2016年11月15日

東大、女子学生に月3万円の家賃補助

がネット上で、男子に対する逆差別、などなど、いろいろな議論を起こしています。

ad957_1110_20161115-044458-1-0000-cm

東京大学は来年4月から、一人暮らしの女子学生向けに月額3万円の家賃を補助する制度を初めて導入する。

志願者、在籍者とも、に約20%にとどまる女子学生の比率を高める狙いで、「まずは女子の志願者増につなげたい」

対象は、自宅から駒場キャンパスまでの通学時間が90分以上の女子学生。

1、2年生が過ごす駒場キャンパスの周辺に、保護者も宿泊でき、安全性や耐震性が高いマンションなどを約100室用意。

家賃を月額3万円、最長で2年間支給する。保護者の所得制限もつけない。東大は現在、女子学生の40%が自宅以外から通っている。

jyositou

東大は、多様な人材による研究や教育力の向上を目指し、高校訪問や女子高校生向けのイベントを開くなど女子の受験を呼びかけてきたが、ほとんど増えなかった。

地方の入試説明会などで、女子の安全な住まいについて心配する保護者が多かったため、こうした支援に乗り出した。

71720155

ネット上などで、いろいろな議論を起こして、意見を喚起すること自体が、東大の役割だったりして、その目的はしっかり果たしています。

「東大、女子学生に月3万円の家賃補助」が注目されていますが、「TAK」さんとしては、

「1、2年生が過ごす駒場キャンパスの周辺に、保護者も宿泊でき、安全性や耐震性が高いマンションなどを約100室用意。」が興味深かったりします。

4b800950

「TAK」さんは立場上、多くの東大女子学生、東大女子卒業生から、お話を伺う機会がありますが、多くの東大女子学生、東大女子卒業生が、いまだに「女の子のくせに東大など行くことない」と言われた経験がある、と言います。


このテーマについては、

「東大女子」「制約」となるか?「ブランド」とするか?

に書いたばかりなので、抜粋して掲載します。

e15a5048

今年は東大に女子学生が入学して70年という節目の年です。

東大生の女子比率が約2割にまで増えた今日に至るまでの道のりを、それぞれの分野で道を切り拓いてこられた卒業生の女性の方々と辿りましょう。


男子が草食化した、よりも、女子の知性化が急ピッチ」という仮説



1890(明治23)年には東京高等師範から女子部が分離独立し、東京女子高等師範学校(東京女高師、現お茶の水女子大学)となったのである。

戦後の1948(昭和23)年、新学制による学制改革により、女子も希望する大学へ入学可能となった。


と女子の高等教育の歴史は、実質60年ちょっとと、まだまだ浅いものです

今でこそ、女子大生などという言葉は氾濫しているけれど、当初はセクシャリティーを意味する言葉でもありました

d1313af2

東京大学で見ると、


1946年2月1日の「女子教育刷新要綱」により女子にも東大の門が開かれ、最初の女子受験生は108名と多くの女性がチャレンジしました。

108名の内訳は、東京女子大学25名、津田塾専門学校12名、帝国女子理学専門学校12名、東京女子師範学校11名、日本女子大学卒といった学歴をすでに持っていた人々が多かったようです。

すでに職業についていたものあるいは結婚生活に入って子供のいる人も混じっていて、現代の社会人入学の趣があります。

しかし、合格者は19名(女子合格率17.6%)。全入学者1026名の内の1.9%という少数派の出発をしました


51a122d8

UTWO東大女子学生団体「憧れの女性から学ぶーあなたが一番大切にしたいことは?」


「TAK」さんが東大に入学した頃は、理科一類は全体が約千名で女子は10数名、文科一類、二類も合計が約千名弱で女子は30名程度だったでしょうか?

文学部、教育学部へ進学する文科三類はもう少し多かったですが、それでも女子は5%未満、というのが当時の東大でした

nihonndaigaku

数字で見る東京大学(2010)

によると、現在は女子学生は学部で(女子2663人/全体14172人)、大学院で(女子1589人/全体6752人)と急激に伸びています

マイノリティーであっても、それなりに数が増えてくると、いろいろな人が出てきて、少しずつ変わってきます。5%未満から20%と言えば、相当な変化です

テレビでも「東大美女軍団」のような人たちが紹介されたり、東大の女子学生が、まだまだ少なくても、必ずしも「希少」な存在ではなくなり、「女の子は大学なんて行かなくても」「女の子は東大なんて行かなくても」なんて時代は過去の遺物になりつつあるのでは、と考えていました

3c6c0649

ところが、まだまだ

「女のこなのに、東大目指すの?」

と言われたり、東大の中でも、マイノリティーゆえの苦労は、いろいろあるようです。だからこそ、こういった団体が、今頃、設立される訳ですが

ただ、マイノリティーゆえのメリットだってあるようです。


0d747d4b

「東大女子」が希少な存在だった時に、道を切り拓いてきた先人たちの苦労は計り知れません。

「東大女子」は、もはや希少な存在ではありませんが、いまだに先入観はつきまといます。

それを「制約」とするか、「ブランド」として活かしていくか?

個々人の問題とされがちですが、実は環境も問題も大きかったりします。

環境をどう切り拓いていくか?必要であれば、どう変えるか?乗り移るか?


さて、この制度、賛否両論あると思いますが、どう展開するか?楽しみです。





トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
最新記事
Archives