2017年01月24日

信じられないニュースと言わざるを得ません

jpg small

“150万円の支払い” いじめ認定は困難 横浜市教委

1回につき5〜10万円の現金を渡し、その総額が150万円「おごりおごられる関係で、いじめとは認定できない」

福島原発事故で横浜市に自主避難をした児童がゲームセンターなどで150万円支払わされた。教育長が「いじめと認定できない」

jpg small

福島原発事故で自主避難をした児童に、たかって多額の金を支払わせる児童たちも問題なのですが、

さらに大きな問題なのが、

original

この件の被害の報告を受けた横浜市教育委員会、第三者委員会が、

1回につき5?10万円の現金を渡し、その総額が150万円「おごりおごられる関係で、いじめとは認定できない」

と判断したことでしょうか?

s_ice_screenshot_20170121-043943

莫大な資産家でもない、福島原発事故で自主避難をした、収入がない児童が、

1回につき5〜10万円の現金を渡し、その総額が150万円

に対して、「おごりおごられる関係で、いじめとは認定できない」

とは、どう考えてもあり得ない判断です。

教育委員会とは、結局、事なかれ主義で、しっかりした対応は望めない、ということでしょうか。

top3_photo1

刑法249条


1.人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。

2.前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

に該当し、「いじめ」というよりも、恐喝の刑事事件です。

fc2f7fa5

社会、世の中は、残念ながら、不正、犯罪に満ちており、それが後を絶ちません。

そのような状況下では、警察、検察あるいは、しかるべき行政機関、この場合は、学校、教育委員会に、通告することにより、適切な処置が行われることになります。

ところが、今回の事例では、通告を受け、正しく機能し、適切な処置べき行政機関、この場合は、教育委員会が、法令、社会観念とは、到底かけ離れた判断、対応をしていることに、多くの人々が呆れ果てています。

26_cont_2

残念ながら、こういった事例は、ないわけではありません。

昔から、通告を受け、正しく機能し、適切な処置べき代官が、あろうことか悪と結託し、人々を苦しめる、

それに懲罰を与える水戸黄門様が人気なのは、人々がそのような事例をたくさん見てきたからかもしれません。

0c3c55dc

君子は危うきに近寄らないだけでなく、危うきが近寄ってきたら立ち去る




出動した警察官が刑事法をよく知らなかったり、被害届、告訴を受け付けて、仕事を増やしたくない、逆に、ポイントを稼ぐために、故意に「事件」としてしまう、こともないとは言えません。

そういった際には、刑事訴訟法、警察官職務執行法などの刑事法の基本を知っていることが大切です。


と書きました。


不幸にして、不正、犯罪に巻き込まれてしまった時には、すぐに警察、検察あるいは、しかるべき行政機関に通告するだけでなく、

その通告を受けた機関が正しく機能しない場合に備えた、法的知識などを持ち合わせ、準備しておくことも大切です。

あるいは、専門家と相談する、ウェブで公開する、などの対策も必要かもしれません。

20130730microsoft

ところで、横浜市の林文子市長は、いろいろな経歴を歩み、手腕が期待されている方です。

本件の対応を、このまま事なかれ主義で終わらせてしまうと、その期待が一気に失望に変わってしまう、こともあり得ます。






トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives