2016年08月22日

リオデジャネイロ・オリンピックでは日本人選手の活躍がめざましい一方で、かつては活躍したのに、今回はいまひとつだった競技種目もあります。

201512281014529b2

澤穂希選手が引退した女子サッカーは、ロンドン・オリンピックでは銀メダルだったのに、今回はオリンピック自体に出場できず、

maxresdefault

トップアスリートの挑戦「短所を武器とせよ」女子バレーボール主将竹下佳江氏




女子エースアタッカーは栗原恵と大山加奈のメグ・カナ時代、大友愛から木村沙織へ移っていきましたが、司令塔セッターはずっと竹下佳江選手です。


と書いた竹下佳江選手選手が引退した、女子バレーボールは、ロンドン・オリンピックでは銅メダルだったのに、今回は準々決勝で敗退

澤選手は宮間選手に、竹下選手は木村沙織選手に、「自分の役割はしっかり引き継いだ」ということだったのですが、どうもうまくいかなかったようです。

司令塔、キャプテンの役割をあらためて実感します。


他にも

WS000014

金メダルラッシュの女子レスリングで、自らは4連覇を阻まれ、銀メダルに終わった吉田沙保里選手、今回は日本選手団の主将

吉田沙保里、4連覇ならずも亡き父に感謝「ここまで私を育ててくれてありがとう」

そろそろ世代交代の時期だったのかもしれない

金メダリストのマルーリス 吉田沙保里を称える「最も名誉ある選手」

マルーリスは「最も名誉のあるレスリング選手だ」と吉田を称え、「人生でずっと夢見てきた」とその相手を打ち破っての金メダル獲得を喜びました。

70238

後輩を引っ張ってきたのは沙保里。後輩たちがここまで強くなったのは沙保里のおかげ、金メダルラッシュとなった後輩たちの成長も吉田がいたからこそ 

吉田沙保里さんのリオ五輪は自分の銀1つ、自分が蒔いた種が獲った金4つを得る実りの時だった

b530530f-s

男子団体銀メダル、女子団体銅メダル、卓球の福原愛選手

卓球女子団体、日本が銅メダル 福原愛、勝利に涙「みんなに感謝しています」

団体戦の勝利は何と言ってもチームワーク。愛ちゃんの涙に感激。ちっちゃい頃から、泣き虫愛ちゃんには慣れていたはずなのに

7398f750-s

リオを終えて。福原愛

この二週間は苦しかった四年間より更に苦しかった。おなかが空くこともなければおなかがいっぱいになることもなく、何を食べても味がしない。勝つことでしか満足を得られることができず、練習している時だけ安心感を覚えました

723c41e9-s

司令塔、キャプテンは必ずしもエースではありません。2番手、3番手だったりすることも珍しくありません。

ただ、「この人がいれば、この人についていけば」という抜群の信頼感があります。

この信頼感は一朝一夕にできるものではありません。日頃の活動を通じて、着実に築かれていくものです。

0bf85bc7

フィギュアスケートに見る、ライバル同士の競争と協働




鈴木明子選手が言ってた。日本のフィギュアが何故強くなったか?それは、みんなが仲良しだったから。仲間の失敗を願ったりしない。仲間が失敗する必要はない。自分が最高の演技をすれば得点が入るのだから。みんなで一緒に成長していこうという空気があった。その雰囲気が日本のフィギュアを強くしたと


と書きました。

個々の選手の強化だけでなく、競技全体としてのチームづくり、まとめ役の育成など、

スポーツの課題を、いろいろ見せてくれたリオデジャネイロ・オリンピックでした。




トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
最新記事
Archives