2016年03月

2016年03月27日

東工大MOTオープンハウス「MOT分野で活躍する女性たち」

という案内が来ました。

4

最近の東工大MOTオープンハウス、セミナーの様子は、

イノベーションをサイエンスするー東工大MOTは進化します

東工大MOTオープンハウスに行ってきました。東工大MOTは進化し続ける

東工大MOTは「文理の壁」を超えられるか?

東工大MOTは「イノベーション科学の創成」ができるか?

に書いてきましたが、3か月に1回の頻度で開催していることに、東工大MOTのやる気、を感じます。

3ea886de-s


「MBA、MOTは、今ではビジネスには使えない。」のような言葉をよく聞きます。

これは正確ではありません。

社会、時代、技術が急激に変化しています。

それなのに、以前のMBA、MOTのテキスト、カリキュラムを持ってきて、適用しようとしても、ムリがあるのは当然です。

それゆえ、各大学等教育機関のMBA、MOTのカリキュラムも大きく変化したり、あるいは新たなプログラムが加わっています。

a7d74ae6-s

MOT教育コア・カリキュラムの開発

MOT 教育ガイドライン

があり、それに沿う形で、

技術をビジネスにするのに必要な、技術経営、知財、品質、マーケティング、ファイナンスなどの科目で構成されていました。

これらがMOT(技術経営)のエッセンスであることに変わりはありません。

ただ、エッセンスを学んだだけでは、変化が急激な時代での対応には不十分です。

今回の改革では、バイオ、技術政策、データ・アナリシス、ゲームの理論などの科目が加わり、エッセンスに加えて、いろいろな展開が広がる選択肢が増えました。

欲を言えば、デザイン思考に関する科目がほしい、というところでしょうか?


5

このオープンハウスは、「MOT分野で活躍する女性たち」とあります。

東工大MOTオープンハウスに行ってきました。東工大MOTは進化し続ける

に書いたとおり、東工大MOTは、研究室、教員の相当数の入れ替え、それゆえ、カリキュラムが相当の変更になりました。その結果、多くの女性教員を採用することとなりました。

MOT(技術経営)分野に、より多くの女性が入ってくると、MOT自体が多様化し、新たな進展も期待できるのでは、という期待感もあります。

ただ、このオープンハウスは正直言って、消化不良なものでした。

多くの女性教員をMOTに採用したことはわかりましたが、その女性教員に単に研究内容を発表してもらうだけではMOT(技術経営)になりません。

「MOT分野で活躍する女性たち」というタイトルである以上、新しい女性スタッフが加わったことにより、今後どのような進展があるのか?ワクワクするような内容がほしかった、ところです。

7

必要なスキルが多様化しており、複数の人が持っている専門性を組み替えて活用する力が必要

様々な人々が協働する時代では、必要なスキルが多様化しており、複数の人の専門性を組み替えて活用する力が必要。H型人材とは、強い専門性が1つあり、他の人の専門性と繋ぐ横棒を持ち、ほかの人とつながってHになる“人と繋がりやすい”人材の像

異分野のものを統合して、新しいものを生み出すには、専門性と統合性の両面が必要

上記のように、技術をビジネスにするには、コアの技術の専門性に加えて、他の技術、あるいは、技術経営、知財、品質、マーケティング、ファイナンスなどを取り入れ、組み込み、融合、統合していくことが大切です。

つまり、いろいろな研究、技術が「点」として散在している状態では、イノベーションは起きないし、ビジネスにもつながりません。

2fe3c4d9

東工大MOTは「文理の壁」を超えられるか?




東工大MOTはファイナンス、マーケティングよりも技術の先生方の層が豊富で、進学してくる社会人学生も技術系が多いです。文系から進学してくる社会人学生がいますが、「技術」を学ぶために、東工大に来ます。

ファイナンス、マーケティングが専門の教員を採用したとしても、「点」であり、「層」ではありません。「層」が形成されているのは、理工系、技術系の教員です。

MOTのグループワークには技術系だけでなく、商社、銀行など、の人々の参加もほしいところですが、はっきり言って、技術系が主流です。

東工大というと技術系が集まってくる、のは、東工大のアイデンティティーでもあり、技術系社会人が、技術をビジネスに結び付ける勉強をするために、東工大MOTに入学する、というのは極めて自然な流れです。

社会人が大学院に入学する際には、何かとハードルが高く感じられます。

技術系社会人にとっては、一橋大MBAよりも東工大MOTの方が、親近感を感じるでしょう。もっとも、既に技術のバックグラウンドはあるのですから、一橋大MBAで層の厚いスタッフから、財務、会計、マーケティングなどを学んだ方がよいのかもしれません。


と書きました。

6a629db8

東工大MOTは「イノベーション科学の創成」ができるか?




ビジネススクール、どんなクラスメートと一緒に学ぶのか?が大切

に書いたように、


ビジネススクール修了生の方からお話を伺うと、

「MBAコースではマーケティング、ファイナンスなど、ビジネス、経営の基本をコンパクトに学ぶことができます。

学んだことに加えて、大切なのが、グループワークなどを通じて、

自分以外の他の人々の考え方を知ることができます。

この多様な人々との学ぶプロセスが大切です。

ただ、最も役に立っているのは、一緒に学んだ人々との人的ネットワークです。

これは何物にも代えがたいものです。」

というお話が返ってきます。

36139f53

MOT(技術経営)に来るのは、研究がしたいからではなく、

・技術をベースとした企業戦略、マーケティング、ファイナンス、知的財産などがコンパクトに学ぶ、

・どうやって、イノベーションを起こすか、技術をビジネスに結びつけるか、を身に着ける

そうすることによって、キャリアアップを図るために来ます。

そうであるならば、研究内容を紹介するよりも、

技術をベースとした企業戦略、マーケティング、ファイナンス、知的財産のコア・プログラム、

あるいはモデル・グループワークなどを紹介した方がよいのでは、と考えます。

MOT(技術経営)とは研究主体よりも、上記のような高度なコアプログラムを提供し、修了生をキャリアアップさせることが主目的では、と考えます。


719876d0

ということで、せっかくのオープンハウスですが、単に女性教員を増やして、その女性教員らに研究内容を発表してもらうだけの、MOT(技術経営)でもなければ、志願者に向けたものでもない、消化不良なものだった感があります。

「TAK」さんは最近、東工大に対して「辛口」のコメント、見解になっています。

ただ、東工大は理工系のトップ大学として、国内では東大と競い合う立場です。

「TAK」さんは東大も東工大も修了していますが、現時点では、東工大の理工系の専門性よりも、東大の幅広いバックグラウンド、統合性の方が、はるかに勝っている、という実感です。

今後の東工大MOT(技術経営)の取り組みに期待します。







2016年03月23日

卒業式のシーズンです。「TAK」さんが卒業、修了した東京大学は3/24が大学院修了式、3/25が卒業式です。晴れるといいです。

523e49c7

毎年この季節には、卒業生へのエールを

社会へ巣立っていく卒業生へのエール

社会に巣立っていく卒業生の抱負

社会に巣立っていく卒業生へのエール

有志による自主卒業式のすすめ

卒業式は学生から社会人への、大切な節目の儀式

卒業式は学生から社会人への、大切な節目

のように書いています。

ただ、毎年、卒業式当日、あるいは終わってからの時期で、「事前に読んでいたかったのに」という感想をいただきますので、今年は1日前の今の時期に書きます。

なお、東大以外の大学は既に卒業式を終えた大学も多い、と思いますが、ご了承のほどを

e9411b58

皆さん、卒業おめでとうございます

今、希望に満ち溢れながらも、まだよく知らない社会へ旅立つことに、多少の不安もあるかもしれません。

もちろん、これから皆さんが進む道は順風満帆ではないでしょう。

うまくいかないこと、思うようにいかないこと、つらいこと、がたくさんあることと思います。

そのチャレンジングな課題に対し、皆さんの若い力で、一歩一歩解決していくことが、これからの社会の進歩につながっていきます。

4fdb7a59

毎日のように会っていた友達とは、残念ですが、しばしのお別れになってしまいます。

でも、友達はいつまでもたっても友達です。

いや、時が経つにつれ、ずっと重みが出てきます。

4年間に、語り合い、笑いあい、時には喧嘩し合った、友達とのつながりはいつまでも大切にしてください。

母校は、いつでも、皆さんを温かく迎えます。卒業してからも、時にはキャンパスを訪れて、後輩たちとのひと時を楽しむのもよいのでしょう

4370d3ba

振り返ると、5年前は卒業式の直前の3月11日に起きた、大震災の影響で、多くの大学が卒業式を取りやめざるを得ませんでした。

その時には、

有志による自主卒業式のすすめ

を書いています。

aad24aef

卒業式とは人生に一度しかない節目であり、社会に旅立つ前に、同じ時期に同じ学校で学んだ同級生、先生方と、大学での最後のイベントを行うことは、とても大切です

「TAK」さん自身を振り返っても、今も深く大学に関わる身でありながら、自分の卒業式は、大切なよい思い出であり、いつまでも心の中に残っています

「TAK」さんが卒業した数年(数十年?)前は、その時から数えて、さらに十数年前の学生紛争による安田講堂占拠の影響で、まだ安田講堂が使用できず、工学部は学科毎に卒業式をやりました

a54a044c

学科の卒業式、その後、学内で簡単な謝恩会、その後、全学で神保町の学士会館での卒業パーティー、その後、すぐに別れ別れになってしまう、仲の良かった友達で夜通し4次会、と、朝から次の日の明け方まで、卒業セレモニー一色の1日だった、と記憶しております

卒業式の感慨は、参加している時、謝恩会の時も感じますが、それとは、また違った感慨が、数年後、数十年後に込み上げてきたりします。

留年したので、知っている友達があまりいない、などの理由で「卒業式に出ない」という学生さんを散見しますが、卒業式は学生から社会人への、一生に一度の大切な節目の儀式です。必ず参加することを勧めます




2016年03月21日

旅で人生が変わったとか言う人は中身がゼロなのです

というブログがあります。

9bbb183c


エアーズロック見ても、ピラミッド見ても、モルジブの海見ても、モアイ像見ても、マチュピチュ行っても、ウユニ塩湖見ても、ガンジス川に飛び込んでも、

「感動」はするけれど、人生観がそこまで変わったりはしません。

だから、そういうことで、人生観変わりましたとかって言ってる人は、人間として薄っぺらいと思う。

何か見たくらいで、自分が根本から変わるくらいの、薄い人生を歩んできた人ってこと。


今日はこれについて考えてみます。

242bcd4b

「TAK」さんは年に1回海外旅行をします。旅行記及び感じたこと、考えたことは、

南仏コートダジュールからプロバンス、パリに行ってきました(文化、習慣編)


旅行とは非日常的な行動の典型例です。そこで、気づいたこと、感じたこと、行ったことは自分の大切な行動記録です


西洋から導入し、西洋を超えた日本の文化


旅とは、日常住んでいる場所、生活スタイルから抜け出して、慣れない場所を訪れることにより、新しい物事を発見する、および、日常の生活を、別の場所から再発見する、ことができます。


698dad41-s

南仏コートダジュールからプロバンス、パリに行ってきました(トラブル予防、対応編)


海外旅行では予期しないトラブルが起こります

未知の場所への海外旅行は、ほぼすべてが知らないことへのチャレンジで、手探りで失敗しながら、新しいことに触れ合っていく、ことになります

添乗員付きのパッケージツアーならば、トラブルの解決は添乗員にお願いしますが、個人旅行では自分で解決するしかありません

もちろん、日本語は通じませんから、英語、英語も通じないところでは片言の現地語、ブロークン・イングリッシュでトラブルを解決しなければなりません

「かわいい子には旅をさせよ」と言います。トラブルに遭遇した時は、パニックしますが、振り返るといい経験を積んだ、とも言えます。

トラブルは遭遇するよりも、未然に防ぐに越したことはありません


3590e1ab

上記の通り、

旅とは、日常住んでいる場所、生活スタイルから抜け出して、慣れない場所を訪れることにより、新しい物事を発見する、および、日常の生活を、別の場所から再発見する、ことができます。

ただ、新たな視点からのヒント、日常の再発見の機会ではあるけれど、

「人生観を変える」「人生観を揺さぶる」ことはなさそうです。

ただ、海外経験でも、海外旅行ではなく、留学、海外赴任、国際ビジネス、だと、「人生観を変える」「人生観を揺さぶる」ことがあります。

200bda0c

「ゆるやかなつながり」と「インタラクションが食い込むつながり」のバランス




「弱い絆」「ゆるやかなつながり」が提唱されていたのですが、最近、風向きが変わってきた気がします。

リアルな「場」に、表面上を「つるっと」流れるだけの関係ではなく、インタラクションがあり、お互いに「食い込む」、時には「ひりひり」するかもしれない、「つながり」を求めているのではないか、そんな気がします。


05ba1df9-s

クリエイティブ・スタジオという実験場から。創造(Think)と実験(Do)の間、いまどんな変化が起こっているか?




「合宿をやる」盛り上がっていると互いの共感、これがあると継続できる。原体験が大切

メンバーの共感により、自分事として取り組む。メンバーのアイデアを他のメンバーが引き出していく

オニオンピール、自己紹介後に、自己紹介で隠していたことを問い詰めていくと、本音で話せる

アイデアを実現するには、そのアイデアにオーナーシップを感じる人が、実現に向けて、奔走することが必要になります

オーナーシップを感じる人を増やすには、合宿のような、強烈な共有体験が必要だったりします


155293f9

大学サークルの同窓会は、ひりひりした原体験の再現ドラマ




大学時代のサークル活動とは、長い人生の中の、ほんの1,2年のことです。

でも、その1,2年の活動は、お互いに「食い込む」、時には「ひりひり」する、強烈な原体験で、末永く人生に影響するものだったりします。


と書きました。

d85ce9fc

全くの仮説段階で、何ら検証をしていないのですが、

非日常的な一過性の経験よりも、日常生活の中で、リアルな「場」で、表面上を「つるっと」流れるだけの関係ではなく、インタラクションがあり、お互いに「食い込む」、時には「ひりひり」する強烈な原体験を通して、人生観は形成されていくのではないか、

そんな気がしています。

早い時期に検証したいです。





ショーンKの詐称まとめ 学歴に経歴も嘘?

にあるように、テレビコメンテーターとして活躍する経営コンサルタント(自称)のショーンKことショーン・マクアードル川上さんの「学歴詐称」が話題を呼んでいます。

20160315181919

今日は、記憶と歴史的事実のギャップ、について、これまで考えていることをまとめてみます。


過去は変えられる?


スポーツ選手、著名人によくインタビューされる雑誌記者の方からうかがったお話です。

「インタビューさせていただいた方々のお話をまとめて原稿にした段階で、間違いがないか?必ずチェックをかけます。

すると、どうも「実際の記録」と合わないことがあります。

925b6e6c

例えば、

・高校で生徒会長をしていた → 生徒会委員はしていたが、生徒会長ではなかった

・インカレで負けたとき → 関東学生選手権までで、インカレには進んでいない

・神宮球場でベスト4をかけて戦った → ベスト16で負けている

・東大に現役で合格した → 一浪している

など、です。

次の機会にそれとなく、伺うのですが、やはり「歴史的事実」とは違うお話を伺います。

でも、ご本人はインタビューを本当に「事実」として話されています。

一人や二人ではなく、多くの方のインタビューで同様の経験があります。」

本人の考えの中で信じ込まれている「事実」は、「実際にあったこと」と違っていようが、既にそちらが「正しい真実」なのです。


c6c1a128

記録の再現は、起きた通りでなく、他の情報と組み合わせて


「記録」は再現が可能ですが、必ずしも、起きた通りに再現する必要はなく、他の情報と適宜組み合わせ、新たな価値を生み出すこともできます


e6d24f41

デザイナー、クリエーターが発想について語り、言語学者が言語化すると?


人は常に記憶の書き換え作業を行う。書き換えられた記憶は、しばしば「事実」とは違うが、本人にとっては、それが「真実」。書き換えられた記憶をもとにさらに創作が行われる


4aaff6a9

東京大学公開講座「想像力ー想像から創造へ、混沌と構造化」に参加しました


・インスピレーション(触発):外界の刺激に触れることによって、表現のモティベーションが高まったり、新しいアイデアや作品が生まれる現象

・「他者の表現」との出会いからもたらされるインスピレーション(触発)は想像(イマジネーション)、創造(クリエーション)に大きな役割を果たす


記憶はアクセスされる毎に書き換えられる


記憶はあやふやっだったりしますが、言語、映像、音などの記録により、補正することができます


記録と予測、記憶と期待、前者が客観的で後者が主観的なものでしょうか

ただ、あくまでも、記録と予測を活用しつつ、人が行うのは記憶と期待です

3931049c

ここで興味深いお話がありました。

・記憶は伝える、想起される、思い出す、などの度に毎回書き換えられる。

・記憶は過去のこと、というよりも、過去を題材とした現在。

・記憶は常に変容する。記憶はセンサー。


記憶とは、外界の刺激に触れることによるインスピレーション(触発)により、

思い出し、頭で考える、口で話す、紙に書く、など、するたびに、

想像(イマジネーション)、創造(クリエーション)が起こり、

あるいは、新しい視点から見直されたりして、書き換えられ、再構成されていく、アートかもしれません。

書き換えられた記憶は、しばしば「事実」とは違いますが、本人にとっては、それが「真実」です。書き換えられた記憶をもとにさらに創作が行われます。


160327miyauchi

今の時代は、スマフォを日常的に持ち歩き、ちょっとした出来事をデジカメで撮影し、記録し、SNSなどにアップするようになりました。

昔は、カメラはアナログカメラで、旅行、卒業式など、非日常的イベントの時だけ、持ち歩き、撮影しました。

しかも、写真は紙で、時間とともに、引っ越しなどに伴い、紛失してしまう宿命にありました。

それゆえ、記憶は映像という記録を伴うようになりましたが、どのように展開していくのか、楽しみです。





2016年03月14日

東京大学経済学部伊藤元重教授最終講義「日本の通商政策ー理論と政策」

という案内が来ました。

2

伊藤元重先生は、言わずと知れた、日本を代表する経済学者で、「TAK」さんも何度かお話を伺ったことがありますが、

なぜか、これまでブログを書いたことがありません。

ご活躍の場、テーマが多岐に及ぶため、書けなかったのかもしれません。

今回の最終講義で、


日本の輸出産業は古くは繊維から鉄鋼、家電、自動車と移ってきました。それに伴い、産業構造も大きく変化してきました。

このように輸出入と産業構造は大きく連動します。

ただ、貿易は完全に「自由」であることはなく、関税などにより、自らに有利、不利な制限、あるいは「保護」期間があります。

保護期間内に時には、利益を度外視してでも、国際競争力をつけておくことも大切。


というお話を伺いました。これについて考えてみます。

44f342b7

輸入するのは、自国にはないもの、あるいは自国製品よりも優れたものを関税を掛けても、消費者が買うもの

ということで、輸出産業は、国際競争力がある、好調な産業、と考えられます。

フィンテックは金融と経済をどう変えるか




技術革新がもたらすもの

・コストの低下

・品質の向上


と書きましたが、国際競争力がある、とは、安くて、品質がよい、ことが基本です。

ただ、「安くて、品質がよい」を継続することは難しく、人件費が安い、途上国が技術力をつけてくると、優位性が失われてしまいます。

上記のように、輸出産業も、繊維から鉄鋼、家電、自動車と移り、産業構造もそれに応じて変化してきました。

3929a7c8

「日本再発見」構造が変わる時、合理化、効率化は延命策に過ぎない、新たな価値を見出すこと




高度成長時代には、「多少の外乱があっても、うまくいってしまいます。」なのですが、実は、この時期に、課題が見え始めるのですが、人々の努力、創意工夫により、さらには伸びているGDPにより、課題は「解決されている」か、に見えます。

高炉を用いた近代製鉄には、大量の鉄鉱石と石炭が必要です。

そこで、鉄鉱石の産地の釜石、筑豊炭田をかかえる八幡に官営製鉄所ができ、その後、釜石、八幡は製鉄の町として栄えます。

釜石鉱山の坑道掘りよりも、大規模なオーストラリアの露天掘りで取れる鉄鉱石を輸入する方がコストが安いのです。

筑豊炭田をかかえる八幡の同様で、炭鉱は次第に深くまで掘らなければ石炭が取れなくなり、落盤事故もあり、露天掘りの海外産の石炭を輸入する方がコストが安くなりました。

つまり、釜石、八幡の製鉄所は立地上の優位を失い、海外産の鉄鉱石、石炭を入手できるところに、最新鋭の製鉄所を作る方が、いいことになります。

d6728748

釜石製鉄所の富士製鉄と、八幡製鉄所の八幡製鉄は、合併して新日鉄となり、世界最大の製鉄会社となり、東京湾岸の君津に最新鋭の工場を建設します。

八幡製鉄所は、その後、アジアに近い立地条件から、増大してきたアジア向けに製造を続けていますが、釜石製鉄所は1989(平成元)年 高炉・転炉を休止し, 100年以上続いた製鉄産業が釜石から消えました。

三井三池炭鉱など、少数の最新鋭の炭鉱は、最新の採掘技術、運搬技術を導入しましたが、それ以外の中小炭鉱は、特段の技術を導入することもなく、昔ながらの採掘、運搬でしたが、大量の需要があったので、問題ありませんでした。

上記のように、エネルギーの石炭から石油への流れ、海外のコストの安い露天掘り、などの影響を受け、多くの炭鉱が合理化、効率化を進めようとしました。

e81c76b7

ところが、「仕事は特に頭は使わず、簡単で楽で、給料がよく、労働者は好況時にはストライキなど尊大な態度」から急に転換できるものではありません。

炭鉱はいつかは復活するのではないか、という漠然とした期待があったようです。しかし、現実は厳しく、弱者から廃業し、最強の数社だけ生き残りました。

しかし、徹底的な合理化、効率化を行った、最強の三井三池炭鉱でさえ、石炭から石油への流れ、海外露天掘り採掘の低コストには勝てず、やがて閉山します。

筑豊炭田はこのように閉山しましたが、八幡製鉄所は、その後、アジアに近い立地条件から、増大してきたアジア向けに製造を続けています。

八幡も筑豊炭田をかかえる利点はなくなり、代わりとして、増大してきたアジア市場に近いことがメリットとなっています。

ここからの教訓は、

・強みがある分野では、特に努力しなくとも利益が上がるため、改善の努力を怠り、態度も尊大になり、いざ強みが失われる変化が始まった際に、対応が難しい

・「強み」とは、他者と比べた場合の、相対的な価値です。自らの能力は、何ら低下しなくても、それを上回る競合が現れれば、「強み」は失われます。

・「強み」は何か?他から脅かされる恐れはないか?その「強み」を失った場合の、代わりとなる「強み」は?

・特需は一時的に大きな利益をもたらすが、長期的な利益の源の寿命を早めてしまう

・合理化、効率化は一時的には有効だが、構造的な変化に対しては「延命策」にすぎず、業界内で強いものが生き残るが、やがて消滅を迎える

でしょうか。


895af2d0

産業構造が変わるのは、従来は、国際競争力によるものが主でしたが、

最近では、

既存市場での競争から、価値創造で新しい市場の創出へ




新しい市場ができると、既存の市場が急に衰退することがあります。

CDの登場で隆盛を極めていたレコード、カセットが急に衰退し、そのCDも音楽のインターネットからのダウンロードで衰退

ディジタルカメラの登場で、アナログフィルム、街の写真館がなくなり、そのディジタルカメラもスマートフォーンの普及で衰退


のようにディジタル化、ネットワーク化によるものも出てきました。

いろいろ考えるところがあった、最終講義でした。



2016年03月13日

公開シンポジウム「フィンテックとこれからの金融システムのあり方 」

という案内が来ました。

6

フィンテックについては、

フィンテック(金融と情報通信技術の融合)とは?生活への影響は?




Fintech(金融と情報通信技術の融合)とは、IT企業が、システム技術を駆使して、金融機関が置き換わる現象です

a062c359

フィンテックは必ずしも、最近始まったことではなく、実は15年以上も前から、始まってます。

フィンテックとして一番有名なのがモバイル決済です。

iPhoneやAndroid携帯などに小さな器具を取り付けるだけでクレジットカード決済が出来る、Squareや楽天スマートペイなどが有名です。

b6ba21d4

ここまで見てきたところでは、

小切手、手形、送金など、これまで銀行が行っていた決済業務が、どんどん他の企業に置き換わってきます。

銀行は以前は、資金を調達し、借入と貸出の金利差でビジネスを行っていましたが、

ゼロ金利で、しかも企業も個人も、お金を借りたがらない時代になって、小切手、手形、振り込み、送金などの手数料でビジネスを行っていました。

クレジットカード会社と提携していない、海外のホテルなど、特に海外に送金する場合の手数料は、これまで相当割高でした.

ところが、この銀行の決済業務が、他へ置き換わっていくわけです。

さて、このFintech(金融と情報通信技術の融合)は、私たちの生活にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

上に、モバイル決済、カードのポイント、それに伴う仮想通貨など、既に広がって来た事例を書きました。

ただ、それをはるかに上回る、文字通りの、金融ビッグバンが起きるのではないか、そんな予感がします。


と書きました。

フィンテックは現在進行形で、どう推移していくのか、楽しみです。

早速出たお話をまとめます。

7

IT、AIについて、他分野で既に活用されている技術が、金融については、その安全性に関する格別の懸念から行われていなかったことが、いよいよ解禁。

「金融業」という業態は、いずれなくなるかもしれない。

技術革新がもたらすもの

・コストの低下

・品質の向上

・上記が可能になることによる、新規参入の増大

単なるブームではなく、大きく本質的な変化をもたらす可能性

9

産業構造が大きく変わる

・セットアップコストの低下、他からの参入が可能

・「業界」の範囲が広がり、新しい組み合わせが生まれる

例、セブン銀行、銀行とコンビニ、ATMがコンビニに

業界をまたいだ、新たなビジネスチャンス

8

プラットフォームビジネスの展開、収益源の構造が変わる、他業界からの参入、思いがけない組み合わせ

組織体ごとに規制するタテの業界規制から、取引や行為を規制するヨコの行為規制に

より本質的な変化

・信頼や信頼の構造が変わる

・貨幣の役割が変わる

10

ブロックチェーン、政府が保証するのではなく、参加者+技術が保証する仕組み

貨幣の役割

・価値貯蔵手段

・計算単位

・一般需要性

例えば、仮想通貨、ポイントが受容性を持つと、貨幣の構造が変わる






2016年03月07日

東大経済学部吉川洋先生最終講義「マクロ経済学と日本経済」

という案内が来ました。

IMG_20160305_170420707

吉川洋先生は経済学が専門ではない、「TAK」さんでもよく存じ上げている、高名な先生ですが、実は講義を聴くのは、皮肉なことに、この最終講義が初めてです。

この講義を聴いて、思ったのが、工学、理学を学ぶ学生が大学の初期に、物理学の古典であるファイマンの物理学を学ぶように、経済学の古典、マルクスの「資本論」、ケインズの「一般理論」、シュンペーターの「経済発展の理論」などの古典を読んでおくと、現在の経済を学ぶ基本となる、ということでしょうか

15

トマ・ピケティ『21世紀の資本』金融経済と実体経済の格差を利用する 

「論より統計!」大規模データの時代になって、統計が「整備」から「積極活用」に

経済とは、人の行動を予測し、一歩先を行くこと

なども踏まえつつ、伺ったお話をかいつまんでまとめてみます。

16

16〜17世紀の重商主義、18世紀フランスの重農主義、18世紀末〜19世紀初めの産業革命の時代を経て、

スミス、マルサス、リカードなどの古典派経済学が生まれる。

当初の経済学は、ウィリアム・ハーベイの心臓・血管を通じた血液循環メカニズム(1628)など、自然科学の影響を強く受ける。

複雑な経済システムが、なぜバラバラの無秩序の陥らないのか?市場、価格を通した予定調和、価格は手旗信号、ただし、価格はいつも正しいシグナルとは限らない、とするワルラス、パレートらの新古典派経済学、19世紀末の「限界革命」

19世紀末頃、GDP等マクロの統計整備が進み、ジャグラーらにより、景気循環ビジネスサイクルの実証研究が進み、ケインズの「一般理論」(1936)が刊行され、マクロ経済学が誕生する。

サミュエルソンは「新古典派統合」を唱えるが、1960年代以降、経済学はミクロ経済学=新古典派経済学、マクロ経済学=ケインズ経済学、の二刀流

1970年代以降、マクロ経済学のミクロ経済学化が進む

ただし、ミクロ経済学は企業や個人の「最適化」には有効だが、それを代表として「相似拡大」してマクロ現象にあてはめようとしてもうまくいかない。

IMG_20160305_163451992

マクロ経済を理解するには、ミクロの行動を追うよりも、統計物理学的な手法の方が有効。

労働の求人・求職の「確率的」な出会いは総需要により規定される。

ケインズの「有効需要の原理」「総需要」は物理学における温度Tの役割、労働生産性とエネルギー準位

短期だけでなく、長期の経済成長も「需要の飽和」によって規定される

経済成長とは、新しい製品、サービスが生まれて、それらが順次、飽和していくプロセス

一般物価の動きは、個別の物価の相互作用によって決まる。「期待」の役割はマイナー

マクロ経済学は他の学問分野、とりわけ統計物理学の知見・方法論を積極的に取り入れて変わらなければならない。

経済物理学、進化経済学、ネットワーク科学などの新しいマクロ経済学が進化してきている。

slide_001

伺ったお話をもとに考えてみます。

太古の昔から、物々効果などを通じて、不足するものは価値が上がり、余剰だと価値が下がる、のような需要と供給のバランス、

あるいは、モノとモノ、サービスの交換をスムーズにするための貨幣、通貨の発明、

など、経済行為はありました。

ded6ec08

トマ・ピケティ『21世紀の資本』金融経済と実体経済の格差を利用する 

大昔から、巨万の富を築いた人は、金融経済で大きな収益を上げ、それを実体経済の消費に使うという「格差」を巧みに活用してきました。

古代の東西貿易では、それぞれの場所では安価だが、よそへ持って行くと高く売れるもの(東洋の塩、コショウ、絹、西洋の鏡などの工芸品)

つまり、安いものを買って、高く売れる場所で売る、ことにより、莫大な利益を上げました。財産である、商品を積んだ船は難破で沈むリスクがありましたが、これを回避するために作られたのが保険です。

江戸時代の両替商は、江戸の金貨、大阪の銀貨、各般の藩札を両替し、手数料で大きな利益を上げました。

169f9e14

さて、経済、市場の動きを見ていると、自然科学、とりわけ物理学の法則がうまく適用できる場合があります。

ニュートンが発見した慣性の法則、作用・反作用の法則、酸化還元反応、エネルギー保存の法則、万有引力の法則などの自然科学の法則は普遍的に成り立っています。

人間がこれに逆らおうとしてもムダです。むしろ、これを利用することを考えます。

一方、経済原理、市場原理などは、人と人の行い、振る舞いを観測するうちに、みられる現象に過ぎません。

あらゆる現象がそれにしたがう訳でもないし、時代と共に変わっていきます。

このように自然科学の法則と社会科学の法・法則は、同じような名称でありながら、かなり性格を異にします。

自然科学の法則は全体から細部にいたるまで成立しますが、経済の法則は、成り立たない部分、あるいは細部では矛盾があるのは当然です。

course_card14

「論より統計!」大規模データの時代になって、統計が「整備」から「積極活用」に

「統計」と呼んでいるものの歴史を振り返ると、その源流は以下のように大きく3つに分けることができます。

1. 国の実態をとらえるための「統計」
2. 大量の事象をとらえるための「統計」
3. 確率的事象をとらえるための「統計」

これらは別々のルートをたどって、19世紀半ば、ケトレー(1796-1874)が社会統計を科学的に作成・分析するために確率論を導入したことで、社会現象・自然現象いずれも数量的にとらえる「統計」として形を整えました。

20150915225557

1. 国の実態をとらえるための「統計」

古来、為政者は、徴税、兵役などのために、その支配する領域内の実情をできるだけ正確に把握する必要がありました。

19世紀のフランスの統計学者モーリス・ブロックは「国家の存するところ統計あり」という言葉を残しています。こうしたことからも、統計が国家経営に欠かせないものとして発展してきたことは容易に理解できます。

古代エジプトでは紀元前三千年にピラミッドを建設するための調査が行われたことが知られていますし、ローマ帝国では初代皇帝アウグストゥスの治世の頃に、人口や土地を調べる調査(Census)が行われました。今日、国勢調査のことを「人口センサス」と呼ぶのはその名残です。

日本でも、住民を登録して課税するために670年に最初の戸籍、庚午年籍を作成したり、また後世では豊臣秀吉が同じく課税のために、大規模な太閤検地を行ったことが知られています。

02

2. 大量の事象をとらえるための「統計」

イギリスのジョン・グラント(1620-74)によってその道が切り開かれました。

グラントは、当時たびたびペスト禍に見舞われていたロンドンで、教会の資料を基にした死亡統計表を分析し、一見偶然とみえる人口現象に規律性のあることを明らかにしました。

彼はまた、当時200万人と考えられていたロンドンの人口について、様々なデータや観察を通じて38万4千人と見積もり、限られた量のサンプルデータを注意深く観察することで全体の人口に関する推測が可能になることを示したのです。

gauss1

3. 確率的事象をとらえるための「統計」

サイコロ賭博のように偶然に左右されるギャンブルとの関わりの中から産み出されました。

「標本空間」の基本的な考え方は、16世紀にサイコロ賭博やトランプゲームにおける偶然の仕組みを数学的に研究したイタリア人カルダーノ(Geloramo Cardano 1501-76)によっています。

パスカル(1623-62)とフェルマー(1600年代初頭-1665)は期待値、推定、検定、標本理論など確率論の基礎をつくり、18世紀に入り、ベイズ(1702-61)、ラグランジュ(1736-1813)、ラプラス(1749-1827)といった一流の数学者たちの研究を経て大成します。


3049e60d

経済とは、人の行動を予測し、一歩先を行くこと


「ゲームの理論」が提案されてから、実験経済学、行動経済学と呼ばれる学問が生まれました。

円安のマイナス効果、アメリカ景気回復で独り勝ちで、国際経済金融はどうなる?




・市場は「売り」と「買い」が交錯している時が山場。全員が買うと「終わり」

・実際の値、そのもの、よりも、実際の値と予想の差が大事。


と書きましたが、市場の動き、例えば、GDPの成長率、アメリカのダウ30、雇用統計などについて、

人々は予測を行い、その予測を経済活動に織り込みます。

すなわち、GDPの成長率、アメリカのダウ30、雇用統計が発表されるときには、その動き、上昇、下落などは

ある程度、織り込み済みの経済活動を行っています。

しかし、実際には、予測と実際には「ずれ」があります。

それゆえ、経済指標値が発表された時には、予測と実際には「ずれ」により、人々は大きな経済の動きを行うことになります。

人々がどういう行動を取るか、予測し、その一歩先を読んだ行動を取ることができれば、

例えば、株価の上昇、下落、為替の円安、円高などを事前に予測し、値が動く前に、売買を行えば、利益を上げることができます。

もちろん、この「読み」が難しいのは、もちろんです。


17

短期的な経済行動は、人の行動を予測し、一歩先を行くことにより、先んじることができますが、中長期的な経済行動は、「需要の飽和」により規定されます。

中国回復傾向、原油安も底打ち、で世界的に回復傾向の中、日本はマイナス金利で混乱、で世界経済はどうなる?


住宅金利も下がったので、住宅を買いやすくなる、月々の返済が軽くなる、などのメリットがあるのでは、と考えられますが、解約手数料を払ってでも、現在のローンを解約し、新しいローンを組んだ方が安くなる場合、はもちろんメリットがあります。

gn-20140729-16

ただ、新規の場合、住宅価格がバブル期を超えて高値を付けており、今買うのはどうか、という感がします。

今後、少子高齢化がさらに進み、首都圏以外は、大阪圏も含めて、人口が減少しており、空家率が上がっています。

中長期的に考えれば、2020年東京オリンピック以降は、住宅価格は下落、と考えるのが相当では、ないでしょうか

i-miev

従来のガス田、油田に比べ、固い岩盤に閉じ込められていて、これまでは採掘不可能と考えられていた、ガス、石油が、採掘技術などの進歩により、採掘が可能になった、というものです。推定ではアメリカのシェールオイルの埋蔵量はサウジアラビアを上回るのでは、と言われています。

原油価格を決定してきた資源国ロシア、OPEC諸国から、アメリカに価格決定が移ったことを意味します。

また、エネルギーの石油代替が進む中、自動車だけはガソリンを使わざるを得なかったのですが、電気自動車、燃料電池自動車の開発、実用化が進む中、石油の占める位置はますます軽くなっていきます。

原油価格について、短期的な変動はあったとしても、中長期的には、需要が減っていく方向で、安値に安定しそうです。


14

本当に勉強になった最終講義でした。

吉川洋先生の今後のますますのご活躍を期待しております。




2016年03月06日

TIP*S/3×3Laboフィナーレ

という案内が来ました。

11

2014年10月31日にオープンし、1年6か月の間、大手町にある日本ビル6階でたくさんの方に集っていただいた「TIP*S/3×3Labo」。

期間限定の場所ですとお伝えしてまいりましたが、ついにこの場所での「TIP*S/3×3Labo」とはお別れの時がやってまいりました。

TIP*Sも3×3Laboも、装いを新たにプロジェクトとして、場として継続していくことが決まりました。

それぞれの軌跡や、どんなことが起こってきたかを振り返りながら、これからの方向性や目指すところを皆様にお伝えしていきたいと思っています。

おいしい食事と飲み物を囲みながら、これからのTIP*S/3×3Laboについてを語り合う、全員参加型の大交流会を実施します。

ここで行われた、業種、分野を超えた交流イベントについては、

ソーシャルメディア全盛の時代だからこそ、リアルで会う場の大切さ

TIPS・3×3Labo忘年会&交流会に行ってきました

家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」とは、ちょっと懐かしい人に会えるかもしれない場所

に書いてあります。

bfcc0022

家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」とは?


企業で働く大人たちは、

「働くことの意味」を自ら問い直すことや、いままでにない新しい価値を創り出すことが求められています。

家庭でもない、職場(企業・学校)でもない、「第3の場」

家庭や職場から離れ、多様な他者とゆるやかにつながり、対話・交流する中で、改めて自分の仕事の意味を問い直したり、新しいアイデアや気づきを得るための場。

それが、「学びのサードプレイス」です。

家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」とは、社会学者のオールデンバーグが取り上げたものですが、

職場から家庭に帰る前に、ちょっと居酒屋に立ち寄る、あるいは英会話スクール、スポーツジムに立ち寄る、

というのは、「第3の場 サードプレイス」ということを意識せずとも行われていることです。

もっとも、居酒屋、英会話スクール、スポーツジムに会社の人と行ってしまうのでは、会社の延長で、家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」にはならないのですが。


12

既に上のブログに書いたのですが、

主催者の方々が、アトラクション・タイムを設けているのですが、参加者の方々は、「交流」に夢中、という感じです。

初対面が多く、ちょっと雰囲気が堅かった参加者同士もすぐに打ち解け、会話が始まり、知り合いを通じて、新たなつながりができる、という楽しい雰囲気になりました。

輪は安定しているけれど、閉じている。ちょっとずれた、スパイラルは不安定だけれど、いろいろなものを巻き込むことができる。

3×3LABOという場は、閉じた内輪ではなく、大きなスパイラルになり、多様な人々を巻き込み、さらに、そこで人と人を結びつける場になりました。

13

つながりができた方々とは、ネット上では、毎日のように、今日はどんな活動をしているのか?知ることができるのですが、リアルでお会いする機会は、実は、びっくりするほど、ありません。

月に1度どころか、2、3か月、あるいは半年、1年に1度だけ、しかも、この同じ集いのイベントで、だったりします。

そこに行けば、ちょっと懐かしい人たちに会えるかもしれない、

そんな場所が、家庭でもない、職場でもない、「第3の場 サードプレイス」かもしれない、

15

無理なマッチングをしなくても、自然と、心地よい集まりに収束していく、

そんな、ほどよい安心感に加えて、

閉じた内輪ではなく、スパイラルに新たに参加した人たちと、さらにネットワークを広げていく

そんな感じがしました。

7

さて、TIP*Sも3×3Laboも、新たな場所に移ります。

場所が変わると、集まる人も、雰囲気も変わります。

新たな「第3の場 サードプレイス」では、どんな出会いがあるのか、楽しみです。






2016年03月04日

東大、早稲田、慶応などの大学院で、経済、金融、企業戦略などを教えている宿輪純一先生の勉強会

宿輪ゼミ「国際経済・金融情勢」

に参加しました。

7

前回の参加は、

中国経済の減速、原油安による世界的な株価安、日本はマイナス金利導入で、世界経済はどうなる?

で2月上旬でした。

この時から、1月ほど経ちましたが、この時からの主な変化ポイントは、

・マイナス金利導入により、国債がマイナス金利となったことの影響が広がる

・下落していた原油価格も底打ち感

・混乱していた中国経済が回復傾向

というところでしょうか

20160129-00000113-mai-000-9-view

マイナス金利については、

日銀の新たな金融緩和、マイナス金利とは?

マイナス金利導入の効果は?日銀の思惑、外れる?

に書いたとおりですが、

PK2012011402100037_size0

国債の金利が低下したため、主に国債で運用するMMFが募集を停止したり、生命保険などが、運用利回りを達成できず、保険料の値上げを検討せざるを得なくなる

img_bond_20year

地方銀行の収益の主力である、20年物国債の金利が、1.0%弱から0.6%以下まで下がり、すなわち、収益性が4割下がり、統廃合などを余儀なくされそう

など、深刻な影響が出始めています。

住宅金利も下がったので、住宅を買いやすくなる、月々の返済が軽くなる、などのメリットがあるのでは、と考えられますが、解約手数料を払ってでも、現在のローンを解約し、新しいローンを組んだ方が安くなる場合、はもちろんメリットがあります。

ただ、新規の場合、住宅価格がバブル期を超えて高値を付けており、今買うのはどうか、という感がします。

gn-20140729-16

今後、少子高齢化がさらに進み、首都圏以外は、大阪圏も含めて、人口が減少しており、空家率が上がっています。

中長期的に考えれば、2020年東京オリンピック以降は、住宅価格は下落、と考えるのが相当では、ないでしょうか


原油安、中国経済減速については、詳しくはサイトを見ていただくとして、ポイントだけ書きますが、

サウジとイラン対立による中東不安、中国成長の先行き不安で世界同時株安、Fintechの急速な発達も加わり、世界経済はどうなる?


従来のガス田、油田に比べ、固い岩盤に閉じ込められていて、これまでは採掘不可能と考えられていた、ガス、石油が、採掘技術などの進歩により、採掘が可能になった、というものです。推定ではアメリカのシェールオイルの埋蔵量はサウジアラビアを上回るのでは、と言われています。

原油価格を決定してきた資源国ロシア、OPEC諸国から、アメリカに価格決定が移ったことを意味します。

i-miev

また、エネルギーの石油代替が進む中、自動車だけはガソリンを使わざるを得なかったのですが、電気自動車、燃料電池自動車の開発、実用化が進む中、石油の占める位置はますます軽くなっていきます。


原油価格について、短期的な変動はあったとしても、中長期的には、需要が減っていく方向で、安値に安定しそうです。

fc55954b


中国がIMF通貨であるSDR(特別引出権)の構成通貨(現在、米ドル、英ポンド、ユーロ、日本円「主要な国際通貨」)の一つに人民元の採用されました

これは、中国の30年計画である人民元の基軸通貨化への重要なステップです。

今後、中国の景気が悪化することが予想されるので、金融緩和を行う予定ですが、海外で国債を売りさばくことになります

images

SDR、通貨の「量」と「質」が大切です。人民元の国際化に必要なのが金融市場の自由化です。

金利の自由化、従来の規制では、預金と貸出の金利差を3%に設定していました。預金金利が低く、貸出金利が高いため、両分野でヤミ金融が暗躍しました。自由化により、この金利差を縮小することになります。

金利の自由化により、銀行の収益が落ちることになります。上海株式市場は1%の銀行が上場企業全体の純利益の6割を占めるため、結果として、上海株式が暴落することになってしまいます。


exb1507090730001-p3

これまで、日本の株価、日経平均はアメリカのダウ30と連動していましたが、今では、中国の上海株と連動します。

株式への投資は、この動きへのウォッチが欠かせません。

83cab4c4-s

さて、前置きが長くなりましたが、ゼミで出た話をまとめます。

世界全体の傾向

アメリカの経済が堅調、G20で協調を確認、により、「やや安定」

images (1)

中国

人民元切り下げなどによる、急激な元安は回避

預金準備率引き下げ→貸し出しに回せるお金が増加→金融緩和の一つ

住宅市場が急速に回復(金融緩和の効果)

製造業は、人員削減ができず、生産過剰で、収益が悪化

951c82c8

原油

下落傾向に底打ち感(40ドル)

アメリカのシェールオイルが採算が取れず、撤退が多数(ただし、推定埋蔵量は多いまま)

OPEC諸国、増産も減産もせず、生産枠順守

6ee9b657

新興国

ブラジル、「投資不適格」に陥落、経済成長率マイナス、インフレ率2ケタ(オリンピック、大丈夫か?)

韓国、ウォンが6年ぶり安値、政治的にも、経済的にも不調で、中国を離れ、西側へ

メキシコ、金利引き上げ(景気がよくなく、インフレの時は、金利を上げる)株価が上がり始めた

america-obama

アメリカ

3/15,16 FRB FOMC(今回は金利引き上げはなさそう、既にゼロ金利は脱し、0.25%)

2016年第1四半期、成長率2.7%

雇用統計予想、失業率4.9%(完全雇用)、増加人数17万円、賃金上昇率

4510c8c0

欧州

3/10、ECB理事会、金融緩和予想

マイナス金利の影響で、銀行が軒並み、経営悪化

スペイン、景気回復、経済成長率3%

イギリス、ポンド安、6/23EU残留脱退の国民投票、おそらく残留

6

日本

3/14,15 日銀金融政策決定会合

4月衆議院補欠選挙(参議院選挙の前哨戦)、7月参議院選挙


CX3GYJKUkAAElms

金融市場

為替

ドル円:円安 115〜125

ユーロドル:ややユーロ安、金融緩和

新興国:ドル高現地通貨安だが、やや戻し

株式

米株:やや戻し16000

日株:やや戻し16000〜17000、ボラティリティ―が高い状態が常態化

債券

国債:マイナス金利がさらに低下

商品

金:年初から15%アップ、原油:やや戻し








2016年03月03日

公開研究会「ミライバ」最終回:「場」の未来を問い直す

という案内が来ました。

12

この研究会は以前にも参加したことがあり、その様子は、

「街にあるものを使いこなす」学びのプロジェクト



5dfb88d4


街を住み慣れている人ではなく、外の人から見てもらって、新しい魅力を見つけてもらい、新しい街づくりをする動きも全国で起こっています。

コミュニティーを活性化するのは、よそ者、若者、ばか者、と言われますが、外からアーティスト、プロデューサーを呼んで、まかせっきりにするのではなく、動きの良くなかった、地域の人々を巻き込んでこそ、ムーブメントができます。

輪は安定しているけれど、閉じている。そして次第に萎んでいく。

一方、ちょっとずらした「らせん」は、オープンとクローズドを使い分けて、いろいろな人を巻き込むことができる。

8eb1a5ab

この動きにアートも活用されます。

アートと言っても、特に芸術性の高いものに限られません。

実はアートは日常に潜んでいます。この日常に潜んでいるアートを引き出すのが、アーティストの役割、

それをムーブメントに結び付けるのがプロデューサーだったりします。


のように書きました。

15

人が集まる「場」の重要性が見直されてきています。

人が集まる「場」、「場」があることで、多様な人々が集まる、ことはよく知られています。

ただ、「場」はあるだけでなく、「場」には仕掛け、仕組み、働きかけが欠かせません。

ネットの時代だからこそ、リアルな「場」が大切だったりします。

ネット化、デジタル化が進む中で、「場」の未来はどうなっていくのでしょか?

d82f4742

これについては、

コミュニティーデザイン、人がつながり、活動する仕組みとは?




コミュニティーというと、以前は地域コミュニティーのような、集まりが考えられましたが、インターネットの時代になって、地域という、空間的な制約を超えて、時には国境も超えて、人々が集まるプラットフォーム、

組織が「壁」があり、出入りが制約され、閉ざされている、のに対し、コミュニティーは、オープンで、出入りが自由、なのが特徴だったりします。

ハードからソフトという流れが主でしたが、最近、逆にハードの重要性が見直されてきました。


465877fe

将来への架け橋としての博物館、美術館、図書館




「箱物」行政と言うと、建築物を作って、職員も雇うのだけれど、ほとんど利用されず、税金の無駄遣い、のような言われ方をしていたことがあります。

ところが、最近では博物館、美術館、図書館などの「箱物」が元気です。

来る人を待っているだけではなく、活動の幅を広げて、いろいろなイベントを行っています。

「箱物」のいいところは、とにかく、人が集まる、物理的な「場」があること

共通のテーマに関心がある人が集まると、人と人のネットワークが生まれ、また、新しい動きが起きます


9435818f

文化の醸成に大切なのはふれあいの場




文化的環境の整備を目的に帝国劇場が作られたが、劇場で上演される演劇もさることながら、実際にはより重要だったのが、開幕までの時間を過ごす場、通路では政財界の知名人、文化人が挨拶を交わし、談笑するサロンの役目を果たした、ということ


のように書いてきました。

13

今日はこの研究会の最終回ということで、これまでの集大成

保育園とその設計者、保育園と美大生、シェアハウス、震災復興支援プロジェクト、アートプロジェクト

など、いろいろな「場」の事例が紹介されます。

それぞれのお話を分けて書くのは難しいので、まとめて書きます。

IMG_20160301_171618357

・人が空間にいることは、とても豊かなこと。

・ディスプレーに人が引き込まれる、よりも、オンラインが空間に出ていく

・家のカタチが変わるだけで、家族のあり方、人のつながり、が変わる。

・「場」がある、だけでは人は集まらなくなる。楽しければ続くし、続くことで、活動が広がる。

・「箱」の中は、安定していて、コントロールしやすいが、外から見えない。あえて、「箱」の外につくる。

IMG_20160301_17363770

・アートをアートとして扱わない。街の中にアートを取り込み、仕組んでおく。

・都市は市民によって、変えることができる、操作可能な装置。その実感は自治の根幹である。

・「続く仕事」は、形式がしっかりしていて、結果もしっかり出るので、やめられない。一方、「終わる仕事」は形式が弱く、迷ってしまい、やめることになる。

IMG_20160301_17443055

・アートは、何もないところで始めるには、とてもよい。形が整ってくると、アート主導である必要はなくなる。

・「場作り」は、人が好きでないとできない。そうでないと、やっても、すぐにさびれる。

・「掛け算」は、一時的には盛り上がり、拡大するが、やがて、元の2つに分かれる。

・友人、知人以外に「隣人」、普段は特に交流しないが、必要な時に、呼び出せる。

16

もちろん、正解、結論が出る、お話ではありません。

大変モヤモヤしてます。そのモヤモヤの中に、ヒントがたくさんありそうです。



livedoor プロフィール
最新記事
Archives