ある、現場に納めるカウンター下のアールの壁を製作。140半径のアール壁は、4ミリの曲げベニヤを霧吹きにて濡らして曲げながら、細い釘のフィニッシュで撃ち込み貼りました。

曲げベニヤは、普通のベニヤと違い曲がるベニヤですが、板の厚さが厚くなると曲がりにくかったので、薄くして重ねて貼りました。

 現場に搬入したら、カウンターを固定してダイノックフィルムを貼り完成します。