2015年06月

2015年06月30日

<EU>ギリシャ支援打ち切りへ 延長認めず(2015/6/28)

ギリシャ首相「返済できない」初めて明らかに(2015/6/29)

ギリシャ首相、IMF債務は返済不能=国民投票敗北なら退陣も(2015/6/29)

sp2015062812_50

欧州、怒りの連鎖〜銀行前に並ぶアテネの人々〜

のように、ギリシャの経済危機が切羽詰ってきました。

dly1506280009-f1

ただ、ギリシャの経済危機は、ずっと前から予期されていました。

少なくとも「TAK」さんは予期していました

2015/2/5
国際テロ危機が高まる中、EUはギリシャ危機でユーロ安、ロシアはウクライナ危機の再燃、中国の景気減速で、アメリカが独り勝ち、金利引き上げの予想で国際経済はどうなる?


ギリシャはEUが求める緊縮財政に耐えられない国民性

債券に対し、金利を経済成長率と連動、期限がない永久債(つまり返済しない)を要求


2015/2/19
国際テロ危機の中、ヨーロッパではギリシャの経済危機、ウクライナの軍事危機、中国は減速、さて、国際経済は?


ギリシャ、債券に対し、金利を経済成長率と連動(景気連動国債)、期限がない永久債(つまり返済しない)(ECB永久債)を要求、現政権は選挙公約の手前、強硬姿勢をせざるを得ない

ギリシャ国債は70%をECBが保有し、市場にあるのは30%程度なので、市場への影響は少ないが、心理的影響が大きい


20150629-00000006-asahi-000-1-view

2015/3/5
金融緩和時こそ、金融経済と実体経済の格差、が大切


EU経済の比率、ドイツ30、フランス20、ギリシャ3、この100分の3の扱いでもめている

ギリシャ

EUから4か月の猶予

ギリシャのEUとの約束、富裕層への徴税、脱税、密輸入を取り締まる→本来、当たり前のこと

ギリシャは納税率が低く、徴税も難しい。

ギリシャ政権は対EU強硬論で選挙に勝っており、簡単に妥協すると、国内で暴動の恐れ

ユーロ離脱は、EU離脱を意味し、関税が高くかかってしまうことから、あり得ない


2015/4/28
日本国債格付け引下げ、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)最終局面、中国主導のアジアインフラ投資銀行、で国際経済はどうなる?


5/12がギリシャからIMFへの返済期限で、資金繰りが懸念される。ギリシャ債は3年ものが29%の金利で投資不適格、倒産リスク1/3


2015/6/5
アメリカ金利引上予想でドル高円安、金融緩和終了により株価警戒感、日本は日経平均は史上最高、で国際経済はどうなる?


ギリシャの債務返済期限は6月末、経費を削減しないと難しい


のように、数か月前から、ギリシャの金融危機については、予期していました。

longChartEURUSD60m_R

少し前から、ギリシャ国民の間には、銀行からユーロを引き出す動きがありましたが、それが本格化したのは、6/27のユーロ圏財務相会合で、6/30に迎えるギリシャ向け金融支援の期限を延長せず、終了することで一致、してからです。

週明けより、ギリシャの銀行が休業し、預金引き出しはATMにより1日60ユーロとなってから、ギリシャ国民があわてだし、国際市場では、対ドル、対円でもユーロ安に大きく動きました。

ドル1

この動きは、

アメリカ金利引上予想でドル高円安、金融緩和終了により株価警戒感、日本は日経平均は史上最高、で国際経済はどうなる?


で、


この時から劇的に動いたのが、上記のように、織り込み済みのはずの、アメリカの金利引き上げ予想が、いよいよ現実味を帯びてきて、1ドル118、9円から、一気に125円までドル高円安が進んだ、ということでしょうか?

金融市場は、起こるはずのことが、起き出すと一気に進むのが、怖いけれど、面白いことです。


と書いたのに似ています。


織り込み済みのはずの、予期される事項が、いよいよ現実味を帯びてくると、金融市場は、起こるはずのことが、起き出すと一気に進む、

ことになります。

FH020023

国際テロ危機の中、ヨーロッパではギリシャの経済危機、ウクライナの軍事危機、中国は減速、さて、国際経済は?




2009年9月にギリシャに旅行し、アテネ、ミコノス島、サントリーニ島に行きました。

アテネの古代の遺跡、美しい島には、北米、中南米、アジア諸国など、文字通り世界中から観光客が来ていました。

特にヨーロッパ諸国からは、格安航空会社を利用して、多くの観光客が来ていました。

ただ、気になることがいくつか、ありました。

アテネからミコノス島、サントリーニ島からアテネなどの国内線飛行機は1時間程度の遅延は当たり前、何のアナウンスもない、利用客もそれが当然という感じ。

タクシーが少なく、しかも、知らない人との相乗り、になる。

ミコノス島、サントリーニ島は英語が通じて、ホテル、ショップの人々の対応がよかったが、アテネでは英語もあまり通ぜず、

ファーストフード店などでは、アジア人の対応をしようとせず、レジの途中でもいなくなってしまう、などの対応。

その半年後に、政治、経済の混乱から、アテネで大規模な手もが連日起きるようになりました。

本当にいいタイミングで行きました。


のように、ギリシャは、国際的な観光地で、相当の観光収入も見込めて、いろいろな国から観光客が来る、観光地では、国際対応がしっかりしているものの、国全体では、のんびりした、緊縮財政に耐えられない国民性のようです。

d0314_mainimg

欧州の金融危機は、これまでも何回かありましたが、

2012/8/9
宿輪ゼミ「国際経済金融情勢と今年後半のシネマ経済学」に参加しました


アイルランドは経済危機を乗り越えて、長期国債が発行可能に


のように自主再建努力により、切り抜けてきました。

上記のように、ギリシャの経済規模は小さいものの、EUの経済破綻がもたらす心理的影響の方が大きそうです。

また、ギリシャだけでなく、

mqdefault

2015/6/30
プエルトリコがデフォルト宣言…金融市場影響も

cn20141215_15

2015/6/30
内需株、吹き飛ぶ楽観論 中国株安、訪日客消費に影

のように、プエルトリコの経済破綻、中国経済の急激な減速、もあります。

上記のように、織り込み済みのはずの、予期される事項が、いよいよ現実味を帯びてくると、金融市場は、起こるはずのことが、起き出すと一気に進む、ので、手遅れになる前に、早めに対応したいところです。

first-diamond-20150629-74081-magazine

ギリシャのツィプラス首相は財政緊縮策への反対を訴えて総選挙で与党になりました。

それゆえ、国内世論対策としても、EUからの財政再建のための緊縮策へは強硬姿勢を貫かざるを得ず、それがギリシャを財政破たん寸前に持って行くことになってしまいました。

政治家は国家のために国民に厳しい政策をとると、選挙で負けてしまうジレンマがあるので難しいところです。

財政再建に成功したドイツも、現メルケル首相がもてはやされていますが、その多くは、実は厳粛な経済政策を取り、敗北した前シュレーダー首相による功績が大きかったりします。

他山の石としたいところです。




2015年06月26日

3×3Laboメンバーの集い

という案内が来ました。

IMG_20150624_184255824

「メンバー同士の交流の場」

とても魅力的な活動をされている方がたくさんいらっしゃいます。この機会に3×3Laboに一挙に集合し、たくさんのつながりを作っていただければいいなと思っております!

ビールやサンドウィッチを片手に、気軽にトークする場ですので、3×3Laboに興味のあるご友人もご一緒にぜひご参加ください。

ということです。

3

3×3LABO

会社でも自宅でもない第3の場所「サードプレイス」として業界業種の垣根を越えた交流・活動拠点として機能する場所を意味しています。

ということ、ここで行われた、業種、分野を超えた交流イベントについては、

ソーシャルメディア全盛の時代だからこそ、リアルで会う場の大切さ

TIPS・3×3Labo忘年会&交流会に行ってきました

に書いてあります。

3rdplace

家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」とは?


企業で働く大人たちは、

「働くことの意味」を自ら問い直すことや、いままでにない新しい価値を創り出すことが求められています。

家庭でもない、職場(企業・学校)でもない、「第3の場」

家庭や職場から離れ、多様な他者とゆるやかにつながり、対話・交流する中で、改めて自分の仕事の意味を問い直したり、新しいアイデアや気づきを得るための場。

それが、「学びのサードプレイス」です。

家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」とは、社会学者のオールデンバーグが取り上げたものですが、

職場から家庭に帰る前に、ちょっと居酒屋に立ち寄る、あるいは英会話スクール、スポーツジムに立ち寄る、

というのは、「第3の場 サードプレイス」ということを意識せずとも行われていることです。

もっとも、居酒屋、英会話スクール、スポーツジムに会社の人と行ってしまうのでは、会社の延長で、家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」にはならないのですが。

tm_08072401usan

・居酒屋は職場から自宅に帰る前に立ち寄る、どちらの役割からも解放される「第3の場」ふらっと立ち寄り、店主、女将さん、常連客との他愛ないやり取りが楽しい。

・居酒屋、雰囲気は店のスタッフと常連客が作り上げる。新入りは、店に慣れる、居心地がよくなる、までに時間がかかる。

・店内に「静かな活気」どんちゃん騒ぎではない。ほどよい盛り上がり。周囲に迷惑は掛からない。

・常連客にとって、自分の大切な居場所。雰囲気を守る者は許容するが、雰囲気を壊す者は排除する。

・酒、料理の品ぞろえは多くはない。値段は高くも安くもない。味わいは味覚だけには限らない。

・居心地がよいことがポイント。酒、料理だけでなく、その「場」が大切。

・スタッフと常連客が暗黙のルールを形成し、その「場」を楽しんでいる。

・「第3の場」職場でも、家庭でもない、居心地がよい、行きたい時にふらっと寄ればよい、知り合いがいて、自己が確認できる。行くことは強要されない。

・「第3の場」は主催者が意図的に作ろうとしても却ってうまくいかない。参加者がその場の雰囲気を形成する。

cc966bbd-s

・職場、家庭では、役割があり、その役割により、果たすべきことが限定されている。「第3の場」では、職場、家庭の役割から解放される。

・「第3の場」では、常連客には指定席があり、その指定席が他者に占拠されていると、居心地がよくない。

・「第3の場」では、常連客がスタッフの役割を果たすことがある。

・自分に関心を持ってくれる人と、一緒に時間を過ごすことに意味がある。

・チェーン店の居酒屋に職場の人と飲みに行くのは、せっかくの「第3の場」の意味をなくし、職場の延長にしてしまう。 

・居酒屋とは雰囲気、居心地、人との交流がポイント。酒、料理は媒介、脇役

・電車、レジの列で、近くの人は他人、話はしない。だからこそ、知り合いがいる「第3の場」が大切。

・消費行為、消費に付随する行為がポイントではない。消費を媒介とした創造がポイント


6

主催者の方々が、アトラクション・タイムを設けているのですが、参加者の方々は、「交流」に夢中、という感じです。

初対面が多く、ちょっと雰囲気が堅かった参加者同士もすぐに打ち解け、会話が始まり、知り合いを通じて、新たなつながりができる、という楽しい雰囲気になりました。

輪は安定しているけれど、閉じている。ちょっとずれた、スパイラルは不安定だけれど、いろいろなものを巻き込むことができる。

3×3LABOという場は、閉じた内輪ではなく、大きなスパイラルになり、多様な人々を巻き込み、さらに、そこで人と人を結びつける場になりました。

2df00dd7-s

ここで気づいたことがあります。

初対面の方とお話しする、知り合いを通じて、新たなつながりができる、のは、確かに楽しいのですが、

コミュニティーデザイン、人がつながり、活動する仕組みとは?




ネットの時代だからこそ、リアルな「場」が大切だったりします。


7

と書いたのですが、つながりができた方々とは、ネット上では、毎日のように、今日はどんな活動をしているのか?知ることができるのですが、リアルでお会いする機会は、実は、びっくりするほど、ありません。

月に1度どころか、2、3か月、あるいは半年、1年に1度だけ、しかも、この同じ集いのイベントで、だったりします。

そこに行けば、ちょっと懐かしい人たちに会えるかもしれない、

そんな場所が、家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」かもしれない、

無理なマッチングをしなくても、自然と、心地よい集まりに収束していく、

そんな感じがしたイベントでした




2015年06月25日

アメリカ大使館主催:役員への女性登用‐コーポレートガバナンスのグローバルトレンド‐

という案内が来ました。

IMG_20150622_080446850

会場のアメリカンセンターjapanは留学説明会、講演、研究会など、いろいろな活動をしています。

ただ、セキュリティーのチェックが厳しくて、空港のような、所持品チェック、金属探知機通過があります。

e031c71c

これまでにも、

アメリカの若き女性リーダーから「行動すれば、社会は変えられる」アメリカ流・変革(チェンジ)のつくり方

が開催され、来たことがあります。

09c3127c

女性リーダーについては、これまでも

女性リーダーへの「女性の視点」の期待について


大企業の女性役員たちから、どんな話が伺えるのだろう、と期待していたのですが、率直な印象としては、彼女らの話す内容は男性役員のものと全く違いがなく、「女性の視点」などは感じられませんでした。

組織の中で出世するためには、「能力がある」ことはもちろんですが、それと同じくらい、「評価者の評価基準を理解し、それに自らを適合させる」ことが大切です。

日本を代表する大企業の女性役員らは、男性社会の中で、たくましく生き抜いていく中で、女性特有の視点を活かすよりも、極力抑えて、男性の価値観に合致させてきた、のでしょう。

右肩上がりの成長社会が終焉し、多様性が求められる社会になりました。

皮肉なことですが、多様性のために、「男性の価値観」で生きてきた女性役員を増やしても、望む結果は得られそうもありません。


c3747990

キャリアは階段、はしごのように垂直だけではなく、ジャングルジムのように水平方向も


ノラ・オドネル

シェリル・サンドバーグがハーバード・ビジネス・スクールの学生に行った話

Facebook社の女性COOが語った、これからのリーダーに必要な4箇条

にも少し書かれているのですが、衝撃的なのが、

女性の皆さんのうち、1/3は10年後には、働いていないでしょう

そして、残りの女性は、隣に座っている男性の下で働いているでしょう

超一流大学で、高度な学位を取った、最も優れた女性ですら、

なぜ、仕事を辞め、リーダーのポジションに興味を持たないのか?


のように書いてきました。

IMG_20150622_191456776

今日はどんなお話が伺えるのかしら?早速出たお話をまとめます。

高いレベルの教育を受けた、才能ある女性の能力が十分に活用されていない状況は、アメリカも日本も、あまり変わらない。

変化の激しい、多様な社会、時代に対応するには、これまでの男性社会にはなかった、女性ならではの視点が欠かせない。同じ視点では意味がない。

女性の活躍のためには男性の協力が欠かせない。女性の働きかけだけではうまくいかない。

柔軟な制度の導入だけでは不十分、文化的な背景も変えていくことが必要。

法制度、慣習は急には変わらないが、会社の方針はトップの決断で変えることができる。

競争社会では他の人よりも働いていることを示さざるを得ない。深夜でも上司からのメールにはすぐに返信せざるを得ない心境に追い込まれる。

「価値を守る」のではなく、「価値を創りだす」

職場以外のコミュニティーを持つこと、そこでの活動が大切

6a629db8

女性への期待、というよりも、行き詰まっている社会のブレークスルーとして、男性とは違った視点が求められています。

男性と変わらぬ視点しか、提供できない場合は、「期待外れ」になってしまいます。

それゆえ、男性社会の価値観に染まっていない女性、あるいは、男性社会の価値観を斜に見ていた女性が求められます。

「TAK」さんがいる東大、東工大は、圧倒的に男性優位です。

ここで行われる男性中心のグループワークに、女性が加わると、例えると、平面的だったアイデアが、立体的に広がりだした、という事例があります。そうでない場合もありますが。

女性としては、もっと社会で果たしたい役割があると思いますが、喫緊の課題は、こういった救世主エンジェル的役割のようです。

まだまだ課題がありそうなので、拾っていくことにします。



2015年06月23日

「日本・アジア・アメリカ 国際社会を生き延びる」@東大、藤崎一郎前駐米大使

という案内が来ました。

IMG_20150622_163258754

日米パートナーシップは極めて重要なものですが、ペリーの黒船による浦賀来航以降、太平洋戦争をせざるを得なくなったり、

戦後は日米同盟が日本外交の基軸となる、など、多くの変遷を経ています。

パートナーシップ:複雑で、常に動き、変化する生態系

で振り返りながら、簡単に復習します。


クリミア戦争から考えるウクライナ情勢


1853年にペリーが浦賀に来航し、日米和親条約、1858年に日米修好通商条約を締結したアメリカですが、1861〜65年には国内で南北戦争があり、日本の対応どころではなくなりました。


終戦の日を迎えて グローバル社会とパートナーシップ


1894年から1945年の太平洋戦争終戦までの、わずか50年に日本は日清戦争、日露戦争、第1、2次世界大戦という大きな戦争を経験しています

これは日本だけの問題ではなく、世界中が一触即発の状態であり、その状態を嫌ったアメリカ大統領ウィルソンの提案で、第1次大戦後、国際連盟が提唱されるものの、アメリカの議会で承認を得ることができず、アメリカが不参加、という状況でした

このような状況下では、1国では自国の安全保障は難しく、他国とのパートナーシップは鍵となります

be3b9cf1

日清戦争により、「眠れる獅子」と恐れられていた清王朝が弱体化し、アジアにおいてはロシアが新しい脅威となりました

ロシアの南下を恐れるのは日本だけでなく、インドなど東南アジアに植民地を持つイギリスも同様でした

日清戦争後の遼東半島をめぐる、ドイツ、フランス、ロシアのいわゆる三国干渉も、ロシアに対する不信感を増大させました

この時の、日本の選択肢として、南下を伺うロシア自体とパートナーシップを結ぶ「日露協商」と、同じくロシアを警戒するイギリスとの「日英同盟」の2つがあり、日本は後者を選択しました

「日英同盟」は、ロシア・バルチック艦隊が極東に向かう際に、イギリス巡洋艦隊が追尾し、途中寄港地での中立国の燃料、食料の中立違反諜報など、日露戦争における日本の勝利に大きく貢献しましたが、日露戦争における日本の勝利の結果、日英同盟の意味自体も薄れました

ただ、イギリスにとっても、ロシア太平洋艦隊消滅後、アジア地区を日本艦隊が受け持つことにより、自国艦隊をアジアから欧州に回すことにより、海軍経費を削減する、日本にとってもヨーロッパ列強との同盟ということで、第1次大戦まで継続されました

第1次大戦では、日本は駆逐艦を地中海戦線まで派遣するなど、貢献し、また、ドイツ植民地だった南洋諸島を得たり、中国山東省の権益を得る、その結果、日本は国際連盟の常任理事国となる、など、世界の一等国となり、フィリピンに植民地を持つアメリカと利害が対立するようになり、アメリカは日英同盟を妨害するようになります。

40a7fb64

アメリカの思惑通りに1921年にアメリカ、イギリス、フランス、日本による「四カ国条約」が締結され、この条約の締結により日英同盟は「発展的解消」され、日本は国際的に孤立し、12年後の1933年には国際連盟を脱退し、後の日米対立、日英対立と太平洋戦争への布石となっていきます

イギリスの歴史家イアン・ニッシュは「同盟がひとつの状態にとどまっていることはありえない」と言います



外交と世論、タイミングと順番、相互主義なんと複雑!


外交とは可能性の芸術である。状況が激しくうねる中で、一瞬のチャンスを捉えて可能性を追求する

3ef80030

昭和初期の日本は軍部主導で、日米開戦のまっしぐらのような印象がありますが、実は日米開戦前夜まで、日米双方で開戦回避の努力もされていました

第1次世界大戦では、セルビア人学生によるオーストリア皇太子暗殺事件が引き金となり、複雑な各国の同盟関係により、ヨーロッパ各国は戦争回避へと懸命の努力をしたのにもかかわらず、ヨーロッパを戦場をする大きな戦争になってしまいました

その教訓は十分に承知しながらも、必ずしも望まない当事者同士が戦争せざるを得ない状況に追い込まれる。これは今も当てはまる教訓です



コラボレーション:あなたが変えると、あなたも変わる?


複数の人間が集まると、自然に行われてしまうのが「序列つけ」であったり、会議でも、対話でも、打合せでも、話し合いの場で、人々が一番気にするのが、

「自分の考えを他の人々に説得し、話し合いの結果として、自分の主張が通ったか?」

だったりします。

これは「意地と面子」の文化です


f8eeefc1

上記のように、日米開戦前夜まで、日米双方で開戦回避の努力もされていました。

日米両国の国力の圧倒的な差を知っていたのは、ほかならぬ陸海軍、特に海軍であったでしょう。

ところが、当事国同士がいくら戦争を回避しようとしていても、戦争してもらいたい国もあります。

ヨーロッパでドイツ・ナチスはパリを占領し、ロンドンにミサイル攻撃を加えていました。

日本軍がイギリス、フランスの植民地がある東南アジアに進駐しましたが、両国に援軍を派遣する余力はなく、アメリカの参戦を望んでいました。

また、日中戦争で手を焼いていた中国もアメリカの参戦を望んでいました。

事実上のアメリカからの最後通牒となった「ハルノート」は、日本が、特に陸軍の「意地と面子」が到底、受け入れられない内容で、日米開戦となってしまいました。

ほんのつまらないことから、「意地と面子」の問題になり、抜き差しならない事態に発展し、とんでもない結果を招く、のは、社会のいたるところで見ますが、国際関係では避けてほしいものです。


「外交とは可能性の芸術である。状況が激しくうねる中で、一瞬のチャンスを捉えて可能性を追求する」という言葉で締めくくります


5eaa5524

アメリカ外交、人口増加、経済成長および安全保障の観点からアジア重視

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)、安倍首相の訪米で進展を期待

安倍首相の訪米、ワシントンだけでなく、連邦議会(日本首相で初めて)、ボストン(ハーバード、MIT)、サンフランシスコ(スタンフォード、シリコンバレー)、ロサンゼルス(以前カリフォルニアに留学)など、政府機関なだけでなく、産学を巻き込んだもの

戦後70年談話、中韓だけでなく米も注目

日本の経済状況は上向きだが、構造改革は不十分

日本、政権、首脳が短期間に代わり過ぎ、もう少し長期、安定した政権が必要

日中韓は、歴史認識の改善が求められる

米国内の留学生、かつては日本がNo.1だったが、中韓印ベトナムに抜かれている。他国の留学生は増えているが、日本の留学生は減っている

日米、建前ではなく、本音に踏み込んで話す必要

英語が世界共通語、日本はTOEFL最下位国、特に「話す」が弱い。通訳なしで、会議、交渉を行うのは先進国だけでなく、新興国でも当然

変化の激しい時代に、前例主義、安定主義では対応できない

日米は太平洋をはさんで戦うことになったが、戦後は協調関係を築き、世界、特にアジア諸国の経済発展に大きく貢献した

戦前の振り返りは最小限に。歴史家ではない、政治家が専門外のエリアに踏み込んだ発言をするのはマイナス、歴史の解釈はしばしば変わる

日米のIT、バイオ分野の協力、民間、大学主導でやりやすい

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)、将来的には中韓印も参加する可能性、以前はWTO(世界貿易機関)にすら、参加していなかった。グローバル社会では国際的枠組みへの参加が不可欠

英語教育、英語で聞き、話す環境に置かれるように教育システムを改革すべきでは?英語が話せない先生に教わるのでは、英語が話せるようにならないのは当然

リーダーシップの意味、高いポジションからの指示、から、コーディネーター型へ

3e5c2ffe

日米パートナーシップ、という二国間の関係でありながらも、他のアジア諸国、あるいはEUなどヨーロッパ諸国の動向も深く受けます

上記のように、日米両国は戦後は協調関係を築いてきましたが、真珠湾の奇襲攻撃、広島、長崎への原爆投下、

東京大空襲など、非戦闘地域への爆撃、など、戦争時点までさかのぼると難しい話がたくさんあります。

非戦闘地域への爆撃に関しては、日本も、偏西風を利用した風船爆弾を上げており、仮に空母、戦闘機が十分にあったならば、ロスアンゼルス、サンフランシスコなど西海岸の街は空爆していたでしょう。

つまり、今後の協調関係を築いていくうえで、過去の難しい話を蒸し返すことは得策ではありません。

発散しがちなのですが、ポイントをまとめると、

・パートナーシップ構築には、周辺国との状況も重要

・今後の協調関係を築いていくうえで、過去の難しい話を蒸し返すことは得策ではない

・イギリスの歴史家イアン・ニッシュ「同盟がひとつの状態にとどまっていることはありえない」

・「外交とは可能性の芸術である。状況が激しくうねる中で、一瞬のチャンスを捉えて可能性を追求する」

IMG_20150622_175335821

いささか、前置きが長くなりましたが、グローバル社会と呼ばれて久しく、人々が国際社会での活躍が求められる今日、こういった近現代の状況は踏まえておく必要があります。


では、早速伺ったお話をまとめます。


国際機関が機能するためには、まず日本がしっかりすること。国がしっかりしていない状況で、国際機関に頼っても無理。

国際社会では単独で生きることは難しく、グループを作って、入ることが求められる。グループは、国連安保理、G7など、一度できると排他的になり、新規参入は難しい。

例えば、国連安保理、新しい常任理事国の参加は、自分たちの特権が、いくらかでも損なわれることを意味する。

蚊帳の中で決められることで、蚊帳の外の者に、都合がよいことはありえない。

多数決ではなく、コンセンサスにより決まる。いくつかの大国が仕切る。

国際社会では、強い国と組むしかない。

米中関係は、振り子のように、行ったり来たり、を繰り返す。

日米関係は、過去に難しい問題はあるものの、それをいたずらに蒸し返すのではなく、前向きの議論を進めてきた

日本は非武装も単独武装も難しく、1950年代の日米安保は先見性のある、現実的な対応だったかもしれない。

フランス、ドイツ、中国など、第2外国語の前に、まずは英語をしっかりすること

世界に情報発信する言語媒体は英語、英語で発信できないと始まらない

城山三郎、司馬遼太郎などの書物だけで歴史を語るのは危険。物語だけでなく、歴史上の事実をしっかり知ること。

o0410025811766825997

日本人が国際社会で活躍するためには、逆説的ですが、日本という国がしっかりしていなければなりません。

そうでなければ、国際社会でも説得力がありません。

国境のない世界、と言われますが、国際紛争の時など、役割を果たすのは、最終的には国家になります。

グループを作って、グループ内のメンバーに優遇する。グループ同士で、綱引きをしたりする。なるべく強い人についた方が有利。

国際社会と言っても子供の社会と変わらなかったりします。

一方で、旧ユーゴスラビアなどは、東西冷戦時にチトー大統領の非同盟運動など、国際平和に大きく貢献し、国際的な存在感も大きく、サラエボ冬季五輪なども開催されました。

ただ、チトー大統領の死後は、分裂、紛争を繰り返すことになってしまいました。

またまた発散しがちなのですが、ポイントをまとめると、

・パートナーシップ構築には、周辺国との状況も重要

・今後の協調関係を築いていくうえで、過去の難しい話を蒸し返すことは得策ではない

・イギリスの歴史家イアン・ニッシュ「同盟がひとつの状態にとどまっていることはありえない」

・「外交とは可能性の芸術である。状況が激しくうねる中で、一瞬のチャンスを捉えて可能性を追求する」

となりそうです。




2015年06月18日

女性のグローバルな活躍のためのワークショップ

という案内が来ました。

IMG_20150616_080137832

案内文によると、


たかが語学、されど語学… グローバルな活動の基礎となる「言葉」の意義について、改めて考えてみませんか?

幼い頃から本が好きで、ことばに興味を持っていました。

流行りの本も好きですが、近年は夏目漱石や梶井基次郎等の名作や、学生時代に読んだ村上春樹を読み返すのも好きです。

本は、そしてことばは私の世界を広げてくれます。

Planned Happenstance Theory を知っていますか?

個人のキャリアの大半は偶然の重なりであるという理論です。

私の研究で扱っている理論の一つであり、私自身のキャリアもそのように形作られていると思います。

本好きでことばに興味のあった私が日本語教師になったのは数々の偶然が重なった結果です。

kitjobweb-20141218-21-638

今はよく”グローバル”というフレーズをよく耳にします。グローバル戦略、グローバル英会話。

グローバル人材とは、なにか、なども問われています。

日本の外にあるもっと広い世界に興味を持つ事は、すばらしい事です。もちろん、国際企業の視点からも大切だと思います。

でも、ある意味”グローバル”は、流行語のように私に聞こえます。

"グローバル" というフレーズがあちらこちらで現れる前から、私は(周りからみて)グローバル的な行動を取っていました


IMG_20150616_153640872

お茶の水女子大ではこのようなオープン・イベントが開催されることがあり、その参加記は、


国連広報センター所長・根本かおるさん講演「好奇心が原動力」

博士にこそ、起業家精神とビジネスマインド醸成

結婚・博士号取得・出産・子連れでのハーバード大学大学院留学

女性のグローバルな活躍「翔び立とう!チャンスに満ちた世界へ!」

に書いてあります。


さて、今日は語学をベースに2人のスピーカーの方々のお話なのですが、まとめると


予想外の選択が予想外の結果を生む

興味の対象は、固定ではなく、変化していく

直感を頼りに、来るべくしてきた偶然

主張しないと始まらない、周囲は黙ってあなたの意図など汲んでくれない

言語だけでなく、背景となる文化が大切

images3

選択する際には、本命プランだけでなく、本命がうまくいかなかった時の、プランBも用意しておく

情報を発信し、集めると、さらに情報が集まり、ヒントが得られる

人に頼ると、いい道が拓けることがある

よさそうなことはやってみる

柔軟な対応が大切

ある目標を目指している過程において、当初求めていなかった、予想外のものが得られ、そちらの方が、当初の目的よりも有効なことがある


来るべくしてきた偶然、本命がうまくいかなかった時の、プランBも用意しておく、直感を頼りに、

など、いくつかのキーワードについて、考えてみます。

4aaff6a9

計画、予測と想定外の事項に対する対応、偶然と必然、この微妙で奇妙な関係




・インスピレーション(触発):外界の刺激に触れることによって、表現のモティベーションが高まったり、新しいアイデアや作品が生まれる現象

・「他者の表現」との出会いからもたらされるインスピレーション(触発)は想像(イマジネーション)、創造(クリエーション)に大きな役割を果たす

・ダンス:周囲のダンサーの動きや音楽に触発されて、即興ダンスが生まれる 

即興と言いながらも、すべてが即興ではなく、観客の反応を見ながらも、ある程度、準備しているものを、使い分けているのでは、と思います。もちろん、完全は即興もあるかと思いますが。


生体情報センシングによる健康管理、予防医療の展望


予測できると経験値の中に入るので対応が楽


交渉の成否は交渉前に決まっている。合意できなかったときの最善策(BATNA)と交渉を撤退する基準(RV)を決めておけば、自信を持って交渉に挑めます。


つまり、全く予測がつかない状態ではなく、ある程度、予測がつくと、自分の経験値の中で対応できるものが出てくるので、対応が楽になります。

o0640064012158989649

さて、川上未映子「ヘブン」という小説に次のような一節があります。


権利があるから、人は何かするわけではない。したいからする。

たまたま、というのは、世の中の仕組み

後から理由をみつけること、説明することはできる。でも、事の始まりは「たまたま」でしかない


計画された偶然




スタンフォード大学 クルンボルツ教授によると、「キャリアの80%は予期しない偶然の出来事によって形成される」ということです。

人生に起こる様々な出来事「偶然」は、本人の意識では、あくまでも「偶然」。だが、その「偶然」が起こるための仕組みを本人が気付かずに行なっていて、「必然」的に起きている。


計画、予測と想定外の事項に対する対応、偶然と必然、この微妙で奇妙な関係は一筋縄ではいきそうもありません。


index

人間と人工知能の競争?協奏?協創?

最適な行動と実際の行動のギャップ




直感を大切に!


直感と言うと何か、いい加減な「勘に頼る」という印象があります。

でも、実は直感はこれまでのあなたの子供の頃からの人生経験等など、周囲、環境からあなた自身が実際に学び、体験して、身につけてきたものの集大成のです。


直感とは、あなたのこれまでの人生経験すべてであり、とっても重みがあります。


ところが、これまで自分が蓄積した知識、経験に照らして、合理的に判断、という「直感」よりは、表面に見える情報をもとに、過去にうまくいったパターン、自分が知っているパターンで解こうとする「直感」、になってしまい、金槌でボルトを抜こう、とするように、正しいゴールを見失っていることがあります。


と書きました。

直感の大切さ、反面で、その危うさも理解しつつ、即興の世界の中を、プランBを用意して、偶然をたぐり寄せつつ、構築していくのがキャリアかな、

そんなことを感じたワークショップでした。




2015年06月16日

堅苦しいタイトルをつけたのですが、

看護師になって2ヶ月半、水商売に戻りたいと思う理由

という、いささかショッキングなタイトルのブログを読むと感心することが多かったので、取り上げることにしました。

5e57803f

水商売、夜の仕事は、指名争い、客に満足してもらって、リピーターになってもらう、とにかく効率的に稼ぐ、など、目的意識、メリハリが、はっきりしています。

同じ店で働くとしても、それぞれが個人事業主、ある意味、自分という媒体、店という場、を活用して、顧客を増やし、満足してもらい、対価を稼ぐ、経営者です。

一方、看護師は人の命を預かる、大切な仕事ですが、事業主、経営者というよりも、病院に雇われて仕事をします。

まず、とにかく抜粋して読んでみましょう。


水商売を卒業し、総合病院の新人看護師となって2ヶ月半が経ちました。

良好な人間関係の部署の中、厳しいながらも熱心なプリセプターさんに指導していただいて、理不尽に怒鳴られることなく、優しい先輩方がしょっちゅう「困ってることない?大丈夫?」と声をかけてくださって、楽しい同期達が休前日になると私の家に泊まりにくる、この上なく恵まれた社会人人生を送っています。

夜の仕事は好きではあったけど、あくまでお金が必要だから働いていただけの筈で、「大学卒業するまでだから」と自分に言い聞かせながら頑張っていた筈。

もう二度と指名数のノルマと売り上げに追われる必要もなければナンバー争いの女同士のごたごた、

気持ち悪いおじさんとキスする必要も無い今のシチュエーションはほぼ理想的な状態だというのに、

戻りたいなんてどうして思ってしまうのだろうか、

夜の世界と昼の世界のギャップに順応できていないから、

6a0128758187ad970c0120a67ff17f970b-800wi

1.目的意識を持って集まっているわけでもなく、生活の手段として仕事をしている職場で無理に表面的に仲良しのフリして裏で悪口を言い合っている方がよっぽど不健全。それでも続く飲み会文化

2.「皆で病棟に居座って疲れ目をこすって勉強して患者様のために頑張りましょう」が「今日も定時で帰れるよう情報共有して仕事こなしていきましょう」より美しく響く社会、理解できません

3.夜の仕事の居心地の良さは、働いている人同士が余計なプライベートに突っ込んでこないところにありました。


水商売、夜の仕事のことも、医療、看護のことも、よくわからないので、詳しい論評はできませんが、前者には、

・客に満足してもらって、リピーターになってもらう(顧客満足)

・指名ランキングを上げて、新規顧客を開拓する(新規顧客開拓)

・他者との差別化、競争と協調(他者と競争するものの、全体顧客数を上げなければ、ジリ貧)

・自分という媒体、店という場、ネットワーク手段などの効果的活用

・リスクマネジメント(危ない客への対処)

などなど、実は経営の基本がそろっています。

6a0128758187ad970c01287581a066970c-800wi

また、個々の競争でありながら、全体としてのパイは増やしたい、全体のイメージダウンによる顧客離れは避ける

など、業界が参考にしたいポイントもあります。

水商売、夜の仕事というと、「怪しいモノ」として避けがちですが、実は学ぶ点がいろいろありそうです。





2015年06月15日

国立情報学研究所オープンハウス2015未来を紡ぐ情報学 新しい価値の創成

に参加しました。

DSC_0001

「情報学」は、計算機科学や情報工学だけでなく、人文・社会科学や生命科学の領域も包含する新しい学問分野です。

未来価値を創成する情報学研究、社会・公共貢献、融合の情報処理、産学官民の連携、国際的な研究・事業活動を指向した情報学研究を進めています。

この中でも関心があるのが、

AI(人工知能)の可能性

です。

DSC_0011

国立情報学研究所では、

人工頭脳プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」

というプロジェクトを進めていて、

数理的な分析や最適化技術をはじめ、数学の様々な問題を正確に解くために必要となる計算技術を深化させ、現実世界の問題解決のために求められる高度な数理解析が自動化されることを目指し、

文系理系とも受験者中、偏差値約60まで進んでいたりします。

人工知能については、これまでも考えていて、

人間と人工知能の競争?協奏?協創?

