2001年03月13日

2001年〜2010年

2001年4月 練習場所を横川第2公園から三篠小学校に移し、初代監督代田和良初代代表狩野智昭氏のもと、チーム名も新たに「三篠スタンディングベアーズ」とし、広島市スポーツ少年団に加入し、ソフトボールクラブチームとして発足する。ちなみに、当時、ユニフォームを作る金銭的余裕が無い状況で、団員と保護者は全員、名前を刺繍した帽子を揃えることでチームの統一を図った(久保田オヤジの発案)。

2002年4月 大芝の飯田代表、大野市議にサポート頂いて、広島市少年軟式野球連盟へ加入。正式に軟式野球クラブチームとして再出発する。大野市議から毎週水曜日の中広中学校の夜間練習枠を頂く。
2003年4月 広島市少年野球協議会へ加入。
2005年3月 「高円宮賜杯」で準優勝。<米田監督>
同年4月 「ろうきん杯」で2大会連続で決勝トーナメントに進出。
同年7月 「中国新聞杯」で決勝トーナメントに進出。

同年8月 スポ少夏季大会でブロック準優勝。

同年9月 「大下杯」で決勝トーナメントに進出。

同年10月 「NHK杯」で決勝トーナメントに進出。ベスト8。

2006年2月 ベアーズ初の招待試合「第1回ベアーズカップ〜創立5周年記念大会」を三菱グランドにて開催。優勝は大野西、準優勝は山本。ベアーズは初戦で祇園に涙。<有田監督>

同年7月 ベアーズ、ユニフォーム一新し、中国新聞旗大会でデビュー。基本デザインは米田優子さん。今まで、団支給だったユニフォームは個人購入に変更。背番号のみ団支給。

同年8月 スポ少夏季大会で2年連続ブロック準優勝 雨天、抽選。

2007年2月 第2回ベアーズカップを念願の三篠小学校と中広中学校で開催。3チームずつのリング方式。優勝は大芝、準優勝は吉島。ベアーズは初勝利をあげるが惜しくも4位。<倉本監督>

2007年7月 第20回記念大芝杯春季大会で優勝。公式大会、招待試合を含めてベアーズとして記念すべき初優勝。試合終了後、フレスタ内のレストランで三篠社協会長水戸川さん、三篠体協会長今田さん、三篠子ども会会長宮本さんをお招きして、祝勝会を開催。

同年9月 広島市長杯でベスト8進出。

同年11月 大野秋季 大野スポーツ少年団旗・宮島口ライオンズクラブ旗争奪少年野球記念大会でベスト4進出。

2008年2月 第3回ベアーズカップを三篠小学校、中広中学校で開催。優勝は河内準優勝は大野西。ベアーズは初戦で河内と対戦し0−0で引き分けたが、抽選で惜敗。<西原監督>

同年12月 第1回吉島さよなら大会で優勝。

2009年2月1日 第7回大芝駅伝において4位入賞
同年2月15日 第1回東雲ジュニア招待試合で優勝。
同年2月22日 第4回ベアーズカップが三篠小学校と中広中学校で開催。優勝は大野西、準優勝は東雲。ベアーズは初戦で東雲に3−7で惜敗。<福場監督>

同年4月 大野西招待試合で準優勝。
同年5月3日 OB会結成、初代会長は岩藤さん、副会長は坂本さん(初代保護者会長)。

同年5月10日 広島信用金庫旗大会ブロック3位。

同年8月8日 中国新聞社広島県学童軟式野球大会で3位。

同年8月22日 スポ少夏季大会でブロック優勝し、ベアーズ創立以来、公式大会で初優勝!

同年8月23日 広島市選手権大会で初優勝!

2010年2月 第5回ベアーズカップが三篠小学校と中広中学校で開催。ベアーズ念願の初優勝。
<杉村監督>

同年5月 広島信用金庫旗大会で決勝ラウンド進出。

同年6月 大芝杯春季大会で準優勝。

同年7月 瀬戸内少年ウォンツ旗大会でベストマナー賞。

同年7月18日 スポ少夏季大会で2年連続ブロック優勝

同年9月19日 広島市長杯において3位。

同年9月20日 五日市少年野球クラブ35周年記念大会において準優勝。

同年11月23日 ゆめタウンプレゼンツ第2回ボールリレー選手権決勝優勝。

同年11月28日 中山フェニックス親善大会において優勝。

同年12月5日 吉島さよなら大会において準優勝。

同年12月23日 協議会広島地区リーグ戦、決勝トーナメントで優勝。

 



standingbears at 23:09│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字