2017年08月29日

北朝鮮ミサイル、太平洋上に落下 被害確認されず 政府

20170829-00000020-mai-000-11-view

北朝鮮が核開発に加えて、ミサイル開発を進め、日本海だけでなく、日本上空を飛行し、太平洋に届くようになりました。

そこで、北朝鮮のミサイル技術のレベル、その対策について考えてみます。

もちろん、「TAK」さんは北朝鮮情勢、軍事技術、ロケット技術の専門家ではありません。

入手できる情報を頼りに、検討します。


dc88ad2f

宇宙旅行から宇宙開発、宇宙コミュニティーへ




宇宙開発は、ソ連(今のロシア)、アメリカを中心に進んできました。

人類で初めて地球を衛星で周回したソ連のガガーリン、アメリカのアポロ計画など

宇宙飛行士になるには、アメリカかソ連に生まれるしかありませんでした。

1984年に、アメリカのレーガン大統領が国際宇宙ステーション計画を発表し、日本も参加することになりました。 


国際宇宙ステーションを中心とした、国際協力あるいは国主導の大型プロジェクトが、宇宙開発には欠かせません


511110c7

超小型衛星の利用拡大、民生用部品の利用


人工衛星プロジェクトは上記のように数百億円もかかるため、国家、国際プロジェクトで対応することになります。

衛星、ロケットは特注品ですから、部品も特注品が使われます。特注品用のロットで少量の生産ですから、部品は極めて割高になります。

ところが、特注品の代わりに、同様の性能を持つ民生用部品を使うと、コストをぐっと抑えることができます。

このように、シンプル化することで50分の1程度のコストになると、ぐっとハードルが下がります。


と書きました。

north-korea-missile-launch


ポイントが2点あり、

(1)ミサイル技術は極めて高度な技術であり、通常はアメリカ、ロシア、中国、ヨーロッパ諸国などとの国際協力が不可欠

(2)ミサイル部品は高い技術で高額な特注品を使うことがほとんどだが、民生用部品でも可能で、その場合、コストははるかに安い

0f67f23f

まず、(1)についてですが、例えば、中国はアメリカから機密漏洩を嫌われ、国際宇宙ステーションに入れてもらえません。

そのため、独自に宇宙開発を進めています。

中国ほどの生産力、技術力があれば、単独でも宇宙開発は可能ですが、北朝鮮単独では、本来、極めて難しいはずです。

国連の制裁決議がある以上、中国、ロシアも表立った技術支援は難しいと考えます。

(2)についてですが、特注品を生産できる技術、生産工場が北朝鮮にあるとは考えにくく、民生用部品での対応と考えられます。

img_7be37e18bb488cfee0da2994c13fb574195822

外国メディアによると、3人ほど傑出した技術者がいるようです。

イランの核開発疑惑の際には、4人の技術者が暗殺され、イランとアメリカなど、西欧諸国は関係改善を進めました。

現在、金正恩委員長以上に、北朝鮮のミサイル技術者は暗殺に対して警戒しているのでは、と考えられます。

9dcb3fdd418be6b9aa86b4a769a0f701

さて、警戒、避難対策ですが、

北朝鮮ミサイル発射、早朝の街に警報音が鳴り響く

にあるように、6時2分にJアラートが発動され、ミサイルが北海道上空を通過したのが、4分後の6時6分です。

もっと時間があることが望ましいのですが、これが現状です。

この4分をどう見るか。

もちろん、十分ではありませんが、「ない」よりはずっとましです。

wst1603010005-p4

緊急地震速報と同様かもしれません。

緊急地震速報は有効!


緊急地震速報の有効性を疑問視していました。

「数秒後に地震があるって、聞いたって、何もできやしない」

違うんです。

数秒前に地震が来るって、知っていて、地震が来るのと、いきなり知らずに地震が来るのでは。

まず、これから地震が来る、という心構えができます。これが一番大きいでしょうか?


3-1

なぜ北朝鮮のミサイルは“これまでにない脅威“で、迎撃しなかったのか

日本だけでなく、アメリカも直接国土を攻撃された場合以外は、北朝鮮のミサイルを迎撃しないでしょう。

なぜなら、迎撃に失敗した場合、迎撃システムのレベルを北朝鮮だけでなく、自国民、世界に露呈することになりますから。

とにもかくにも、この北朝鮮の危険な兆候は、困ったものです。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
最新記事
Archives