2015年06月09日

東工大MOT特別セミナー「文理の壁を超える ―非技術系こそMOTを学ぶべき―」

という通知が来ました。

2015_0606_GSIM_MOTSeminar_0508SS

案内文によると、


イノベーションを科学し、マネジメントし、実現するためには、いわゆる文系・理系といった区分にとらわれず、関連分野から知見と人材を集結させ、事実(データ)に基づいた独自の論理を構築し、現実の課題の解決に取り組み続ける必要があります。

実際に、東工大MOTの教員は社会科学出身者と自然科学出身者が共同で、学際的(Inter-disciplinary)な研究を行っています。また、東工大MOTの在校生、修了生のうち約30%が非技術系(その多くがいわゆる文系学部出身)であり、イノベーション実現に向けた活動を日々展開しています。

技術経営(MOT)は「技術系が経営学の基礎を学ぶところ」という誤解や、「いわゆる理系学部出身でないと学べない」といった思い込みがあるようです。しかし実際にはそうではありません。非技術系は技術系に対して壁を感じることが相対的に多くあると思いますが、その壁を越えてイノベーションを科学し、マネジメントし、実現することに取り組みましょう。

文系・理系にとらわれない姿勢を持ち、イノベーションを実現しようという意欲のある人の参加を期待しています。


実は、このセミナーは参加したかったのですが、参加できませんでした。(突然スマートフォーンが壊れてしまい、詞入り対応をせざるを得ませんでした。)

そこで、これまで考えてきたことをもとに考えてみます。

0ecdff8e-s

イノベーションをサイエンスするー東工大MOTは進化します

東工大MOTオープンハウスに行ってきました。東工大MOTは進化し続ける

に書いたように

2016年4月、東工大の教育が変わります

とありますように、東工大全体が組織編成の改革を含め、大規模な改革を行います。

MOT(技術経営)についても、その一環で、研究室、教員の相当数の入れ替えを含めた大きな改革になります。

3ea886de-s

「MBA、MOTは、今ではビジネスには使えない。」のような言葉をよく聞きます。

これは正確ではありません。

社会、時代、技術が急激に変化しています。

それなのに、以前のMBA、MOTのテキスト、カリキュラムを持ってきて、適用しようとしても、ムリがあるのは当然です。

それゆえ、各大学等教育機関のMBA、MOTのカリキュラムも大きく変化したり、あるいは新たなプログラムが加わっています。

a7d74ae6-s

MOT教育コア・カリキュラムの開発

MOT 教育ガイドライン

があり、それに沿う形で、

技術をビジネスにするのに必要な、技術経営、知財、品質、マーケティング、ファイナンスなどの科目で構成されていました。

これらがMOT(技術経営)のエッセンスであることに変わりはありません。

ただ、エッセンスを学んだだけでは、変化が急激な時代での対応には不十分です。

今回の改革では、バイオ、技術政策、データ・アナリシス、ゲームの理論などの科目が加わり、エッセンスに加えて、いろいろな展開が広がる選択肢が増えました。

欲を言えば、デザイン思考に関する科目がほしい、というところでしょうか?


738e6bbc-s

東工大MOTはファイナンス、マーケティングよりも技術の先生方の層が豊富で、進学してくる社会人学生も技術系が多いです。文系から進学してくる社会人学生がいますが、「技術」を学ぶために、東工大に来ます。

ファイナンス、マーケティングが専門の教員を採用したとしても、「点」であり、「層」ではありません。「層」が形成されているのは、理工系、技術系の教員です。

MOTのグループワークには技術系だけでなく、商社、銀行など、の人々の参加もほしいところですが、はっきり言って、技術系が主流です。

東工大というと技術系が集まってくる、のは、東工大のアイデンティティーでもあり、技術系社会人が、技術をビジネスに結び付ける勉強をするために、東工大MOTに入学する、というのは極めて自然な流れです。

社会人が大学院に入学する際には、何かとハードルが高く感じられます。

614e4af8

技術系社会人にとっては、一橋大MBAよりも東工大MOTの方が、親近感を感じるでしょう。もっとも、既に技術のバックグラウンドはあるのですから、一橋大MBAで層の厚いスタッフから、財務、会計、マーケティングなどを学んだ方がよいのかもしれません。

さて、東工大MOTが商社、銀行など、の人々の参加を促したいのであれば、この方々に技術を学び、ビジネスとする、事例などをアピールすることが大切です。

ところがセミナーの内容を見ると、文系出身の教員が文理融合の事例、可能性を述べるもので、技術系出身教員が「技術を学び、ビジネスとする」ことをアピールする訳ではなく、かなり弱い、という印象を持ちました。

65e49339

スタンフォード大学ビジネススクールにいると、在学中に起業する




スタンフォード大学ビジネススクールにいると、当初は特に起業するつもりはなくても、結局、起業している人が多い。

「社会」は、そこに集まる人々が価値観を形成し、参加する人々は、好むと好まざるを問わず、その価値観に影響されつつ、考え、行動します。

参加する「社会」は、自分で決められる場合も、決められない場合もあります。

いずれの場合でも、参加する「社会」の価値観に、自分の考え方、行動が大きく影響されます。


と書きました。

東工大MOTは「文理の壁」を超えられるか?チャレンジの時が来ているようです。





トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives