2016年04月

2016年04月27日

東大心理学研究室セミナー「人間による信頼性判断の特徴・バイアス」

という案内が来ました。

16

人間は,外見,評判,実際の行動など,様々な手がかりから他者がどの程度信頼できるか,あるいは信頼できないかを判断します。

(1)人間は他者の信頼性をその顔を見て即座に,自動的に判断する傾向があります。

このような信頼性の“知覚”は当てになるものなのでしょうか。また,そうした知覚の源は何なのでしょうか。

(2)人間は他者の信頼性を第三者からの情報(評判)を通じて学習できます。

しかし,評判はしばしば歪めて伝えられます。人間は学習した評判が不当なものだとわかった時に,それを無視して他者の信頼性を判断し直すことができるのでしょうか。

また,もしそれが困難だとすると,なぜなのでしょうか。

(3)現実社会では,他人を欺こうとする人は信頼できそうな外見を装うかもしれません。

そうした人に騙されないためには,外見ではなく,実際の行動から信頼性を判断する必要があります。

高齢者の詐欺被害が社会問題になっていますが,こうした信頼性判断に加齢は影響するのでしょうか。

17

社会生活の基本となるのが、信頼関係を構築する、ことでしょうか?

信頼は時間をかけて、期待に応えながら、築いていく。一瞬で壊さないように要注意


産学官プロジェクトでも、「信頼できる」が最も大切なポイントです。

どんな仕事でも、模倣、盗作するような人は信頼できません。そのような人とは、絶対にコラボは組みません。

信頼は期待に応えることによって、築いていきます。

そして、信頼が形成されると、それにより物事が回っていきます。

一度、信頼を築いたからと言って安心はできません。築いた信頼を壊さないようにしなければなりません。

多少の「期待外れ」は形成した信頼でカバーできますが、大きな「期待外れ」は形成した信頼を一気に壊すことになります。

この場合のリカバーは大変難しくなります。

f8606c26

信頼関係が構築されると、それをベースに物事が動き、回り始めます。

何をする、何を言う、という内容よりも、「この人がすることだから」「この人が言うことだから」

という信頼をベースに物事が進みます。

信頼はブランド、と言えるかもしれません。

自分が信頼される人になることはもちろんですが、自分の周囲に、どれだけ信頼できる人のネットワークがあるか、が大切になりそうです。


継続できる、信頼関係はwin-winから生まれる


信頼関係は、基本的にwin-winの関係の中で、構築されます。

一方がwinで、他方がloseという関係からは生まれません。

1f491fc2

一時的には、win-loseであったり、見えたりしても、長い目で見たらwin-win、

あるいは、一見loseに見えても、本人にはwinでないと、継続しません。

もう少しわかりやすく言うと、自分が楽しめない時、周囲に楽しんでもらうことは難しくなります。

単純ですが、周囲に楽しんでもらうには、自分が楽しんでいることが基本です。


このように信頼関係は継続が大切ですが、最初のきっかけも、やはり大切です。これがないと始まりません。

入社して初めての上司、3年目くらいの仕事経験が大切、と言われても


後から振り返って、「あれがターニング・ポイントだったな」と感じることがあります。

ただ、その当時は、「たまたま」だったりすることがほとんどです。

1d1d79f8

つまり、重大な人生の決断、よりも、「たまたま」がターニング・ポイントだったりします。

もちろん、振り返ったときは、いろいろな理由をつけたり、説明できたりします。でも、その時は、「たまたま」だったりします


この「たまたま」選んでもらえるのが、外見だったり、評判だったりします。


さて、今日は配布資料がないので、セミナーを聴きながらのメモ書きで進めます。

「この人は信頼できる人か?」当然のことながら、外見、第一印象に大きく左右されます。

4290043

誰が好印象で、誰がそうでないか?は、異なる世代間でも一致性が高い、そうです。

では、印象がよい人が、実際に信頼できるか?

この評価は大変難しいのですが、ざっくり言って、60%の確率で当たる、くらいです。

逆に言うと、40%くらいは外れます。

人をだまそうとする人は、もちろん、好印象を装います。外見だけでなく、言動、行動による判断が大切です。

23

「この人は信頼できる人か?」外見以外で、判断材料になるのが、他者の評判です。

もちろん、評判がいい人は信頼されやすく、そうでない人は信頼されにくくなります。

また、いい評判よりも、よくない評判に人は敏感です。

normal

ただ、これを悪用して、うその評判を流す、意図的に事実と異なる評判を流す、ことがあります。

image_07_05


興味深いのは、以前聞いていた評判が根拠がないものだと判明した場合、

よかったと聞いていた評判はゼロクリアされるのに対し、よくなかった、と聞いていた評判は必ずしもゼロクリアされずに、残ってしまう、ということでしょうか?

つまり、一度よくない評判がついてしまうと、うそだとわかっても、評判は戻りません。気をつけたいものです。

images1

もう一つ興味深かったのは、「協調行動の継続は難しい」ということでしょうか。

以前は、ソビエト連邦など、社会主義国家がたくさんありました。

これらの国では、みんなで、能力に応じて貢献し、分け前は平等の集団農場と、少しだけ個人農場がありました。

images

当初は、それなりに集団農場も機能していたのですが、次第に確実に自分の分け前となる、個人農場にだけ、集中し、集団農場は、手を抜く、ことになってきました。

11456df8

グループワークなどでも、ただ乗りする人が顕在化してくると、他のメンバーもやる気を削がれてきます。

つまり、「協調行動」は放っておいても継続されるのではなく、「協調行動」を継続するには、仕組み、仕掛け、デザインが必要なのでしょう。

企業、個人の不正が問題視されていますが、「協調行動」だけでなく、「正しいこと」も継続するには、仕組み、仕掛け、デザインが必要なのかもしれません。

仕組み、仕掛け、としては、「協調行動」が低い人を公表するシステム、さらには、排除するシステムがあると、当然ながら、「協調行動」が高く維持できるそうです。

Cr994p11

エントロピーの増大、ということでしょうか?

特にまとめる気もありませんが、興味深いセミナーでした。




2016年04月25日

東大高校生のための金曜日講座

が今学期も始まります。

11

東大の教養課程でも、選りすぐりの先生たちによる無料の講義で、この講座に出ておくと、高校の受験勉強から大学の教養課程への移行がスムーズになること、請け合いです。

新学期のせいか、会場は高校生、社会人で立ち見が出るほどです。

ただ、ちょっと残念なのが、参加している高校生の半数ほどが、授業から脱落している、ことです。

わざわざ、金曜日の夕刻に東大駒場キャンパスまで来る、やる気満々の高校生なのですが。

一方、年長の大学院生、社会人は目を輝かせて、熱心にメモを取り、聞き入っています。

いつも学期当初は高校生の参加が多いのですが、次第に少なくなり、一方、大学院生、社会人は出席率よく参加します。

14

教養教育の大切さについては、

教養とは、よくわからずに学んで、後から学び直すもの

に書いてありますので、

ここでは、第1回

フィクションの冒険者たち─クルーソー、ガリヴァー、サルマナザール

について書きます。

12

『ロビンソン・クルーソー』(1719年)と『ガリヴァー旅行記』(1726年)にはさまざまな共通点があります。

どちらも18世紀のイギリスで出版された文学作品であること。架空の旅行記であること。そしてなによりも世界中の人びとに親しまれていること。

この講義を受講する皆さんのなかにも、原作は読んでいないけれど、子ども向けの本や映画を通じて内容の一部を知っている方は多いのではないでしょうか。

船が難破して無人島に流れ着き、物資もなければ仲間もいない苦しい状況に置かれ、髪も髭も伸び放題の姿で辛抱強く救済を待つクルーソー。

小人の国で地面に縛りつけられたり、巨人の国で見世物にされたりと、不思議な冒険の旅を続けるガリヴァー。

また、宮崎駿の名作『天空の城ラピュタ』の「ラピュタ」が『ガリヴァー旅行記』に登場する飛行島ラピュータから取られているなど、上記の二作は文学以外にもさまざまな影響をあたえています。

13

今回は、この『ロビンソン・クルーソー』と『ガリヴァー旅行記』をさらに面白く読むためのヒントをいくつか提示したいと思います。

まず、最初はどちらの作品もノンフィクションとして、つまり本当にあった話として出版されたことをお話しします。

IMG_20160425_081358863

ちょっと信じられないかも知れませんが、当時では十分にあり得ることでした。それを理解してもらうために、この二作ほど有名ではないものの、荒唐無稽さにかけては勝るとも劣らない『台湾誌』(1704年)をご紹介します。

著者のジョージ・サルマナザールは、本当はフランス生まれなのに、自分は台湾生まれの日本人だと主張して、まんまと当時の人びとを騙しました。

どうしてそんなことができたのでしょうか? 18世紀イギリスにおける事実とフィクションとの曖昧な関係について、この時代の本や地図を見ながら一緒に考えましょう。

次に、『ロビンソン・クルーソー』、『ガリヴァー旅行記』、『台湾誌』、さらにはスウィフト晩年の怪作『慎ましき提案』(1729年)も取り上げて、すべてに登場するカニバリズム(人肉食)の問題について、その背景と意味を考えます。なぜ当時のイギリス人は、これほどカニバリズムに興味を抱き、恐怖を覚えたのか。それを考えることは、意外にも他者をどう理解すべきかという、現代にも通じる問題を解くための鍵をあたえてくれるでしょう。

maxresdefault

歴史的な背景ですが、『ロビンソン・クルーソー』(1719年)と『ガリヴァー旅行記』(1726年)は、名誉革命(1688年)の後に書かれています。

名誉革命(1688年)

とは、

1988年、イギリス議会がジェームズ2世を追放し、オランダからウィレムとメアリを迎え、二人は「権利の宣言」を受けいれて国王となり、さらに「権利の章典」を制定した。これによって議会政治と国教会制度を柱とするイギリスの立憲君主政治が確立しました。

1760年以降に始まる産業革命以前で、植民地支配は、まだ本格化していませんでした。

1826年世界初の写真

ということで、写真はまだ存在せず、スケッチによる描写でした。

IMG_20160425_081347764

『ロビンソン・クルーソー』『ガリヴァー旅行記』は、旅行記として出版されました。

今から考えれば、とても現実のことではありえない内容ですが、当時のヨーロッパ以外の世界、として書かれました。

実は、当時の世界旅行記などは、同様のモノだったので、特に疑いもせず、信じられました。

ただ、インターネットで世界中がつながり、世界中を見ることができる、現代でも通じる話だったりします。

南仏コートダジュールからプロバンス、パリに行ってきました(文化、習慣編)

のように、「TAK」さんは年に一度は海外旅行に行きます。

海外旅行に行く際には、ある程度、現地のことを調べておきます。

ただ、その際に検索するのは、地球の歩き方、などのガイドブック、あるいは、日本語、せいぜい英語によるサイトで、

現地語、例えば、フランス語、スペイン語、イタリア語などのサイトは言語が不明なこともあって、検索はしません。

すると、現地に行ってみると、事前の情報が不十分であったり、または事前の情報とは違っていることがよくあります。

242bcd4b

これって、何も旅行に限ったことではありません。

社会の出来事を見る時は、テレビのニュース、インターネット、新聞などのメディアを通して見ます。

自分が専門の事項、よく知っていることだと、「あれ、これって違うんじゃない」と思うことがあります。

でも、専門外のこと、だと、メディアの情報を鵜呑みにしてしまっていたりします。

さらに進んで、情報を集め、選別する際に、自分にとって「都合のいい」情報だけ、集めていたりします。

IMG_20160425_081423768

名誉革命では、権利の章典により国王の権限が制限され、イギリスにおける議会政治の基礎が築かれることとなりました。

それ以前では、国王の権利が絶大で、能力があるものよりも、国王の寵愛を受けた、お気に入りが、政治の世界の中心となっていました。

『ロビンソン・クルーソー』『ガリヴァー旅行記』は、そういった時代を風刺するものでもありました。


冒険記として読まれている『ロビンソン・クルーソー』『ガリヴァー旅行記』には、そういう深い背景があります。

高校生には少し難しいかもしれないけれど、楽しい授業でした。








2016年04月21日

熊本地震について、元・耐震技術者の視点から

と書いたところ、

「「TAK」さん、なぜ現在は耐震工学をなさっていないのですが?こんなに重要な学問なのに」

という質問をいただきました。

bde12a41-s

熊本地震について、元・耐震技術者の視点から

と書いたように、


耐震工学とは、建築物、橋梁、ライフラインなどの人工物を地震から守る、被害を最小限にする、被害を受けても、人命には被害を及ぼさない、

被害を受けた場合は、可能な限り、早期に復旧する、

ことを扱う工学です。


86d57c9d-s

強靭で、耐性のある、いわゆるレジエンスに優れた社会基盤を構築するためには、大切な学問です。

ただ、一方で、新たな時代、社会を切り拓いていく、変革していくのは、IT、バイオ、人工知能など、だったりします。

あるいは、技術をビジネスにつなげる技術経営が大切だったりします。

つまり、耐震工学とは、「守り」の学問で、「攻め」ではありません。

1d6c745a

今回の熊本地震関連のニュースで地震学、耐震工学の専門家を見ていたのですが、

地震学の専門家は、ずっと以前からの研究者なのですが、

耐震工学の専門家の中には、ゼネコンの研究者、技術者の中から、大学、研究機関に移った方をお見受けしました。

b91a2277

阪神大震災(1995)当時は、耐震工学者は優遇され、ゼネコンの研究者、技術者は高給で、やりたい研究ができました。

その後、バブルがはじけ、阪神大震災の教訓を受けて、社会の耐震対策が進むのと、裏返しに、耐震研究の位置づけは低下していきました。

その結果、給料は下がるけれども、ゼネコンから大学、研究機関に移る方が、相当数いました。

c4eca6c6-s

キャリアは「粋な別れ」を繰り返しながら、形成していく




終身雇用制は既に崩壊し、人生においては、何度か転職するのが、当たり前の時代になりました。


と書きました。

51d751ff

職業だけでなく、専攻も、ずっと同じものではなく、何度か転換するのが、当たり前の時代ではないでしょうか?

「私の専門は○○だから」「私は××が好きだから」と言って、ずっと同じ専攻の人が多いのですが、

これって、もったいない、だけでなく、変化の早い社会には対応が難しいのでは、と思います。

職業は、兼業規制の問題もあり、複数持つのは、難しかったりしますが、

専攻はいくつでも持つことができます。複数持って、適宜組み合わせて使うと面白そうです。

これから何が当たって、伸びて、広がっていくのか?誰もわからない時代ですから、

「選択と集中」よりも、「幅広いポートフォリオ」で、うまくいったものを追求するのがよさそうです。

e72fb274

多分野の研究が生み出す、応用と相乗作用




いわゆる「王道を一直線、まっしぐら」ではなく、「いろいろな所に立ち寄りながら」のキャリアですが、それが先生の研究が、普遍的に、いろいろな分野で応用でき、さらには、それぞれの研究が相乗作用を生み出していることがわかります。


と書いたとおりです。

a1a05300

そうは言いながら、何の素地素養もない状態で、いきなり、IT、バイオ、人工知能、技術経営などを身に着けようとしても難しかったりします。

研究もビジネスも、幅を広げ、継続させ、キャリアを切り拓くのは、人のネットワーク


研究の幅を広げ、継続させ、キャリアを切り拓くには、研究、勉強と並行的に人のネットワークを構築していくことが大切。

ひとりで研究するよりも、プロジェクトに参加して研究すると、テーマも広がり、人のネットワークも構築でき、キャリアの可能性も広がる。

他の人々に話すと、自分の考えが整理でき、理解が進み、思いがけない切り口から、進展することがある。


0353ee65

キャリアは「粋な別れ」を繰り返しながら、形成していく


「関係を断ち切る、苦い別れ」ではなく、「これからもいいお友達の、粋な別れ」の場合、「粋な別れ」をするたびに、いろいろなところにコミュニティーが構築されていくことになります。

そして、この「粋な別れ」コミュニティーを、意図せずか、意図してか、キャリア形成に活用していきます。


専攻を広げる、増やすにも、人のネットワーク、コミュニティーの活用が有効です。

まだ、練れていませんので、これについては、また後日考えます、




2016年04月20日

一橋大学開放講座「ビッグデータとFintech」

という通知が来ました。

11

この講座は、誰でも、無料で受講できるものです。

講義のレベルとしては、大学の学部レベル、というところでしょうか。

会場の如水会館オリオンルームは満員です。

今日のテーマは、

・統計数字のうらおもて「ビッグデータ時代を生きる知恵」

・クラウドが変革するビジネス「FinTechにおけるビッグデータの活用」

12

ビッグデータ、FinTech共に、最近話題のテーマですが、

ビッグデータについては、

人工知能への情報理工学の取り組み




ディープ・ラーニングをはじめとする、ビッグデータの高速大量検索、アルゴリズムなどに注目が集まってますが、

これらを可能にする、データからの潜在知識の発見、画像理解、ベイズ的最適化など要素技術の開発も急ピッチで進んでいます。


f83bf7a8-s

意図しなかったビッグデータから、プロセス、結果を織り込んだデータへ


ビッグデータという言葉が最近よく使われます。

ビッグデータとは、記録の、自動化、大量化による、「意図しない」データであり、これら「眠っているデータ」を発掘すれば、もの凄い「宝の山」が埋もれているのではないか?と思われていました。

しかし、結果として得られた「結果データ」と、その結果が得られたプロセスでの「プロセスデータ」がセットになるように、データ取得がデザインされていないと、せっかくのビッグデータも活用できないことが指摘されるようになってきました。

1c8d87a0-s

どの「結果データ」がほしくて、その「結果データ」に影響を及ぼす「プロセスデータ」は何なのか?何の可能性があるのか?

ストーリーを構築し、結果とプロセスを織り込むようにデザインする、ことが大切になってきました。

そろそろ、「意図せずに、大量にとれていたデータの発掘」から、「計画的に、プロセス、結果を織り込んだデータの取得」に向かう時では、と考えます。


508f5423-s

データサイエンスが先導するマーケティングイノベーション・クラウドのビッグデータを価値に変える


意図せずに、記録の、自動化、大量化により、いろいろなところに残され、埋め込まれた大量データを分析すると、思わぬ「宝物」が発掘される。

その量は膨大で、人間の予想をはるかに超えるもので、分析すると、何がわかるか?計り知れない。


拡張現実と予感のセンシング、インターネットからセンサーネットの時代へ


仮説を構築し、検証する枠組みが成り立たなくなっている。それよりも、大量高速で、試しにやってみて、うまくいったポイントを数値的に記録しておき、まず成立させた上で、なぜ成立するのか?論理的に考察していく方が手っ取り早い。


b37edc62-s

大学のパラダイムシフト、研究から価値創造へ、仮説検証から価値発見へ


仮説を作って、仮説検証的にそれを詰めていくことが科学なのだと教えるのだけれど、それって一番科学の中で面白くない部分。

もっと面白いものがあって、もっと面白い発見があって、そのことに心を動かしていくというほうがはるかに科学の魅力。


と書いてきました。

8313b122-s

データサイエンスとは、データの背後にある現象を見出し、価値を創出していく学問のこと。

仮説をつくって検証する、仮説検証型の分析から、データ自体から、仮説を発見し、あるいは、大量高速で、試しにやってみて、うまくいったポイントを数値的に記録しておき、まず成立させた上で、なぜ成立するのか?論理的に考察していく分析が有効そうです。

プログラム、アルゴリズムに注目が集まりがちですが、大切なのは、データの背後にある現象を見出し、価値を創出していくこと

往々にして、数理統計学、ファイナンス理論で扱いやすく、データを加工している事例を見かけますが、これは本末転倒です。

a062c359

Fintechについては、

フィンテック(金融と情報通信技術の融合)とは?生活への影響は?

フィンテックは金融と経済をどう変えるか




Fintech(金融と情報通信技術の融合)とは、IT企業が、システム技術を駆使して、金融機関が置き換わる現象です

小切手、手形、送金など、これまで銀行が行っていた決済業務が、どんどん他の企業に置き換わってきます。

銀行は以前は、資金を調達し、借入と貸出の金利差でビジネスを行っていましたが、

ゼロ金利で、しかも企業も個人も、お金を借りたがらない時代になって、小切手、手形、振り込み、送金などの手数料でビジネスを行っていました。

クレジットカード会社と提携していない、海外のホテルなど、特に海外に送金する場合の手数料は、これまで相当割高でした.

ところが、この銀行の決済業務が、他へ置き換わっていくわけです。


6595eb7a

Fintechについては、取り扱う文献ごとに、定義が異なり、銀行など金融機関に頼らない決済業務、ビットコインなど仮想通貨、

を指していることなど、まちまちですが、ざっくり言うと、

金融分野以外では、インターネットで通常できていることを、金融分野でも行う

ということでしょうか?

例えば、amazonで洋書を購入して、3〜4日後に到着して、クレジットカードで引き落とす、のは、今では日常的なことです。

しかし、上記のように、海外に送金する場合の手数料は、現在でも相当割高です。

19b4a08a

会計、経理業務は企業でも個人でも基本ですが、

紙の請求書、納品書などの書類をそろえて、書類に記載されている事項を人手で会計ソフトに入力する、という前近代的な手法がいまだに取られています。

また、銀行の入金、支払いなどの記録を、これも人手で、いくつかの会計ソフト、何度もに入力する、という手法がとられています。

科学技術の分野では、データを書類にし、その書類の記載事項を人手でプログラムに入力する、ことは、ほとんどなく、データは、そのままプログラムに自動的に入力されます。

会計、経理についても、銀行の入金、支払い、代金の支払い、などが、自動的に行われれば、経理、会計業務を一気に簡素化できます。

さらには、友人同士で飲食に行った場合の精算は、一度、通貨にした上で、行いますが、これも、各自の口座間で行われれば、何も通貨にする必要がなくなります。

Fintechと言うと、新しいことと考えがちですが、これまで手と書類、あるいは書類に記載されている事項を人間が手で入力、

のように、前近代的な仕事の進め方を、自動化、システム化することも含まれます。

kaikeisofutoharenndousitemasuka


この講演で出た話としては、

・会計、経理システムには、あらゆるビジネス活動が記載される

・スモールビジネスのテクノロジー化の契機

・ファイナンス、バックオフィスを完全に自動化できる可能性

Fintechの3つの領域

・投資、調達 時間的な流れ

・決済、為替 空間的な流れ

・資金管理 経済主体

3つの領域を融合し、自動化、最適化する

b6ba21d4

ネット化、デジタル化は中小企業にとって、大きなチャンス

・自前のメールシステムがなくても、Gmailで十分

・amazonのクラウドサーバーのセキュリティーは、金融業界でも耐えうるもの

・ネットビジネスにより、商品、サービスを地域だけでなく、世界に発信し、世界中とビジネスが可能

IMG_20160419_175541902

コーポレート・ファイナンスの基本 複式簿記からバランスシート・損益計算書




モノがあれば、工場、倉庫などの在庫チェックが可能だが、ソフトウェアはモノがなく、発注書、納品書があり、実際にお金が入っていると、財務数字から不正を見抜くのは難しい

書類だけによる財務不正の発見に限界。書類から電子データへの移行が進み、財務不正発見にはPC、サーバーのチェックが必要だが、会計監査、税務監査ではそこまでできない

「貸借対照表」(バランスシート)「損益計算書」は、企業の財務状態の収益性、健全性を知る上で、便利なツールです。会計監査、税務監査でも使われます

ただ、ごまかそう、粉飾しようとすれば出来ない訳ではなく、また、書類から電子データへの移行が進み、電子情報のやり取りを調べないと不正は見抜きにくい時代にもなっています


IMG_20160419_175613698

人間が書類に記載された数字を入力して作成する財務では、不正を見抜くのは難しいかもしれませんが、

すべてのプロセスが、人間の手入力なしに、記録されれば、人工知能が不正を見抜くのではないか、

「TAK」さんは専門家ではないのですが、そのような期待をしています。





2016年04月17日

トウダイキックオフミーティング。創ろう、僕らの東京大学

という通知が来ました。

6

自ら広く体験し、迷うこと、課題を「解く」よりも「発見する」こと




教養学部での2年間は、これをどう過ごすかによってその後の長い人生が変わると言ってもよいほど、大切な期間です。

まず、自分の世界を拡げる努力をしてください。それは、できるだけ広い学問分野に触れ、その中に入り込み、迷いを重ねることです。


1f7ea952

大学で何を学ぶのか?




駒場の人文・社会科学の幅広い、豊富な人材、講義が非常に素晴らしいのですが、駒場の時はその良さをわからずに講義をさぼってしまい、大学院、あるいは社会に出てから、必要性、重要性に気づいて、聴講に来ることがよくあります。

教養課程で勉学をさぼってしまい、専門課程で思い直してしっかり勉強したとしても、教養科目の欠如は補うことができません。

タイミングを逃してしまうと、取り戻すのが難しいことがたくさんあります


など、東大駒場の生活の大切さは、これまでも描いてきました。

9

ところが、東大駒場生活を送ろうとしている、東大新入生の状況はというと、

キャリアを踏まえた大学生活とは?

に書いた


東大理系男子学生を対象に考えてみます。

すると、

(1)東大合格、うれしい反面、人生最大の目標達成による喪失感

(2)大学生になったら彼女をつくるつもりがなかなかできない

(3)彼女をつくるため、学生生活をエンジョイするためにサークルに入ろうとするが、厳しい選考が待ち受けている


という状況だったりします。

0b15064f

時間は、あっという間に経っていきます。

気づいたころには、大切な駒場生活も半ば以上過ぎてしまい、学業、課外活動に充実した生活を送り、うらやましい同級生がいる一方、何もできていない「自分」に、焦りを感じたりします。

14

そんな東大の駒場の生活をよりよいものにしようと、駒場生、本郷に行ったばかりの先輩、大学院生、社会人が、「学び」「地域キャンパス」「地方」「女子」「学生」など、テーマごとに話し合い、発表して、意見を交換します。

「TAK」さんの頃と比べると、

駒場寮がなくなり、立派な食堂、カフェテリア、生協ができた反面、学内で食事、お茶、買物が完結してしまい、学生街としての駒場が寂れてしまった。

ネット環境は充実し、授業、ゼミなどのホームページはあるが、参考図書、文献などについての、受講生同士の情報交換、レポート作成の相談、などの「場」がない、など、「今の時代に、まさか」という状況があったりします。

10

ただ、2年生たちは、したたかで、現実的で、

「点数による進学振り分け前に高得点が取れる科目を取って、振り分け後に、勉強したい科目を取得します」

なんて感じです。

8d675f61

大学、先生方も、

知をひらく、知をつなぐ。『知の技法』から20年


20年前までは、ほとんどの授業は、「確立された知」を先生が、学生に教える、ものでした。

この『知の技法』は、学問のやり方、を教えるもので、「知」をもとに、考える、議論する、活用する、という、当時としては画期的なものでした。


のように、いろいろな取り組みをしていますが、それだけでは、学生にとって、満足いくものにはなりません。

12

自分が駒場で過ごす時期は、終わってしまった、終わってしまう、かもしれませんが、こういった活動で、次第に変わっていく、そんな気がした、キックオフ会議でした。





2016年04月15日

ギタリストとバイオリニストを迎えて、即興、演奏、対談@東大教育学部岡田猛研究室

という案内をいただきました。

11

この研究会には以前も参加したことがあり、その様子は、

アートとクリエイティブティーのトーク「身体は「うそ」をつかない。」


相手と触れあったり空間を通して身体で「会話」しながら一緒に動く。

一瞬一瞬をもっと敏感に感じて表現できるように、『場』を制することの出来るパフォーマー。

単なる美しさだけでなく、社会について表現するアート。

身体は「うそ」をつかない。


619d5b06

計画、予測と想定外の事項に対する対応、偶然と必然、この微妙で奇妙な関係


即興ダンスを演じるダンサーは何を考え、何を感じ、また観客との空気のインタラクションの中で、どう演じていくのか?

社会生活の多くは、大まかな計画はしつつも、想定外のことが起こり、即興で対応していきます。

ダンサーの経験、対応から学ぶことは多そうです。


6274ad0f

いつものように、聞きたいことは、

・「創作」して、用意しておくこと、と即興の関係

・演奏する自分、自分の演奏なのに、自分が思うように表現できない

・観客の反応、「受ける」と思っていたところと、実際に受けたところの差

・自分が表現したいこと、自分が表現していること、観客が期待していること、のギャップ

なんて感じです。

では、早速出た話をまとめます。

index

ギター、バイオリンなどの弦楽器、気温、湿度、エアコンの影響を強く受ける。本番前のリハーサルで、指をならしているうちに、弦と指がなじんできて、いい音になっていく。

複数によるアンサンブル、息、相性が合うこと、目、手でタイミングを計る、相補い、支え合う、メインとサブが適宜入れ替わる

アンサンブル、双方が相手を取り込んでいく、方法論よりも経験

不協和音、とは、言い得て妙な表現

聴覚である音を、視覚、触覚、嗅覚など、他の感覚で表現する

模倣から始まるが、やがては自分の特徴となる

o0480030812942149277

作曲、直感で作る人と、規則で作る人がいる

土台がある上での即興、「定番の引出し」ではなく、「偶発の引出し」をあける。

目を閉じる、など、五感を一つずつ閉じていく、ことにより、聴覚に集中する。

聴覚障害者の演奏は、そうでない演奏者にはない、独特なもの。

「さぐり」をいれながら、関係、作品を構築していく。

音楽理論、ある時は有効、ある時は迷惑

合せる自分と、外す自分。自分から提案する部分と、出された提案に合わせる、外す

演奏者である自分と、自分の演奏を聴く自分

551140_3268325441591_317107114_n

言語で表現すると、その言語のイメージによる、制約を受けてしまう

観客との心の共鳴、拍手によるフィードバック

一体感の醸造には時間がかかる、現代は、あまりにせっかち

毎日触れること、触れると発見がある。

アーティスト、感じる気持ちが大切。感じなくなるとダメ。

五感を研ぎ澄ます。どれかを閉じないと難しい。

5d5fdcdb

ゲストの方々と、「TAK」さんの会話から、面白いことがわかりました。

アーティスト、演奏家の方々は、未踏領域を目指し、歩んでいきます。

自然科学、例えば、物理学の研究者も同様に、未踏領域を目指し、歩んでいきます。

ただ、未踏領域の目指し方、歩み方が、少し違います。

d7e2342e

物理学の場合、偉大な先人、例えば、ニュートン、アインシュタインらの業績を踏まえつつ、未踏領域を目指し、歩んでいきます。

偉大な先人の業績を踏まえることなく、自分だけで歩むのだとしたら、アルキメデスの業績を超えることなく、ほとんどの研究者が生涯を終えることになります。

一方、アーティスト、演奏家の方々は、偉大な先人の業績については、当然、認識しつつも、必ずしも、それらを踏まえる必要はなく、自らの未踏領域を目指し、歩んでいきます。

面白い対応の違いの発見でした。




2016年04月13日

東大の入学式によせて、入学式、卒業式は親子でお祝いする時代に

に書いた東大の入学式は4/12に行われます。

EntranceCeremony2014

ちょっと遅い気がするのですが、なぜ4/12かというと、

4月12日が東大の創立記念日

ということです。

50年前は安田講堂で行われていましたが、今は入りきれないので、日本武道館で行います。

todaishimbun19660418

さて、

アートとは、人々をつなぐ表現である

に書いたように、各大学の総長、学部長の入学式の挨拶には、それぞれに素晴らしい言葉が散りばめられています。

東大の入学式

では、正直言って、五神総長よりも、小川教養学部長、ノーベル賞受賞の梶田先生のお話が興味深いものでしたので紹介します。

jpg

小川教養学部長


教養学部での2年間は、これをどう過ごすかによってその後の長い人生が変わると言ってもよいほど、大切な期間です。

まず、自分の世界を拡げる努力をしてください。それは、できるだけ広い学問分野に触れ、その中に入り込み、迷いを重ねることです。

1f7ea952

この努力は、すでに進路を決めたつもりの人にとっても必要です。自分の世界が拡がると、それまで当然のこととして決めていた自分の進路を見直すことになる可能性もあるからです。

教養学部は、皆さんのその努力を、さまざまな形で強力に後押しします。それが、教養学部におけるリベラル・アーツ教育です。

皆さんは、これからさまざまな授業に参加し、また、課外活動にも勤しむことになりますが、その際に心に留めていただきたいことがあります。それは、自ら直接体験することの大切さです。

触れておきたいのが、教養学部における友人との「生」の付き合いの大切さです。

freshman20160412

東京大学の学生は、広範囲にわたって潜在能力が高く、学業に優れているだけでなく、それ以外の才能にも恵まれた個性豊かな人たちが大勢います。

ここにいる皆さんは、やがて、それぞれの専門分野の第一線で活躍されることになりますが、大きな可能性を秘めた皆さんが、将来の進路が決まる前の段階で知り合い、親しくなることができる場が教養学部です。

夢と期待で胸を膨らませながらいっしょに入学してきた皆さんが駒場で育んだ友情は、きっと生涯にわたって続くでしょう。

kajita20160412

梶田先生

皆さんは個人で試験に挑んで、自分の力で回答を書いてきました。もちろん、自分の力で回答を得ることは重要です。

しかし、あなたの周りの人はあなたが知らないことを知っているかもしれないし、別なアイデアを持っているかもしれません。

学問の世界では、世界中の多くの学者、研究者が同じ問題を議論し、知識とアイデアを出しあい、協力して問題の解決に向けて進みます。

5d5fdcdb

高校までは問題が与えられて、それを解くことが重要だったかと思いますが、これからは問題や課題そのものを見つけることも重要になってきます。

学問や実社会の最先端に立つと、今後どんなことが問題や課題になるかを見抜く力、あるいは予期せぬことに出会ったときにそれをきちんと問題としてとらえる力が必要になります。

問題や課題を見つけるという意識を持って、それらを見つける力を身につけてください。

IMG_20150410_08075441

なお、小川教養学部長のお話は、

教養とは、よくわからずに学んで、後から学び直すもの




大学の教員とは学問のクリエーター

学問の内容だけでなく、それに取り組んでいる先生、クリエーターの想い、姿勢、声、身振り、手ぶり、などから直接伝わるものをゲットする

学問から生まれてくる思想が、教養としての学問

人間として生きていく上で、学問は役に立つ


81f68431-s

梶田先生のお話は、

「理論を現象で検証する」から「現象から理論を導き出す」へ


「ニュートリノ天文学」の幕開けとなった「カミオカンデ」は当初、陽子崩壊観測のために建設されましたが、建設後わずか数か月で、大マゼラン星雲でおきた超新星爆発からのニュートリノを偶発的に観測しました。

基礎研究の世界では、何がどうやって役に立つのか?よくわからないところが面白かったりします。


のように紹介していますので、あわせてご参照ください。




2016年04月11日

4月初めのこの時期は、各大学の総長、学部長の卒業式、修了式あるいは入学式の挨拶が紹介されます。

それぞれに素晴らしい言葉が散りばめられているのですが、

京都市立芸術大学入学式


の鷲田清一学長の式辞が大変興味深いものとなっています。

Resized_1920pixel_entrance-ceremony_2016_WEB-10-14

鷲田学長は以前、大阪大学総長も務められ、専攻は哲学です。

もともと美術、音楽など芸術の専攻ではないからこそ、芸術が果たす役割について、専門技能だけではないものにも言及されています。

抜粋して、紹介します。

0f3e1433

美術であれ音楽であれ,それを学ぶ人に,たんに専門の表現技術を磨くだけでなく,この時代にあって「表現する」ことの意味を問い,さらにはその歴史的な経緯を意識した活動をしてもらいたい 

美術。その「表現」という行為はイメージやオブジェとしての作品を創ることなのでしょうか。美術は作品の制作に限られぬもっと大きな意味を持っているのではないでしょうか?

edcbec68

人は苦しいときには,世界に触れる感覚の表面を減らして,自分だけの狭い環境を作ってそこに閉じこもろうとします。

アートはしかし,そういう世界への違和感を大事にしながらも,その世界を超えたところに別の世界のあり方を展望しようとします。

自分の世界に閉じこもるのではなく,人びとをこれまでとは違ったふうにつなぎながら,世界をもっと開いていこうとします。アートとは人びとをつなぐそういう生存の技法のことなのです。

IMG_20130825_150606

異なる時代,別々の地域で暮らした人たちが発した音が一つに集められて,オーケストラは奏でられている。

それぞれの音が生まれたそれぞれに異なる歴史的な脈絡,それらが交差する場としてオーケストラの演奏はある

それぞれに起源の異なるものがオーケストラでは集まって一つの曲を奏でるということです。だから,それぞれの楽器奏者がこだわるところもきっと大きく異なるはずです。

00d2fd67

学ぶというのは,自分をより見晴らしのいい場所に立てるということ。そのためには,自分がいまいるこの時代を立体視することが必要となります。時代を立体視するためには複数の眼が必要です。

異なる二つの眼をもつからこそ世界は立体的に見えてくる。

視差は,自分の二つの眼のそれであるとともに,自分と他者との視角の差でもあります。

世界を立体的に見るためのこの視差をより大きくするには,他の人たちが置かれている状況を事細かく想像することが不可欠です。

381be2c0-s

「TAK」さんはアートは専門外ですが、これまでも

芸術とはコミュニケーションである


千住博さんは、著書『美は時を超える』の中で、古代ギリシャの詩人ホメロスの言葉を引用して説明しています。

「芸術とは、人に知らせたくなる行為のこと」

もっと明るい場所で「多くの人に見てもらいたい」という本能が、神の領域であった「美」を、人間の領域の「美」へと転換させていったのではないか、と千住さんは言っています。

多くの人の目に触れ、批評を受けることが、描く側の創作意欲を刺激し、次の作品が生まれていったに違いありません。

「描く」・「創る」と「見る」・「評価する」という相互作用のもとで、芸術は発展してきました。

「芸術とはコミュニケーションである」

内面から沸き起こるイマジネーションを他者にどう伝えていくか、そのための創意工夫のプロセスが芸術活動であり、「伝えたい」という想いの強さこそが、優れたアートを産み出す源泉だそうです。

モーツァルトの音楽、レオナルド・ダヴィンチの絵画など、すぐれた芸術は、時代、国境を超えて、人々の心に伝わります

芸術とふれ合い、鑑賞する過程は、芸術作品が持つ感性的価値を通じて自らの感性に気づく営みでもあります。

アートを通して、人と人、人と芸術、人と場等など、新しい絆を見つけることができる、かもしれません。


ab987e3b-s

研究活動とは美しいアートである




アートとは音楽、絵画、写真、彫刻などの媒体を使って、自分が表現したいことを表現するもの、でしょうか?

作品を作る時は自分の概念を具現化させて自分の世界を構築させようという出発点から始まる

無から有を生む、というものよりも、既に自分が抱いている、持っているコアをベースに未知のものを創造していく

作品が重視されがちだけれども、アーティストにとっては、作品以上に創造するプロセスが重要であったりする

研究も既存の研究成果(自分、他者を含めて)をベースに、ある特定の分野を掘り下げて、探究し、真理を発見したり、仮説を構築し、何らかの手法で検討したりして、未知のものを創造して、自分の世界を構築していく


8eb1a5ab

「街にあるものを使いこなす」学びのプロジェクト




アートと言っても、特に芸術性の高いものに限られません。

実はアートは日常に潜んでいます。この日常に潜んでいるアートを引き出すのが、アーティストの役割、

それをムーブメントに結び付けるのがプロデューサーだったりします。


84c56e15-s

アートは鑑賞するものではなく、生活の中に取り入れるもの


アートというと、人々の生活からかけ離れた世界で、孤独なアーティストがクリエイティブな作品を生み出す、

というイメージがありますが、それよりもむしろ、

人々が生活の中に取り入れて、活かしていくもの、なのではないでしょうか?


と書いてきました。

10

発散気味ですが、興味深い式辞です。アートが他の学問と触れ合うと、面白いことが起きそう、という予感がします。





2016年04月09日

東京2020大会エンブレム最終候補4作品

が発表になりました。

A案からD案までの4案について、いろいろな意見が出ています。

12938212_980006265423344_1631145976555433064_n

「TAK」さんは、この4案を見ながら、自分の気持ちがはっきりしてきました。

使用中止になった、以前の佐野氏の作品について、

東京2020オリンピック・パラリンピックのエンブレム、さて、その感想は?




このオリンピックのエンブレム、どう思いますか?

「TAK」さんの感想としては、

「う〜ん、今ひとつ、何がアピールしたいのか?わからない」

というところです。


オリンピック招致のためのロゴは、なかなかよかったのですが。


と書きました。

e44a7543

今回の4案は、佐野氏の作品に比べると、ずっといいのですが、やっぱり「いまひとつ」というのが、率直な感想です。

応援したくなる、信頼できる人、がポイント




選考委員会が、「これを選んだから、みんなで応援して」と言っても、そう簡単にはいきません。

大会組織委員会が決定して、それを発表するのではなく、例えば、AKB48の総選挙のように、候補メンバー、それぞれのアピールを、広く一般に示した上で、総選挙とすれば、ずっと親近感がわいたり、多くの人が応援できるエンブレムが選ばれるのでは、と思います。

61abd8ea-s

例えば、2014年の冬季ソチ・オリンピックでもフィギュア・スケートの浅間真央選手、羽生結弦選手などは日本中が、テレビにかじりついて応援したか、と思います。

一方、メダルを獲得したのに、それほど注目されなかった競技、選手もいます。


そういう意味では、今回のエンブレム、制作者の佐野氏は、上記の通り、発表された時点から、「え〜」「う〜ん」という印象でした。

新しいエンブレムについては、この、応援したくなるエンブレム、応援したくなる人、になるような、選考システムにしてほしい、と思います。


と書きました。

12472730_10209491066940119_620338526819347515_n

「TAK」さんの気持ちとしては、実は立候補の時のエンブレムが好きだった。本当は、東京2020大会でも、このエンブレムを使いたいけれど、残念ながら、規則で使えない。

ただ、候補エンブレムが発表されても、どうしても、この立候補時のエンブレムと比べてしまう。

「う〜ん、今ひとつ」

となってしまいます。


2020年東京オリンピックがもたらすものは?




2020年オリンピック東京開催決定おめでとう。

前回の東京オリンピックを、おぼろげながらも覚えている最後の世代として感激もひとしお。

70859939

あの時」を言葉で表現するのは難しいが、日本中が、得も言われぬ興奮に包まれていました。

あの感激がもう一度体験できるなんて幸せです。

88629672

東京五輪。「七年後どうしてる?」と弾む声が聞こえる。ちょっと先の未来をみんなが楽しみにすること自体が久しぶりな気がする。

さあ、7年後の2020年には東京オリンピック、その時、皆さんは何をしてますか?

「TAK」さんは、見るだけではつまらない、何かかかわりたい、と思っています。


3d6b91e4-s

多くの人が感激した、オリンピックの東京招致、この時のエンブレムには、強い愛着があります。

上記の通り、本当は、東京2020大会でも、このエンブレムを使いたいけれど、残念ながら、規則で使えない。

ただ、候補エンブレムが発表されても、どうしても、この立候補時のエンブレムと比べてしまう。

「う〜ん、今ひとつ」

残念なスパイラルになってしまっているようです。



2016年04月07日

東大、早稲田、慶応などの大学院で、経済、金融、企業戦略などを教えている宿輪純一先生の勉強会

宿輪ゼミ「国際経済・金融情勢」

に参加しました。

12

前回の参加は、

中国回復傾向、原油安も底打ち、で世界的に回復傾向の中、日本はマイナス金利で混乱、で世界経済はどうなる?

で3月上旬でした。

この時から、1月ほど経ちましたが、この時からの主な変化ポイントは、

・マイナス金利導入により、国債がマイナス金利となったことの影響が広がる

・下落に底打ち感があった原油価格が再び下落

・混乱していた中国経済が回復傾向

というところでしょうか

62ac6d97

ところで、国際経済、金融を扱う人の中には、デートレーダーのように、一瞬人よりも先を行き、利益をあげる人もいますが、

「TAK」さんの考えは、

マクロ経済学は他学問、とりわけ統計物理学を取り入れて変わっていく

に書いたように


短期的な経済行動は、人の行動を予測し、一歩先を行くことにより、先んじることができますが、中長期的な経済行動は、「需要の飽和」により規定されます。

経済成長とは、新しい製品、サービスが生まれて、それらが順次、飽和していくプロセス

一般物価の動きは、個別の物価の相互作用によって決まる。「期待」の役割はマイナー


というものです。今日もこの考えに従って書いていきます。

6f4f547b

マイナス金利については、

日銀の新たな金融緩和、マイナス金利とは?

マイナス金利導入の効果は?日銀の思惑、外れる?

に書いたとおりですが、

aa6de9bb

国債の金利が低下したため、主に国債で運用するMMFが募集を停止したり、生命保険などが、運用利回りを達成できず、保険料の値上げを検討せざるを得なくなる

5240b0a7

地方銀行の収益の主力である、20年物国債の金利が、1.0%弱から0.6%以下まで下がり、すなわち、収益性が4割下がり、統廃合などを余儀なくされそう

など、深刻な影響が出始めています。

住宅金利も下がったので、住宅を買いやすくなる、月々の返済が軽くなる、などのメリットがあるのでは、と考えられますが、解約手数料を払ってでも、現在のローンを解約し、新しいローンを組んだ方が安くなる場合、はもちろんメリットがあります。

ただ、新規の場合、住宅価格がバブル期を超えて高値を付けており、今買うのはどうか、という感がします。

fe24550d

今後、少子高齢化がさらに進み、首都圏以外は、大阪圏も含めて、人口が減少しており、空家率が上がっています。

中長期的に考えれば、2020年東京オリンピック以降は、住宅価格は下落、と考えるのが相当では、ないでしょうか


原油安、中国経済減速については、詳しくはサイトを見ていただくとして、ポイントだけ書きますが、

サウジとイラン対立による中東不安、中国成長の先行き不安で世界同時株安、Fintechの急速な発達も加わり、世界経済はどうなる?


従来のガス田、油田に比べ、固い岩盤に閉じ込められていて、これまでは採掘不可能と考えられていた、ガス、石油が、採掘技術などの進歩により、採掘が可能になった、というものです。推定ではアメリカのシェールオイルの埋蔵量はサウジアラビアを上回るのでは、と言われています。

原油価格を決定してきた資源国ロシア、OPEC諸国から、アメリカに価格決定が移ったことを意味します。

30f653ea

また、エネルギーの石油代替が進む中、自動車だけはガソリンを使わざるを得なかったのですが、電気自動車、燃料電池自動車の開発、実用化が進む中、石油の占める位置はますます軽くなっていきます。


原油価格について、短期的な変動はあったとしても、中長期的には、需要が減っていく方向で、安値に安定しそうです。

6ab56248


中国がIMF通貨であるSDR(特別引出権)の構成通貨(現在、米ドル、英ポンド、ユーロ、日本円「主要な国際通貨」)の一つに人民元の採用されました

これは、中国の30年計画である人民元の基軸通貨化への重要なステップです。

今後、中国の景気が悪化することが予想されるので、金融緩和を行う予定ですが、海外で国債を売りさばくことになります

36ba37be

SDR、通貨の「量」と「質」が大切です。人民元の国際化に必要なのが金融市場の自由化です。

金利の自由化、従来の規制では、預金と貸出の金利差を3%に設定していました。預金金利が低く、貸出金利が高いため、両分野でヤミ金融が暗躍しました。自由化により、この金利差を縮小することになります。

金利の自由化により、銀行の収益が落ちることになります。上海株式市場は1%の銀行が上場企業全体の純利益の6割を占めるため、結果として、上海株式が暴落することになってしまいます。


a847ccbf

これまで、日本の株価、日経平均はアメリカのダウ30と連動していましたが、今では、中国の上海株と連動します。

株式への投資は、この動きへのウォッチが欠かせません。

ac1b6f94

さて、前置きが長くなりましたが、ゼミで出た話をまとめます。

世界全体の傾向

アメリカは景気堅調、中国も景気回復傾向、一方で日本は円高、株安

アメリカは金利引き上げを年4回行う予想が2回の見込み。これは実質的金融緩和。織り込まれていた予想よりも低いため、予想の円安から円高に。

アメリカ、欧州は株高で、日本だけ株安。

日本株は変動幅が大きくなった。年金資金ではボラティリティ―の高い株は買えないため、売られる。

為替市場は、投資家の心理が強く影響する。

パナマ文書、各国リーダーの進退に大きく影響するおそれ

58581ba2

アメリカ

雇用統計、非農業分野21.5万人増、失業率5%=完全雇用、と数字の上では好調だが、賃金が伸びていない。(経済が落ちてきている、非正規雇用)

アメリカはアップル、インテル、GMなどメーカーは高給だが、サービス業の賃金が安い

株式、年初より20%上昇(日本は20%下落)

アメリカは金利引き上げを年4回行う予想が2回の見込み。これは実質的金融緩和。織り込まれていた予想よりも低いため、予想の円安から円高に。

ad0f184d

日本

日銀短観、大企業景況感悪化、日本株は長期の売り、構造改革の遅れが原因。

財政出動したくても、人手不足で対応が難しい

マイナス金利、円安誘導のつもりが円高に。信頼感喪失で不評。地銀、保険会社資金運用が苦境に。

消費税増税(8%→10%)は5月までに判断、増税しない場合、事実上の封印に等しく、財政健全化はさらに難しくなる(そもそも2020年までに基礎的収支(プライマリー・バランス)の黒字化は3%の成長率を前提としており、土台無理)

ゆうちょ銀行、限度額引き上げ(1000万円→1300万円)、貯金はほしくない状況にもかかわらず。

ゆうちょ銀行は不動産、地銀は株式を扱う。長期国債(20年)の金利低下のため

金融政策のみによる対応の限界、構造改革、経済成長が不可欠

75356655

欧州

マイナス金利を0.4%とさらに進めたが、脱出予定

ギリシャ支援、年金給付削減難航

イギリス、EU離脱を国民投票に付託しているが、まず離脱しない見込み

ccee52b0

中国

6.6%成長、引き下げた目標6.5%に沿う数字

インフラ投資、交通網30兆円、年央から景気回復の見込み

中国マネー、昨年の4倍に。中国国内の景気がよくないために、海外に投資。

1ae58e37

原油

40ドル台まで回復していた原油価格が35ドル台まで下落、4/17カタール主要産油国会議、まとまりそうもない

資源国通貨下落:オーストラリアドル、カナダドル、南アフリカランド

破産状態:ベネズエラ、ナイジェリア

サウジアラビア、原油安によるGDP減、人口3千万人の内、1.5万人の王族が予算の15%を使う、王族の70%が公務員

a37c5c6a

新興国

インドが経済成長7%と好調、金利を6.75%から6.5%に引き下げ、成長期待のため

ブラジル株、現政権退陣期待により上昇

ロシア:プーチン人気

南米:コロンビア、チリ、アルゼンチン安定

f492fae4

金融市場

為替

ドル円:円高

ユーロドル:ユーロ安

新興国:ドル高現地通貨安

株式

米株:高

日株:安

債券

国債:横ばい

商品

金:動意薄、原油:安

IMG_20160407_074328918

ところで宿輪ゼミは10周年を迎えました。自主ゼミが10年も継続するのは素晴らしいことです。

「TAK」さんは、1,2年目から断続的に参加していますが、今後もますます発展することを期待します。



livedoor プロフィール
最新記事
Archives