2008年04月28日

………

泣き続けた数日を
無駄な 時間にしたくない…


私の悲しみが…

あなたには 伝わってないのね…


壊れた ハートは
簡単には なおせない…


ポイ と捨てられる
子猫の気持ちは

気持ちは…




star_inthe_sea1966 at 15:23コメント(3)トラックバック(0) この記事をクリップ!

2008年04月23日

求めていたもの…

リアルなんて 求めていなかった…

非通知を受け入れた時に諦めはついていた…

はじめに言ったよね
恋人がいるって…



求めていたのは バーチャルの中のこと…

メールの言葉で 充分だった…
それさえも 与えてもらえなかった…

不安を感じたのは バーチャルの中でさえ 答えてもらえなかったこと…

自由になりたかったの?


私は自由なんて いらなかった…
だって バーチャルだもの…

あなただけの 私になりたかった…




star_inthe_sea1966 at 19:50コメント(3)トラックバック(0) この記事をクリップ!

月はみていた…

ねえ…
お月様 教えてよ…

私の愛した人は どこですか?
過ごした時間は 夢ですか?
優しい声は 風の音?
繋いだ時間は 幻想?

ねえ…
お月様…

ずっとみていたでしょ?

夜の公園
ベンチにすわる 二人…
二人は どんなふうに見えてたの?
私のとなりに ほんとに誰か 座っていたの?

ねえ…
お月様 教えてよ…

どうして 想いは伝えてはならないの?
他になにを 伝えたら よかったの?

二人には 言葉しかなくて…
体温を 伝えることもなく…
言葉しかなくて…

それでさえも 許されず…


ねえ…
お月様 教えてよ…

愛した人を 簡単に 手ばなせるのは なぜなの?








そこに 愛など なかったからさ…



star_inthe_sea1966 at 16:18コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

2008年04月17日

ほんとのさよなら…

ほんとに たくさんの思い出ありがとう…

出会えたことに 感謝してます

リアの あたたかい手に 帰ります

楽しい夢だった…


一生忘れないよ


ずっと愛してる…


ありがとう



さよなら…



star_inthe_sea1966 at 01:19コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ!

2008年04月16日

別れの理由

ただ…

あなたのことが

好きで 好きで 好きで…逢いたくて 逢いたくて 逢いたくて…
声が聞きたくて 聞きたくて…

いつでも 思ってほしくて…

それだけだったのに…


ただ 好きで好きで…

あなたで いっぱいの毎日だったのに…


空っぽにするには
どうしたら いいの…?

どれだけ泣けば 終わりがくるの…?


あなたは どんなふうに 笑っているの…?




star_inthe_sea1966 at 15:14コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

2008年04月13日

暗闇…

あなたなしでは 歩けない…

目をあけたら ぽろんぽろんと
思い出がこぼれ落ちるから…

目をあけることさえできない…



まだまだ 思い出にすることなんて できないよ

できないよ…


お願い 私の手を離さないで…

歩けないよ…

star_inthe_sea1966 at 08:55コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ!

2008年04月12日

バランス

愛されてると 思ってた…

一人よがり だったかな…


愛の言葉や 好きな気持ち 伝えると 壊れてしまう私達…


私達って なんなのかな…


気持ちや心 隠して
どうやって あなたと 過ごしていけばいいのか
わからないよ…


きっと シーソーは 傾きっぱなし…

私が空に近づくことはないんだよ



もう あきらめ時かな…



必要とされる場所へ…



star_inthe_sea1966 at 11:16コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

2007年12月23日

イブイブ

もうすぐ クリスマス…

どんな イブをすごしますか?



あの頃の私は
あなたとの 楽しい
クリスマスが
きっとくると 信じてた


離れ離れの
クリスマス…

多分…

あなたに メールすることもなく…
あなたから メールがくることもなく…

他の誰かにメールして…
クリスマスという日が
早く終わること 願ながら
過ごすんだろうな…


出逢った頃のように…
あなたと二人だけの
幸せだった 日々に
帰ることができたら…

なんて
サンタさんに お願いしてみようかな…

star_inthe_sea1966 at 01:32コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

2007年08月23日

こころ

b7ddabac.JPGどうして?
手を離したの?


日々の雑踏の中
たくさんの場面に あなたを探す

あなたなら なんて言うかな?
あなたなら 助けてくれた
あなたなら 守ってくれた
あなたなら 笑ってくれた
あなたなら しかってくれた


一人では 寂しすぎて
あなたに 似た
あたたかい 手をもとめ

その手に また あなたを探す
その声に あなたを重ねる


あなたが 幸せに
輝いていてくれると信じて
涙も 呑み込んできたのに…



また 溢れるよ



空の彼方に 飛ばした想いが
また 顔をのぞかせる



駆け引きも
遠慮も
遠まわしな生き方も
全て捨てていいなら



あなたのいる場所に
帰りたい


手遅れになるまえに
あなたのいる場所に
帰りたい


star_inthe_sea1966 at 08:02コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

2007年08月17日

最終章

この世界で

あなたと ずっと いっしょにいたかった

リアルに 近づけようなんて 思ってなかったよ


リアルの愛も
あなたへの愛も 平行線

そうやって 生きていけると思ってた


いろんなこと 知りたかったのは
リアルに入り込むためじゃない

知ったからって
私は どうもする気はなかったんだよ


リアルは 愛で満ちあふれています

それでもあなたと 出逢ってしまったから…

もうひとつの 愛を
並べて いくしかないと

そう おもってたんだ…



ただ あなたの 愛を
確かめたくて
いろんなムリしちゃっただけ


リアルだけ みつめろと 言うなら
あなたが そう 言うなら

もうあなたへの 想いは
消します


それでもまた 誰かと
恋は するかも しれない…
永遠につづく 平行線ではあるけれど

私が 輝いていられるために…





もう さみしくなんかないよ

想いは 空のかなたに
飛ばしちゃったから…


あなたも
輝きを 忘れないでね



あなたと 私の物語は

これで おしまい…


Fine



star_inthe_sea1966 at 12:39コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!