2009年01月05日

麻生首相がハローワークを訪問して、職探しをしている若者に、

「君は何をしたいんだ?」

と質問していたことが話題をよびました。

「職がなくて、とにかく何でも仕事を!と言う人に「君は何をしたいんだ?」なんて、とんちんかん、も甚だしい!」

という意見が多かったようです。

ハローワークで職探しをしている人ではなく、就活中の大学生だったら、「いい質問」だったでしょう。

「TAK」さんも就活中の大学生の皆さんから、質問を受けますが、正直言って、最近少し迷っています。

以前であれば、「今、一番いい会社ではなくて、10年後、20年後まで伸びている会社に就職した方がいいですよ」と勧めました。

終身雇用が前提で、一度勤めたならば、ずっとその会社にいるのであれば、その通り、だと思います。

でも、10年後、20年後どころか、2,3年後だって、どうなっているのか?わかりません。

そもそも会社の寿命が短くなって、10年後には会社がなくなっている、あるいは、統廃合されているかもしれません。

例えば、10年前もIT産業はこれから伸びる、と言われていました。でも、当時、Googleという会社はありませんでした。

それならば、今一番おもしろそうな会社に入社して、そこがまずくなったら、その時点で、伸びているおもしろそうな会社に移ればいいのではないか?

もちろん、転職が簡単か、どうか?はわかりません。

でも、10年も20年もひとつの会社に勤める、そもそも会社がある、か、どうか?もわかりません。

オフィスは月曜日から仕事始めだけれども、大学は今週末から始まります。

どうやって、就活中の大学生の皆さんの相談に乗ろうか?相談される方も、実は、悩んでいます。




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives