2015年08月

2015年08月27日

東大情報学環の中原淳先生のブログ

鉄がまだ熱いうちの仕事経験、時が止まっているシニア!?

に大変興味深い記述がありました。

f5ed5314


「入社してからはじめて出会った上司、3年目くらいまでにした若いときの経験って、意外に、その後、ひきずると思うんですよ」

やはり同じようなことが言われていて、たとえば、例をあげるとすると、

1)入社したときにどの上司に出会うかによって、その後のキャリアや給与が、ある程度、決まってしまうこと

2)入社から3年目くらいの仕事経験が、マネジャーになるかならないかを、ある程度、予測してしまうこと

3)3年目までの仕事経験によって培われた仕事の信念が、のちの業績成果に影響を与えてしまうこと

などという研究が存在します。


328ad36a

同様なことを

基盤キャリアの形成は35歳まで、「最初にどこで働き始めるか」が重要




基盤キャリアは35歳くらいまでに形成される、それゆえ、それまでの仕事環境が大切

就職した企業、職場の、タコツボのように、閉鎖的な価値観の影響を、知らない間に強く受けることになります。

同じ企業に就職したとしても、配属先の職場、上長、担当する業務、プロジェクト、一緒に働く人々により、価値観、キャリア形成は全く違ったものになります。

やっかいなのは、35歳までのキャリア構築は、どこで働けばよいか、事前にわかるのではなく、結果として、ここで働いてよかった、そうでなかった、とわかること、でしょうか。


と書きました。

6ae8df80

ここでポイントが2つあります。

1.入社する会社は自分が選ぶことができたとしても、配属先の職場、上長、担当する業務、プロジェクト、一緒に働く人々は、自分では決めることができない、ということです。

これは何も入社する会社に限ったことではありません。例えば、入学する大学、学部、学科は自分で決めることができたとしても、学習する科目を担当する先生、あるいは、一緒に学ぶクラスメイトは自分では決めることができません。

つまり、自分がコントロールできることは、ほんの一部で、本人にはコントロールできない要素が伴う環境下での対応、となります。

a6a7d915

2.上記にも書いたとおり、どこで働けばよいか、事前にわかるのではなく、結果として、ここで働いてよかった、そうでなかった、とわかること、でしょうか。

中原先生のブログにある、「入社してからはじめて出会った上司、3年目くらいまでにした若いときの経験って、意外に、その後、ひきずると思うんですよ」とは、中堅、シニアの人が、後から振り返って感じた記述でしょう。


つまり、キャリアとは、本人にはコントロールできない要素が伴う環境下で、事前にはよくわからず、結果としてわかる状況で形成していく、ということでしょうか。

さらに付け加えるならば、事前にある程度のキャリア計画はあるとしても、刻々と変化する時代、状況に合わせて、計画も修正していかなければなりません。

946e73e3

人生とは、何かを計画しているときに起きてしまう「別の出来事」である




人生とは、何かを計画しているときに起きてしまう「別の出来事」である (シリア・ハンター)

人生は、「計画」をいつも超えていきます。

だからといって、「計画をしないこと」が知性的態度とはいえないのですが、人生を愉しむためには、一方で「計画」をしつつも、他方では「計画を超えること」を受け入れ、新たに変化することを厭わぬ姿勢が求められます。


と書いたとおりです。


後から振り返って、「あれがターニング・ポイントだったな」と感じることがあります。

ただ、その当時は、「たまたま」だったりすることがほとんどです。

つまり、重大な人生の決断、よりも、「たまたま」がターニング・ポイントだったりします。

もちろん、振り返ったときは、いろいろな理由をつけたり、説明できたりします。でも、その時は、「たまたま」だったりします。

plan-b-002-630x355

キャリアは偶然をたぐり寄せつつ、構築していく。プランBも用意して

に書いた、


権利があるから、人は何かするわけではない。したいからする。

たまたま、というのは、世の中の仕組み

後から理由をみつけること、説明することはできる。でも、事の始まりは「たまたま」でしかない

直感の大切さ、反面で、その危うさも理解しつつ、即興の世界の中を、プランBを用意して、偶然をたぐり寄せつつ、構築していくのがキャリア


のようのキャリア形成は、答えが見つからず、模索中というのが正直なところです。



2015年08月20日

東大、早稲田、慶応などの大学院で、経済、金融、企業戦略などを教えている宿輪純一先生の勉強会

宿輪ゼミ「国際経済・金融情勢」

に参加しました。

前回の参加は、

ギリシャ危機、中国株価急落は一段落、市場は次のステージ、アメリカの金利引上げ、ドル高へ移行で、国際経済はどうなる?

で7月中旬でした。

7

この時からのポイントでは、

・ギリシャ危機は一段落

・アメリカの金利引上げ予測が、場合によっては早まる可能性も

中国の景気がさらに減速、IMF通貨であるSDR(特別引出権)への中国通貨人民元の参加を求めていたのに、

通貨バスケットを2016年10月まで凍結

されたことへの抗議も含めて、人民元が短期間で3回切下げ、


それに追い打ちをかけるかのように

天津(世界第4の貿易港)で大爆発、

ということでしょうか

img_tpp03

中国主導のAIIB(アジアインフラ投資銀行)、アメリカ主導のTPP(環太平洋パートナーシップ協定)のように、アメリカvs中国の構図が鮮明になってきています。

CNN English Express2015年9月号にも、

国際宇宙ステーション、NASAからの中国締め出し、

IMG_20150820_192642896

ハーバード大学で、中国人に対し、成績が上位にもかかわらず、増え過ぎを懸念して、比率を厳しく

IMG_20150820_192446122

などの記事が見られます。

これらの記事を読むと、アメリカは中国に対して、特に世界貿易機関(WTO)参加前における、技術の盗用、模倣をひどく嫌悪していることが読み取れます。

002bb129

「TAK」さんは中国人の友達も多いので、言いづらいのですが、日本に来ている中国人留学生の方々は概ね、親切で礼儀正しいのですが、

中国国内、あるいは日本、海外で中国人旅行客の方を見かけると、

平気で列に割り込む、喫煙禁止区域で平気で喫煙、

レストラン、カフェに大量に押しかけ、まず、席を占拠し、ほんの数名だけが飲食、他の人々は席だけ占拠して、他の人々を排除

など、不快な思いをしたことも少なくありません

今後の国際政治・経済の構図は、アメリカvs中国という構図は間違いなさそうです。

20150629-00000006-asahi-000-1-view

さて、ギリシャ危機については、ドイツ、フランスなどEU諸国もギリシャも、ギリシャのEU離脱は望むものではなく、残留する条件についてギリギリの折衝が行われ、ギリシャ提案をEU諸国が受け入れ、またギリシャ国内でも議会が可決し、一応の危機は脱しました。

もっとも、この財政再建案を達成するには、国民に相当の負担を強いることになります。

cn20141215_15

中国株価については、政府が大規模に介入し、一段落しました。ただ、中国の成長の減速、ヤミ金融排除のための金融の自由化、により、バブルがはじけていくことになります。

自由経済化が進んだとは言え、まだまだ、統制経済の中国では政府のコントロールが効きますが、経済成長の減速は避けられません。


当面の喫緊の課題であった、ギリシャ危機、中国株価急落が一段落したため、世界の市場は次のステージ、アメリカの金利引き上げ、ドル高、へ移行していくことになります。

ドル1

いつも言っていることですが、織り込み済みのはずの、予期される事項が、いよいよ現実味を帯びてくると、金融市場は、起こるはずのことが、起き出すと一気に進む、ので、手遅れになる前に、早めに対応したいところです。


さて、前置きはこれくらいにして、ゼミで出たお話をまとめます。


全般的には、国際経済・金融も夏枯れ状態、中国の経済成長減速、アメリカの金利引き上げがポイント

中国

人民元、政府が管理する変動相場制、切上げ、切下げ、は通常1回だけ、連続3回は歴史上初めて、

通常、為替は経済対策としてではなく、政治対策として使用する

通常、国際会議(アメリカと対話する機会)の前に切上げる

886c2068

今回の連続3回切下げは、10月にペルーで開催されるIMF総会で、中国がIMF通貨であるSDR(特別引出権)の構成通貨(現在、米ドル、英ポンド、ユーロ、日本円「主要な国際通貨」)の一つに人民元の採用を求めている、
ことに対し、2016年10月まで凍結すると発表したことに対する抗議の表れ

実効為替レート(貿易相手国の通貨の加重平均)で、貿易黒字分を介入して、プラスマイナス0になるようにコントロール、今回は米ドルで介入

天津の爆発により、世界第4位の貿易港が当面使用できず、輸出入不可

08ab531c

アメリカ

金利引き上げの時期、大方の見方は12月だが、早ければ9月ということもあり得る、これは市場が織り込んでいない

ドル円では、ドル高円安の方向、一時的に逆のドル安円高になったのであれば、買う時期

株価は好調な景気が支えているが、金融緩和が終了したので、下がる方向

インフレ気味で自動車ローンのバブルが崩壊するおそれ

フォワードガイダンス(金利をここまでは上げない)は慢心を呼び、逆にリスク

アメリカの金利が上がると新興国の資金が引き上げられ、金融危機に、前回はアジア、特にタイ、前々回は南米

rakuten_0413_2

日本

4〜6月のGDPがマイナス1.9%、個人消費と輸出が不振

給与は上がっているが、労働力人口が減少しているので、総給与が上がらない

工場等の生産拠点が海外に移転済み、輸出先の景気が大切

景気加速が期待されたオリンピックがスタジアム、エンブレム問題で停滞

円は低リスク通貨とされ、リスク時に高くなるが、中長期的にはそうではない

年金資金が安定的に株を買うので株価が安定

ff00b47c

韓国

フェリー事故以降、景気が不振


ヨーロッパ

ギリシャ問題がひとまず安定、国有資産の売却で対応

イギリス、ポーランドにEU離脱の声


東南アジア

タイ、マレーシア国境のイスラム過激派によるテロ

img_24631d9f398d43c7ae2e21c01ef9651313137

石油

アメリカとイスラエル(ネタニヤフ政権)との対立、それに伴うアメリカとイランの国交回復による制裁措置の解除、中国の経済成長減速による全面安

rate

為替レートの決定要因

かつては貿易とされていたが、世界決済資金の比率は貿易3%、投資97%で、投資で決まる

為替レートの調整は、かつてはタイムラグがあったが、今では瞬間的


経済行動

直接の経済データよりも、データプラットフォームの日経新聞などを見て、人々は行動を起こす。

また、自分がどう考えるか、よりも、他の人々はどう行動するか、というコンテスト予測


金融市場

為替

ドル円:レンジ

ユーロドル:レンジ

新興国:安

株式

米株:やや安

日株:やや高

債券

国債:金利やや低い

商品

金:安、原油:安





2015年08月18日

テレビのない生活からわかった、現代のテレビの役割

で書いたように、地デジ対応テレビを買いました。

メーカーの保証書をいただくのですが、これには、

「販売店の押印がないものは無効です」

と記載されています。

IMG_20150817_21294826

ところが、その販売店の押印がされていないので、配送の人に、それを示した上で、

「押印がないと保証書が無効なので、押印をお願いします」

と言ったところ、

「私たちは押印しません」

と言って、押印してくれません。

配送の人と口論しても仕方がないので、本店に電話したところ、

「配送の場合は押印しません。領収書で代替します。どうしても押印してほしければ、来店してください」

などと言い出す始末です。

IMG_20150818_162914219

過去に、その販売店で、テレビを配送で買った時の保証書を見ると、その販売店のシールが貼ってあります。

そのことを言うと、

「昔はそうだったかもしれませんが、今はシールを貼らないし、押印もしません」

との返事。

「メーカーの保証書には、「販売店の押印がないものは無効です」と記載されてますよ」

と言うと、

「配送は別会社なので押印できません。領収書で代替して、トラブルになったことはありません」

との回答


「そうであるならば、

領収書に、「この領収書はメーカー保証書の押印の代替となります。大切に保管してください」という記載があり、

メーカーの保証書にも、「購入時の領収書があれば有効です」

と記載されているべきではないですか?」


「それはそうですけど、・・・・」

d0069398_0433277

昔は、テレビなどの家電製品は、街の電機屋さんで購入し、

その電機屋さんが各家庭に配送、設置し、そして使い方を説明し終わった後に、

保証書を取り出して、それを説明し、押印しました。

tokyoyodobashi12061

今では、大型量販店、あるいはネット通販で、販売業者と配送、設置業者が異なる場合も少なくありません。

その場合、製品のパッケージを開封し、メーカー保証書を取り出し、押印する、という作業は、なじまないのかもしれません。

asp

そうであるならば、上記のように、

領収書に、「この領収書はメーカー保証書の押印の代替となります。大切に保管してください」という記載があり、

メーカーの保証書にも、「購入時の領収書があれば有効です」

と記載されているべきで、消費者に「販売店の押印がないものは無効です」

と記載されている保証書を渡してはいけません。

移りいく購入形態への対応は、業界が行うべきで、消費者に、その「ねじれ」「矛盾」「リスク」を転嫁すべきではない、のは言うまでもありません。

img

やる気のない担当者を生み出すメカニズムとそれへの対応




学習とは、「ポジティブな方向」にむくとは限りません。学習は「ネガティブなもの」にもひらかれている。ネガティブなものを「獲得」し、ネガティブに振る舞うことを覚えること。それも「学習」。

「出来事の非対称性から生じるバイアス」受付にとっては「患者が通院してくるという出来事」が、「日々繰り返されるオペレーション」であるのに対して、患者にとっては「当事者意識の強い、一回性の、しかもネガティブな出来事」

ここで、

非対称性(当該当事者には、日々繰り返される出来事、カスタマーにとっては、非日常的(毎日あることではなく、まれにしかないこと))

であることがポイントです。

毎日することであれば、それなりに対策を考えますが、まれにしかないことだと、今回は我慢するか、となってしまいます


と書きましたが、

・数年に1回しかなく、

・壊れてしまったので、買い替える、という不快な出来事

である、家電製品の購入は、まさに

非対称性(当該当事者には、日々繰り返される出来事、カスタマーにとっては、非日常的(毎日あることではなく、まれにしかないこと))

に該当します。

95a3d8f7

本件の対応については、「TAK」さんが「ねじれ」「矛盾」「リスク」を転嫁されない解決をお願いしますが、

先日考えたことがまさにあてはまる事例でした。




2015年08月14日

今年は戦後70年、しかし、70年たっても、日本はなぜ戦争へ突き進んだのか?検証はできていません。

憲法と安保関連法案、戦争と平和の条件

に書いたように、国会で安全保障関連法案が審議される中、

礒崎陽輔氏を参院特別委・鴻池祥肇委員長が説教「参議院は官邸の下請けではない」

参院特別委・鴻池祥肇委員長が礒崎陽輔首相補佐官の安全保障関連法案の法的安定性についての発言の質問において、

「参議院の存在というのは、先人が苦労して二院制に持ってきて、先の大戦から、貴族院が止められなかった、あの軍部の戦争に至った道というのを十分反省をしながら、参議院の存在を一生懸命作り上げた」

という発言がありました。

02

日本経済の現代史を振り返り、財政再建の道を探る




政策責任者は、リアルタイムで刻々変化する、不透明、不確実、不確定な状況で政策判断、決定を下さなければなりません。かつ、責任は重大です。

一方、歴史を振り返るのは、既に結果を知っており、「あの時、こうすべきだった」という、責任もなく、気楽なものです。

ただ、この振り返り、を行うことにより、今後の教訓を得ることができます。


と書きましたが、戦争への道を誰も止めることができなかったのか?

少し考えてみます。

img724d3924zik0zj

国際社会でのパートナーシップとは、複雑で、常に動き、変化する生態系

外交とは可能性の芸術である。状況が激しくうねる中で、一瞬のチャンスを捉えて可能性を追求する




昭和初期の日本は軍部主導で、日米開戦のまっしぐらのような印象がありますが、実は日米開戦前夜まで、日米双方で開戦回避の努力もされていました

日米両国の国力の圧倒的な差を知っていたのは、ほかならぬ陸海軍、特に海軍であったでしょう。

ところが、当事国同士がいくら戦争を回避しようとしていても、戦争してもらいたい国もあります。

第1次世界大戦では、セルビアでのオーストリア皇太子暗殺事件が引き金となり、複雑な各国の同盟関係により、ヨーロッパ各国は戦争回避へと懸命の努力をしたのにもかかわらず、ヨーロッパを戦場をする大きな戦争になってしまいました

その教訓は十分に承知しながらも、必ずしも望まない当事者同士が戦争せざるを得ない状況に追い込まれる。これは今も当てはまる教訓です


140701アジア

終戦の日を迎えて これからのグローバル社会は?


戦前、憲法の下、議会、内閣、司法の三権がありながら、軍部、特に陸軍の暴走を止められなかった理由として、

帝国憲法(明治憲法)第11条

「天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」

と陸海軍の統帥権が内閣になかったことが問題で、明治憲法は欠陥憲法であった、という議論があります

「TAK」さんは工学系なので、法律議論は

統帥権の独立

など他に譲りますが、明治憲法は伊藤博文、井上毅らがヨーロッパの先進事例を十分に調査した上で、天皇と議会、内閣という制度に適した立憲主義のドイツ憲法を手本に作成したもので、アジアでは初の憲法であり、当時としては優れたものです

また、上記URLにある通り、統帥権とて、平時ではなく、有事のもの、というのが法的解釈です


minobe

外交と世論、この複雑なバランス




君主の権利が憲法によって制限される立憲君主制


と書きましたが、明治憲法下では主権者の天皇と言えども、憲法の制約を受け、それを説明するのが美濃部達吉教授の「天皇機関説」なのですが、

天皇機関説問題

にあるように、美濃部の著書『憲法撮要』などの発売頒布禁止処分、岡田啓介首相が天皇機関説を否定する「国体明徴声明」を2度にわたって出すことで事態を沈静化させたが、これにより明治憲法下における立憲主義の統治理念が公然と否定されることとなっていきます。


国際的には、1931年満州事変、1933年国際連盟脱退、国内では1932年5・15事件、1936年2・26事件と、時局は悪化の一途をたどりますが、追い打ちをかけたのが、1936年軍部大臣現役武官制の復活でしょうか

lt1945719458-13-638

軍部大臣現役武官制ってどんな制度なんですか?


軍部大臣現役武官制は1900年に成立して,1913年に改正,そして広田弘毅内閣時の1936年に復活しています。ここでは軍部大臣現役武官制の内容と1900年成立と1913年改正の意義を簡単に見た後,1936年に復活した背景と意義を確認しましょう。

軍部大臣現役武官制とは
陸軍大臣・海軍大臣(まとめて軍部大臣)は,現役の大将・中将から任用するとした制度。

◆この制度のポイント
この制度により,軍部は自分たちの意見が内閣に受け入れられない場合に,軍部大臣を辞めさせたり,後任を出さなかったりすることで,内閣を総辞職に追い込むことができた。つまりこの制度が成立したことで軍部は内閣の成立や存続に関わることができるようになったので,自分たちの意向をより政治に反映できるようになった。

1900年 軍部大臣現役武官制成立
第2次山県有朋内閣が成立させた。軍部大臣現役武官制を導入することで,軍部に政党の影響力がおよぶのを防ごうとした。

≪制度の成立によって影響を受けた例≫
1912年 上原勇作陸軍大臣が辞任,陸軍が後任を出さなかったため,第2次西園寺公望内閣は崩壊。

1913年 軍部大臣現役武官制改正
第1次山本権兵衛内閣は,軍部大臣の資格として現役でなければならないとした規定を改正し,非現役でも大将・中将であればよいとした。この改正により軍部の内閣への影響力を弱めようとした。

1936年 軍部大臣現役武官制復活
二・二六事件の後,陸軍の政治的発言力が強まり,陸軍は広田弘毅内閣の組閣人事などにも介入していた。広田内閣は軍部の要求を受けて,軍部大臣現役武官制を復活させた。ここでいう「復活」とは軍部大臣は現役でなければいけないという規定の復活をさす。この復活により,内閣に対する軍部の発言力は一層強まった。

≪制度復活によって影響を受けた例 ≫
宇垣一成内閣の不成立,米内光政内閣の崩壊。


decision-process-of-japanese-government-in-world-war-ii-7-638

この制度により、上記のように、

軍部は自分たちの意見が内閣に受け入れられない場合に,軍部大臣を辞めさせたり,後任を出さなかったりすることで,内閣を総辞職に追い込むことができた。つまりこの制度が成立したことで軍部は内閣の成立や存続に関わることができるようになったので,自分たちの意向をより政治に反映できるようになりました。

ただ、当時、組閣の大命は、元老の西園寺公望が後継首班を天皇に奏薦し、天皇から候補者本人に、組閣の大命が伝えられるのですから、軍部の組閣介入行為は、天皇の命に背くもの、という感もあります。

宇垣一成陸軍大将は、陸軍大臣時代に軍縮を行うなど、陸軍を抑える期待を背負っていたわけですが、大将ですが、現役ではなく予備役でした。

陸軍からの反発は激しく、陸相を推挙しないことになり、宇垣内閣は流産します。

広田弘毅内閣が軍部大臣現役武官制を復活していなければ、宇垣一成首相は陸軍大臣を兼務すればよかった訳です。

宇垣内閣流産

上記のように、天皇の命に背くもの、「違勅ではないか」と批判する声もありましたが、かき消されてしまいます。

7shi_3

戦後、広田弘毅は外交官出身であるにもかかわらず、軍人以外ではただひとり、A級戦犯、とされます。

上記のように、国内外で時局が悪化する中での政局運営は熾烈を極め、広田弘毅が尽力したのは間違いありません。

ただ、上記のように、広田弘毅内閣が軍部大臣現役武官制を復活したために、一気に軍部が政治に介入するようになったのも間違いありません。

軍部大臣現役武官制を復活しなくとも、やはり、日本は戦争への道へ進む道は避けられなかったかもしれません。

ただ、振り返って、「あの時、こうしていれば」という、重大な事例ではあります。こういった事例から、学んでいくことが求められる感がします。




2015年08月12日

基盤キャリアの形成は35歳まで、「最初にどこで働き始めるか」が重要




基盤キャリアは35歳くらいまでに形成される、それゆえ、それまでの仕事環境が大切

やっかいなのは、35歳までのキャリア構築は、どこで働けばよいか、事前にわかるのではなく、結果として、ここで働いてよかった、そうでなかった、とわかること

ある時代には大切だったことが、時代、社会が急速に変わって陳腐化してしまうこともあります。

例えば、「TAK」さんが学生の頃は、これからは電子工学の時代、ということで多くの工学部卒業生がこの分野に行ったのですが、現在、電機不況によるリストラにあえいでいます。

逆に言うと、キャリアも環境も、時代、社会の変化に合わせて自分で構築していくしかない、とも言えます。


と書きました。

a289e633

これについては、明快な解答がありません。

これまで考えたことを付け加えていきます。

キャリア構想、最近の流れを考える2015


キャリア戦略にも出口戦略が大切

スタンフォード大学ビジネススクールにいると、在学中に起業する

・出口戦略を持ってビジネスを始める。これがないと、具体的な事業戦略が立てられない

と書きましたが、終身雇用が期待できない時代、キャリア戦略にも、

途中のプロセスはともかく、どういう形で卒業するのか?出口戦略を持っていることが大切です。

・成功したアントレプレナーとて、必ずしもグレートアイデアを持っていた訳ではない。凡庸なアイデアを改善していく。何かにつまづく。誰かのアイデアをまねる。一般的なサービスを改善していく。

・グレート・ビジネスに、必ずしもグレート・アイデアは必要ない。 

・ビジネスプランを書くことで、どうやってビジネスを運営するか?自分の前提条件、がわかる

・会社が成長すると、必要とされる人材も変わる。創業時は何でもできる人、成長期は専門性を持ったスキルを持つ人

・自分がコントロールできることだけでなく、コントロールできないこと、運も大切、経済状況、外部環境はコントロールできない

・最良の方法はやってみること


などのアントレプレナー戦略は、キャリア戦略としても大切です。


552ce852

よくできる人は、よくつながっている人である


「よくつながっている人」には、いろいろな機会が舞い込みます。その中から、適宜取捨選択して活用していきます。

機会が舞い込むのは、意識的なものもあれば、本人は意図しないものもあります。

意図しないため、「たまたま」と感じます。

イノベーティブなビジネスパーソンは、組織内外のネットワークの中で情報が集まり、新たな物事が生まれるような「構造的周辺」に、自らの身をおくような振る舞いを、自然としている


b8253509

計画立案と実行、フィードバックのバランス




「泥棒を捕まえてから、縄をなう」が戒められてきたように、以前は計画は周到に準備しておくことがよい、とされていたのですが、

変化が速い時代には、計画を実行する段階には状況が変化しており、さらには、メール、ツイートにより、リアルタイムで反応が得られるようになったため、

計画は、あまり精緻なものではなく、暫定的なものにしておき、反応を見ながらフィードバックしていく、スタイルに変わっているようです。


index

目標は明確にすべきなのか?


目指す目標、目標達成のために解決する問題、課題が、かなり流動的で、急激に変化、変質することが、よくあります。また、突然、新しい課題が発生したり、課題同士が複雑に交錯することもあります。

ある目標のために蓄積していた技術が、突然、陳腐化し、不要になることも珍しくありません。

それゆえ、目標は社会、環境に合わせて、柔軟に変更しなければなりません。

それに応じて、目標達成のために解決する問題、課題も変更していかなければ、なりません。

「これだ!これしかない!」とあまりにも目標を決め付けると、柔軟性がなくなります。


man-climbing-career-ladder-10880381

キャリアアップと「夢を持って、自分のやりたいことをやる」について


第1志望の大学には入れなかった、希望するゼミ、研究室には入れなかった、修士論文のテーマは必ずしもやりたいテーマではなかった

必ずしも自分がやりたいことはできなかったけれど、夢を持ちつつ、折り合いをつけてきたのではないでしょうか?

まず、目の前の仕事、顧客であるクライアント、上司、同僚の期待をくみ取りつつ、結果を出して、「夢を持って、自分のやりたいことをやる」へとつなげていくのではないでしょうか?

「夢を持って、自分のやりたいことをやる」

ただ、これだけ言われても、困ってしまい、茶番になってしまうかもしれません。

しっかりと結果を出し、実績を積み、信頼を重ね、ネットワークを広げていくことが、「夢を持って、自分のやりたいことをやる」へつながっていきます。


この辺がこれまで考えていたことなのですが、新しい考えをいくつか、いただきました。

career-ladder

人生とは、何かを計画しているときに起きてしまう「別の出来事」である (シリア・ハンター)


人生とは、何かを計画しているときに起きてしまう「別の出来事」である (シリア・ハンター)

人生は、「計画」をいつも超えていきます。

だからといって、「計画をしないこと」が知性的態度とはいえないのですが、人生を愉しむためには、一方で「計画」をしつつも、他方では「計画を超えること」を受け入れ、新たに変化することを厭わぬ姿勢が求められます。



若い頃は自分の得意な事が人生を押し上げてくれるが、大人になると自分が苦手だったものを克服したノウハウが大いなる武器となりうる。


若い頃は自分の得意な事が人生を押し上げてくれるが、大人になると自分が苦手だったものを克服したノウハウが大いなる武器となりうる。



繰り返しになりますが、キャリアについて明快な答えはなさそうです。

探しながら、構築していくことになりそうです。



2015年08月04日

35歳をポイントとするキャリアのサイトに面白いものがいくつか、ありました。

ひとつは、社会派ブロガーChikirinさんの

最初に働く場所の選び方


35才では既に、“差が付く”“差が大きくなる”というレベルではなく、圧倒的な力の差ができてしまう。それが、今の「働く世界」の現実です。

35才といえば、23才で就職して 12年、大学院を出て 25才で就職したら 10年です。

この 10年から 12年で、決定的に違う未来が確定してしまう。

だから「最初にどこで働き始めるか」が非常に重要になってきたんです。

「とりあえず大企業」という思考停止のデメリットが、極めて大きくなってきた


5b2891d5

もうひとつは、安達裕哉さんの

「安定した職についた人たち」の価値が、暴落しつつある。


「本当に仕事が始まるのは、実は35歳からじゃないかと思っているんです。」

「中途採用の募集をして、以前に比べて多彩なバックグラウンドの人に優秀な人が増えた、と実感しているんです。」

「複数の製造業でラインのマネジャーをしていた方、もう5社ほどのITスタートアップ企業を渡り歩いてきた技術者、証券、保険、銀行と金融の会社で営業をしてきた人。皆、とても面白い方々でした。」

「それに比べて、35歳になるまで、大企業の子会社にずっと居ました、とか、中堅の商社で10数年やって来ました、とかそういった経歴の人は、全く面白くない。」


a2826961

言い回し、ニュアンスに多少の違いはありますが、

基盤キャリアは35歳くらいまでに形成される、それゆえ、それまでの仕事環境が大切

というものでしょうか。

おふたりとも、大企業に否定的なようです。


さて、今日は、このテーマについて考えてみます。

10代の最大イベントは大学入試かもしれない、回避するとどうなるか?

に書いたように、

大学入試とは、良くも悪くも、人生前期の最大イベントで、相当の努力をします。

66b9d323

人生前期の最大イベントが大学入試ならば、次のイベントが35歳までのキャリア構築になります。

Chikirinさん、安達裕哉さんは、大学卒業の22歳ころから35歳ころまでの期間を指してますが、「TAK」さんは、大学入学時の18歳から、キャリア構想、就活を含めて始まっている、と考えます。

やっかいなのは、大学入試は、ともかく一生懸命勉強すれば、それなりの結果がついてくるのですが、35歳までのキャリア構築は、どこで働けばよいか、事前にわかるのではなく、結果として、ここで働いてよかった、そうでなかった、とわかること、でしょうか。

6a629db8

大学入試までの価値観は、東大、京大など、最近だとハーバード、スタンフォード大学など海外の大学も含めて、とにかくプレステージの高い大学に入学すること、と単純明快でした。


価値観は住んでいる「世界」に影響される、だから住む「世界」を大切に




・価値観は住んでいる「世界」に影響される、だから住む「世界」を大切に

・無意識のうちに自分が住んでいる世界の価値観に染まってしまう。


と書きました。

1

大学入学後は、所属する学部、学科、研究室、あるいは就職した企業、職場の、タコツボのように、閉鎖的な価値観の影響を、知らない間に強く受けることになります。

そのタコツボ社会では「よい」とされることを一生懸命やったのだけれど、他の世界では、あまり価値のないことに労力、時間をつぎ込んでいた、なんてこともよくあります。

あるいは、ある時代には大切だったことが、時代、社会が急速に変わって陳腐化してしまうこともあります。

例えば、「TAK」さんが学生の頃は、これからは電子工学の時代、ということで多くの工学部卒業生がこの分野に行ったのですが、現在、電機不況によるリストラにあえいでいます。

同じ企業に就職したとしても、配属先の職場、上長、担当する業務、プロジェクト、一緒に働く人々により、価値観、キャリア形成は全く違ったものになります。

a289e633

35歳までと言うけれど、いくつになっても、その気になれば取り戻せるんじゃない、という声もありそうです。

「人生、いくつになっても遅すぎることはない」には、いくつかの意味があります。

諦めてしまうくらいならば、チャレンジした方がずっといい。

ただし、タイミングを逃してしまうと、取り戻すのが難しいことがたくさんあるのも事実です

結婚・博士号取得・出産・子連れでのハーバード大学大学院留学




女性は出産という大役があり、しかも出産には年齢による生物学的制約が伴います。

32歳を超えると出産する能力は低下していくそうです。

32歳までに出産するには、2年前の30歳までには結婚していなければならない、30歳までに結婚するには2年前の28歳までには結婚を前提とした人と付き合い始めていなければならない、ことになります。


東大ウィンブルドンテニスクラブのブースにて




「友達作り」「恋愛」だって、社会人になってからもしますが、大学時代のサークル活動などの課外活動、「友達作り」「恋愛」は、この時期にしかできない、貴重なものです。


教養課程で勉学をさぼってしまい、専門課程で思い直してしっかり勉強したとしても、教養科目の欠如は補うことができません。

など、繰り返しになりますが、タイミングを逃してしまうと、取り戻すのが難しいことがたくさんあります

614e4af8

変化が激しく、不確実な時代に、35歳までのキャリア構築は、大切なのは間違いないのですが、どこで働けばよいか、事前にわかるのではなく、結果として、ここで働いてよかった、そうでなかった、とわかること、でしょうか。

逆に言うと、キャリアも環境も、時代、社会の変化に合わせて自分で構築していくしかない、とも言えます。

images3

まとまりがなくなってきましたが、

キャリアは偶然をたぐり寄せつつ、構築していく。プランBも用意して

に書いた、


権利があるから、人は何かするわけではない。したいからする。

たまたま、というのは、世の中の仕組み

後から理由をみつけること、説明することはできる。でも、事の始まりは「たまたま」でしかない

直感の大切さ、反面で、その危うさも理解しつつ、即興の世界の中を、プランBを用意して、偶然をたぐり寄せつつ、構築していくのがキャリア


で締めくくります。







livedoor プロフィール
最新記事
Archives