2016年09月30日

社会人大学院、仕事と勉強・研究の両立は?

で社会人大学院について書きましたが、

多くの社会人大学院生が言うのが、

「勉強・研究もさることながら、この期間にできたネットワークが役に立った」

ということでしょうか?

88457703

これについては、これまでも考えてきました。

よくできる人は、よくつながっている人である

社会人の学び、学びの体系化と創出したネットワークの活用

コラボレーションできるネットワークとは?


「コラボレーションできるネットワーク」とは、交流会の名刺交換で、できるものではありません。

・ネットワークは創れない、出来上がるもの。知られる、貢献できるの偶然性

・ネットワーク、つながっている人が自分を規定する。「コミュニティーの橋」「ハブ」に価値がある


つまり、ネットワークとは「意図的につくる」よりも「結果として出来上がっている」もの、のようです。

b5788a69

大学院の授業では、数名ずつのグループに分け、各グループごとに、調査、分析し、発表内容をまとめ、プレゼンする方式が多く取られます。

このグループワークが、結果としてネットワークを形成する、絶好の機会だったりします。

社会人大学院、仕事と勉強・研究の両立は?




すべてに全力投球するのではなく、ここ一番だけ全力投球し、あとは、そこそこで対応する、折り合いをつける


と書いたことと矛盾するようですが、グループワークはさぼったり、手を抜いてはいけません。

60f4b022

グループワーク・プレゼンテーション サボる人はどうする?

に書いた


ちょっと「困ったチャン」が出ることがあります。

・「プレゼンの日に出れないから」「就活で忙しいから」と言って、グループワークに参加しない人

・(さらに困るのが)グループワークに参加しないのに、発表にしゃしゃり出る人、検討結果にケチをつける人

などなど


の「困ったチャン」になってしまうと、グループワーク参加者の信頼を得ることができず、とても「ネットワーク」など構築できません。

index

さて、ネットワーク構築では、いろいろな場とつながっている「ハブ人材」の重要性が取り上げられますが、

「ハブ」であることに加えて、多方面にわたり、「こんなのがありますよ」と教えてくれる「ヒトデ」のような人、

が、さらにいいかな、と思います。

ただし、「こんなのがありますよ」と教えてくれる、まででOKです。

紹介、マッチングまで、「おせっかい」でされてしまって、自分には合わない場合、かえって面倒だったり、関係を損なうこともあります。

500_F_77366419_Lvlp5FLN3BtK9XWxbybtzdOzihSEfahr

「君子の交わりは、淡きこと、水の如し」と言いますが、その辺もわきまえた、ネットワーク構築がよさそうです。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
最新記事
Archives