初心者の方がインターネットを使った副業を考える際、
初めに思い浮かべるのがアフィリエイトではないでしょうか?
アフィリエイトとは、あなたが何かしらの媒体を持ち、
その媒体で企業の広告を掲載して、その媒体に載っている広告を見た人が、
商品を購入したり、サービスを利用したりすると、
あなたに成果報酬が支払われる広告システムのことを言います。
一言で言うと、「一人でできる広告代理店」といったところです。
商品を仕入れをする必要が無く、在庫を抱えるリスクも無いので、
気軽に始められるといったメリットがあります。
簡単そうにも思えますが、安定した利益を出すためには
やはり基礎をしっかりと固めておく必要があります。
アフィリエイトという言葉は聞いたことがあるが、どんなことをすればいいか
よくわからないという人も多いかと思います。
そこで、アフィリエイトの基礎知識についてお話したいと思います。

まず、これから、アフィリエイトする上での、登場人物をご紹介します。
①あなた(アフィリエイター)
アフィリエイトを始めようとするあなたは、
これから「アフィリエイター」になるわけです。
「アフィリエイター」とは、アフィリエイトをする人のことを言います。
ですので、あなたはまさにアフィリエイトをする人というわけですから
「アフィリエイター」になるというわけです。

②広告主(販売者)
次の登場人物は「広告主(販売者)」です。
広告主(販売者)とは、広告を出したい企業さんのことを言います。
販売者も何かの商品を売りたくて、広告掲載をあなたにお願いするので、
広告主と変わりはありません。

③ASP
3番目の登場人物は、「ASP」です。
ASPという言葉は、あまり聞きなれないかもしれませんが、
「アフィリエイト・サービス・プロバイダ」のことで、
広告主とアフィリエイターをつなぐ役割をします。

④購入者
最後の登場人物は、「購入者」です。
購入者とは、あなたの広告を見て、商品を買ったり、
サービスを利用したりする人のことで、つまり、あなたのお客さんのことです。

次に、各登場人物との関係をお話していきます。
・広告主は、ASPに自社の商品やサービスを広告を出してもらうようにお願いをします。
・ASPは企業からの広告依頼をアフィリエイターに広告を出してもらうように、
その広告の取りまとめを行います。
・アフィリエイター(あなた)はASPと提携して、
提携したASPが持つ広告の中から紹介したいものを選び、
自分の媒体で宣伝し、紹介を行います。
・購入者はあなたが紹介する広告を見て、商品を購入したり、
サービスを使ったりします。