ホーキング博士「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」


ホーキング博士「人工知能が自分の意志をもって自立し、そしてさらにこれまでにないような早さで能力を上げ自分自身を設計しなおすこともあり得る。ゆっくりとしか進化できない人間に勝ち目はない。いずれは人工知能に取って代わられるだろう」


が衝撃を巻き起こしています。

n-STEPHEN-HAWKING-large570

ロボット、人工知能は、大きな出力、繰り返し作業は得意だが、

・「巧みの細かい作業はできない」とされていましたが、今では3Dプリンターで製作

・「1か所の判断はできても、複数、大局の判断ができないので、将棋、チェスは初級レベル」だったはずが、名人、世界チャンピオンを破る

・「瞬時、とっさの判断は難しいので、自動車の運転アドはできない」とされていましたが、自動運転は実用段階

と、人間しかできない、人間の方が得意、とされていた分野で人工知能が上回っています。

10999879_10206420154929238_5806933318174116708_n

身近なことでも、例えば、休日の行動を決める(テニスなどに外出するか?雨なのでうちにいるか?)天気予報。

以前は早朝のテレビの天気予報の気圧配置、アメダス、予報から判断していましたが、今では、ネットの雨雲の動きの予想で決めます。

数時間前からの時系列データと現在のデータに基づく予想ですから、人間の判断よりもはるかに精度がよいです。もちろん外れることもありますが。

インターネットの株、FXなども、人ではなくソフトウェアで運用している人が多い、と聞きます。

激しく値動きする複数の株を運用を人間がすること自体、もやは不可能で、ソフトウェアで運用するしかないのかもしれません。

fb9afbcb

人が判断するのではなく、コンピューターが判断する社会は間違いなく、進んでいきます。

人は、どうしても、表面に見える情報をもとに、過去にうまくいったパターン、自分が知っているパターン、「直感」で解こうとします。

一方、コンピューターはデータをもとに、高速大量演算を行い、その結果を示します。

cf4c2e48

「そもそもソフトウェアは人間が作成したものなのだから、人間の知恵を超えるものではない」と思われるのですが、

バーチャルな世界での出来事をリアルな世界で再現ー3Dプリンターの衝撃




・コンピューターで単純なルールを繰り返すことで、人間には意外に見えることを表現することができる。

・コンピューターと協働するデザイン、コンピューターの論理的計算処理量と速度の優位性は、人間の知的能力には予測不能なことをもたらす。

・コンピューターの大量高速演算でもたらされるもの、人間にはルールはわかるが、結果は予測不能。

・コンピューターが単純に相当回数繰り返した結果を、3Dプリンターで出力すると、人は「凄い!」と感じる。

・人間の試行錯誤、コンピューターはすべてのパターンから瞬時に検索する。


と書いたように、人間が設定したルールを、1秒間に数万回、演算、検索すると、人間にはもやは予測不能な結果がもたらされます。

加えて、上記のように、人間は試行錯誤、表面に見える情報をもとに、過去にうまくいったパターン、自分が知っているパターン、「直感」で解こうとしますが、

コンピューターは、瞬時にすべてのパターンを検索します。

3ee52c3a

さて、ではこの講演で出た話をまとめると、


人工知能:気象予報など、データのパターンからの予測は得意。人間の行動、感情が入らない自然現象は比較的予測が簡単。

機械学習、データを制したものが勝つ、グーグルなどが圧倒的に優位

人工知能が克服すべきこと

・分野横断による総合的知的タスク挑戦(シングルタスクではなく、多様な統合的知的タスクをターゲットにする)

・ロジックと統計手法の現代的ハイブリッド(ビッグデータが集まり得ない分野がたくさんある。分類問題では説明できない課題はたくさんある。これらの分野に機械学習は手も足も出ない)

人工知能により、ホワイトカラーの仕事は変わらざるを得ない。人の仕事がロボットに置き換わる、というよりは、人とロボットのコラボにより、できることが急激に拡大する。

2011年、IBMの人工知能ワトソン、Wikipedia等を使用することが前提、固有名詞しかこと得られない、シングルタスク、その固有名詞も人工知能にとっては、意味をなさない、単なる記号列、しかも正答率は100%ではなく69%

人工知能にとって、数学を解くソフトウェアは意味がない、問題を機械が理解できるランゲージに翻訳できるか?がポイント

総合的知的タスク、例えば、人工知能が要旨要約をどれくらいできるか?


DSC_0017

コンピューターができることは、人間よりも、短時間、正確に行います。

ただ、現実社会、あるいは求める将来について、コンピューターだけで翻訳、理解できるレベルにはなっていないし、将来的にどこまで進むかも、不明です。

上にあるように、情報は人工知能にとっては、意味をなさない、単なる記号列、つまり複数の情報から、新たな意味を生み出す、背景知識をもとに検討する、などは現時点では人工知能には難しいようです。

ただ、現時点ではコンピューターが苦手な、これらのことも、解決する動きがなされていて、いずれは解決されてしまうかもしれません。

1ccfcb98

人間と人工知能の競争?協奏?協創?




人間は人工知能に取って代わられて、やることがなくなるのでしょうか?

ソーシャルラーニングとこれからの人材育成




小学生の65%は、今はない職業に就く


と書きました。

コピー機が普及する前は、カーボンコピーなるものがあり、人間が人力で複写していました。

自動改札ができる前は、駅員が切符をはさみで改札していました。

コンピューターが導入されてからも、しばらくは、手書きを入力するタイピストがいました。

一方、インターネットが導入されたのは20年前の1995年で、インターネット関連の仕事は、それ以前は、ほとんどありませんでした。

「人間が人工知能に取って代わられて、やることがなくなる」「人間が人工知能と競争する」よりも、人間は人工知能が得意なことを利用、活用して、「人間が人工知能と協奏する、協創する」時代が訪れる、と考えています。

どんな時代が来るか?予測するよりも、時代を協奏、協創していくことになりそうです。


と書きました。

a1c21a2a

結局、上と同様の感を強めたのですが、人工知能により、ホワイトカラーの仕事は変わらざるを得ないでしょう。

人工知能だけでなく、コンピューター、インターネットの発達、普及により、プロ、企業でなければできなかったことが個人でもできるようになり、数か月かかった作業が、数分でできるようになりました。

すなわち、コンピューター、インターネットの発達、普及により、人間ができることが急激に拡大しました。

人工知能についても、同様に、人の仕事が人工知能に置き換わる、というよりは、人と人工知能のコラボにより、できることが急激に拡大する、

このような印象を持ったオープンハウス講演でした。






2015年06月10日

慶應義塾大学 メディア・コミュニケーション研究所公開講座「『日曜討論』の舞台裏」〜日本政治の今を考える〜

という案内が来ました。

IMG_20150604_16470633


『日曜討論』は、その時々に日本の政治が抱える課題を真正面から取り上げています。

各政党の代表者同士の討論、見解を異にする専門家同士の討論など、様々な枠組みによる言葉のラリーを通じて問題の本質を明らかにして行きます。


20140813nitiyou_touron-1

日曜日の午前中に放送されるので、テニスができない、雨の日にしか見ませんが、今、政治の世界で議論されているホットな話題について、各政党の代表者同士の討論、見解を異にする専門家同士の討論など、が生放送で話し合うものです。

各政党の代表者、専門家は、視聴者にコンパクトにわかりやすく伝えるだけでなく、見解を異にする党、専門家に対して、しっかり自分たちの意見を述べることが求められます。

生放送ですから、問題があるシーンについて「カット」という訳にもいきません。

複数の人が話したいわけですから、順番、割振り、も大切です。

こういう場は放っておくと、通常うまくいきませんから、司会の腕の見せ所です。

DSCF1470

司会のNHK解説主幹の島田敏男氏によると、


メディア、わからないことをわかりやすく説明する使命、権力者の共犯者でもあり、監視者でもある

議論がすれ違うのではなく、深みをもって、交錯するように導く

顔なじみ、信頼関係のある人が何人かいないとペースを築けない

日頃からの関係が大切、これがないと踏み込んだ質問ができない

相手が今何を言いたくて、何を言いたくないか

相手を窮地に追い込むような質問はしない


ということです。

a0127342_2112597

安保法制、メディアの役割、など、興味深いお話がありましたが、ここでは置いておきます。

生放送という限られた時間で、今、政治の世界で議論されているホットな話題について、各政党の代表者同士、見解を異にする専門家同士の討論を、すれ違うのではなく、深みをもって、交錯させ、視聴者に価値を持つ情報を、コンパクトに伝えるには、みんなが初対面、では、うまくいかず、信頼関係のある人が何人かいることが前提、そうでないと、ペースがつかめず、踏み込んだ質問ができない、ということです。

85c4ec4a

「ゆるやかなつながり」と「インタラクションが食い込むつながり」のバランス




「弱い絆」「ゆるやかなつながり」が提唱されていたのですが、最近、風向きが変わってきた気がします。

リアルな「場」に、表面上を「つるっと」流れるだけの関係ではなく、インタラクションがあり、お互いに「食い込む」、時には「ひりひり」するかもしれない、「つながり」を求めているのではないか、そんな気がします。


と書きました。

f9ed00f0


また、人々の「居場所」について


「居場所」の価値を削ぐのはむしろ、「いろんなところに顔をだすアクティブな人」(ここでいう「外部の人間関係」)なような気もする。そして、まったく悪意がないことが多い。

「ひとのつながり」みたいなことを言う人の、多くが開放系(形じゃなく。)の2次元的つながりをイメージしているようなのだけど、そうじゃなくて、自分のなかに、開放系と閉鎖系の、大小の、複数の系(レイヤー)をもつこと(3次元)。

レイヤー間を行き来する人が多くなりすぎると、レイヤーは押しつぶされ、飲み込まれてしまう。


とも言われています。

4a4491c9

上にも書いたとおり、「弱い絆」「ゆるやかなつながり」が提唱されていたのですが、もちろん、それも大切なのですが、それだけでは、表面上を「つるっと」流れるだけになってしまいます。

自分のペースを守りつつ、深みをもって、交錯するには、信頼できる人が不可欠、自分のなかに、開放系と閉鎖系の、大小の、複数の系(レイヤー)をもつこと(3次元)

まだまだ、いろいろ考えることがありそうです。



2015年06月09日

東工大MOT特別セミナー「文理の壁を超える ―非技術系こそMOTを学ぶべき―」

という通知が来ました。

2015_0606_GSIM_MOTSeminar_0508SS

案内文によると、


イノベーションを科学し、マネジメントし、実現するためには、いわゆる文系・理系といった区分にとらわれず、関連分野から知見と人材を集結させ、事実(データ)に基づいた独自の論理を構築し、現実の課題の解決に取り組み続ける必要があります。

実際に、東工大MOTの教員は社会科学出身者と自然科学出身者が共同で、学際的(Inter-disciplinary)な研究を行っています。また、東工大MOTの在校生、修了生のうち約30%が非技術系(その多くがいわゆる文系学部出身)であり、イノベーション実現に向けた活動を日々展開しています。

技術経営(MOT)は「技術系が経営学の基礎を学ぶところ」という誤解や、「いわゆる理系学部出身でないと学べない」といった思い込みがあるようです。しかし実際にはそうではありません。非技術系は技術系に対して壁を感じることが相対的に多くあると思いますが、その壁を越えてイノベーションを科学し、マネジメントし、実現することに取り組みましょう。

文系・理系にとらわれない姿勢を持ち、イノベーションを実現しようという意欲のある人の参加を期待しています。


実は、このセミナーは参加したかったのですが、参加できませんでした。(突然スマートフォーンが壊れてしまい、詞入り対応をせざるを得ませんでした。)

そこで、これまで考えてきたことをもとに考えてみます。

0ecdff8e-s

イノベーションをサイエンスするー東工大MOTは進化します

東工大MOTオープンハウスに行ってきました。東工大MOTは進化し続ける

に書いたように

2016年4月、東工大の教育が変わります

とありますように、東工大全体が組織編成の改革を含め、大規模な改革を行います。

MOT(技術経営)についても、その一環で、研究室、教員の相当数の入れ替えを含めた大きな改革になります。

3ea886de-s

「MBA、MOTは、今ではビジネスには使えない。」のような言葉をよく聞きます。

これは正確ではありません。

社会、時代、技術が急激に変化しています。

それなのに、以前のMBA、MOTのテキスト、カリキュラムを持ってきて、適用しようとしても、ムリがあるのは当然です。

それゆえ、各大学等教育機関のMBA、MOTのカリキュラムも大きく変化したり、あるいは新たなプログラムが加わっています。

a7d74ae6-s

MOT教育コア・カリキュラムの開発

MOT 教育ガイドライン

があり、それに沿う形で、

技術をビジネスにするのに必要な、技術経営、知財、品質、マーケティング、ファイナンスなどの科目で構成されていました。

これらがMOT(技術経営)のエッセンスであることに変わりはありません。

ただ、エッセンスを学んだだけでは、変化が急激な時代での対応には不十分です。

今回の改革では、バイオ、技術政策、データ・アナリシス、ゲームの理論などの科目が加わり、エッセンスに加えて、いろいろな展開が広がる選択肢が増えました。

欲を言えば、デザイン思考に関する科目がほしい、というところでしょうか?


738e6bbc-s

東工大MOTはファイナンス、マーケティングよりも技術の先生方の層が豊富で、進学してくる社会人学生も技術系が多いです。文系から進学してくる社会人学生がいますが、「技術」を学ぶために、東工大に来ます。

ファイナンス、マーケティングが専門の教員を採用したとしても、「点」であり、「層」ではありません。「層」が形成されているのは、理工系、技術系の教員です。

MOTのグループワークには技術系だけでなく、商社、銀行など、の人々の参加もほしいところですが、はっきり言って、技術系が主流です。

東工大というと技術系が集まってくる、のは、東工大のアイデンティティーでもあり、技術系社会人が、技術をビジネスに結び付ける勉強をするために、東工大MOTに入学する、というのは極めて自然な流れです。

社会人が大学院に入学する際には、何かとハードルが高く感じられます。

614e4af8

技術系社会人にとっては、一橋大MBAよりも東工大MOTの方が、親近感を感じるでしょう。もっとも、既に技術のバックグラウンドはあるのですから、一橋大MBAで層の厚いスタッフから、財務、会計、マーケティングなどを学んだ方がよいのかもしれません。

さて、東工大MOTが商社、銀行など、の人々の参加を促したいのであれば、この方々に技術を学び、ビジネスとする、事例などをアピールすることが大切です。

ところがセミナーの内容を見ると、文系出身の教員が文理融合の事例、可能性を述べるもので、技術系出身教員が「技術を学び、ビジネスとする」ことをアピールする訳ではなく、かなり弱い、という印象を持ちました。

65e49339

スタンフォード大学ビジネススクールにいると、在学中に起業する




スタンフォード大学ビジネススクールにいると、当初は特に起業するつもりはなくても、結局、起業している人が多い。

「社会」は、そこに集まる人々が価値観を形成し、参加する人々は、好むと好まざるを問わず、その価値観に影響されつつ、考え、行動します。

参加する「社会」は、自分で決められる場合も、決められない場合もあります。

いずれの場合でも、参加する「社会」の価値観に、自分の考え方、行動が大きく影響されます。


と書きました。

東工大MOTは「文理の壁」を超えられるか?チャレンジの時が来ているようです。





2015年06月05日

東大、早稲田、慶応などの大学院で、経済、金融、企業戦略などを教えている宿輪純一先生の勉強会

宿輪ゼミ「国際経済・金融情勢」

に参加しました。

IMG_20150603_182945634


なお、先生は4月1日付で帝京大学教授に就任されたそうです。

さて、前回の参加は

アメリカ金融緩和終了により、市場に出回るお金は引いていき、金融市場の潮目の変わり時。日本は日経平均は史上最高、で国際経済はどうなる?

で5月の下旬でした。

この時は、EUはギリシャによる経済危機、アメリカはNYダウ、ナスダック史上最高値更新で金融引き締めのため、金利引き上げの予想、アメリカの金融緩和終了の影響が出てきて、市場からお金が引き始めている、中国主導のAIIB(アジアインフラ投資銀行)、

というところでしょうか?

ドル1

この時から劇的に動いたのが、上記のように、織り込み済みのはずの、アメリカの金利引き上げ予想が、いよいよ現実味を帯びてきて、1ドル118、9円から、一気に125円までドル高円安が進んだ、ということでしょうか?

金融市場は、起こるはずのことが、起き出すと一気に進むのが、怖いけれど、面白いことです。

物価とインフレデフレの関係と金融政策

量的金融緩和策についての復習をすると、

経済の教科書では、市場に流通する通貨の量を調整するのが、政策金利(昔の公定歩合)であり、好景気の時にはインフレ防止で金利を上げ、逆に、不況時には、デフレ対策で、金利を下げる、というものでした。

ところが、政策金利がほぼセロに近いゼロ金利状態では、これが機能しないため、ゼロ金利の状態で、市場にさらに資金を供給するという政策がとられます。

これが量的金融緩和策です。

久しぶりの宿輪ゼミ「剥げ落ちたアベノミクスの期待/米国の量的緩和解除に注目」

にも


・金融の量的緩和とは?本来は金利の上げ下げで、市場に出回るお金の量をコントロールするのだが、金利がほぼゼロに近いため、量でコントロールせざるを得ない 

・アメリカの金融の量的緩和、余ったお金が株式市場に流れている。緩和が解除されると、金融が引き締まり、株価が下がる 


と書きました。

marketnow_14102301

ニューヨークダウが7年連続で上昇していますが、これは金融緩和の時期とダブります。

ドルの資金流通量は量的緩和前が8000億ドルだったのに対し、現在は4.5兆ドルで約5.5倍。2020年までには2兆ドルまで減少させる予定です。

株価が好調であれば、経済、雇用も好調で、ニューヨークダウの上昇に合わせて、失業率が低下しています。

images

また、ニューヨークダウ30はアメリカ国内だけでなく、世界中でビジネスを行いますので、日本企業とも多くの取引があります。

ニューヨークダウの上昇に合わせて、日経平均も上昇していることがわかります。

rakuten_0413_2

ただ、ウォーレン・バフェット「経済と株価はおおむねバランスする」と言っています。

実体経済以上の株価上昇はバブルで昨年末から株価がGDPを上回っており、バブル状態です。

アメリカの金融緩和終了の影響が出てきて、市場からお金が引き始めています。金融市場の潮目の変わり時かもしれません。

資産価値が下がるのがバブル崩壊。20%の変動は吸収できるが、それを超えるとステージが変わります。

2391aa88

上で、雇用について触れましたが、

アメリカ「雇用統計」

アメリカ労働省が毎月第一金曜日に発表する雇用に関する統計で、アメリカ経済の状態を知る上で、極めて重要な指標です。

失業率、非農業就業者数を中心として、製造業就業者数、小売業就業者数、週労働時間、賃金インフレの状態を示す平均時給など10数項目が同時に発表されますが、特に重要なのは、失業率、非農業就業者数です。失業率は経済の状態の反映に少し遅れがありますが、、非農業就業者数は遅れがなく、すぐに反映され、よりタイムリーな指標と言えます。

さて、前置きが長くなりましたが、国際経済、国際金融について、検討する時は、このくらいの前提はしっかり整理してからでないと、表層だけなぞって、本質は理解できないことになってしまいます。

1

全般

ドル高円安、日本株高、米株警戒が継続中

米株、上海株、ドイツ国債がバブル状態

G7で為替について言及がなく、ドル高円安ユーロ安の状態を止めるものがない

アメリカ

株価が高値警戒感、日中上がっても、夕刻には戻っている。1年に10%の下落が3年間ない(アジア通貨危機前。リーマンショック前、以来)

金融の量的緩和が終了し、資金量が下がり、流動性がなくなっていく。これまでの株価上昇は難しい。高リスク金融商品からお金が引いていく。

6/5(金)重要経済指標である雇用統計、予想は失業率5.4%、雇用増20万人(10万人だと株価が崩れる)

フィリップ曲線、失業率とインフレのバランス、失業率が下がってきているので、これからインフレになりそう

img_tpp03

日本

株価の上昇が堅調、年金資金による買い(株価を下げないためにも買う)、と企業のROE(株主資本利益率)8%などによる評価のため

株価と経済の乖離。株高は国内景気ではなく、グローバル企業への評価。株が上がるとGDPが上がる、という仕組みではなくなる。余剰資金は海外へ再投資。国内景気は数字ほどよくない。

円安(1ドル125円、一時は1ドル78円だった)生産拠点の海外進出のため円安効果は10年前の1/5

財政健全化計画、2020年に歳出と歳入をバランスさせる、経済成長名目3%、実質2%でインフレが前提、前提に無理がある

デフレ脱却とは物価が下げ止まること、景気回復とは違う。

マイナンバー:税金、年金、医療をひもづけすること。欧米では既に行われている。

都銀は海外が収入源、地銀は20〜30年国債が収入源、人口、それに伴い預金が地方から都会へ移行し、再編が必至だが、県をまたいだ合併は難しい

ff00b47c

ヨーロッパ

ユーロ安、原油安で景気が回復傾向、さらに金融緩和の予定

ドイツ国債は、これまでマイナス金利になるほど買われ過ぎだった、最近やや値崩れ

ギリシャの債務返済期限は6月末、経費を削減しないと難しい

イギリス保守党のキャメロン首相は、財政赤字2割削減、付加価値税を2.5%引き上げたにもかかわらず、選挙で大勝

28dcd328

中国

国際的に、政治力は国連安全保障委員会常任理事国など、ある程度あるものの、経済力が弱いため、AIIB(アジアインフラ投資銀行)などを通じ、また中国元の基軸通貨を目指している

AIIB(アジアインフラ投資銀行)中国が30%、ヨーロッパが25%の出資、中国が主導権を保とうとしている

上海株、NYを抜いて、売買高世界一、ただ、中国国内では製造業、不動産がバブル崩壊の可能性

002bb129

新興国

新興国は金融緩和、引き締めなど、金融政策の影響が出やすい。特にインフレになりやすい。とにかく、まずインフレを抑える。インフレを抑えると金融緩和ができる。

ブラジル、インドネシア、トルコは、アメリカの金利引き上げで窮地に陥りそう。

韓国

ウォンが7年ぶりの高値、輸出が苦しい、中国、アメリカとの関係のため、AIIB(アジアインフラ投資銀行)、ADB(アジア開発銀行)の両方に参加

インド

経済成長7.5%(中国7%)、今年3回目の金利引き下げ、ただし、国内景気は数字ほどよくない

ブラジル

資源国で、原油、鉄鉱石の価格が下がり、最大貿易相手国の中国の景気減速で2015年はマイナス成長、ワールドカップ、オリンピックの影響が出てきている

オーストラリア

高金利通貨が魅力だったが、金利引き下げが続き、推奨銘柄から外される。最大貿易相手国の中国の景気減速

34fad5c5

金融市場

為替

ドル円:円安

ユーロドル:ややユーロ安

新興国:やや安

株式

米株:イエレン警告、ドル高で、やや安

日株:高

債券

国債:金利やや上昇

商品

金:やや上昇、原油:やや安(シェールオイルが回復傾向)


国際金融のファンダメンタルズについて

国際間のお金の流れ、貿易3%、投資97%、実は貿易収支、経常収支に以前ほどの意味はなくなってきている

投資は株で動く時、と、金利で動く時がある。正常な経済ではインフレ率=金利

財政赤字では通貨の信頼がない

購買力平価説:ビッグマックセオリー(世界各国でのビッグマックの価格)は、もはや均衡していない

地政学的リスク:昔は有事はドル買い、今はドル売り(戦争当事者がアメリカのため)

市場は、実際の数字よりも、実際と予想の差で動く

フォワードガイダンスによる、リスクの麻痺。ガイダンスがなければ、リスクを取らない







livedoor プロフィール
最新記事
Archives