2018年02月17日

男子フィギュアスケート、羽生結弦選手金メダル、宇野昌磨選手銀メダル、おめでとうございます。

w700c-ez_049f0e43e7f321cc11a9f6d6f230bd737ae9c3714a8b4c42

羽生が金メダル!66年ぶり五輪連覇 宇野が銀メダル

羽生 涙の金メダル ぶっつけで66年ぶり連覇達成 SP首位から逃げ切り 

<五輪フィギュア>宇野、無心の銀 努力、夢舞台で結実

ネーサン・チェン五輪初4回転6回挑戦5回成功 フリー自己新215・08点

AS20180217001922_comm

羽生結弦選手は、昨年11月のNHK杯公式練習でのケガの影響が心配されていました。

「オリンピックの直前のこの時期に!オリンピックに間に合うかしら?」

日本中が心配しました。

また、絶対王者不在の間は、宇野昌磨選手が日本男子を引っ張ってきました。

91162f30

4年前のソチオリンピック

男子フィギュアスケートに見る、それぞれのオリンピック

では、男子フィギュアスケートは、日本選手は羽生選手が金メダル、町田選手が5位、高橋選手が6位入賞でした。

2014年ソチオリンピック男子フィギュアスケートの公式結果

を見ると、この4年間で男子フィギュアスケートのレベルが急速に上がったことがわかります。

w700c-ez_090fc461d53b62978b779730d4e4764a6f56c8c09a4bcea8

ソチオリンピックでは羽生選手はショート・プログラム101.45点でトップ、総合点で280.09点で優勝しています。

今回の平昌(ピョンチャン)オリンピックでは、ショート・プログラム111.68点でトップ、総合点で317.85点で優勝しています。

つまり、ショート・プログラムで10点、総合で38点も上がっています。

前回ソチオリンピックの成績では、どちらの3位以内にすら、入らないことがわかります。

ソチオリンピックの時は、4回転ジャンプを飛ぶ選手は、わずかしかおらず、これが切り札になりましたが、

今回の平昌(ピョンチャン)オリンピックでは、トップ選手では4回転ジャンプは当然、しかもサルコー、トーループ、ループ、ルッツなど、数種類の4回転ジャンプを飛ぶようになりました。

特に、アメリカのネーサン・チェン選手は、数種類の4回転ジャンプを決め、羽生選手の連覇を脅かす存在でした。

羽生選手も4回転ジャンプの種類を増やそうとしたことが、昨年11月のNHK杯公式練習でのケガにつながったのでは、と思います。

f0e0b624

選手のインタビューを聞いていると、

「ライバルよりも、まず自分に勝つことが大事」

と言います。

まず、自分に勝たないことには、そもそもオリンピックに出れないし、仮にオリンピックに出場できたとしても、そこでは何もできません。

ただし、メダルを取る、特に金メダルを取るには、自分に勝つだけでは不十分です。スタートラインです。

自分に勝ったとしても、ライバルがそれを上回る出来であれば、負けてしまい、金メダルは取れません。

「自分が持つ技術、力を最大限に発揮して、競技、演技を行う。結果は後からついてくる」

これは、ほとんど、すべての人に当てはまるのですが、オリンピックでメダルを争う、トップレベルは、これだけでは不十分です。

「ライバルの技術を上回る競技、演技を行おうとする自分に勝つこと」

これが、トップレベルの「自分に勝つ」です。

20180216-00000101-dal-000-7-view

今回、ネーサン・チェン選手は、自分に負けてしまい、ショート・プログラム17位という散々な結果になってしまいました。

直前に演技して、完璧な演技で、111.68点という高得点を出した羽生選手を上回る演技をしようと、プレッシャーがかかり、自滅してしまったのでしょうか。

この時点で、ネーサン・チェン選手は羽生選手、宇野選手、フェルナンデス選手の「ライバル」から脱落しました。

サルコー、トーループ、ループ、ルッツなど、数種類の4回転ジャンプを決める、ネーサン・チェン選手に勝つ対策を考える必要はなくなりました。

数種類の4回転ジャンプを決める必要はなくなり、得意なサルコー、トーループに種類を絞り、その完成度を高めることがポイントになりました。

60e1d5ba

刻一刻変化する状況への対応の難しさ




何年もの間、目標として目指していたゴールを目の前にして、急にハードルが上がってしまう、制約が出てしまう、などなど

完全に予想していなかったわけではないけれど、変更を余儀なくされることがあります。

そんな難しさも垣間見た、女子スピードスケート1000mでした。


と書きましたが、フィギュアスケートも同様で、プログラム中に、コンビネーション・ジャンプを失敗して、他の組み合わせに再チャレンジ、などなど

万全の調子でない中でも、持てる力、できる技術を、遺憾なく発揮し、しっかり結果を出す、それが絶対王者

そんなことを感じた、男子フィギュアスケートでした。










コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives