2019年04月17日

あなたに力があったから?周囲のサポートのおかげ?勘違いは命取り



a6000148

「上野先生の祝辞からの考察は、これで一応の締め、とします」

と書いたのですが、上野先生の祝辞にある

東大には今でも東大女子が実質的に入れず、他大学の女子のみに参加を認める男子サークルがあると聞きました。私が学生だった半世紀前にも同じようなサークルがありました。

について、遠い記憶をたどります。

img-404070415-0001(1)

「TAK」さんは数年(数十?)年前の学生の頃、テニスサークルの創設メンバーでした。

その頃、同じような話を聞いたのを思い出します。

採用されるのがいやならば、採用する側になればよい


東大の女子学生からも、相談がきました

「東大のテニスサークルって、女子は○○女子大系と××女子大系ばかりで、東大の女子学生が入ると雰囲気が変わるって、断られるんです。入れてくれませんか?」


img-404070415-0001(3)

この東大の女子学生の入部を断る理由は特になく、入っていただきましたが、「東大」という立場、「女子」という立場を理解し、男子部員と女子部員の懸け橋として、女性幹事長と言うべき働きで、男子からも女子からも人気者で、大活躍してくれました。


推測ですが、「東大女子が実質的に入れず、他大学の女子のみに参加を認める」とは、

「多人数の○○女子大系に少数の東大女子が入っても、話がかみ合わず、うまくいかない」「○○女子大系女子の中に、東大女子の入部に反対する人がいる」

など、によるものではないでしょうか?

img-404071522-0001(1)

ところで、サークルには誰でも入部できるわけではありません。

自己中心的で協調性がない人、コートの予約に並ぶ、などはせずに、都合の良い時だけ、テニスに来る、など、この人が入っても、うまくいきそうもないな、という人は断られます。

言ってみれば、サークルの入部とは相思相愛でしょうか?

通常のサークルは大学からの交付金などはなく、手弁当の自主運営です。入部の可不可は、そのサークルの運営に任されます。

また、コートの面数など、全体人数の制約もあり、全員を入れることはできない場合もあります。

afd991ca-s

東大の場合は、むしろ、お断りする男子学生が多くて、恨まれることもありました。

「僕は忙しくて、説明会に行けないから、何時にどこに説明に来てくれない?」

と言ってきた、超わがままな人を断った時、

「なんで、僕が入れないんだ?合理的な説明をしろ」とか、言ってきました。

一般募集だけでなく、執行部員の後輩だったりすると、優先的には入れる場合もあります。人的ネットワークは有力な武器です。

ee97fa12-s

サークルとは生きている、生態系です。

楽しそうな場に人は集まり、つまらなそうな場からは、人が去っていきます。

末永く続いているサークルは、よさそうです。








コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives