2019年06月04日

川崎殺傷、難航する動機解明

元エリート官僚が息子刺殺を決意するまで…息子のSNS投稿に見える“いびつな親子”関係

人生100年見据え、今後30年の人生があるとすれば、単純計算で2000万円が必要

d3032852

川崎の無差別殺傷事件、元農水省事務次官の息子刺殺にみる、中高年の引きこもり

今後30年の人生があるとすれば、年金では不足し、単純計算で2000万円が必要、と老後に年金では不足、働くことが必要


現在起きている問題は、いろいろあるものの、ある形に集約されそうです

39b5f1f2

いいタイミングで、トラックに乗らないと、ずっと乗り損ねたままになる

一度トラックを降りてしまうと、どんな高速ランナーでも、元と同様のトラックに乗る、戻る、ことは難しい

7cf222e2

フリーランス・ノマド(遊牧民)から拠点型・総合プロデューサーへ





5〜6年前のことですが、この頃、フリーランス・ノマド(遊牧民)スタイルのスター的存在だった人々の多くが、大企業、大学などでポストを獲得し、定収入に加えて、年金、保険などの対応も確保した上で、いろいろなプロジェクト、企画、イベントなどを飛び回る、ライフスタイルを続けています。

一方で、それ以外の大多数の大企業をやめて、フリーランス・ノマド(遊牧民)になった人々は、戻ろうにも戻る先もなく、低所得のニートに没落しています。

0117e34d

努力しているのに、なかなか成果が出ない場合、思い切って、環境、境遇を変えてみるのもいいかもしれません。

ただ、一時のブームに安易に乗ってしまい、「不可逆的、下方」への移行になってしまわないか、注意することが必要です。


0af585bf

走り続けている人、学び続けている人は、いいけれど、やめてしまった人はどうする?




走り続けている人、学び続けている人は、ゴールが延長され、「もっと走ってください」と言われても、

とにかく、何とか、走り続けることができます。

23a71c3f

問題なのは、早期退職などで、走る、学ぶのをやめて、悠々自適の生活に入った人たちでしょうか。

この人たちが、再び走るのは、簡単なことではありません。

そもそも、走ろうとしても、走る「場」がありません。


936f06d0

悠々自適の生活に入り、平日に山登り、テニスをしている人たちがいます。

それを、うらやましい、と思ったことは、一度もありません。

「山登りも、テニスも休日にできるのに」

平日には、休日にできる山登り、テニスよりも、ビジネス、研究など、レジャーよりも、社会との関連、貢献があること、というのが「TAK」さんの考えです。

875ecd52

インターネットという、都市を捨てて、本を読もう



寺山修司が「若者よ、書を捨てよ、町へ出よう」と投げかけた1967年から半世紀が経ちました。

インターネットという、無時間の情報があふれている都市から、本を開くと、「生きた時間」が待っています。

実は寺山修司のこの言葉にはちょっとした注釈が必要です。

11

寺山修司は早稲田大学に入学しながら、病院で、絶対安静を強いられて、社会のことは書物で知る、しか手段がありませんでした。

その頃は、俳句、短歌に素晴らしい作品を残しています。

ようやく退院できるようになり、書物という間接的手法で社会を知るのではなく、直接、街へ出かけよう、という訳です。


17

インターネット、SNSにより、引きこもりでも、悠々自適でも、社会とのかかわりは保てます。

SNSによる、ネットワーク、コミュニケーション、ビジネスも重要です。

一方で、それと並行、相関する形で、実世界での社会とのかかわりが、重要性を増しています。

189904a2-s

特に、結論めいたことはありません。

人生100年時代を迎え、走り続けること、学び続けること、

一時のブームに安易に乗ってしまい、「不可逆的、下方」への移行になってしまわないか、注意すること





コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

「TAK」さん

最新記事
Archives