とある嬢の言葉です。
「男の人がこんなになるなんて、最初びっくりした!」

確かに普通のセックスで、ここまで喘ぎ声をあげることは、男はないでしょう。
一般的に言われている、男と女の快楽は比にならないほど女性の方が強いというのはある程度本当でしょう。
実際セックスで挿入しても、そこまで自分が声を上げた経験はありません。
そういう人はいるかもしれませんが。

しかし亀頭責めを受けたとき、はじめての時から喘ぎ声が止まりませんでした。
嬢のびっくりも、その通りだと思います。
喘ぎ声をあげて、腰をよがるようにくねらせて、最後はびくびくと腰をはねさせて果てる。
たぶん、これは亀頭責めをした女性しかわからない境地なのかもしれません。

個人的には、女性を責めて感じさせるのは好きです。
感じている様子を見ると、「気持ちいんだなあ」とうれしくなるからです。
女性の方も、そこに満足感を得る人がいるのかもしれません。

手で、それも亀頭だけを責めるというテクニック。
ある程度のスキルがあれば、それだけで男を骨抜きにできるのですから。

まあ、自分はされたときは思い切り喘ぐつもりでいつもいますが。
それが自分が楽しむ方法なのですね。
最初に僕に亀頭責めをしてくれたのは、とあるお店の年上の嬢。
甘えるというわけでもありませんが、素直に感じていいよという雰囲気を演出してくれたのです。

たぶん、そうした優しい亀頭責めでなかったらはまらなかったのかもしれませんね。
今はその嬢も行方がわかりませんが、まだ、どこかで現役かもしれません。
男がそんなになるテク。

「男の人がこんなになるなんて。。」
その言葉に乗じて、思い切り感じていきたいものです。