2017年04月14日

問いは自分の中だけでなく、掘り下げれば、社会とつながっている



f56252f7


問いはみなさんの内側にあるだけでなく,問いを掘り下げていけば,社会のさまざまな困難にも接続していきます。〈わたし〉が抱え込む問題はかならずどこかで〈社会〉の抱え込む問題につながっている。

感情は自分の内側をほじくることではなく,むしろ時代と向き合う中ではじめて,厚みを得ます。〈わたし〉ではなく〈わたしたち〉が直面している問題と向きあう中で,一人ひとりの問いは別の人にも伝わり,やがて多くの人を揺さぶるものともなるのです。

2342e829

芸術は果てしのない探究。この探究の前では大家も初心者もありません。問いと向きあうときのセンスや発想が肝心だからです。


と書きました。

ef883392

その少し前に、

国家は物語に駆動され、物語を取り入れ、自らを更新していく。黒歴史にこそ本質が宿っている。




人や国を駆動してきた物語を考えてみないと、今の状況は読めない。

あることの本質が見えるのは、問題が起きた時である。

本質が隠れていた社会では、本質がわからなくても生きてこられた。

物語に駆動され、物語を取り入れ、自らを更新していく。黒歴史にこそ本質が宿っている。


と書きました。

f791b3a2

「問い」、「問い」のヒント、「問い」の答えの糸口は、黒歴史を探っていくと見つかるのではないか?

どんな輝かしい国家、個人にも必ず黒歴史があります。

アメリカは人種差別、イギリスは大英帝国からの凋落、ドイツはヒットラー独裁政権、中国は文化大革命、天安門事件、日本は戦前の軍事国家などなど

同様に、どんな輝かしい個人にも黒歴史があります

1f4742b5

通常、黒歴史は、あえて見ないように隠しておく、触れない、ことにしていることがほとんどです。

順調な時は、それで問題ありません

f114e570

でも、今何か、行き詰っている、壁にぶち当たっている

そうでなくて、絶好調、順調でも、リスクマネジメントとして、

ちょっと怖いけれど、黒歴史を探ってみる

ちょっと考えてみました











トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives