Home Bound

再度の台湾生活、天国か地獄か? →どちらでもあった。2014年に帰国しました。

今日は夏休みで一時帰国していた長女がもうすぐ台湾に戻るので近所の岩室温泉にある懐石料理のお店でごちそうすることに。
前菜からデザートまで、どれもむやみに手を加えずに素材の味を活かした料理でおいしかった。
特に、若く小ぶりで骨まで食べられる鮎の塩焼きや、きめが細かくてプルプルの胡麻豆腐は他では食べたことがないもの。
変わったのがお造りの鱧に添えられた「フィンガーライム」という香りのいい柑橘類。粒がちょうどキャビアのように小さな球体でプチプチしている。カリフォルニアで採れるものでまだあまり出回っていないという。
満足の8品だった。

IMG_2527
お造り(鯛と鱧)

IMG_2529

写真撮るならこれを、とのことで旦那さんが見せてくれた切る前のフィンガーライム

明日から出張の接待、社内そして会社OBと、飲み会3連荘だぁ。

無線用のデスクトップPCはちょうど2年前に購入したWindows7マシン。Windows7のサポート終了となる2020年1月以後も確実に使うのでWindows10を入れることにした。
(すでにWindows7のメインストリームサポートと称するものはとっくに終了していて(2015年1月)、その後は延長サポートが5年続くことになっている)

このPCはWindowsUpdateを自動更新にしているが、巷で騒がれている「勝手にWindows10がインストールされた」どころか、「Windows10入れる?予約する?」のメッセージすらなぜか出てこない。
不思議であるとともに、蚊帳の外にやられたようでかなり寂しい気分である。
(もしかしたらそれが出てこないように何か設定したのを忘れているのかもしれない。きっとそうだろう。。。)

ということで、マイクロソフトのサイトに自らアクセスしてしアップグレードすることにし、難なく終了した。
問題はアプリケーションの動作である。

無線関係で使っているのは
常用ソフトとして
Logger32
TQSL
DDS_34(SoftRock66ADのLo制御)
CW Skimmer
MMTTY

たまに使うのが
MMANA

必要時にしかたなく使うのが
N1MM+(複雑すぎて直観的に使えないのが嫌い−要は慣れ、だが)

あたりである。

起動させてみるとMMTTY以外はいずれも問題なく動作した。
このPCではMMTTYのリグPTTにUSBシリアル変換を使っていて、そのチップがProlific製PL2303だ。
このメーカーは「当社のチップを使った変換ケーブルが動かなくても当社の責任ではない。文句を言うならサポートもしないような中国メーカーに言え」と公式に表明している会社であるが、それは別としてWindows10は動作対象外とされておりやはり動かなかった(不明なデバイスとなる)。
ネットで調べて社外製ドライバーを入れ替え、無事MMTTYでのPTTも動作した。

マシンを使ってみると予想とは違ってWindows10は7と比べて遅くはない。
使えば使うほど重たくなるWindowsのことだからこの先はわからないが。
ただし起動後にHDDアクセスが止まらず数分間は使い物にならないのは相変わらずだ。

別件:
今月のC級誌で、パソコン特集記事みたいのがある。
ここにハム用ソフトがWindows10で動作するしない等々の情報が載っていたが、3つか4つのソフトに「動作報告がある」と記載されているものの、リストにある残りの大多数が「−」となっていて何も参考にならなかった。

しばらく前に買ったMacBook Airには2011年度版のOfficeがインストールされている。
これでWindowsのExcel2010とか2013で作ったファイルを読むとデータの表示イメージが違って違和感があった。さらに、メニューバーの配列を含む基本操作がExcel2013と違う。(具体的にどこがどうというほど使い込んでいないが、とにかく違っている!)
これが非常に使いにくく能率が悪いため出張時に持っていってもあまり編集作業ができなかった。それでBootcampでWindows10とWin用Officeを入れようかと思い購入方法を調べていた。

するとOffice365(Officeソフトを1年契約で使う仕組み)の1ヶ月無料試用があるのを知り試してみた。これはWindowsマシンまたはMacに計2台インストールできる(さらにスマホやi-Pad等にも)。

MacBook AirにインストールしたExcel2016にWindowsで作ったファイルをいくつけ読み込んでみた結果、違和感なし。メニューバーも、常用しているWindows用のOffice2013と変わりなさそう。
スクロール等は若干遅いかもしれないが違和感なく使える。

次にPowerPoint。こちらはフォントが違ったり、テキストボックスの中の体裁が崩れたりするのが目立つ。フォントの違いなので致し方なしか。
Wordはめったに使わないので無視。

これならばOffice2011を苦労して使ったりBootcampでWindowsを入れたりしなくてもOffice2016に乗り換えた方が良さそうだ。

ちなみに、Windowsマシンにもインストールした。Excel2016とPowerPoint2016は違和感なく使える。(当たり前だが)。

台湾から帰任する時、車の購入に時間が取れなかったためとりあえず数年乗れればいいと、格安のステーションワゴン中古車を購入した。
今般、2年経つので新車にしようと検討したが、大枚はたいて乗り換えよう、というクルマが存在しない。
そりゃ、マツダのロードスターなんかは乗りたいが真面目に考えると実用性でペケ。
ワゴンの便利さからレヴォーグを試乗したが、エンジンの吹き上がりと安全警告以外は今の車とあまり差が無く350万近く出す気はしない。
それに、いまどきは新車は納期3ヶ月だそうで全く間に合わず。。。
ということで気に入っている今の車を車検を通すことにした。どこも悪くないし内外装も11年落ちの割りにきれい、燃費も良い(実測16km/l)。2年のうちにその気にさせてくれる車が出てきたら乗り換えることにする。

この週末は国営丘陵公園へバラを見に行った(時期は過ぎてた)。IMG_2309


無線では先日のJA0-DX-Gang総会のオークションで入手したミキサー・プリアンプをリグにつないでテストしてみた。IMG_2311


また夜は岩室(巻かも?)のホタルを見に行った。実はたくさんのホタルの光を見るのは人生初である。
この場所はいつもサイクリングに行く場所なのだが、今年は一度も行っていない。フロントディレーラーが壊れていて乗れないのだ。

台北に来た。2014年7月に帰任後、実は初の出張である。プライベートでは昨年の10月以来。
午後松山空港に着いたが蒸し暑い。街を歩くと頭から汗が出てくる。
端午節で会社は休みだし、仕事は駐在員のケアで夜だけである(!)
今月はもう一度来るし、来月以後は毎月来ることになる。

移動日の初日は長女と彼氏と三人で食事をした。
IMG_2263
まずはビール


IMG_2268

酔雞、炒空芯菜、蟹味噌豆腐、生煎包(店の看板料理だそう)、炒飯
3人だとこれでお腹いっぱい。




カミさんがゴーヤを植えたいと言うので園芸用支柱とネット、結束バンド等で緑のカーテンを作成。
苗を3つ植えた。
食べられる実がなるといいが、さて?

IMG_2234


窓があるわけじゃないのでカーテンにはならないなー。
だんだん年寄りの趣味になってきた。

先日の強風で傾いたエレメントを修正した。所要時間15分。
それよりも、エレベーターを下ろすときに気づいたが、アンテナの向きが90度ずれていた。
現物を見てみるとローテータのマストクランプで滑っていた。ナットが緩い。
ボルトナットのサイズは17mmで、穴ではなく切り欠きにナットを止める構造のため、平ワッシャーで面積を稼ぐ必要があるのだが、手持ちがなくスプリングワッシャーのみにしていたもの。某工事屋めー!!!
とりあえず増し締めしておいたがいずれ平ワッシャーを追加しなければ。
それにしても、エレベーターが上がった状態で最近吹いた風はたいしたことはない。
これで回転するということは先日追加した2エレの負荷がかなり大きいようだ。

その他、2エレのケーブルのひっかかり修正、エレベーターのトラックのシーブに注油、上げ下げで1時間の作業となった。


日曜日午後からの強風、ひさびさに凄かった。
佐渡両津で瞬間最大37m吹いたそうだ。
エレベーター下げてたが、先日上げた2エレのリフレクターが少し傾いてしまった。動作には影響無いが今週末にでも修正しよう。

3.5のダイポールの修正を行った。

1)フルパワーでSWRが上がる
給電部分のエレメントインシュレータの絶縁破壊か?
雪の降ったときにフルパワーはダメ。
→インシュレーターを外して裏表チェックしたが、明確な絶縁破壊部は見つからなかった。これかなー、という部分(茶色〜黒っぽい)をヤスリで磨いた。1kWでOKを確認。

2)バンド切替コイル周り
→コイルをエレメント片側→両側に入れることでインダクタンスを減らしコイルを大型化。
1.0mmすずめっき線による空芯コイルを3.0mm銅パイプに変更。耐電力UP。
image
マッチングボックス内


3)SWR改善
→インダクティブマッチ(ヘアピンマッチと同等)のインダクタンス微調整。ついでにコイルを大型化。

下図のようになった。5ch切替式。blogの設定がうまくできず図が小さいが、グラフは中心が3525kHz、幅が100kHz(横軸1目盛り5kHz)。
改善前もボトムで1.3と悪くは無いが、調整の結果1.0となった。

AOQ0
Ch0 中心3498kHz


AOQ1
Ch1 中心3512kHz



AOQ2
Ch2 中心3527kHz

AOQ3
Ch3 中心3537kHz

AOQ4
Ch4 中心3544kHz

Ch3と4は変化量が少なく、追い詰めればもっと上まで出られるが、CWしか出ないのでよしとする。
ただ、降雨時は15kHz程度下へシフトするので、3540あたりで呼ぶFT4JAは1.5を超えるので要注意である。


昨夜出てきた。
クラスターによれば4局ほどでスタートしたみたい。
18145はローカル局が呼んでいるが(地獄耳!)全然聞こえない。
24,28はもちろん聞こえない。
そのうち14090にレポートがあり聞いてみるとプリントできるのでしばらく呼んだが当然空振り。
また、10119は強くはないが高速CWでオペは上手い。

で、例によってリグを入れっぱなしで就寝。
周波数は10119からのQSYを予測して14037にセット。

04JST頃、モールスで目覚めた。ヨーロッパばかりやっている。二度寝。
0525JST頃、JAに返る信号で再度目覚めた。予想的中。
コール開始。スプリットが広くあまり追従できない。30分くらい呼んだがかすらず。
21SSBでできた、とのTweetで聞いてみると強い!21300でS3くらい振っている。
JAばかりピックアップしているが、ピックアップされるJAが全然聞こえない。5 to 10 UPとのアナウンスだがローカルの強い信号と、呼んでいるJAが1,2局かすかに聞こえるだけ。アナウンス外で拾っているだろうとずっと上、そして下も探るが何も聞こえない。コールバックされるような強い局なら必ず聞こえるのだが。
それでも、しばらく呼んでいるとup5でフルコールが返ってきた。アナウンス通りだったようだ。
0620JST頃だった。JAが聞こえるスキャッターが開いていなかったようだ。
後からtwitterで知ったがJA6では全く聞こえないという。当地ではピークでS7くらいまで振る力強い信号だった。

14CWは相変わらず強く、この調子であれば各バンドでできるだろう。

↑このページのトップヘ