2019年02月24日

東大法学部、法文1号館、美濃部達吉先生、新渡戸稲造先生の写真、我妻栄先生の講義の様子を見ながら、

9

法学部・太田勝造先生の最終講義「法の生命は経験である」

7

法の生命は経験である:融合分野としての法


に参加します。

6

法学は社会科学という他分野への影響を持つ学問でありながら、他学問とは、距離を置き、孤立さえしている環境で、

一見、無味乾燥とも思える条文を読んでいく作業だったりします。

もっとも、東大駒場で、長尾龍一先生の法哲学、筒井若水先生の国際法の講義を受けると、

法の社会における役割、あり方、関わり、決して無味乾燥ではなく、生きた文言であることがよくわかります。

8

社会はどんどん進展していきます。

法律は本来、社会に応じて変化していくのが、望ましいのですが、法律の改廃、制定は時間がかかります。

司法の担い手である、裁判所、裁判官は、過去の判例を尊重しつつ、社会情勢に応じた判決が望まれます。

法の適用は決して、無味乾燥な条文の当てはめではなく、動いていく社会への、動的な対応です。

法は論理であるよりも、基本的に経験の積み重ねであり、社会と共に歩んでいく。法が社会を制御し、社会を法を制定していく。

IMG_20190215_164812

裁判において、証拠は、出す前に比べ、出した後に有利な状況を作り出すためのもので、ベイズ統計確立の定理に似ています。

しばしば、逆の結果を招くこともあるようですが。

IMG_20190215_162859

AI(人工知能)の活用が話題になっています。

司法の分野もAI(人工知能)の活用が急務です。

過去の判例の大量高速な検索、照合、矛盾の有無などは、人間の作業には限界があります。

今後の法学、法律との社会との関わりながらの進展が楽しみです。











コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives