2017年09月29日

「政治の世界は一寸先は闇」と言われますが、それをその通りにやっているのが、今の国政政党でしょうか?

2017/9/26

自民党安倍1強の終焉、崩壊、混沌の流れへ

net

であきれ返り、

2017/9/27

小池都知事、リセットして新党代表って、どういうこと?

で、それに輪をかけてあきれたのですが、「民進党が希望の党に合流 」は、あきれ返るどころではありません。

reuters20170925163537-thumb-720xauto

「小異を捨てて大同につく」は理解できますが、安全保障、財政再建など、国民にとって重要な、理念も政策もかなぐり捨てて、当選の可能性にしがみつく、のは、いかがなものでしょうか?


民進党が “希望の党“に合流 「名を捨てて実を取る」 前原誠司代表の提案を了承

「どんな手段を使っても、安倍政権を止めなければいけない」

民進の前職61人、希望に公認申請の意向 7割超す

「ただ選挙に勝てばいいのか」 民進の希望合流に失望感

都知事として出席する予定だったイベントをキャンセル。『全身全霊で都政に向かう』という言葉を裏切られた

20170905-00000021-wordleaf-08152d2ae6fec6ca5cf39e29973ffb7c9

民進党は離党者が続出し、このままでは大敗が確実

一方、希望の党は、東京都内はともかく、全国規模の組織力はなく、また選挙を行う資金もない

そこで、民進党の組織、政党交付金を活用する

<衆院選>政党・民進は存続、その訳は? 政党交付金は総額97億4388万円。民進解党・合流へ

本来であれば、民進党を解党し、希望の党との調整を行うべきです。その場合、上記の政党交付金の残りは国庫に返納されます

また、民進党で公認の内定を受けていた人は、取り消され、希望の党に公認を申請、審査され、すべての人が公認されるわけではない。民進党議員にとっては、憤懣やるかたないでしょう

plt1709270023-p7

上記のように、安全保障、財政再建など、国民にとって重要な政策は、民進党と希望の党では、相当な隔たりがあり、ほとんど調整された様子もありません。

安全保障、財政再建など、国民にとって重要な、理念も政策もかなぐり捨てて、当選の可能性にしがみつく、のは、いかがなものでしょうか?

また、民進党の前原代表は「立候補者は、すべて希望の党に公認してもらいたい」と言っているにもかかわらず、希望の党の小池代表は「全員を公認する考えはさらさらない」と、全く食い違う状況です。

c3deef37

自民党が都議選で大敗したのは、安倍自民1強に安住し、森友、加計など、権力の中枢にいる人々が、その権益を濫用した疑惑があり、その疑惑にこたえようとしなかったためでしょうか。

対する野党も、繰り返しになりますが、安全保障、財政再建など、国民にとって重要な、理念も政策もかなぐり捨てて、当選の可能性にしがみついる状況です。

a5ed9df0

アメリカ大統領選挙、ヒラリー・クリントンvsトランプ、が、どちらもいやだけど、という選挙と言われました。

まさに、その再現のような、安倍vs小池の構図になってきました。

最近は要職に就かせずに、知事候補に公認しなかった恨みとか、を国政選挙で晴らす、なんて、とんでもないことです。

「しがらみのない政治」どころか、「しがらみだらけ、しがらみ丸出しの政治」を今まさに、実演しています。

国民は、どちらもいやだけど、どちらを選択するのでしょうか?

sub-buzz-7678-1495681417-1

振り返ると、それほど辞めさせる必要がなかった、猪瀬さん、舛添さんを、みんなで寄ってたかって辞めさせたばかりに、日本の政治が大混乱することとなりました。

面白がって、みんなで尻馬に乗ると、とんでもないしっぺ返しが待っていることを示す事例とも言えます。







コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives