2019年05月08日

アラフォー時代の成人式とは?

d3032852




「不惑」なはずの40歳前後が戸惑っている時代です。

少子高齢化の影響、でしょうか?少しずつ、以前に比べて、後ろにスライドしている感じがします。

「はたち」はアラフォーのたった半分です。

「大人の仲間入り」って、今は30歳くらいではないかしら?


と書きました。

確かに、40歳前後が戸惑っています。

「不惑」とは、みんな惑っていたけれど、孔子様は迷わなかった、という意味かもしれません。

ab5a5a5b

自ら広く体験し、迷うこと、課題を「解く」よりも「発見する」こと、タイミングを逸するな、逸するとリカバリーが難しい

自ら広く体験し、迷うこと、課題を「解く」よりも「発見する」こと




自分の世界を拡げる努力をしてください。それは、できるだけ広い学問分野に触れ、その中に入り込み、迷いを重ねることです。

「自ら広く体験し、迷うこと、課題を「解く」よりも「発見する」こと」

「タイミングを逸するな、逸するとリカバリーが難しい」


2e35cd1b

迷いを重ねている時期は、とにかく動き回ることです。

行動、活動を行えば、失敗、外れも多いのですが、思いがけない「当たり」に遭遇する機会も増えます。

とにかく、失敗、外れをいとわず、フットワーク軽く、動き回りましょう。

a5c2f3ff

ところが、年齢を重ねると、動き回るのが、体力的にきつくなってきます。

20代、30代では徹夜、午前様が続いても、何ともなくても、

40代後半を過ぎる頃から、きつくなってきます。

8f766ff8

「とにかく、失敗、外れをいとわず、動き回る」から、全体の活動量を抑えるため、

確実なものに絞らざるを得なくなります。

効率はよいのですが、残念ながら、思いがけない「当たり」に遭遇する機会は減ります。

IMG_5067

今日はできないけれど、いつかできる日が来る、なんて悠長なことを言っていられなくなります。

待ったなしで、迷っている「ゆとり」など、なくなります。

もう、天命を知っています。だから、迷う必要はないのかもしれません。

ee97fa12-s

孔子は40で惑わず、50で天命を知ったとのことですが、

体力の衰えを感じる40代後半までには、天命を知り、惑わず生きられるようになりたいものです。





コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives