2016年05月

2016年05月31日

G7伊勢志摩サミットは日本にとって、

世界平和、日米関係とオバマ大統領の広島訪問について

に書いた、アメリカのオバマ大統領が原爆被爆地・広島を訪問、はよかったのですが、それ以外は、あまり実りがあるものとはならなかったようです。

png

アメリカは金利引上げ予測、イギリスEU離脱、アメリカはトランプ大統領の可能性?G7サミットを迎えて、国際経済はどうなる?

に書いたように、

G7伊勢志摩サミットの課題:財政出動、金融政策、為替政策、構造改革

なのですが、

20160528-00010008-agora-000-1-view

安倍首相の「危機に直面する世界経済」との認識を疑問視

安倍晋三首相は、世界経済が「08年のリーマン・ショック前に似ている」ことを挙げている。だが、米国の住宅バブル崩壊で急激な金融収縮に見舞われた当時を、「直近の情勢と比較するのは無理がある」(市場関係者)との指摘

「リーマン・ショック前夜」の薄弱すぎる根拠

キャメロン英首相が「危機とはいえない」と反論し、オランド仏大統領も「私たちは危機の中にいない」と述べるなど、G7に参加した各国の首脳の見解は安倍首相が主張する内容で一致していたとは言い難い

<伊勢志摩サミット>「リーマン級」に批判相次ぐ

英BBC「G7での安倍氏の使命は、一段の財政出動に賛成するよう各国首脳を説得することだったが、失敗した」

のように、安倍首相の世界経済が「08年のリーマン・ショック前に似ている」と危機を訴えた発言が、世界各国から批判を受け、

安倍首相が消費増税の2年半延期を表明

安倍首相「私がリーマンショック前の状況に似ているとの認識を示したとの報道があるが、まったくの誤りである」「中国など新興国経済をめぐるいくつかの重要な指標で、リーマンショック以来の落ち込みをみせているとの事実を説明した」

などと言い出す始末です。

oil-price

宿輪ゼミ「国際経済金融情勢と主要金融商品の解説」に参加しました

に書いたように、

リーマンショックは、アメリカの低所得者向けのサブプライムローン破綻によるもの

です。

一方、最近の世界経済の減速は、

サウジとイラン対立による中東不安、中国成長の先行き不安で世界同時株安、Fintechの急速な発達も加わり、世界経済はどうなる?

中国など新興国の景気減速、それに追い打ちをかけるかのように、シェール・オイル、ガスの開発による、埋蔵量増加による資源価格低下によるもの

です。

何が原因で、そういう結果がもたらされているのか、全体を俯瞰することなく、現象を観察することもなく、都合のいいデータを寄せ集めて、しかも、それを先進国の首脳が集まるG7サミットでやる、とは嘆かわしいです。

個人消費の推移(名目)

消費増税の延期についてですが、確かに消費税を増税すると短期的には消費が落ち込みます。

一方で、消費増税を延期すると、それだけ財政再建の道が遠くなります。

img_2451b1bc57a2e72d0950b8bca211c572146452

さらに、消費税の引き上げ延期により、日本の財政再建が遠のいたとされ、日本国債の格付けが引き下げられ、海外での資金調達が難しくなり、国債暴落の可能性も否定できなくなります。

アメリカは金利引き上げ先送り、日本は消費再増税、延期確定、中国主導のアジアインフラ投資銀行、で国際経済はどうなる?

消費税増税によせて、日本の財政を考える

日本経済の現代史を振り返り、財政再建の道を探る

に書いたことを、消費税、日本の財政について復習する意味で、再掲すると、


平成25年度の一般会計予算の歳入と歳出の内訳では、

51c1fc8f

予算は約92.6兆円ですが、このうち歳出についてみると、国債の元利払いに充てられる費用(国債費)と地方交付税交付金と社会保障関係費で、歳出全体の7割超を占めています。

一方、歳入のうち税収は約43兆円であり、一般会計予算における歳入のうち、税収でまかなわれているのは約5割に満たず、5割弱は将来世代の負担となる借金(公債金収入)に依存しています。

借金である、国債による歳入が46%、その国債を返すための歳出が24%という、借金自転車経営です。

8dab5c17

税収、国債発行額、歳出の推移をみると、1990年ごろまでは税収と歳出は何とかバランスしていたのだが、1990年をピークに税収が減少します。

景気が悪くなったので、税収が減少する、という当然の帰結です。

一方、景気が悪くなったから、と言って、一度上げた生活レベルは、簡単には落とせません。

それゆえ国債の発行が増え続けることになってしまいます。

財務省・税制について考えてみよう

を参考にしつつ、

次に税収の内訳を見てみます。

9a2c9f31

所得税、法人税共に1990年ごろをピークに減少し、法人税は2000年以降持ち直したものの、2008年リーマンショックで大幅に減少したことがわかります。

一方、消費税は、景気の波の影響を、それほど受けずに、安定しており、17年前の増税で、増税分だけ確実に増加したことがわかります。


消費税は、富裕層から貧困層まで、それぞれの消費に対して同率で課税されます。

一方、税とは、富の再分配、つまり、富裕層からお金を集めて、貧困層に分配するのが原則であり、基本的に富裕層ほど税率が高い、累進課税です。

消費税のように、同率課税ではなく、富裕層の税率を高くして、税収をあげては、のような意見も聞かれます。

5136356a

日本、イギリス、アメリカの所得税率の推移を見てみます。

すると、この3か国すべてにおいて、1980年頃までは最高税率は70%以上であったのが、その後、40%程度まで下げられた、ことがわかります。

所得の70%以上が所得税では、「どうせ、税金で取られてしまうのだから」とお金を稼ぐ意欲が減退します。

さらには、富裕層は、税金の安い国を求めて、国外へ脱出することになり、これでは、そもそも税が徴収できません。

fe88dd0e

個人への課税が難しいなら、大企業への法人課税はどうでしょうか?

法人税率を見ると、1985年前後の43.3%をピークに、最近は25.5%まで低下しています。

企業にとっては、個人以上に、国境はありません。日本の法人税が高いのであれば、もっと安い国へ脱出します。国際競争力の意味から、法人税を上げることは難しい訳です。

fbbc0754

それゆえ、安定的な税収として、消費税の税率が5%から8%に引き上げられました。

そして、さらには10%まで引き上げられる計画です。

諸外国の消費税率を見ると、OECD各国では20%程度であり、10%から20%までが、日本の税収の「余裕しろ」と考えられます。

さて、消費税率を上げれば、赤字国債は解消するのでしょうか?

「大胆な金融緩和でデフレ・円高から脱却」とは?



196230a8

対GDPでは日本の債務残高が突出しています。リスク商品並みの国々よりも債務残高のGDP比が上です

1990年以降、日本では歳入が減少しているにもかかわらず、歳出が増えており、国債増刷で対応しています。歳出増は主に社会保障費、国債の償還、利息対応などによるものです

企業が景気の悪化により、設備投資を控えているので、借入が減り、貯蓄残高が増えており、だぶついています

さて、債務残高を増やしたくないから、国債は買わない、という人もいるのではないか?と思います

でも、国債の70%は銀行、生保、郵貯が購入しています。それゆえ、個人の貯金、生保積立金で国債が買われています。個人で国債を買っていなくても、結果として国債を買っていることになってしまっています

さて、日本の債務残高は上に書いたように、リスク商品並みの国々よりも債務残高のGDP比が上です。では、償還滞りリスクが高いはず、ではないでしょうか?

日本国債の破綻リスクを回避するためか、円が売られ、円安方向に大きく動いています

あまり報道されていませんが、当然のことながら、金融機関は、日本国債暴落対策のシミュレーションは実施済みです


国債暴落よりも前に起こる可能性があるのが、ハイパーインフレです。

大胆な金融緩和で、実力以上に通貨を発行すると、通貨の価値が急激に下落します。

これは日本は第2次大戦後に経験しています

戦争の継続に戦時国債を大量に発行しました。

借金額は国の収入の9倍ほどで、敗戦により、これらのお金は返済できませんでした

そこで、大量に通貨を発行し、通貨の価値を下落させ、借金を返済し、その後、預金封鎖と新円切替で、乗り切りました。政府にしてみれば乗り切ったですが、お金を持っていた人は、預金が封鎖され、価値が急激に下落しました。

この辺の経緯は

戦後ハイパー・インフレと中央銀行

を見ていただければ、と思います

さて、上記のように、大戦後の借金は収入の9倍でしたが、今の借金はGDPの2.36倍、歳入の13倍です。

この間までは貿易黒字国だった日本ですが、今は貿易収支は赤字です。

宿輪ゼミ「今年後半の世界と日本経済のゆくえ」に参加しました

に書いたように、


日本の経常収支、経常黒字(減少)=貿易赤字(LNGなどの購入)+所得黒字(外国債の利子)で全体として、減少しつつも黒字


貿易は赤字に転落しても、対外資産などの所得収支により、経常収支は減少しつつも黒字です。

では、この経常収支を見てみます。

国際経済の基本のおさらい


経常収支(貿易収支・サービス収支・所得収支・経常移転収支からなる)を見てみましょう

65558fe3

日本は1980年以降ずっと黒字だったのですが、黒字幅が縮小し、最近では赤字に転落しています

2a2f94c3

基礎的財政収支(プライマリーバランス)(国債発行収入を除いた歳入(税収)と、国債の利払い・償還費を除いた歳出(経費)の差)を見ると、1990年以降、日本はマイナスに転じ、世界の国の中でも最も悪い、と言えます。

政府総債務残高、いわゆる国債残高を見てみます

936eb172

1990年頃まではアメリカと同水準のGDPの60%程度であったのが、その後、世界の国の中で日本だけ、国債残高が増え、GDPの2倍以上の債務残高、と突出したものになっています



このまま赤字国債を発行し続けると、対外資産も取り崩し、所得収支も減少し、経常収支は赤字になります。

この辺の経緯は

長期金利の上昇リスクについて

を読んでいただければ、と思います。

国民にとっては、負担の大きな消費税増税(5%→8%)ですが、それだけで何とかなるほど、日本の財政事情は甘いものではなさそうです。


財政健全化のためには、消費税増税(8→10%)は必要条件であり、何度も先送りしている場合ではない、のです。

CjtjXACUYAAhD_0

インフレターゲットを2%と設定しているが、日本人は元来、倹約を美徳とするところがあり、また将来不安もあり、消費は伸びません。

消費増税延期には、当初、麻生副総理、谷垣幹事長、稲田政調会長は反対を表明していたのですが、

党内融和のためか、容認に回ってしまい、残念です。












2016年05月30日

G7伊勢志摩サミットのため来日したアメリカのオバマ大統領が原爆被爆地・広島を訪問し、様々な反響を呼んでいます。

0a15c2e19eda425207312c39153f8fdc

オバマ大統領の広島スピーチ全文 「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべきだ」

オバマ大統領、米海兵隊岩国基地で米軍兵士と自衛隊隊員を前に演説

日米同盟は両国だけの安全保障にとって不可欠となっただけでなく、域内および世界において、欠くことのできない安定の源であり、繁栄の土台となっています

オバマ大統領、広島平和記念公園で行った演説

日米両国は同盟を結んだだけでなく友情も育み、戦争を通じて得るものよりはるかに大きなものを国民のために勝ち取りました

_89814773__89814446_89814443

日本からの評価は極めて高いものになっており、

オバマ広島訪問の真の意味

オバマ大統領の国際政治への取り組みを見ると、オバマ大統領は、アメリカの戦後レジームを終了させようとしている。その最後の砦が広島訪問なのである。

米大統領広島訪問98%が好評価

共同通信社が実施した世論調査によると、オバマ米大統領の広島訪問について「よかった」との回答が98・0%に上った。

オバマ氏に謝罪求めぬ日本、塩野七生さんは「大変良い」

デモや集会は行わない。日本人は、深い哀しみで胸はいっぱいでも、それは抑えて客人を迎える。それが、とても大切なこと。


という感じです。



オバマ大統領の広島訪問の歴史的意義については、これから明らかになってくる、あるいは、築かれてゆく、とこになります。

ここでは、これまでの背景を整理しておきます。

1171d213

国際社会でのパートナーシップとは、複雑で、常に動き、変化する生態系


日米両国は戦後は協調関係を築いてきましたが、真珠湾の奇襲攻撃、広島、長崎への原爆投下、

東京大空襲など、非戦闘地域への爆撃、など、戦争時点までさかのぼると難しい話がたくさんあります。

非戦闘地域への爆撃に関しては、日本も、偏西風を利用した風船爆弾を上げており、仮に空母、戦闘機が十分にあったならば、ロスアンゼルス、サンフランシスコなど西海岸の街は空爆していたでしょう。

つまり、今後の協調関係を築いていくうえで、過去の難しい話を蒸し返すことは得策ではありません。

発散しがちなのですが、ポイントをまとめると、

・パートナーシップ構築には、周辺国との状況も重要

・今後の協調関係を築いていくうえで、過去の難しい話を蒸し返すことは得策ではない

・イギリスの歴史家イアン・ニッシュ「同盟がひとつの状態にとどまっていることはありえない」

・「外交とは可能性の芸術である。状況が激しくうねる中で、一瞬のチャンスを捉えて可能性を追求する」


上記のように、「今後の協調関係を築いていくうえで、過去の難しい話を蒸し返すことは得策ではない。」のですが、両国の世論、状況のタイミングを見計らいながら、過去の修復の努力もしてきました。

ford5

日米の氷解

1974年に当時のフォード大統領が、戦後初めて、どころか、1858年に日米修好通商条約が締結されてから初めて訪日します。

フォード大統領は、その際に、昭和天皇のアメリカ訪問を要請し、1975年に昭和天皇のアメリカ訪問が実現します。

日米が戦った太平洋戦争は、1951年にサンフランシスコ平和条約により、終結していますが、このフォード大統領の訪日、昭和天皇の訪米により、わだかまりも大きく解消することになりました。

フォード大統領は、ニクソンの大統領のウォーターゲート事件を原因とした辞任によって大統領に昇格、大統領選挙に勝利せずに大統領職に就任した米国史上唯一の人物、しかも、その後の大統領選挙で大統領となるジミー・カーター氏に敗れる、

など、大統領としてはパッとしないイメージですが、日米関係回復には大きく貢献しました。

58581ba2

オバマ大統領についても振り返ってみます。

バラク・オバマの半生

かつての黒人奴隷が、いまや大統領になる、変革の国アメリカ

に書いたように、バラク・オバマ大統領は、父親がアフリカ人の黒人で、ハワイ州の出身、フィリピンにも住んでいました。

af95a55b

不倫疑惑、宮崎謙介議員、議員は自らの売名行為よりも国政を

に書いたように


あまり名前が知られていなかった、上院議員時代に、民主党大統領候補指名の党大会で、基調演説を行うという役割を与えられ、その時の演説により、

一躍、民主党の新星として、当時、民主党大統領候補として確実視されていたヒラリー・クリントンを破り、大統領に選ばれました。


大統領の主流は、東海岸出身の白人、その中で、父親がアフリカ人の黒人で、ハワイ州の出身、フィリピンにも住んでいた、バラク・オバマ大統領は、完全な「亜流」です。

主流ではなく、亜流だからこそ、イノベーションができたりします。

8/6に広島で開催される記念式典に、ルース駐日大使、ケネディー駐日大使を参加させて、日本側の反応を伺っていました。

20160412-00000003-wordleaf-0dbaf79a33bf54953eea6ee5b75cbd4bf

オバマ大統領の広島訪問にゴーサインを出せることになったのが、G7外相会談におけるケリー米国務長官の広島訪問です。

ケリー米国務長官、広島慰霊碑で歴史的な献花

ここは、日本外務省の努力も伺われます。ケリー米国務長官に対して、G7外相会談を広島で開催、ということで招いたことでしょうか?それ以外の案件であれば、ケリー米国務長官を広島に招くこと自体難しかったでしょう。


オバマ大統領の広島訪問が、どのように世界平和、日米関係に影響してくるのか、見守りたいところです。




2016年05月27日

東大、早稲田、慶応などの大学院で、経済、金融、企業戦略などを教えている宿輪純一先生の勉強会

宿輪ゼミ「国際経済・金融情勢」

に参加しました。

13

前回の参加は、

アメリカ景気堅調、中国景気回復、原油価格は再び低下、日本は株安、マイナス金利で混乱、で国際経済はどうなる?


で4月上旬でした。

この時から、1月半ほど経ちましたが、この時からの主な変化ポイントは、

0b5a42c8

・アメリカが6月に金利引上げの予測でアメリカにお金が集まり、ドル高傾向

m_wedge_6449

・イギリスのEU離脱を問う国民投票(6/23)で、EU離脱の可能性?

でしょうか?

アメリカの金利引き上げは、

アメリカ金利引上げ、ゼロ金利解除で国際経済、金融はどうなる?

で2015年12月に


62aea753

アメリカは金融緩和により、金の出回り量を増やして、リーマンショック後の不景気から回復し、

その後、金融緩和終了により、市場に出回る金の量を減らし、

いよいよ金利引き上げにより、市場に出回る金の量ではなく、金利により、金融をコントロールする、正常な経済状態に戻ることになります。

20151212154801

さて、これから起こることを予測すると、

・EU、日本がゼロ金利なのに対し、アメリカは0.25%の金利なのですから、当然、アメリカに資金が集まることになります。もちろんドル高傾向になります。

・アメリカが金利引き上げに踏み切ったのは、景気が好調だからなので、株価も好調ですが、資金が減っていくので、中長期的には株価は低下傾向です

・ニューヨークダウが下がると連動して日経平均も下がります

・新興国から資金がアメリカに引き上げられ、深刻な資金不足、インフレになる


と書きました。

20151212154747

上に書いた、「アメリカに資金が集まり、ドル高傾向」は、この時、2015年12月には起こらず、半年後に追加の利上げが予測される今になって、現実味を帯びてきました。


イギリスについては、

イギリスのしたたかな世界戦略、やはり世界を制覇した大英帝国はしたたか

で2015年5月に


世界の中のイギリスに見る凋落と復活


昨日までの敵ともパートナーシップを組む、柔軟さにより、イギリスは自国の数十倍の領土、人口、産業をまかなっていました。

また、英語と言う自国の言語を、世界共通語にもしてしまっています

ところが、第1次、2次世界大戦を通じて、イギリスは疲弊し、凋落した一方、アメリカは超大国にのし上がっていきました。

世界中に植民地をかかえることは、経済的にメリットがある反面、維持管理のための軍事費などが突出します。

一方、アメリカは広大な国土に移民を受け入れ、発展していった。ある意味、国内にたくさんの植民地を持っていたようなものです。

8c09fac3

・イギリスの3つのサークル(チャーチル)1.大英帝国と英連邦(カナダ、オーストラリア、インドなど)2.英語圏(特にアメリカとの特殊関係)3.統合ヨーロッパ、3つのサークルの交差点にいるイギリス、どのサークルからも外に出てはいけない

・第2次大戦を経たイギリスの衰退、戦勝国側だが、超大国はアメリカとソビエト、ドイツとの戦いに疲弊し、イギリスは単独は大国ではなくなった。さらにインドなど植民地が独立。

・1960年代以降、イギリスから植民地が独立し、大英帝国が解体し、独立した植民地の多くが英連邦に加盟したため、カナダ、オーストラリアなど、白人、キリスト教から、有色人種、イスラム等多様な宗教で、まとまりがとれなくなり、求心力を失った。

・1960〜70年代の米英関係、ベトナム戦争への英軍派遣拒否で、動揺。米英関係は常に安定なわけではなく、動揺する時期も数多くある。

・イギリスは当初ECヨーロッパ共同体に加盟しなかったが、1973年に加盟、大英帝国からヨーロッパへの軸足の移行。ただし、EC内で、主要国のフランス、西ドイツと足並みが合わず、「厄介なパートナー」

・ブレア労働党政権、米英関係とヨーロッパ統合に収斂し、「米欧間の架け橋」を打ち出すが、アフガニスタン、イラク、リビアへの軍事作戦、アフリカの貧困対策など、大西洋を超えたグローバルな取り組みも行い、大英帝国への名残も見られる 

・中国、インドなど新興国台頭の中で、イギリスは、接近を試みるが、両国とも対米関係をより重視。香港、インドが大英帝国化にあった頃への回帰を目指すが、難しいかもしれない

3622ce28

・イギリスは1.英連邦、2.米英関係、3.ヨーロッパ統合の複数のサークルが交差する位置に自らを置くことで、単独では持ちえない影響力の確保を目指す。

・イギリスは中国、インドなど新興国の台頭、EU脱退の可能性の中、1.英連邦、2.米英関係、3.ヨーロッパ統合の圧のサークルから、新たなサークルの組み合わせを模索

・イギリス、キャメロン首相が2017年末までに、EU残留の是非を問う国民投票。EUは28か国が加盟しているが、通貨であるユーロの危機、高い失業率など、危機を迎えている。 

・イギリスはEUから脱退した場合、ヨーロッパ内での影響力だけでなく、アメリカとの特殊な関係も損なうおそれ。間違えると、孤立化、影響力減退


sfxmnpc1295

イギリスはEUに加盟しながらも、通貨は統一通貨ユーロではなく、独自の通貨ポンドを維持しています。

これはEU域内関税撤廃など経済効果は利用しつつ、独自の金融政策が、ある程度可能です。

人のEU域内自由移動により、旧東欧圏からの移民の流入により、失業などが問題になっていますが、先進国の中では珍しく経済成長も果たしています。


と書きました。

17582_1524_a230b4d4db062d948a0cf636b3057569

旧東欧圏からの移民の流入に悩まされながらも、EUから離脱すると、ヨーロッパだけでなく、対米関係にも支障が生じ、孤立化のリスクがある中、どうなるのか、目が離せません。


さて、前置きが長くなりましたが、ゼミで出た話をまとめます。



png

世界全体の傾向

アメリカの景気回復、堅調な傾向を受けて、6月に金利引き上げの予測が高まり、ドル高、他通貨(ユーロ、円、中国元)安傾向。それ以外は、G7伊勢志摩サミットの様子眺め、サミット後の動きを注視

G7伊勢志摩サミットの課題:財政出動、金融政策、為替政策、構造改革

hqdefault

財政出動、すなわち、金融緩和は日本以外は消極的

金融政策、すでにマイナス金利状態で、打つ手がない

為替政策、アメリカは6月に金利引き上げの予測が高まり、ドル高傾向を受けて、ドル安政策

b09b5cb4

アメリカ

5月の雇用統計、非農業分野16万人増、失業率5%=完全雇用、と数字の上ではまあ好調で、景気回復傾向。ただし、賃金が伸びていない。(経済が落ちてきている、非正規雇用)

6月に金利引き上げの予測が高まり、ドル高傾向を受けて、ドル安政策

01192

日本

将来不安で、個人消費が伸びない。

円高傾向で輸出が伸びない。

人手不足で雇用は好調。

企業収益、6割が改善、4社に1社が最高益、ただし、原因は中国など新興国旅行客の爆買い、原油、資源安のため。反動のおそれ。

上場企業で3兆円の赤字、そのうち、東芝、シャープ、商社3社で2兆円の赤字。(商社の赤字は原油、資源安のため。)

558f2f76

欧州

イギリスのEU離脱を問う国民投票(6/23)で、EU離脱の可能性?

f492fae4

中国

住宅投機抑制

台湾の反大陸総統対策(台湾がTPPに参加希望)

jp

金融市場

為替

ドル円:ドル高

ユーロドル:ユーロ安

新興国:ドル高現地通貨安

株式

米株:やや安

日株:やや安

債券

国債:横ばい

商品

金:安(利上げを受けて)、原油:安







2016年05月26日

科学技術外交シンポジウムー科学技術を通じた日本外交の新たな方向ー

という案内が来ました。

9

外交というと安全保障、国際経済、工業製品、農林水産物などのイメージが強いのですが、科学技術が、これら安全保障などに与える影響は大きく、また多岐に渡り、科学、技術を外交に活用する動きが活発化しています。

社会の変化が激しく、技術の進歩も急速な時代に、1社単独での技術開発は難しく、数社での共同開発、あるいは産学官共同プロジェクトが組まれます。

03841ab1

山崎直子さん「宇宙飛行士という人生〜宇宙に出るまで、帰って来てから」

に書いた「国際宇宙ステーション」

81f68431-s

「理論を現象で検証する」から「現象から理論を導き出す」へ

に書いた「スーパーカミオカンデ」

などは、ひとつの国での研究開発は難しく、複数の国の共同作業になります。

研究施設、プロジェクトによっては、イスラエルとパレスチナなど、国同士は対立関係になるけれど、研究者は共同研究、ということも、よくあります。

このような状況下で、科学技術は重要な外交項目になりました。

f0ffd57c-s

技術、学問、社会は絡み合いつつ、一体となって進むから、面白い!

に書いた


スーパーコンピューター「京」は民主党政権下で、事業仕訳の対象になり、話題となりました。

「1番でなきゃ、いけないんですか?」

の質問が印象的です。

科学技術、その中核となる、スーパーコンピューターは世界中がしのぎを削りつつ、急速な進歩を遂げています。

現時点で1番でも、すぐに追いつき、抜かれていきます。

最低限、現時点では最新鋭のスーパーコンピューターを活用しなければ、とても科学技術立国など、おぼつきません。

c35fbda7-s


「1番でなきゃ、いけないんですか?」

は民主党が政権担当能力に欠けることを象徴する言葉で、強く国民の印象に突き刺さりました。

それが、現自民党安倍政権が安保法整などで、強気に出られる原因かとも感じます。


の愚かさを歴史が検証することにもなりました。

af51b9b0

国際社会でのパートナーシップとは、複雑で、常に動き、変化する生態系




・パートナーシップ構築には、周辺国との状況も重要

・今後の協調関係を築いていくうえで、過去の難しい話を蒸し返すことは得策ではない

・イギリスの歴史家イアン・ニッシュ「同盟がひとつの状態にとどまっていることはありえない」

・「外交とは可能性の芸術である。状況が激しくうねる中で、一瞬のチャンスを捉えて可能性を追求する」

1171d213

日本人が国際社会で活躍するためには、逆説的ですが、日本という国がしっかりしていなければなりません。

そうでなければ、国際社会でも説得力がありません。

国境のない世界、と言われますが、国際紛争の時など、役割を果たすのは、最終的には国家になります。

グループを作って、グループ内のメンバーに優遇する。グループ同士で、綱引きをしたりする。なるべく強い人についた方が有利。

国際社会と言っても子供の社会と変わらなかったりします。

一方で、旧ユーゴスラビアなどは、東西冷戦時にチトー大統領の非同盟運動など、国際平和に大きく貢献し、国際的な存在感も大きく、サラエボ冬季五輪なども開催されました。

ただ、チトー大統領の死後は、分裂、紛争を繰り返すことになってしまいました。


科学技術を外交のカードとするには、

日本発の優れた技術、人材の育成が不可欠です。

これなしに、手ぶらで出かけて行って、土足で踏み荒らし、他人の成果を、お金で買い漁ろうとしても、誰も相手にしてくれません。

378a1c15

研究もビジネスも、幅を広げ、継続させ、キャリアを切り拓くのは、人のネットワーク




研究もビジネスも、幅を広げ、継続させ、キャリアを切り拓くのは、人のネットワーク


と書いたようにネットワーク力

7d253b09-s

パブリック・ディプロマシー、日本の存在感を高めるには?




日本は世界に何を伝えるべきか。世界にどのような日本を魅せるべきか。

情報発信の手法としても従来のような国対国のレベルではなく、相手国の市民に直接働きかけ理解を促進する外交活動「市民外交」や「広報外交」、すなわち「パブリック・ディプロマシー」への期待や関心が最近はにわかに高まっています。


と書いたように、タイムリーな情報発信力も求められます。

1

5/26〜27のG7伊勢志摩サミットに先立ち、5/15〜17に、つくばでG7科学技術大臣会合が開催されました。

こういった関係大臣会合が開かれることこそ、科学技術が外交の重要なファクターになっていることを物語ります。





2016年05月23日

最近、各大学が年に1回、卒業生をキャンパスに招く、ホームカミングデーが盛んにおこなわれるようになりました

「TAK」さんは、東大の大学と大学院、東工大の大学院を修了しましたが、東大のホームカミングデーは13回目を数え、毎年10月に行われます。

6

東工大はホームカミングデーは5月に開催され、今年で5回目、第1回から参加し、その様子は、

東工大ホームカミングデー・池上彰教授特別講演に行ってきました

東工大ホームカミングデーに行ってきました

東工大ホームカミングデー2014に行ってきました

東工大ホームカミングデー2015に行ってきました

に書いてあります。

IMG_20160521_13223509

東工大ホームカミングデイ2016(大岡山キャンパス)

2つの大学のホームカミングデーに出るので、自然と比較することになり、「TAK」さんは、いつも東工大に辛口です。

いつぞやかは、


まず、着いて、驚いたのが、キャンパスが「閑散」としていて、人の姿が、まばらなことです。日程を間違えたかしら?と不安になったほどでした。

総合受付のスタッフも、ろくにおらず、

「何のおもてなしもできませんが」と言いつつ、さりげない心遣いがある「場」と思うのですが、これでは、本当に「何のおもてなしもありません」

IMG_20160521_131218474

基調講演とは、誰もが知っている、旬な著名人が行い、集客を高める意味があります。

東京スカイツリーの話も、利用開始から1年たった段階では、どこかで聞いたことがあり、「賞味期限切れ」です。

卒業生での講演にこだわるよりも、旬のテーマの話ができる講演者にお願いするのがよさそうです。


と、非常に辛口のコメントをしました。

今年の印象を言えば、とってもよくなった、ということです。

IMG_20160521_131510612

テント、屋台もいくつか出ていて、これまでは「閑散」としていて、人の姿は、まばらだったキャンパスですが、人の出も、ある程度あり、にぎわいも出てきました。

ホームカミングデー、年に1回、卒業生に懐かしいキャンパスに来てもらう、普段着でありながら、ちょっと「よそゆきの場」です。

その、ちょっと「よそゆきの場」をようやくセットすることができたかな、という感じです。

IMG_20160521_152203289

今回のホームカミングデーでは、現役の学生さんたちが参加する企画が数多くありました。

ホームカミングデーは、卒業生と現役学生が、いくつかのテーマを通じて、触れ合う場でもあります。

このような企画がたくさん出てくるとよさそうです。

IMG_20160521_13134111

今回のホームカミングデーの大きな特徴が、いわゆる「基調講演」的なものがみられず、それぞれのクラスターでの講演があったことでしょうか。

IMG_20160521_131742922

「基調講演」では、例年、

「おれたちは、日本の理工系大学のトップだぞ。東大になんか、負けないぞ!」

のような「気負い」が見られたのですが、今年は、そういった、肩の力が抜けて、ありのままの、変わっていく東工大の今の姿を、卒業生に示した、という感じでしょうか。

11

今年はリベラルアーツ研究教育院講演会に参加します。

「TAK」さんは、東工大のリベラルアーツ教育についても、以前、辛口のコメントをしました。

理工系大学のリベラルアーツ、教養教育はどうする?

c3bb69ae


「日本の理工系大学のトップ」としての「意地と面子」は、置いて、

リベラルアーツ、教養、人文、社会系の教育について、東工大内でまかなおうとするよりも、

この分野に豊富なスタッフを有する、東大、慶応などと単位交換制度などを活用して、コラボ、交流する方がよいのでは、と考える


12

今、東工大では、理工系大学であるにもかかわらず、西田亮介氏、池上彰氏ら文系教員を結集し、本格的なリベラルアーツ教育を開始してます。

招集された文系教員たちが「点」の寄せ集めではなく、「幅広く、奥行きが深い、厚い層」になることを期待します。

13

など、いろいろ感じた、東工大ホームカミングデー2016でした。



2016年05月22日

一橋大学開放講座「コウタローの体験的戦後史」

9

という案内がきました。一橋大学開放講座については、

一橋大学開放講座「ビッグデータとFintech」

e844ca53

に書きましたが、今回はテーマが、ガラッと変わります。

10

山本コウタローさんは学生時代に「走れ、コウタロー」で大ヒット。

これだけだと「一発屋」なのですが、その後、「岬めぐり」が、まあまあのヒット。

「TAK」さんの印象が強いのは、深夜放送「パックインミュージック」のパーソナリティーです。

9bb809bb

永六輔さん、ラジオの深夜放送による中高生への音声による開放空間の創作

に書いたのですが、


1970年代と言うと、既にテレビが普及しており、ラジオは全般的には「隅に追いやられた」感がありました。

ただ、テレビが普及したといっても、まだまだ高価で、大きくて、20万円以上しました。薄型の液晶テレビなどなく、ブラウン管の大きなテレビの時代です。

1人1台ではなく、1家に1台、茶の間にあり、家族みんなで見る、ものでした。

一方、その頃、ラジオは小型で安価で中高生でも手に入るものでした。

それゆえ、みんなで見るテレビに対し、中高生がパーソナルユースで1人で聞くラジオ、という感じでした。

受験勉強をしながら、ラジオを聞く、「ながら族」という言葉が生まれました。

もちろん、インターネットなどない時代で、孤独な中高生にとって、ラジオとは、深夜放送という開放空間へ導いてくれる、今のスマートフォーンのような存在でした。

86b01648

放送作家を交えたワールドカフェ。これからの都市コミュニティを考えよう 




深夜放送、一人で勉強している受験生にとって、DJが読むリスナーからのハガキは、「苦しいのは自分だけでなないんだ」とリスナーを勇気づけた。ラジオがみんなの中心で結びつける役割を果たしていた。 


と書いたとおりです。

ラジオは映像がない、文字がない、ため、トークが聴取者の想像力を掻き立て、共感を呼びます。

聴取者は時折、葉書を放送局に送り、さながら、今のSNSのような存在でした。

8d7f9e87

そんな、ラジオの深夜放送ですが、大学に入学すると同時に途端に聞かなくなります。

受験勉強をする必要がなくなるため、深夜に起きていないことが大きいのですが、

高校までの友人がクラスメート、部活など、限られた関係なのですが(特に男子校は)、

大学に入学すると、クラス、サークル、諸活動など、男女を含めた友人関係の輪が輻輳化、複層化していきます。

2f97d6f4

このリアルな輻輳化、複層化した男女の友人関係の中に、自分の居場所を求めることが第一で、深夜放送という開放空間へ行く必要がなくなります。

永六輔さん、小沢昭一さん、斎藤安弘さんら、ラジオ全盛時代を築いた人たちは、音声メディアを駆使して、人々の「第3の場 サードプレイス」である、開放空間を創作してきたのです。


と書いたとおりです。

今日は山本コウタローさんから伺ったお話し、というよりも、それをもとに考えたことを書きます。

img_0

●「一発屋」ではダメ、別の分野での、もう一発

上に書いたように、山本コウタローさんは学生時代に「走れ、コウタロー」で大ヒット。

これだけだと「一発屋」なのですが、その後、「岬めぐり」が、まあまあのヒット。

img_0-300x300

世に出るきっかけが「走れ、コウタロー」、長持ちしたのは「岬めぐり」のおかげ。


●名門も後輩が頑張ってくれないとダメ。

山本コウタローさんは、日比谷高校から、二浪して一橋大学へ進学しました。

この頃の名門進学校は、開成でも灘でもなく、日比谷高校でした。残念ながら、東大合格者という面では、今は、没落して見る影もありません。

school-break-public

名門は、今も名門だから名門です。今は見る影もなく、かつての名門、と言っても、さびしいだけです。


●テレビの絶大な威力、中産階級が欧米世界の生活を知る

室町、安土桃山時代に南蛮船が日本に来るようになってから、西欧の進んだ文明が伝わりました。ただ、それを知ることができたのは、一握りの上流階級に限られました。

その状況は明治に開国し、文明開化と呼ばれた時代になってもそれほど変わりませんでした。

3b3abb4db0fdda0e2495713803fd

ところが1953年にテレビ放送が始まり、当初日本の放送局は独自に番組を作ることができなかったので、ポパイ、奥様は魔女、など、主にアメリカの番組を放送しました。

IMG_20160519_194615361

その結果、上流階級だけでなく、中産階級も、華やかで、楽し気なアメリカの生活を見るようになり、大いに憧れることになりました。

●「お荷物」のように言われている「団塊の世代」は、激動の時代を生き抜いてきており、結構強い。

「団塊の世代」は、戦争を知らない、最初の世代、軍国主義、お国のため、という社会から、「自由、平等、平和、民主主義」という新しい社会になりました。この新しい時代を、大人たちは熱く語り、ワクワク感があったようです。

1960_Protests_against_the_United_States-Japan_Security_Treaty_02

GDPは未曽有の急成長、日米安保、学生運動から体制側への転換、など、激動の時代を切り抜けている、つわものぞろい、です。

決して、のほほん、と生きてきたわけではありません。

●反体制側から体制へ転換する、現実的な賢さ

いちご白書をもう一度・荒井由実

hqdefault

に、

「就職が決って髪を切ってきた時に、もう若くないさと、君に言い訳したね」

というフレーズがあります。

img_01

何気なく、口ずさんでいたフレーズですが、山本コウタローさんから、このフレーズの持つ意味について伺いました。

当時、まだエリートだった大学生が、単に若さへの決別だけでなく、自分たちが反発していた体制側へ、強制的に組み込まれるのではなく、自ら選択してはいっていく、その葛藤。

作詞したユーミンは天才です。

sim

ひるがえって、バブル期の大学生は、正社員よりもフリーターを選択し、正社員側になることもできず、貧困中年にあえいでいる、今の大学生は正社員を目指す、いつの時代も若者は時代に波に翻弄されつつ、生きていく。

自ら体制側を選択した、団塊の世代は、ある意味で現実的で賢かった、など感慨深かったです。

●機会は与えられるのではなく、自ら、つかみ取る

●ある考え方、感じ方、それが文化である。

●現代は社会が「輪切り」になっていて、「輪切り」同士のつながりがない。



12

まだまだ思うところはありますが、今日のところはここまで。




2016年05月17日

5/14(土)15(日)と東大五月祭に行ってきました

14

学園祭は秋に開かれることが多いのですが、東大では初夏に本郷キャンパスで五月祭、秋に駒場キャンパスで駒場祭が開催されます

東大五月祭は学園祭の雰囲気を味わえるのですが、質の高い講演、ワークショップも盛りだくさんで、スケジュールを組むのが大変ですが、楽しみです。

723c39a4

一昨年は、

グローバル化時代の日本の教育「変わる世界で、変える人に」

で、元文部科学副大臣鈴木寛氏、百ます計算などの「陰山メソッド」で知られる陰山英男氏、「2012年度ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出された小林りん氏がスピーカーの講演会

18742ef3

東大イノベーション・サマープログラム五月祭企画に行ってきました

で、東京大学i.schoolの主催するワークショップに参加したのですが、

講演会、ワークショップに参加すると、2時間くらいはかかって、いろいろなプログラムを見れなくなってしまいます。

41

そこで、昨年

東大五月祭に行ってきました

に書いたように、今年もキャンパス全体のいろいろな企画を回りつつ、講演会、ワークショップものぞきつつ、全体の雰囲気を味わうことにします。

15

五月祭には、ここ数年、訪れているのですが、年々参加者が増えています。

以前は大学生が中心で、大学院生になると、「ついていけないよ」という感じだったのですが、企画者側も大学生、大学院生、参加者側は中高生、あるいは小学生から中高年まで、幅広い世代が参加します。

また、留学生の企画も目立ちます。

まず、赤門を入ってすぐの案内書でパンフレットを受け取り、正門、安田講堂方向へ歩こうとするのですが、もの凄い、人!人!人!

71

でも、空いていたらさびしいですから、混んでいるくらいがいいのです。

ひしめく模擬店、コーラス、演奏、パフォーマンスの中に身を置いていると、次第にワクワクしてきます。

3

数十年前にタイムスリップして、学生の頃に戻った感じです。模擬店で、ユニフォームを着て、一緒にお客さんの呼び込みをしたくなっちゃいます。

屋外企画も面白いのですが、室内企画も上に書いたように高い講演、ワークショップが盛りだくさんで、ちょっとずつのぞいていきます。

IMG_20160514_142502364

実は、最近大きく変わった、あるいは既に変わっていたのに、「TAK」さんが気づかなかったのが、

理学部、工学部の展示です。

これについては、B面ブログ

東大五月祭は近未来のデモンストレーション?

に書きます。




2016年05月09日

応用哲学会シンポジウム「哲学は視覚イメージ化できるのか――媒体に応じた表現のあり方を探る」

という案内が来ました。

4

SNSは、学術分野の広報手法を大幅に変えつつある。

テキスト以上に写真やイラストなどの視覚的イメージが重視され、メッセージをコンパクトにまとめた動画が重宝されるようになった。

BBCラジオでは「A History of Ideas」で哲学的テーマのアニメーション動画が配信され、国内でもサイエンス・コミュニケーションの分野で、漫画やイラストを使った科学の広報手法の研鑽が進んでいる。

本シンポジウムでは、サイエンス・コミュニケーションの分野で漫画家として活躍してこられた理系漫画家はやのん氏をお迎えし、哲学分野での視覚化の取り組みを紹介しながら、これからの哲学の届け方を探る。

5

このテーマは、これまでにも考えてきて、

アーティストの表現と受け手の共感、想像


映像文化が普及してから、表現が豊かになった半面、言葉の表現がもたらす、想像は薄くなってしまった感がある。

映像による描写は、わかりやすいのですが、反面、これまで、言葉の表現が、受け手にもたらしていた想像を薄くしてしまった感もあります。

一方で、言語だけでは伝わりづらかったものを、映像によって、ぐっと伝わりやすくなり、受け手に新たな想像をもたらすこともあります。

cc5e36c2-s

谷崎潤一郎の「痴人の愛」、太宰治の「人間失格」などは、何度か映画化されましたが、小説の境地を見いだせることはなかった感があります。

谷崎潤一郎の「痴人の愛」では、それぞれの読者が抱く「ナオミ」のイメージと、実際に「ナオミ」を演じる女優が設定された段階で、違和感を感じてしまうことになったのでは、と思います。

庄司薫「赤頭巾ちゃん、気を付けて」、柴田翔「されど、われらが日々」など、自分の人生を掛け合わせて、共感しつつ読む小説では映画化がなじまなかったりします。

一方で、川端康成の「伊豆の踊子」は映画化された主演の吉永小百合、山口百恵、あるいは「さよならも言えず、泣いている」の三浦洸一の「踊子」の歌と共に楽しまれ、人々の記憶に残っています。


63a9d2e5-s

科学技術史のすすめ、科学技術は振り返って見ても、面白い


・ニュートン「プリンキア(1687)」数式が使われておらず、文字と図のみ。幾何学を用い、数式を使わず、古代ギリシア数学の厳密性、極限操作

・ラグランジュ「解析力学(1788)」数式で延べられ、図が使われていない。18世紀に幾何学から数式、方程式へ大きく移行した


5d5fdcdb

「理論を現象で検証する」から「現象から理論を導き出す」へ

で梶田先生がノーベル賞を受賞した、ニュートリノ振動、素粒子標準理論について書きましたが、

イラスト、写真がなしの、言語だけでは全く理解するのが難しい、と考えます。(イラスト、写真があっても難しいのですが)

科学、技術については、言語、数式、イラスト、写真を駆使しつつ、情報の表現、記録、発信、伝達が進んでいます。

一連の作業のコンピューター、インターネットの発達が大きくかかわっているのは、

多分野の研究が生み出す、応用と相乗作用

に書いたとおりです。

6

科学、技術では、それ自体は高度であっても、それを表現する文章力、コミュニケーション力が稚拙なことが、往々にしてあります。

基本的な「てにをは」ができていない。伝えたい内容について、ストーリーができていない、など

これについては、場をあらためて、考えたいと思います。

31f14d15-s

哲学、文学など、これまで、ほとんど言語で表現していた分野についても、写真、イラストによる表現が、より活用されることになると考えます。

ただ、上記のように、

映像文化が普及してから、表現が豊かになった半面、言葉の表現がもたらす、想像は薄くなってしまった感がある。

映像による描写は、わかりやすいのですが、反面、これまで、言葉の表現が、受け手にもたらしていた想像を薄くしてしまった感もあります。

一方で、言語だけでは伝わりづらかったものを、映像によって、ぐっと伝わりやすくなり、受け手に新たな想像をもたらすこともあります。

というトレードオフがあり、映像、音響と言語の絡み合いは、複雑なプロセスかもしれません。

d2ba4080

理系漫画家はやのんさん、ということで漫画について、考えると、一番わかりやすいのが、

物理とわたし、どっちが大事なの!?

でしょうか。

漫画だと、とにかく、わかりやすい、という長所があります。

もちろん、正確性が損なわれないこと、が基本です。

また、与えられた情報、を鵜呑みにすることなく、正しい情報なのか、確認することが大切です。

さらには、自分が発信したい情報が、押し付けになっていないか、読み手がほしい情報は何か、をチェックすることが大切です。

7

さて、既にかなり「脱線」気味ですが、もう少し「脱線」します。

アート、スポーツの人々で、「言葉では表現できないことが大切」という人が少なからずいます。

実は、これって、自分がよくわかっていないために、言葉で表現できないのでは、と考えます。

すると、Twitterで、

病理医ヤンデル

今にして思うこと、スポーツに限らず趣味でも仕事でも「言葉にできないコツ」というのがよくもてはやされるけど、あれ、半分くらいは成功者の国語力がpoorなせいでうまく言葉にできていないだけではないかと思っている

俺は剣道をやっていた 高校までに出会った指導者すべてに、「頭でやってもだめだ、体に覚えさせろ」と言われ、反復練習でずっとやってきた。

「体に覚えさせていた時期」はほとんど勝てなかった。大学時代に「理論を添えて」剣道をするようになると、インカレ出場者とも勝ち負けできるようになった

というツイートを見つけました。

e6d24f41

直感、感性というたびに、ブラックボックスしなってしまい、言語化できないものは再現できません。

言語でも、写真でも、イラストでもいいから、とにかくしっかり、まずは自分に、できれば他者にも表現し、伝達することが大切です。




2016年05月03日

共生のための国際哲学研究センター2016年度キックオフシンポジウム「共生の転回」

という案内が来ました。

16

この研究会は以前は小林康夫先生が主催されていて、その様子は

学問を実践に即して、自分の中で、再構築するのが人文科学

に書いています。少し抜粋すると、

d8aacb40


・人文科学の源泉としての哲学を、紙面上で言語で表現される思考ではなく、身体を媒介して現場に適用できるものに。人文科学とはカッコつきの「教養」ではなく、学問、研究を深い次元で結びつけるもの。学問は人と人の付き合いだから長く継続する。組織同士の付き合いだと変化で消滅する。

・ひとつの場から出発して、いろいろな経験、大変なことがあったけれど、すべて自分のためになっている。自分が楽しいと周りも楽しい。

・哲学は現場には役に立たない、紙面上の観念的なものだけではない。高度な思考は紙面上でなければ展開できないが。コンセプトだけではなく、現場に結びつくもの、身体を媒介して実行する。

f0930883

・思考が育つ場所、哲学は自分一人だけでなく、他者と対話して築いていく。他者の存在が不可欠。

・大学教員は専門を超えたアウェイのことをやってこそ、意義がある。

・相手の言うことを単に認めるのではなく、批判するのでもなく、対話により、思いがけない価値を築いていく。

・組織に頼らない、人と人とのつながりで始まる。組織の付き合いは変化で消滅するが、人と人の付き合いは、1回こっきりではなく、長続きする。 

・人文科学を「」付きの「勉強」「教養」にしてしまってはいけない。現場から遊離してしまっては、意味がない。

・異なる言語間でどれだけ対話が成立し得るか?文化的背景をどれだけ踏まえることができるか?

・学問は自由に行うだけではなく、時として、望まないものを強制的に学ぶことから、あたらしいものが生まれる。「自分の専門ではないから」と枠の中に閉じこもっていては、勉強にならない。

・身体のリズムがコミュニケーションの源泉、教育は場、身体、リズムが作る。

・人はどう生きるべきか?倫理は問い続けなければならない。

ac526047

・「現場へ行く」という言い方。「現場」は自分とは離れた場所、通常関わることはないが、ある時だけ関わるというニュアンス。実際には、自分がいつも関わっている「現場」がある。

・ビジネス最前線の「現場」とアカデミアの「大学」の「ずれ」(視点、立場)が有効だったりする。

・学問、ビジネス、生活はお互いの境界を侵さないように行われてきた。今後は、境界を超えていくことにより、あたらしい価値を創っていく。ただし、衝突は避けられない。

・現場が「対象」で、研究者が表現するのではなく、現場の当事者が自ら表現する場をつくる 

・哲学は哲学者ごとに異なる。正解は全くない。 

・知識を蓄えた老教授ではなく、常に新しいものを求める学生であり続ける。

・「場」は自然にはできない。意識しなければ作れないし、維持するにはパワー、労力が必要 


さて、偉大な小林康夫先生の業績を受け継いで、この研究会がどう展開していくのか?楽しみです。

早速出たお話をまとめてみます。

18

性別、国籍:身体的特徴を利用して個人を識別する「実体的個人識別」、他者との関係性

正常性の問い直し、解放ではなく、ズレや攪乱、失敗地点を明るみに出す

境界をめぐる議論、侵犯、越境、そもそも正常性、健常とは何か?

目玉ブランドとしてのパラリンピック、多様性、障害者、マイノリティーの活用。障害が作りかえられている。

フェミニズム、障害、個人的、身体的問題と制度的問題の混同

17

子供が存在するだけで哲学が変わる。難しいことや損得からの離脱

デザイン、生活に秩序や価値を提案し、実現するもの。モノに意味を与えるもの。

デザイン、道具としての人工物をつくる活動。モノ、カタチだけでなく、形を持たないサービス、政策、プランなども含める

人間が何らかの意図をもって生み出したものは、すべてデザインの成果である。

20

20世紀の空間、モノ、情報のデザインから、21世紀は領域をつなぐデザイン、関係性を重視したデザイン

人間を中心に据えたデザイン。コンセプト・デザイン、コミュニティー・デザイン、ユーザー体験・デザイン

デザイン思考、アイデアを生み出す思考プロセス、1.観察、共感、洞察、2.問題定義、3.創造、視覚化、4.プロトタイプ、仮説検証、5.テスト、評価、フィードバック、このプロセスのらせんサイクル

クライアントからの要望、「本当の要望なのか?」検討する。「本当の要望」ではない場合、うわべだけの対応になってしまう。

問題が複数あることに気付かず、漠然と「大きな問題」に捉われてしまっている

「問題の中身、本質」よりも、「誰が言ったか?」だったりする。「あいつが言うならば反対」「彼が言うならば従う」など

当事者間の合意形成

調整、必ずしもデザイナーの仕事ではないが、これをやらないと成果物が「よいもの」にならない

「○○のためにしてあげる」は○○のために必ずしもなっていない、ことがよくある。

67e2711d

デザインはモノ、形、人工物から、サービス、計画など、人間中心に価値を生み出すものへと、「デザインの哲学」は大きく広がっていきました。

では、「哲学のデザイン」は言うと、深く進展はしているが、狭い領域にとどまっている感がします。

あらゆる物事のおおもとに哲学を適用していくと、面白い展開がありそうです。

これは哲学の専門家よりも、他分野の人々が哲学を学んで普及していきそうな予感がしました。







2016年05月02日

お茶の水女子大学 第43回創作舞踊公演

という案内が来ました。

11

お茶の水女子大学芸術表現行動学科

によると、

人間の身体による表現は、人間の発育発達をうながし健全な心身をたもつために、そしてすこやかな人間関係や社会、よりゆたかな生活をきずくために重要な表現手段のひとつとして、現在さまざまな分野で注目をあつめています。

今日では舞踊・音楽・スポーツといった既成の領域の枠をこえたパフォーマンスが急増し、芸術・表現行動の領域はめざましく多様化してきました。

こうした社会的背景をふまえて、舞踊や音楽を主軸に、人間の根源的な問題としてよりグローバルな視点から人間の表現行動を実証的に探求

とのことです。

13

身体表現については、これまでも考えてきていて、

アートとクリエイティブティーのトーク「身体は「うそ」をつかない。」


相手と触れあったり空間を通して身体で「会話」しながら一緒に動く。

一瞬一瞬をもっと敏感に感じて表現できるように、『場』を制することの出来るパフォーマー。

単なる美しさだけでなく、社会について表現するアート。

身体は「うそ」をつかない。


619d5b06

計画、予測と想定外の事項に対する対応、偶然と必然、この微妙で奇妙な関係


即興ダンスを演じるダンサーは何を考え、何を感じ、また観客との空気のインタラクションの中で、どう演じていくのか?

社会生活の多くは、大まかな計画はしつつも、想定外のことが起こり、即興で対応していきます。

ダンサーの経験、対応から学ぶことは多そうです。


6274ad0f

アンサンブル、共演者の音を取り込み、支え、観客の反応を見つつ、関係を構築していく


物理学の場合、偉大な先人、例えば、ニュートン、アインシュタインらの業績を踏まえつつ、未踏領域を目指し、歩んでいきます。

偉大な先人の業績を踏まえることなく、自分だけで歩むのだとしたら、アルキメデスの業績を超えることなく、ほとんどの研究者が生涯を終えることになります。

一方、アーティスト、演奏家の方々は、偉大な先人の業績については、当然、認識しつつも、必ずしも、それらを踏まえる必要はなく、自らの未踏領域を目指し、歩んでいきます。

面白い対応の違いの発見でした。


と書いています。

14

以前は、クラッシックダンスをベースとした表現だったのに対し、今回は、身体を媒体に、表現したいことを創作する、という進化を感じました。

芸術とはコミュニケーションである


「芸術とはコミュニケーションである」

内面から沸き起こるイマジネーションを他者にどう伝えていくか、そのための創意工夫のプロセスが芸術活動であり、「伝えたい」という想いの強さこそが、優れたアートを産み出す源泉だそうです。

モーツァルトの音楽、レオナルド・ダヴィンチの絵画など、すぐれた芸術は、時代、国境を超えて、人々の心に伝わります

芸術とふれ合い、鑑賞する過程は、芸術作品が持つ感性的価値を通じて自らの感性に気づく営みでもあります。

アートを通して、人と人、人と芸術、人と場等など、新しい絆を見つけることができる、かもしれません。


と書いてきました。

b44f154e

身体表現の可能性、身体表現と音楽のアンサンブル、身体表現と聴衆が受け取るもの、など考えることたくさんありそうな感じがした公演でした。



livedoor プロフィール
最新記事
Archives