starlightmemoriesアニメの回想その他のアニメ/簡易型回想) >『魔法少女リリカルなのはStrikerS』第7の回想

May 17, 2007

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』第7の回想5

★『リリなのS’s』第7の回想★


今日も空にアニメという名の星が昇り輝かしい光を放っている。

★YouTube入口★
『魔法少女リリカルなのはStrikerS』
Magical Girl Lyrical Nanoha StrikerS
★Wikipedia入口『魔法少女リリカルなのはStrikerS』★


★個人的な感想等★

新聞を読むことも精進のうちの一つだ。(嘘付け)
今回は姉さんが戦いました。前記事においてここの記事以外のその他の感想サイトでも「実は姉さん面倒くさがりなんじゃねえの」ってのがありましたがやっぱそうかも。エースの時でもソファーの上で新聞ばっか読んでた印象が強い。しかもソファーの上から動こうとしないしね。休日にゴロゴロしているオッサンに近いな。まともに精進する騎士なら疾風の制止があろうとレヴァンティンの素振りぐらいしてそうなもんだけどね…。勘やセンスで戦い抜いてきたタイプだな。今回のガジェットの攻撃も勘で回避したっぽいし…。後であげる心眼も実際姉さん使えそうだな…。
一応すぶってた画像もあった。

今回の話『ホテル・アグスタ』
今日の機動六課の任務は、骨董品オークションが行われるホテルの警備。隊長・副隊長が揃った総員出動の中、ティアナはずっと感じていた疑問の答えを探していた。Sランク揃いの隊長たちは勿論、自分以外の新人たち――スバルやエリオ・キャロたちの優れた能力や才能と比較して、あまりに平凡な自分。と、オークション会場のホテル周辺に、ガジェットが現れる。出動するシグナム・ヴィータ・ザフィーラと、現場管制を行うシャマル。圧倒的なその能力の前に、焦りと苛立ちを覚えるティアナ。そしてオークション会場に運ばれたある品物を狙うスカリエッティは、旅をする『レリックウェポン実験体』騎士ゼストと召喚士ルーテシアに『頼み事』を行う。スカリエッティの頼みを聞いたルーテシアの召喚能力と特殊技能により、ピンチに陥るフォワード一同。苦戦の最中、副隊長の合流を待つように告げられたティアナは意地を張り、鍛え続けたスバルとのコンビネーションで一発逆転を試みるのだが…。(HP引用)

今回のテーマ『失敗と叱り』
人は誰でも失敗します。失敗するから成長するんです。が、失敗してはいけないことも当然あります。一般常識や当たり前の事、無知からくるうぬぼれ等、知らないでいることは一生の恥ですが聞くことは一時の恥です。謙虚すぎるのも問題ですがうぬぼれすぎるのも良くありません。自分が当たり前だと思っていることに少し疑問を持ってみる。疑問を持ったことを他人に聞いてみてそれが正しければそれで良し。間違っているなら直せば良い、こういうわけです。今回の蘭須田の失敗は微妙なところですな。うぬぼれや焦りから中島を危ない目に合わせましたからね。ゲボ子のように叱り付けるべきかもしれませんが本人は悪気があってしたことじゃないし…。一番いいのは静かに諭すように叱る方法でしょう。叱りの大原則、冷静沈着なり威圧することです。「馬鹿かお前は…?中島を殺す気か?」「ちっ違います!私は唯…。」「もういい黙れ。今度同じ事をしたら謹慎処分、果ては除隊処分も考慮にいれるからな。よく考えろ…。」うぬぼれと過失からきた今回の蘭須田の失敗をゲボ子のように頭ごなしに叱りつけるのは良くありません。自信の喪失や戦場での恐れを生む可能性があります。下手をすればそのまま立ち直れなくなるかもしれません。一人にしてゆっくり考えさせるべきでしょう。幸い蘭須田は賢いですからね。間違った結論に辿り着くことはないでしょう。叱りや怒りは単純なものではありません。使用するにはそれなりの心構えや経験、テクニックが必要です。それは誰かに教わるようなものではありませんが…自分が最良だと思うものをすればいいとは思いますけどね。ここまで深刻に考える必要もないとは思いますよ。

今回の感想『可愛いやつ蘭須タン♪』他
蘭須田が抱く強さへの疑問。ここの管理者が一発で答えます。
蘭須田
お前が最終的には一番強くなるんだよ!
だからNANOHAはお前を六課に入れたんじゃい!

とはいえこの事実にここの管理者が気づいたのはつい最近ですからNANOHAの選別眼はなかなかのもんです。さすがNANOHA♪…話が脱線しとる。戻そう。理由として並みの中型狙撃手は機動と射撃だけですがこいつには幻影がある。前回もかなりの無茶振りとともに書きましたが射撃と幻影、そして機動性が同時に使用、確保できればこれほど無敵なことはない。防御無視しても幻影が身代わりとして使えるからな。
中島
中島は身代わりとして使えるものがないから機動性と最低限の防御が必須となる。だが蘭須田は幻影がある分、防御無視して他の訓練をしても戦闘能力に大して差し障りが出ない。
死愚奈無
ていうか完成した蘭須田を他の隊員と実際に戦わせて見れば解る筈。数多の幻影を繰り出し敵を包囲、撹乱しつつ、自己は強力な機動性で持って自己の射程の確保、または敵の攻撃からの離脱を行う。これならいくら姉さんとだろうと蘭須田に触れることすらできません。心眼でも使わん限り無理です。(使えそうだけど心眼なんて確実性のないものに頼るのは危険)
ネオ・蘭須田
こいつは絶対強くなる。無数の幻影が使いこなせりゃ一人での集団戦も無傷で突破可能だ。集団に囲まれても幻影だけそこに残し、自己は機動性を生かし瞬時に遠距離へ移動、敵が幻影に気を取られているうちに遠距離から撃ちまくる。素敵だ。素敵すぎる。そんでもって華麗だ。マトリックス蘭須田って感じです。スピードを活かし、空中を華麗に舞いつつ銃を乱射する蘭須田。いざ攻撃を当ててみたところでそれは幻影、本体は後ろ。強い。強すぎる。もう誰もコイツには敵いません。
誰が馬鹿よ!アンタの方が馬鹿でしょ!
あーホントコイツは可愛いな。中島は間が抜けている分、純情一途で可愛いけど、こいつはちょっと賢そうで反抗的っぽいからね。中島は危なっかしくて面倒みてやりたくなるけど、蘭須田はジャレ愛やからかい相手に最適でな。ますますしごいてやりたくなるね。最強になった蘭須田を早くみたいもんだ。…とはいえ前回記事同様こんな無茶な訓練していたらまず怪我します。体力も精神力もともにもつ筈ありません。それは蘭須田だけじゃないね。死愚奈無姉さんと中島、朝から晩まで実戦形式のタイマン勝負。ゲボ子に叩き潰されるルシエ等、朝から晩までもちません。絶対途中でへばります。前回馬鹿みたいに無茶を押し付けましたが自分なら訓練の途中で休ませます。訓練はその日だけじゃないし、それで怪我して本番に出れなくなったらそれこそ本末転倒だし。
いやー照れるな♪(褒めてないよ)
この辺を考えるとNANOHAがやってることもあながち間違いではない。訓練に耐えうる体力がしっかりついてんだかどうか解らん成長過程の中島らに無茶を押し付けるより、一歩一歩確実に課題をクリアさせるのもいいだろう。唯その場合やるべきものの順序が重要となる。前回も書いたが最低限のことが出来るなら長所を伸ばす。出来ないならまずそれを補う。個人的に考える理想順序はこれ。

中島・回避→攻撃→防御
回避と攻撃は逆でもいい。故に姉さんを使った実戦形式で伸ばす。前衛のアタッカー中島はとにかく敵を釘付けにしなきゃならん。回避を行い攻撃を続け敵の足を止めることが重要だ。今回のように蘭須田の流れ弾が中島を襲った場合、あそこで防御しても受け止めた衝撃でレールの上から中島が落ちる可能性がある。実戦をみていても防御の必要性は薄い。やはりスピードを上げ回避能力を底上げするのが理想的だ。

蘭須田・機動→幻影→射撃
足を止めることの危険性は以前書いた。今回の実戦でもそれは証明された。あのまま足を止めてたらガジェットに身体を打ち抜かれている。防御がいらないのは前述したとおり。機動性と幻影の確保が出来れば回避と身代わりが出来るから防御の必要性はなくなる。あっても申し訳なさ程度でいい。射撃を最後に回すのはある程度敵に接近できれば精密射撃の必要性はなくなるからだ。更には弾数無制限の魔法弾なら適当に撃ちまくっても問題なかろう。唯今回みたいなことになる可能性もあるから精密射撃の項までこの訓練課程はさっさと進ませなければならない。だからこそ一辺にやらせるのが理想となる。はっきり言えば蘭須田の訓練が一番つらい。こういう戦闘タイプはよくヘタレたり挫折したりするらしいが、そういう理由が全部この辺に起因してしまっているんだろう。

エリオ・スピード→ガード→アタック
前回普通にスルーしたがエリオも防御が弱いならルシエ同様さっさと補わなくちゃならん。ただ自己の戦闘スタイルやチームでの役割分担等を考慮すれば、スピードもまだまだ全然必要値に達していないと思われる。前衛で加速し続ける中島や瞬間的小回りを連続で繰り出す蘭須田に追従するためにもスピードの最大速度と持久性の確保がまず必要となろう。

ルシエ・絶対防御→詠唱加速→魔法追加
ベルカ式だのミッドチルダ式だのあるらしいが、要はミッドチルダ式でもベルカ式攻撃を防御できるようになれば良いだけの話だ。無理とか言ってる暇があるならその方法を考える。そういう防御魔法を作り出す先駆けにルシエがなれば良いだけ話である。それだけのポテンシャルを幸いコイツは秘めているわけだしな。魔法追加に関しては補助魔法だけでなく強力な攻撃魔法も追加していく。決定打がなさすぎるからなコイツは。前回ゲボ子をコイツに付けろといったが個人的には勇之あたりが最適だろう。機密書庫からのいろんな魔法を知ってそうだし、護るという行動に関しても技術、心構え等勇之の方が良いしね。ゲボ子のように身体に叩きつけて教えるより、勇之みたいに手取り足取り優しく教えるような奴の方がルシエには合うだろうよ。唯そんなこと勇之にさせたらまたオタク共から攻撃を受けるな…。奴の名誉等考えるとまた悩みどころだ…。
何だかんだ言いながらも蘭須田は中島の罰訓練が終わるまで付き合いそうだな。「私も見ててやるからしっかりやんなさいよ。」
後たるみの件。細かいことで注意するってな感じでしたが要は罰訓練をやらせれば言いだけの話です。別に個室に連れて行ってパンチで腹殴ったり姿勢を正したりする必要はない。肝に銘じさせりゃ良いんです。ちょい中島を例にする。「たるんどるぞ中島!罰として姉さんの攻撃連続千回回避するまで寮に返さん!訓練もぶっとうしだ!」「ぅええー!!そんなん無理です!!」「黙れ!お前が悪い!文句いわずにやれー!」こんな感じ。ピンチをチャンスに変える。修正も後の戦闘につながるようなものを与えりゃいいんです。この辺もNANOHAと一緒ですな。徹底的にしごいてやるぞと。これが出来れば問題はないし、仮にできなかったら姉さんと交代して自分が相手します。姉さん一人に押し付けられんし。それでもできんかったら…やっぱ寮に帰します。身体心配だもん。

「…もういい。暗くなってきたし今日はここまでだ。寮に戻って休め。」
「えっ?だってまだノルマ達成できてませんよ?もしかして罰免除っすか?!」
「勘違いすんな。訓練は明日もあるんだ。明日の訓練では今日出来なかった分、みっちりしごいてやるから覚悟しておけ。」
「ハイ…。」

とか言いつつ結局いつも通りだったり…。普通だったら限界きても続けるんだろうけど…。自分も変なところで鬼になりきれんタイプなのかもね…。

今回のタカ魔血☆NANOHA’Sun『ベルカ式ドレス』

今まで散々気にしてこなかった作画がここにきてついに気になってしまった…。酷い…。酷すぎる…。せっかくNANOHAのドレス姿が拝めたっていうのに作画が汚いせいで全ておじゃんじゃないか…。化粧も何か変だし…。泣きたい…。泣きたいよ…。NANOHAさん…。君のあの健気で可愛らしい美しさは一体何処に行ってしまったんだい…?
うふん♪
もうやってらんないね。私の脳内補完機で全て補ってやりますよ。まず環境が悪い。こいつの周りには意気地ない男(オタク)ばっかりだから、飾り気をコイツは忘れてしまったんだ。しかも軍というまた飾り気のないところに行ってしまったから負の連鎖です。化粧なんてほとんどしないだろうよ。そのせいで化粧下手になってんだな。てなわけだからどっかからカリスマ美容師やらスタイリストやらを呼んできなさい。タッチの南ちゃんみたいにね。そうでもしなきゃダメです。下手な化粧するぐらいならスッピンの方がまだいい。NANOHAさんまだピッチピチの十代なんだからさ♪
赤が似合うはレイジングハートで立証済みです♪
自分美容師の心得知らないんでなんともいえませんが以前聞いた話ではNANOHAのようなタイプには薄いピンクの口紅より真っ赤な赤い色の口紅が似合うらしい。そもそも化粧なんてものは周りに自分をアピールする自己主張なんだから、NANOHAのように自己を押し殺すタイプにはちょいいきすぎかな?ぐらいがちょうど良いんだろう。あと髪の毛もダメね。唯垂らすだけじゃ可愛くないよ。何かしらのアクセントをつけなきゃ。ウェーブかけたり付け毛したりちょいね。髪の毛そのままじゃ赤い口紅が強調されちゃって嫌らしくなるかもしれないし。いや、上の画像見れば嫌らしいぐらいがちょうどいいかも。
ヴィーナス・ジーザス・ヴァイアラス
実物は見れないからあとはもう想像すっきゃないな。パーティ会場に横付けされたベンツからさっと降りるNANOHA。エスコートすんのは勇之でもいいけど無論カミングアウトしたこの俺よ。「NANOHAお嬢様。お手をどうぞ。」差し出されたその手には勿論軽くキスですよ♪「有難う。うふふ…♪」なぁんてな♪たはー!(頭大丈夫か俺…)彩る紳士・貴婦人の中、レッドカーペットの上を髪を揺らしながらさっそうと歩いてゆく彼女の姿はまさしく…。ヴィーナス!…え?何?フェイトや疾風はどうすんのかって?そんなん知らん。奴らはNANOHAの引き立て役だ。ブサイクなままでいろ。

次回『願い、二人で』

自信を持て!蘭須田!お前は誰よりも強い娘だ!


★今日の日記★

サブタイ・アルハザードの放浪
架空の人物、狂詩人アブドゥル・アルハザード。白色の肌を持つ美形の少年アルハザードはある時その容姿と詩の才能にほれ込んだ砂漠の王の元に召喚され仕えた。使役の最中にアルハザードは王の娘と恋におち子を持った。しかしそのことに激怒した王はその子供を彼の前で無残にも殺しまたアルハザード本人をも傷つけ王宮から追放した。追放した先は砂漠の荒野ロバ・エル・ハリイェー、魔物の咆哮が響き渡るその場所でアルハザードは正気を失い狂人となった。狂人と化したアルハザードは魔物からさまざまな魔術と知識を吸収、邪の中で生きる術を会得した。孤独と絶望の中で彷徨い続けたアルハザードは砂漠の地下にある七つの扉が存在する地下都市にたどり着く。七つの扉の先にはそれぞれ七つの世界が存在し、そこにはある存在が宇宙の善の意思を表す旧神によって封印されていた。その存在は宇宙の悪の意思を表す旧支配者と呼ばれるものであり、かつて地球上の生命の全てをその圧倒的な知識と力で脅かした邪神である。
クトゥルフ・外見想像図
旧支配者の中で最も強力な支配力と武力を誇る軍神・クトゥルフ
宇宙の混沌と無そのものの象徴、旧支配者達の生みの親・アザトホース
旧支配者の中で最大の軍勢を持ちクトゥルーに従属する海王・ダゴン
人間を欺き騙すことに無上の喜びを感じる砂漠王・ナイアーラトテップ
生と死を超越する知識を持つ蛇神・イグ
あらゆる次元と時空を渡り歩く超越王・ヨグ=ソトース
果てのない豊穣、無限の誕生と再生を司る・ショブ=ニグラス

狂人と化していたアルハザードは彼らから膨大な知恵と力と魔術を得ることに成功する(その後の生涯についてはネクロノミコン参照)。我々が生きている今も尚、旧神の封印から開放されることを願い続ける旧支配者達。空から星の煌きが消えたとき彼らは復活し、再び人間を混沌と恐怖に陥れると言われている。(管理者によるクトゥルフ神話の個人的解釈なり。どこか間違えているかもしれません。気になるなら買って読め)

何でこんな話してるかと言うと管理局の重役がこの旧支配者だとおもしろいから。旧支配者みたいな存在でいいな。上層部がエヴァのゼーレみたいな感じじゃないのかなとか思ってたりする。顔を見せないで言葉だけの管理と接触。旧支配者は上記であげたもの意外にも多く存在するのだがそのほとんどが独自の軍団を所持している。実はスカリエッティはその軍団に対抗するための手段としてFプロジェクトやガジェット開発を進めていたりして。旧支配者の野望に唯一人気づいている存在、つまり実際はいい人。今回ちょっとその良い人の片鱗をちっこい女の子にみせてたし。管理局上層部、旧支配者達はスカリエッティを時空犯罪者に仕立て上げているとか。旧支配者達の目的は封印からの完全復活、アルハザードに眠る知識と力の再吸収。管理局はロストロギアを集めるために封印からの開放が不完全な旧支配者達が作った組織。旧支配者の信望者は我々の世界の中では隠れるようにして存在している。管理局の人間も大体がそんな感じか、唯単に何も知らされていない、騙されているといった感じ。旧支配者ら復活の最大の目的はただ単に恐怖と混沌による人間界の支配。所謂イジメによる快楽への欲求で思想も何もなくかなりタチが悪い。今後スカリエッティとなのはらが対峙することで真相があらわになっていく。

NANOHA「なんでこんなことを…。」
スカリエッティ「貴様らのごとく奴らに忠誠を誓っているような者に話す口はもっていない…。」

お互いの認識のすれ違いである。NANOHAらはスカリエッティがどういう思惑で動いているか知らないので管理局にいいように使われている。スカリエッティは使われているNANOHAらが管理局、旧支配者を信仰している信望者のように見えるわけだ。一方で挑発するスカリエッティは自己の思惑に気づいて欲しいというのも考えられる。しかし気づいた時にはもう遅い。
このパターンはエースの再来
スカリエッティと話す女「お疲れ様、スカリエッティ。」
スカリエッティ「貴様?!今まで俺を騙していたのか!」
ナイアーラトテップ「NANOHAらのおかげで用心深い貴様の隠れ家がやっと潰せるわけだ。貴様は今まで通信でしかコンタクトをとろうとしなかったからな。顔を見ることは出来るもののよくも今まで逃げおおせてきたものだ。居場所は特定できた。NANOHAらよ。感謝の気持ちをこめてその場所ごと貴様らを消してやろう。有難く思うがいい。あーはっはっは!!」チュドーン!!

スカリエッティと管理局は水面下での付き合い。不可侵をお互いしないのもこのためか。騙している女、ナイアーラトテップによるジュエシード開発元の提供、そこからスカリエッティがレリック強奪用ガジェットを生産、機動六課が破壊したガジェットの残骸から旧支配者がジュエルシードを回収。数に限りがある強力なレリックより含まれる力が少ない簡易開発型のジュエルシードをかき集める方が良い。つまりお互いが利用しあっている状態だ。会話の途中で出した旧支配者のナイアーラトテップは自由に自己の外見を変化させることが出来ます。旧支配者の外見は化け物のようなものが多い。人間のような格好が出来るのはナイアーラトテップだけ。人を騙すのは博識であるこの邪神の十八番だしな。スカリエッティと話す女=ナイアーラトテップだと面白い。攻撃を受けたのち死の淵でスカリエッティは最後の想いをNANOHAらに託す。

「行け…お前達が…最後の希望だ…!」

激突・イメージ図
この展開でいけばちっこい召喚師の娘も仲間になるな。でこっからは散々言ってる起動六課を筆頭とするレジスタンス聖王教会VS旧支配者とその魔物軍そして管理局の構造。旧支配者の中で最強最悪といわれる軍神クトゥルフVSリミッター外した本気NANOHAの凄まじい激突構造が期待できる。邪神VS悪魔(苦笑)。F型のフェイトはスカリエッティからドーピング受けて強化されるし、NANOHAも前に言ったレイジングハート=レリック説が通れば膨大な魔力を体得できる。機動六課のごく少人数で神と戦うのも不可能ではない…かもしれない。このあたりは全部スカリエッティの研究功績による。死に際にそれを全て託すわけだ。とはいえ旧支配者には『生』の概念がない。故に『死』の概念も存在しない。封印するしかないのである。旧支配者が戦闘前にアルハザードの扉を開けたならそれを閉めるはNANOHAら。今かいたレイジングハート=レリックが通れば扉を閉める手段は残される。よく考えればレイジングハート出生の秘密も明らかにされていないしな。勇之の仲間が彼に偽ってスカリエッティの親族の研究所からジュエルシード共々レイジングハートの元のレリックを盗み出した可能性もある。前記事でもかいた扉の表と裏からの同時封鎖。フェイトや疾風らが表ミッドチルダ側ならNANOHA一人が裏アルハザード側。自己を押し殺して他人を気遣うNANOHAならば十分予想できる自己犠牲展開だ。中島の存在はこの瞬間を美しくみせるためだろう。NANOHA中心の考えだからタイトルから彼女の名前が消えていないわけだ。このパターンでいけばNANOHAは人殺しせずにある意味で死を迎える。スカリエッティは旧支配者に消され、旧支配者は人間ではない邪神で知能の高い化け物、思想も支配と破壊しかない単純悪だしな。戦いの後自分ごと旧支配者をアルハザードに封印する。別にアルハザードにこだわる必要はないがな。エンディングで流れる景色や様子はそんなところだろう。歴史や時代の表舞台から消えるNANOHAはガンダムウイングのヒイロに近い。この二人はよく考えると思考や過去の経験が似ている。
エンドレスワルツ・最終シーン
過去に人の死について学び経験する
本質的には人殺しを嫌っている
他人のために自己を押し殺す
NANOHAとの別れ・想像図
エンドレスワルツで表舞台から姿を消したヒイロみたいなことにNANOHAがなるんじゃないかとか思ってたりする。もし旧支配者を倒したとしてもレリックにより暴走気味の馬鹿魔力を得たNANOHAは皆に迷惑をかけたくない一心から自ら消えそうである。中島は後の世を任せられるような存在だろう。でこっから第四期に繋がる。これも以前書いた。封印されたNANOHAだけを救う、もしくは暴走気味の馬鹿魔力を抑える方法を探すため中島ら残された存在が奔走するお話。中島がいるのはここに一番起因があるのだろう。ともかくこれがここの管理者が一番望んでいる展開。これなら期待を裏切ってくれなくてもいい。
アルハザードに封印されたNANOHAさん・今まで散々無理してきて大変お疲れ様でした。昴が来るまでゆっくり休んで下さい。
今後の展開への願望は全て書いた。くどいしだるいんで今後の記事ではもう一切書きません。…多分。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話  [ パズライズ日記 ]   May 19, 2007 00:22
最初の出動のときも それなりに上手くはやったけど ただそれだけだった 毎日の訓練も あんまり強くなってる実感が無い でも中には 優秀すぎる相棒がいて 私の周りには 天才と、歴戦の勇者ばっかり 今も疑問に思ってる 自分がなんでここにいるのかを あ....
2. 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」  [ アニメって本当に面白いですね。 ]   May 19, 2007 10:43
2 魔法少女リリカルなのはStrikerS   現時点での評価:2.0〜3.0   [SFアクション]   テレビ和歌山 : 04/01 25:10〜   三重テレビ : 04/02 26:00〜   KBS京都 : 04/03 26:00〜   チバテレビ : 04/03 26:30〜   テレビ埼玉 : 04/05 25:00〜   東...
ティアナのいきなり凡人は自分だけ云々という話しが出てきて違和感。 あの機動六課に配属されてるだけで十分エリートなんじゃないの?自分であれだけ精鋭揃いだということを認識してるんだったら「てことは自分もかな?」
変身祭りその2
んー作画がな・・・・。 見ててそれが目立つ、ストーリは凄く良いんだが。 メインは、ティアナです。
6. 隊長、最終防衛ライン死守します!ヽ(#`W´)ノ  [ いけやんのお部屋なの??♪(^▽^) ]   May 19, 2007 21:44
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」 今回の任務は防衛。シリーズにおいても珍しいケースです。 そして、注目の新キャラが本格参戦! それでは、テイク・オフ!(*´▽`)ノミッドチルダ 首都南東地区 ヘリの中で、機動六課の面々に対しては...
7. 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」  [ 初音島情報局 ]   May 19, 2007 22:17
よろしければ押してやってください→  
8. なのは君、君のドレス姿にはがっかりだよ  [ じろグ! ]   May 19, 2007 23:04
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」の第7話を見ました。 <感想> 周りが天才ばかりだと嘆き、自分を凡人と言い放つティアナを見ていると、「ダイの大冒険」のポップを思い出す。でも結局ラストで頼りになったのはポップを見ると、自分のキャパを正確に把握して努力を....
9. 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」  [ 恋華(れんか) ]   May 20, 2007 01:15
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」
10. (アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   May 20, 2007 07:29
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1 毎日の訓練も強くなっている実感がない。だが中には、優秀すぎる相棒がいて、自分の周りには天才と歴戦の勇者ばかり。なぜ、私はこころにいるのか? あの人はなんで私を選んだのか? ティアナは考え続けるのであった・・・。
11. ホテル・アグスタ  Aパート  [ 詩稀村通信 ]   May 20, 2007 09:45
『<a href="http://www
12. ホテル・アグスタ  Bパート  [ 詩稀村通信 ]   May 20, 2007 09:46
『<a href="http://www
隊長さん達のお仕事着は、ドレス。で、兵隊さん達は普段着です。これも階級特権の役得ですね。
14. 戦う者に道が2つある。勝利と、死と!  [ Fere libenter homines id quod volunt credunt ]   May 20, 2007 20:46
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 複数感想記事。瀬戸の花嫁あり
15. ホテル・アグスタ  [ 詩稀の記録書庫 ]   May 20, 2007 21:55
『魔法少女リリカルなのはStrikerS』第7話【ホテル・アグスタ】  最初の出動の時もそれなりに上手くはやったけど ただそれだけだった  毎日の訓練もあんまり強くなってる実感がない  手の中には優秀すぎる相棒がいて あたしの周りには天才と歴戦の勇者....
16. 魔法少女リリカルなのはStrikerS  [ まるとんとんの部屋 ]   May 20, 2007 22:25
第7話 『ホテル・アグスタ』  出だしは「ティア」の語りから、どうやらなぜ自分が、 この部隊にいるのかが、よく判ってない様子、 周りには才能のある人達ばかりで、自分は強くはなっているが、 他と比べるとたいし??)
17. 魔法少女リリカルなのはStrikerS  [ デバイス!マキシマム ブログ ]   May 22, 2007 21:39
第7話 「ホテル・アグスタ」 それは…ティアナの劣等感だった…。 スバルは潜在能力の塊らしきもの…。 キャロとエリオはフェイトの秘蔵の子…?? ティアナは…自分は凡人じゃないかと感じる…。 と言うわけで、「ダ
Profile
バ管理者
ア管理人

★ブログ開設日2006年12/4★
Visitor
  • 累計:

Search
Google WWW starlightmemories
Archive
Memo
私個人がネット上で警戒している事一覧
・工作員によるレビューサイト等ステマ
・SNS捨てアカウントによる印象操作
・インテリヤクザ/ネット総会屋
・ガチャ確率操作・課金額での対立煽り
・エアプネガキャン・風評被害
・恣意的な抽出による海外の反応
・某国からの日本人を装ったカキコミ
・グローバル化による国内文化の破壊
・偽りの歴史で日本国を貶める朝日新聞
・ユダヤ系金融思想による資本市場支配
・伝統的家族体系を破壊するLGBT利権
・グローバルカルトによるAI開発/人類の監視管理