2010年03月12日

日本人が内向きになっていて、海外にチャレンジしなくなった、と言われます。

以前は、ハーバード、スタンフォードなどで、日本人留学生がかたまって、つるんでいる、と揶揄されたものですが、

最近はつるむほどの人数がいない。

つるんでいるアジアからの留学生は、韓国、中国

せめて、海外ビジネス拠点の話を伺いたい、と思っていたら、渡辺千賀さんの「テクノロジー・ベンチャー・シリコンバレーの暮らし」シリコンバレーで働いて最もメリットある日本人の職をいただきました。

ある職業で、英語が堪能な方にとっては、シリコンバレーで高給取り、は意外に簡単かもしれません

以下に紹介します


シリコンバレーで働いて最もメリットある日本人の職

それはソフトウェアエンジニアです。

コードが書ける人。日米の給与格差も大きいし、お金以外での尊敬・尊重のされ方もまったく違う。

ソフトウェアエンジニア様のために会社の福利厚生・人事制度ができている会社がいかにたくさんあることか。

しかも、「スーパーな人」である必要はまったくなし。「日本で普通に通用してる人」だったらOK。

一方、外資系コンサルとか投資銀行とかで働いているようなタイプの人や、「ハイエンド手に職系」な弁護士・会計士などといった人たちは、アメリカに来ると給料も下がり、希少性も下がり、やりがいのある仕事に就ける確率が下がる、といったことも多々あり。

もちろん、トライするのを止めないし、その中でも成功してる人もたくさんいま
すが。

しかし、しつこいようですが、「日本で普通のソフトウェアエンジニア」がもっともシリコンバレーのメリットを享受できると思います。

「みんなが一律に著しく高給」なのではないのです。平均は高いけど、プログラムがバリバリ書ける人はもっと高いのだ。

なお、今シリコンバレーでプログラムを書くお仕事をしている日本人の多くはハイスペック過ぎ。

知り合いがシリコンバレーで働いていて「ああ、あんなすごいレベルじゃないとダメなんだ」と思っているあなた。そんなことはありません。

ただし、文系大学卒の人は厳しい。ソフトウェアに関係ある専攻の大学を4年修了しているのが就業ビザが出るほぼ最低条件。できれば、大学院まで行っている、というのが基本なので。

プログラマ暦3年で、大学1年分に換算してくれるので、12年経験があれば、一応大卒とみなされますが、ひじょーに厳しい門です。

いや、しかし、アメリカでもほんの4−5年前まで「プログラムを書く仕事なんてどんどん安いオフショアに行ってしまうから将来性はない」と、大学のコンピュータサイエンス系の学科の人気ががっくり落ちていたわけです。あれはなんだったんでしょうか。


シリコンバレーで高給取り、というのは、飛びぬけた才能、特殊なスキルが必要、というイメージがあるのですが、それほど高くない敷居もあるみたいです

但し、実は大きな関門「就労ビザ」があります

これについては、大きな問題なのですが、長くなりますので、同じく渡辺千賀さんの「テクノロジー・ベンチャー・シリコンバレーの暮らし」アメリカの就労ビザが欲しければ留学せよをご覧ください




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives