2018年06月30日

ワールドカップサッカー、日本チーム、決勝リーグ進出おめでとうございます。

その一方で、日本ーポーランド戦の終盤の、まるで時間消化のような戦い方が問題視されています。

japan-6

日本の「時間稼ぎ」パス回しに会場からは大ブーイング(ワールドカップ・ポーランド戦)

予選リーグ4チームのうち、上位2チームが決勝リーグに進出できます。

コロンビア戦に勝って、セネガル戦に引き分けの日本は、ポーランド戦に引き分け以上で、決勝リーグに進出できます。

ポーランドは2敗しており、既に決勝リーグに進出できない、ことが決まっています。

それゆえ、コロンビア、セネガルと2位以上を争うことになります。

20180625-OYT1I50056-L

日本はポーランドに先制され、0-1。何とかツートップで反撃しますが、得点できません。

苦しい状況の、後半38分に、別会場で同時進行のコロンビアーセネガル戦で、1-0でコロンビアがリードの情報が入ります。

これにより、一時は3位に後退した日本はセネガルを抜いて2位に浮上しました。

セネガルとの差はわずか。勝ち点、得失点差、総得点のいずれもが並び、フェアプレーポイント(警告数)でかろうじて上回っています。

http

つまり、この時点で2位に浮上したので、あえてリスクを取ることなく、得点を与えずに、警告が出るようなプレーはせずに、このままで終了するのが、

決勝リーグ進出への確実な戦略、戦術になります。

ただし、ワールドカップというサッカーの世界最高峰のゲームを期待している観客には、時間消化のような戦いは不満です。

20180629015344

これについては、これまでも考えてきています。

刻々変化する局面に、お菓子を食べながら、チームワークで「そだねー」で乗り切る

刻一刻変化する状況への対応の難しさ

人生とはフィードバック制御?リアルタイム制御?最適制御?


バスケットボールの試合は、両チーム5人ずつの選手が参加して、場面は刻々と変化していきます。

この場合の制御は、各選手に対する、リアルタイム制御なのですが、バスケットボールの試合のゴールは、計40分後の試合終了時に、相手よりも1点以上の得点を取っている状態が求められます。

すると、試合終了時から逆時間で解く問題になります。

81c21723

バスケットボールの試合は、両チーム5人ずつの選手が参加して、場面は刻々と変化していきます。

この場合の制御は、各選手に対する、リアルタイム制御なのですが、バスケットボールの試合のゴールは、計40分後の試合終了時に、相手よりも1点以上の得点を取っている状態が求められます。

すると、試合終了時から逆時間で解く問題になります。

ecad9785

また、制御には外乱がつきものです。

外乱にも、ある程度、想定されている外乱と、想定、予期していない外乱があります。

d28d4504

こう考えると、人生とは制御理論を活用したプロセス、とも言えそうです。


「予選リーグ4チームのうち、上位2チームが決勝リーグに進出できます。」これを「試合終了時から逆時間で解く問題」と考えれば、極めて合理的な戦い方になります。

df35a32c

以前、夏の高校野球で、明徳義塾が星稜の松井選手を全打席敬遠して勝ち上がって、大きな批判を受け、校歌が流れる中、球場からは「帰れ」コール、選手は泣き崩れ、監督は辞任する事態になりました。

高校野球は、選手宣誓で「選手一同はスポーツマンシップにのっとり、正々堂々と戦う、ことを誓います」

ということで、必ずしも、ルールに従って勝てばよい、訳ではありません。

dd883942

ということで、主旨、目的に沿った戦いが求められます。




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives