免振


 震災を経験して以来、地震がくると不安になりますね。地震に対して
建物は、最近揺れを軽減させる工法がいろいろ出てきております。
大きく分けて、地震に対して建物の構造が3つあると思います。

1.耐震構造・・・・揺れに対して構造体を強くして建物を揺れに耐える構造

2.制振構造・・・・揺れに対して構造に揺れを吸収させ軽減させるダンパー
          等特殊な金物を壁に入れて揺れを少なくさせて揺れから
          家を守る工法。

3.免震構造・・・・基礎と建物の間に特殊な金物や工法を用いて、基礎の上
          を建物が動く工法で建物が動く事で揺れを直接建物に伝え
          ず、かつ地面の揺れと反対に建物が動き、かなり揺れを
          減らすことができる工法。

値段は、1<2<3 に高くなります。 効果は、1<2<3 と思われます。

ただし、3は建物が基礎にたいして動くので、設備配管等ダメージを追う
可能性と強い風の場合の対策を検討する必要があります。

2については、たくさんいろいろな地震減衰金物や工法があるのでよく
検討するひつようがあります。