても、自然発生的なネットワーキング、それによるイノベーションが起きるのを期待しても、起きるかどうか、わかりません。

それよりも、とにかく、最初はグループに分かれてクイズ、ゲームなど、緊張感があっても、できるコミュニケーションが少ないことをして、緊張をほぐして、まず関係性を構築するのがよさそうです。

とにかく、なんらかの関係性が構築されると、その中から、自然発生的なネットワークができるかもしれません。

dfb9e31d-s

なんの関係性もない状態では、自然発生的なネットワーキングは、そもそも起きません。

とにかく、まずは機会が起きる「場」をつくることが大切です。

すると、多様なネットワーキング、それによるイノベーションが起きる、ことがあるかもしれません。




2015年04月19日

「早稲田文学」季刊化記念講演会

という案内が来ました。

IMG_20150417_201041693

古くから新進気鋭の文学者、作家を生み出してきた早稲田文学が不定期から季刊になる、ということで記念講演会がありました。

早稲田文学の表紙を撮影しているのが、写真家篠山紀信氏ということで基調講演がありました。

まとめると、


写真は直感、ひらめき。光の照射、撮影する方向などは当然検討するが、結局は一瞬のひらめき、直感、臨機応変

被写体がどう撮ってほしいか?感じ取る

最初に撮った1枚を、何枚撮っても超えられないことがよくある

一芸に秀でた人は、それだけではないところを見せたがる

写真家と被写体の間の壮絶なコミュニケーションがある、しかし、それを表現するのは難しい。そういう時は演出する

風が吹き抜けていく感じで、自分の存在が感じられない、写真を撮りたい


IMG_20150417_184528495

「写真は直感、ひらめき。光の照射、撮影する方向などは当然検討するが、結局は一瞬のひらめき、直感、臨機応変」

とありますが、これって、異分野の技術の融合によるイノベーションに似ています。

精緻な理論、研究術開発に基づく技術が組み合わさると、全く新しい展開を見せることがある。

これがイノベーションですが、これが起きるのは、結局のところ、一瞬のひらめき、直感、臨機応変だったりします。

文学、言語による表現の可能性、無限性




文章とは言語という媒体を使って、自分が表現したいことを表現するアート、ということができます。

文章を書く場合、絵画、写真のように、風景、人物、モノ、事象を、言語という媒体を使って、表現する場合があります。

この場合、風景、人物、モノ、事象を忠実に観察し、その結果を言語を使って表現することになります。

これはサイエンスの観察、観測に似ています。

写真の場合、同じ被写体であっても、写真家によって、全く異なる印象を受けるように、同じ風景、人物、モノ、事象の記述であっても、

筆者により、全く異なる記述になる場合が少なくありません。

風景、人物、モノ、事象を記述するだけでなく、自分の考え、アイデアも言語という媒体を使って表現します。

上記のように、無から有を生む、というものよりも、既に自分が抱いている、持っているコアをベースに、

いくつかのものを組み合わせて、新しいアイデアにする。これは工学に似ています。

あるいは、既にあるものを改良する。これは農学に似ています。

文章は言語が主体ですが、言語だけでなく、写真、イラスト、動画、音楽なども使うことができます。

文章には、読者がいて、読者に理解してもらうことが前提の文章(広告、企画書、ポスターなど)、

自分のために記録する文章(ノート、日記など)があります。


5e57803f

文系と理系、目的論とメカニズム、融合ではなく、両方必要?


物理学は「なぜ?why」よりも「どうなっているのか?how」目的よりもメカニズムを追求

文科系は目的を追求し、理科系は目的よりもメカニズムを追求する。ここで、文科系と理科系が乖離する

法学部、経済学部は人間の活動を対象とし、「あるべき姿」と現実を見極め、法律、政策、経済対策を立案し、実行していきます。

一方、工学部、理学部では、自然現象、あるいは、それらを模した実験を観察します。

そして、その観察から導き出されるファクト、メカニズムを得ようとします。

理学では、自然の真理を探究することが主目的ですが、工学では、その導き出されたファクト、メカニズム、を活用して、よりよい社会つくりをしていくことになります。


つまり、法学部、経済学部も工学部(あるいは農学部、薬学部、医学部も)も、「よりよい社会」を作っていくため、ということに変わりありません。

ただ、プロセスとして、初めから目的ありき、で、人間の活動を対象とする文系と、

まずは、自然現象を観察し、ニュートラルにファクト、メカニズムを導き出す理系

というプロセスの違いでしょうか。


f0bd1ada

サイエンスとは自分と自然とのインタラクション、文学、アートとは自分と自分の考え、思い、アートの対象とのインタラクション、

と言えるでしょうか。

インタラクションとは双方向に影響し合うものですが、自然は大きくて、ほぼ不変と考えられます。

それゆえ、自然に働きかける、よりも、自然の真理を解き明かすプロセスになります。

一方、法律、経済、工学、農学、薬学、医学は社会、文学、アートは自分の考え、アートの対象とのインタラクションです。

ここでは、自分と自分の考え、思い、とのインタラクションについて考えてみます。

「写真家と被写体の間の壮絶なインタラクションがある、しかし、それを表現するのは難しい。そういう時は演出する」

文学は自分と自分の考え、写真、絵画などは自分と被写体など、アートの対象とのインタラクションです。

それに加えて、文学、アートの受け手とのコミュニケーションがあります。

写真の場合、自然体を撮影するのがよいのか、と思いますが、それでは受け手に伝わらないことがあるそうです。

それゆえ、受け手に伝わるように、被写体に自然体ではなく、演出してもらう、そうです。

e4b9a020

アートとしてのセクシャリティーあるいはエロス




「男性の読者と私の間の、疑似セックスくらいのイメージでグラビアをやっています。“この顔はあの時のこんな瞬間かな”なんてふうに妄想してほしいんです。

こちらが本能的に撮られなかったら、インパクトのある写真は上がってきません。恋愛やセックスの時の切ない気持ちや欲望などを思い出して撮られています。

アダルトビデオ、セクシーグラビアを見るのは、「疑似セックス」です。

その女優、モデルを対象に、想像上のセックスをしています。

セックスをする時の興奮、その後の脱力感、ちょっとした倦怠感をもたらすことができてこそ、最高のアーティストかもしれません。


と書きました。

篠山さんによると、セクシーグラビアの撮影は、自分とその女優、モデルとの「疑似セックス」だそうです。

ただ、それをそのまま表現するのではなく、読者が女優、モデルの「疑似セックス」を感じるように表現する、ことになります。

6c3199f9

文学、言語による表現の可能性、無限性

まっとうするものの言葉 Resilience 朝吹真理子さん




・小説を書く動機をよく聞かれるが、「書きたいテーマ、伝えたいことはない」からスタート。何かを伝えたくて小説を書くことはない。

・文学は文字により、読者に想像を引き起こす。絵画、写真、映像がない分、それぞれの読者に独自の強いイメージを描かせることがある

・小説を書くというよりは、モノを創っている。手段、媒体が文字。あなたに向けて手紙を書いている

・読者は小説を自由に読む立場、傲慢な存在で構わない。どんな名作であっても、自分にフィットしない日は3行で飽きることがある

・読者と全く違う場所、空間、時間にいる作者が書いたものが、読者に深い感銘、懐かしさを引き起こす、時空を超えた共鳴現象が起き得る不思議がある

・瞬間瞬間に移り変わる水面に映し出されるものが「真実」。ちょっと前とちょっと後で全く異なることがあるが、それぞれが真実。


と書きました。

自分と対象とのインタラクション、さらに、その受け手へのコミュニケーション、

と考えると、サイエンス、アート、文学、工学、いろいろなものがつながってきそうです。




2015年04月14日

東大高校生のための金曜日講座

が今学期も始まります。

IMG_20150410_08075441

東大の教養課程でも、選りすぐりの先生たちによる無料の講義で、この講座に出ておくと、高校の受験勉強から大学の教養課程への移行がスムーズになること、請け合いです。

新学期のせいか、会場は高校生、社会人で立ち見が出るほどです。

ただ、ちょっと残念なのが、参加している高校生の半数ほどが、授業から脱落している、ことです。

わざわざ、金曜日の夕刻に東大駒場キャンパスまで来る、やる気満々の高校生なのですが。

一方、年長の大学院生、社会人は目を輝かせて、熱心にメモを取り、聞き入っています。

いつも学期当初は高校生の参加が多いのですが、次第に少なくなり、一方、大学院生、社会人は出席率よく参加します。

47f03ae6

教養教育については、

知をひらく、知をつなぐ。『知の技法』新たな普遍性をもとめて

理工系大学のリベラルアーツ、教養教育はどうする?

理工系大学こそ、リベラル・アーツが大切

に書いてきましたが、


リベラル・アーツは学んでいる時には、「実用的でない。役に立たない。それゆえ、学ぶこと自体が無駄」と感じる人も多いが、ある時を過ぎてから、アイデアの基盤となり、視野を広げ、俯瞰的な思考のベースとなる、大切なものであることに、振り返って気づくもの

会場の若い学部学生から、

「実用性を考えると、リベラルアーツ、教養って役に立つのですか?無駄じゃないですか?小説を読んだり、クラッシック音楽を聴くのって娯楽じゃないですか?」

という質問がありました。

この質問に対して、パネリストがどう答えるのか?楽しみだったのですが、残念ながら、あまり明快なものではありませんでした。

f5effe0c-s

この質問は、リベラルアーツ、教養がテーマである場合、かなりの頻度で出る質問です。

「TAK」さんの回答としては、

リベラルアーツ、教養って、若い、学んでいる時は「役に立たない」と思われることが多いが、ある時を過ぎてから、アイデアの基盤となり、視野を広げ、俯瞰的な思考のベースとなる、大切なものであることに、振り返って気づくものかもしれない。

というものです。

大切さを経験した人は、まだ経験していない人に対して、何とか伝えようとするのですが、残念ながら、うまく伝わらない。

そして、経験していない人が、ある時に「こういうことだったのか」と悔やむことになる。

東大も駒場の人文・社会科学の幅広い、豊富な人材、講義が非常に素晴らしいのですが、

駒場の時はその良さをわからずに講義をさぼってしまい、

大学院、あるいは社会に出てから、必要性、重要性に気づいて、聴講に来ることがよくあります。

img

「高度に専門化し、専門ごとに分化しがちな理工系だからこそ、リベラル・アーツが大切」

についてですが、もちろん、数学、物理などの理工系は大切です。これがあることが前提です。

これが確保された前提で、最先端の研究活動を行うには、アイデアの基盤となり、視野を広げ、俯瞰的な思考のベースとなる、リベラル・アーツが大切、ということです。


教養とは学生の時は、意味もわからずに、取りあえず学び、後から、振り返って学び直す宿命なのかもしれません。


この講座に先立って、小川桂一郎教養学部長から


大学の教員とは学問のクリエーター

学問の内容だけでなく、それに取り組んでいる先生、クリエーターの想い、姿勢、声、身振り、手ぶり、などから直接伝わるものをゲットする

学問から生まれてくる思想が、教養としての学問

人間として生きていく上で、学問は役に立つ

というお話がありました。

ArticleImage-005-ja_1

また、石井洋二郎前教養学部長の

深く迷い、高く跳べ

駒場の二年間で「教養課程」は終了し、その後は「専門課程」でもっぱら特定分野の勉強をするのだと思っている人がいたら、まずはその先入観を捨ててください。

「教養」と「専門」の関係は前後関係ではなく、ましてや上下関係でもなく、車の両輪のように連動した同時並行的・相補的な関係です。

というお話も興味深いので併せて紹介します。




2015年04月12日

知をひらく、知をつなぐ。『知の技法』新たな普遍性をもとめて

どうする?大学と社会の連携

に大学のミッションは教育、研究、そして生まれた「知」を社会に還元すること、

と書いたのですが、その潮流に大きな変化が起こりつつあるようです。

47f03ae6

東大i.schoolの堀井先生のブログ

大学のパラダイムシフトの兆し:Harvard Innovation lab


大学の一回目のパラダイムシフトは1800年頃ベルリン大学で起こりました。

フンボルト・モデルと呼ばれるものですが、教育に研究を結びつけたところ、学生が目を輝かせて勉強するようになったというのがその本質です。

アメリカからの留学生がアメリカに帰り、世界初の研究大学院大学ジョン・ホプキンス大学を創り、現在の大学のパラダイムが出来上がりました。

Hi

現在、大学にはパラダイムシフトが起こりつつある、というのが私の認識です。

200年に1度程度の大きなパラダイムシフトです。

研究のための研究に魅力を感じない学生が増えていると感じています。

そのような学生は、社会の課題を解決するとか、自分の価値感に合った製品を生み出すなど、価値を創造することに魅力を感じているのではないでしょうか。


教育、研究に価値創造を組み合わせるのが新しい大学のパラダイムではないかと思います。

価値創造のために目を輝かせて勉強する学生の存在が、第二のパラダイムシフトの原動力です。

人材要素の3要素、スキルセット、マインドセット、モチベーションのなかで、マインドセット、モチベーションを育成するのが、価値創造活動の特徴です。

Harvard Innovation lab もi.schoolも、そうした大学のパラダイムシフトの兆しではないでしょうか。


従来、研究とは、ある分野について、深く掘り下げていくことにより、最先端の発見、開発を行う、「縦の活動」であり、

この研究成果をどう活用するか、は、社会に委ねる、というものであったのが、

異なる分野をつなげる、あるいは社会を巻き込む、「横の活動」により、価値を創造する、ことがミッションになりつつあります。

331b30d0

さらに

不安定な「知」を楽しむ

に面白い記述を見つけました。


全てを読んで読み切って、それに合わせて行動することが知的なことだというのは知の一部分しか見ていなくて、向こう側に闇のようなカオス、暗闇があってそれと対峙しているという感覚。

それに対して自分の内的社会をどういうふうに動かせばいいかと考えるのが知的作業。

知というのは不安定に流されてただよっている。

仮説を作って、仮説検証的にそれを詰めていくことが科学なのだと教えるのだけれど、それって一番科学の中で面白くない部分。

もっと面白いものがあって、もっと面白い発見があって、そのことに心を動かしていくというほうがはるかに科学の魅力。


3931049c

研究についても、

拡張現実と予感のセンシング、インターネットからセンサーネットの時代へ




仮説を構築し、検証する枠組みが成り立たなくなっている。それよりも、大量高速で、試しにやってみて、うまくいったポイントを数値的に記録しておき、まず成立させた上で、なぜ成立するのか?論理的に考察していく方が手っ取り早い。


と書いたように、これまでの仮説を構築して、それを検証するスタイルから、

試しにやってみて、面白いものを発見するスタイルも出て来そうです。




2015年04月08日

アメリカの大学では、卒業式で卒業生を送る言葉を政界、ビジネス界の著名人がスピーチすることが多く、

スティーブ・ジョブスのスタンフォード大学卒業式でのスピーチ

アップル副社長ハイディ・ロイゼン「人生は、本当に本当にきまぐれ」

グーグル共同創業者ラリー・ペイジ「夢が非現実的であるほど、ライバルは減る」

のように紹介してきました。

a289e633

最近は日本の大学での総長、学長、学部長の先生方のスピーチも素晴らしいものが多く、

新しい生活が始まる新入生、新社会人へのエール

では、

東大石井洋二郎教養学部長の入学式式辞、学位記伝達式での式辞を紹介しましたが、

今年の京都大学山極壽一総長の式辞も素晴らしいので、抜粋して掲載します。

平成27年度学部入学式 式辞

2014030700021_1

4月は開こうとしている蕾によって、過去のさまざまな記憶に潜む可能性の喪失を意味する時期かもしれません。

大学という学びの国に入るということは、皆さんが自分に合った道を選び、自分の能力をその道に沿って鍛えていくということに他ならないからです。

大学は、これまで皆さんが経験してきたような、既存の知識を蓄積し、正しい答えを見つける時間を競う場所ではありません。

世界はまだ答えのない課題、複数の答えがある課題に満ちています。

しかも、めまぐるしく動きを変える現代の社会では、過去に出された解決策が通用しなくなり、それを現代の条件や要請に合わせて再検討して、新しい答えを出さねばならないことも多くなっています。

皆さんがこれから歩む道は、過去に人々が歩んできた道とは異なっているかもしれません。

しかし、新しい道を切り開くためには、先人たちの歩みをたどり、それを教訓として現在の課題を克服する創造力が必要です。

1959475_787607074592005_3049151482419554635_n

たしかに、私の目から見ても昨今の学生は自己を提示して、相手に理解できるように話題を展開し、目的に沿って交渉をまとめる力が弱いように感じられます。

これから国際的な交渉の場で力を発揮するには、日本はもちろんのこと、諸外国の自然や文化、歴史に通じ、相手に応じて自在に話題を展開できる広い教養を身につけておかねばなりません。

理系の学問を修めて技術畑に就職しても、国際的な交渉のなかで多様な文系の知識が必要になるし、文系の職に理系の知識が必要な場合も多々あります。

世界や日本の歴史にも通じ、有識者たりうる質の高い知識を持っていなければ、国際的な舞台でリーダーシップを発揮できません。

832e0518-s

すべての学生が同じ目標に向かって能力を高めてもイノベーションには結び付きません。

違う能力が出会い、そこで切磋琢磨する場所が与えられることによって、新しい考えが生み出されていくのです。

現代の学生は内にこもりがちで、IT機器を常時持ち歩き、狭い範囲の仲間と常につながりあう傾向にあると言われています。

そのため、自己決定ができない、ひとりよがりの判断でよしとする風潮が広がりつつあります。

正しく、賢い選択をするためには、情報を正しく読み、自分ばかりでなく他者の知識や経験を総動員して自己決定する意思を強く持つことが必要です。

大学キャンパス以外にもこうした対話と実践の場を多く設け、タフで賢い学生を育てようと考えています。




2015年04月06日

今週は各大学で入学式が行われています。

新入生の皆さん、おめでとうございます。

67367a08

さて、毎年書いているのですが、スタートダッシュって、結構大切です。

4月は連休前までに、クラス・オリエンテーションと仲間づくり、学習科目の履修届、サークルの入部、など、やることが目白押しです。

どれも大切なのですが、「サークル活動」が、大学時代の友人づくり、に大切な役割を果たすので、これについて書きます。

6c1ebb3a

新入生の皆さん サークル新歓イベントに乗り遅れないように!

に書いたのですが、

大学時代は、テニス、旅行、英会話、なんでもいいのですが、好きなサークルに入ることを勧めます。

大学を卒業してからも、よく会う友達と言えば、同じ学科、同じ研究室と並んで同じサークルの友達が挙げられます。

「TAK」さんは工学部出身ですが、サークルはどの学部でもOK、だったため、今でも法学部、経済学部、医学部など、卒業後違う道に進んだ友達に会う機会に恵まれ、とても有意義です。

このような機会は大学時代の特権です。是非、気に入ったサークルに入りましょう。

da6aee8e

サークルの雰囲気、活動が、自分に合っているか?は実は入ってみないとわからないかもしれません。

新入生の皆さんは、入りたい候補のサークルをいくつか絞って、足しげく通って、実際にサークルに在籍している人たちと、お話されるとよいのでは?と思います。

ところで、新入生歓迎合宿、コンパなどが行われる4月下旬〜5月の連休までに入るサークルを決めるのでは?と思います。

5月の連休を過ぎると、どのサークルも新歓イベントは一段落、となります。

それゆえ、この時期を逃すと、入るタイミングを逸してしまう感じになってしまいます。

新入生の皆さん、タイミングを逸することなく、自分にあった楽しいサークルを是非見つけてください!

とにかく、スタートダッシュに乗り遅れないように。タイミングを逸すると、ちょっとリカバーが大変です




2015年04月03日

アメリカ大使館主催:アジア太平洋地域における日米パートナーシップの強化

という案内が来ました。

IMG_20150325_100935463

日米パートナーシップは極めて重要なものですが、ペリーの黒船による浦賀来航以降、太平洋戦争をせざるを得なくなったり、

戦後は日米同盟が日本外交の基軸となる、など、多くの変遷を経ています。まずは、簡単に復習します。

クリミア戦争から考えるウクライナ情勢


1853年にペリーが浦賀に来航し、日米和親条約、1858年に日米修好通商条約を締結したアメリカですが、1861〜65年には国内で南北戦争があり、日本の対応どころではなくなりました。


終戦の日を迎えて グローバル社会とパートナーシップ


1894年から1945年の太平洋戦争終戦までの、わずか50年に日本は日清戦争、日露戦争、第1、2次世界大戦という大きな戦争を経験しています

これは日本だけの問題ではなく、世界中が一触即発の状態であり、その状態を嫌ったアメリカ大統領ウィルソンの提案で、第1次大戦後、国際連盟が提唱されるものの、アメリカの議会で承認を得ることができず、アメリカが不参加、という状況でした

このような状況下では、1国では自国の安全保障は難しく、他国とのパートナーシップは鍵となります

faf52b5b

日清戦争により、「眠れる獅子」と恐れられていた清王朝が弱体化し、アジアにおいてはロシアが新しい脅威となりました

ロシアの南下を恐れるのは日本だけでなく、インドなど東南アジアに植民地を持つイギリスも同様でした

日清戦争後の遼東半島をめぐる、ドイツ、フランス、ロシアのいわゆる三国干渉も、ロシアに対する不信感を増大させました

この時の、日本の選択肢として、南下を伺うロシア自体とパートナーシップを結ぶ「日露協商」と、同じくロシアを警戒するイギリスとの「日英同盟」の2つがあり、日本は後者を選択しました

「日英同盟」は、ロシア・バルチック艦隊が極東に向かう際に、イギリス巡洋艦隊が追尾し、途中寄港地での中立国の燃料、食料の中立違反諜報など、日露戦争における日本の勝利に大きく貢献しましたが、日露戦争における日本の勝利の結果、日英同盟の意味自体も薄れました

ただ、イギリスにとっても、ロシア太平洋艦隊消滅後、アジア地区を日本艦隊が受け持つことにより、自国艦隊をアジアから欧州に回すことにより、海軍経費を削減する、日本にとってもヨーロッパ列強との同盟ということで、第1次大戦まで継続されました

第1次大戦では、日本は駆逐艦を地中海戦線まで派遣するなど、貢献し、また、ドイツ植民地だった南洋諸島を得たり、中国山東省の権益を得る、その結果、日本は国際連盟の常任理事国となる、など、世界の一等国となり、フィリピンに植民地を持つアメリカと利害が対立するようになり、アメリカは日英同盟を妨害するようになります。

e7e64740

アメリカの思惑通りに1921年にアメリカ、イギリス、フランス、日本による「四カ国条約」が締結され、この条約の締結により日英同盟は「発展的解消」され、日本は国際的に孤立し、12年後の1933年には国際連盟を脱退し、後の日米対立、日英対立と太平洋戦争への布石となっていきます

イギリスの歴史家イアン・ニッシュは「同盟がひとつの状態にとどまっていることはありえない」と言います


外交と世論、タイミングと順番、相互主義なんと複雑!


外交とは可能性の芸術である。状況が激しくうねる中で、一瞬のチャンスを捉えて可能性を追求する

3ef80030

昭和初期の日本は軍部主導で、日米開戦のまっしぐらのような印象がありますが、実は日米開戦前夜まで、日米双方で開戦回避の努力もされていました

第1次世界大戦では、セルビア人学生によるオーストリア皇太子暗殺事件が引き金となり、複雑な各国の同盟関係により、ヨーロッパ各国は戦争回避へと懸命の努力をしたのにもかかわらず、ヨーロッパを戦場をする大きな戦争になってしまいました

その教訓は十分に承知しながらも、必ずしも望まない当事者同士が戦争せざるを得ない状況に追い込まれる。これは今も当てはまる教訓です


コラボレーション:あなたが変えると、あなたも変わる?


複数の人間が集まると、自然に行われてしまうのが「序列つけ」であったり、会議でも、対話でも、打合せでも、話し合いの場で、人々が一番気にするのが、

「自分の考えを他の人々に説得し、話し合いの結果として、自分の主張が通ったか?」

だったりします。

これは「意地と面子」の文化です


f8eeefc1

上記のように、日米開戦前夜まで、日米双方で開戦回避の努力もされていました。

日米両国の国力の圧倒的な差を知っていたのは、ほかならぬ陸海軍、特に海軍であったでしょう。

ところが、当事国同士がいくら戦争を回避しようとしていても、戦争してもらいたい国もあります。

ヨーロッパでドイツ・ナチスはパリを占領し、ロンドンにミサイル攻撃を加えていました。

日本軍がイギリス、フランスの植民地がある東南アジアに進駐しましたが、両国に援軍を派遣する余力はなく、アメリカの参戦を望んでいました。

また、日中戦争で手を焼いていた中国もアメリカの参戦を望んでいました。

事実上のアメリカからの最後通牒となった「ハルノート」は、日本が、特に陸軍の「意地と面子」が到底、受け入れられない内容で、日米開戦となってしまいました。

ほんのつまらないことから、「意地と面子」の問題になり、抜き差しならない事態に発展し、とんでもない結果を招く、のは、社会のいたるところで見ますが、国際関係では避けてほしいものです。


「外交とは可能性の芸術である。状況が激しくうねる中で、一瞬のチャンスを捉えて可能性を追求する」という言葉で締めくくります


これらの前提を踏まえつつ、講演で出た話をまとめます。

IMG_20150325_150335416

アメリカ外交、人口増加、経済成長および安全保障の観点からアジア重視

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)、安倍首相の訪米で進展を期待

安倍首相の訪米、ワシントンだけでなく、連邦議会(日本首相で初めて)、ボストン(ハーバード、MIT)、サンフランシスコ(スタンフォード、シリコンバレー)、ロサンゼルス(以前カリフォルニアに留学)など、政府機関なだけでなく、産学を巻き込んだもの

戦後70年談話、中韓だけでなく米も注目

日本の経済状況は上向きだが、構造改革は不十分

日本、政権、首脳が短期間に代わり過ぎ、もう少し長期、安定した政権が必要

日中韓は、歴史認識の改善が求められる

米国内の留学生、かつては日本がNo.1だったが、中韓印ベトナムに抜かれている。他国の留学生は増えているが、日本の留学生は減っている

日米、建前ではなく、本音に踏み込んで話す必要

英語が世界共通語、日本はTOEFL最下位国、特に「話す」が弱い。通訳なしで、会議、交渉を行うのは先進国だけでなく、新興国でも当然

変化の激しい時代に、前例主義、安定主義では対応できない

日米は太平洋をはさんで戦うことになったが、戦後は協調関係を築き、世界、特にアジア諸国の経済発展に大きく貢献した

戦前の振り返りは最小限に。歴史家ではない、政治家が専門外のエリアに踏み込んだ発言をするのはマイナス、歴史の解釈はしばしば変わる

日米のIT、バイオ分野の協力、民間、大学主導でやりやすい

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)、将来的には中韓印も参加する可能性、以前はWTO(世界貿易機関)にすら、参加していなかった。グローバル社会では国際的枠組みへの参加が不可欠

英語教育、英語で聞き、話す環境に置かれるように教育システムを改革すべきでは?英語が話せない先生に教わるのでは、英語が話せるようにならないのは当然

リーダーシップの意味、高いポジションからの指示、から、コーディネーター型へ

3e5c2ffe

日米パートナーシップ、という二国間の関係でありながらも、他のアジア諸国、あるいはEUなどヨーロッパ諸国の動向も深く受けます

上記のように、日米両国は戦後は協調関係を築いてきましたが、真珠湾の奇襲攻撃、広島、長崎への原爆投下、

東京大空襲など、非戦闘地域への爆撃、など、戦争時点までさかのぼると難しい話がたくさんあります。

非戦闘地域への爆撃に関しては、日本も、偏西風を利用した風船爆弾を上げており、仮に空母、戦闘機が十分にあったならば、ロスアンゼルス、サンフランシスコなど西海岸の街は空爆していたでしょう。

つまり、今後の協調関係を築いていくうえで、過去の難しい話を蒸し返すことは得策ではありません。

発散しがちなのですが、ポイントをまとめると、

・パートナーシップ構築には、周辺国との状況も重要

・今後の協調関係を築いていくうえで、過去の難しい話を蒸し返すことは得策ではない

・イギリスの歴史家イアン・ニッシュ「同盟がひとつの状態にとどまっていることはありえない」

・「外交とは可能性の芸術である。状況が激しくうねる中で、一瞬のチャンスを捉えて可能性を追求する」



livedoor プロフィール
最新記事
Archives