アニメの回想

■カテゴリー記事一覧■
アイカツ!第四十四話の回想
アイカツ!第四十三話の回想
セイント星矢オメガ第六十七話の回想
アイカツ!第四十二話の回想
アイカツ!第四十一話の回想
セイント星矢オメガ第六十五話の回想
アイカツ!第四十話の回想
アイカツ!第三十九話の回想
セイント星矢オメガ第六十三話の回想
アイカツ!第三十八話の回想

August 19, 2013

アイカツ!第四十四話の回想5


アイカツ!の第四十四話をみました。

第44話 モアー・ザン・トゥルークライシス!
スターライト学園を訪ねてきたモヒカンの男性が警備員ともめている。なんだろうといちごが覗くと、男性は掃除のお兄さんの涼川を許さないという。いったい涼川の身に何がおきたのか!?
(以上公式HPより引用)



タマに思うんだ。趣味でやっているこのブログで

アフィをやってお小遣いをかせいでみようかな

なんて。



管理者がバカのせいで過疎っているので収入の足しにはなりません。

デスヨネー☆

スターアニスの話ばかりで存在が忘れ去られそうだった涼川さんに関するお話。
モアー・ザン・トゥルーのメンバーである涼川さんとモヒカンのキングさんが
音楽の方向性の違いから対立していたのをソレイユが解決するお話でしたと。
音楽が好きで始めたバンドだったのに有名になるにつれて観客の期待に
応えようとするあまり、自分達が本当にやりたい事がなんだったのかが
分からなくなっていたわけですね。またどっかのなまくら刃さんが悩んでいたようなことでw

見えない客のために頑張るんじゃないというキングさんの言葉に対して、
見えないお客さんなんていないというのがいちごちゃんの返しでしたかな。
この辺り何が言いたいのか良くわからないのですけどw
えーと、要するにどんな音楽でも続けていれば
それを期待する人は必ずいるという認識でよろしいだろうか。
お客さんのために頑張るのは必要な事としてあるけれど、
音楽を楽しみながら頑張れるようミュージシャンもアイドルも
活動をしていくというのは同じであるということなのかもしれないです。
観客の期待に応える事と自分達がやりたい事のそのどちらかの二択ではなく、
その両立を目指すために自分たちは頑張っていくんだという事を
いちごちゃんはソレイユのライブでもって実際に伝えたかったのでしょうか。
頑張るアタシ、ステキ!っていう感性ですかね。ウジウジ悩んだり、
呆けているよりは一生懸命である事の方が周りからのウケは良いでしょうからw

久しぶりの登場の涼川さんは流れとはいえ追跡してくるいちごちゃんを
知り合いのオッサンに変な女の子よばわりで紹介していたのが酷いですねw
とはいえ実際に変だからどうにも紹介しようもないんだけどな!
そのオッサンはいちごちゃんをソレイユと知って普通に通していたし、
地味に涼川さんの意思が尊重されずに踏み躙られていたのがカワイソスw
世紀末な外見とは違いキングさんは熱い魂をもったなかなか良いキャラでした。
アイカツならぬバンカツワロス。バンドやってなきぇりゃソレイユの熱心なファンになってそうw
今回はいつもと違ってモアー・ザン・トゥルーのライブシーンで〆でした。
モアー・ザン・トゥルー、なかなかにイカしてたZE!w


http://www.aikatsu.net/

starlightmemories at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 12, 2013

アイカツ!第四十三話の回想5


アイカツ!の第四十三話をみました。

第43話 不思議の国のアイドル!
次のドラマオーディションに挑むことになった神谷しおん。学園長曰く、「とびっきりの笑顔を見せる可愛い女の子」役ということだが、なぜか思いつめたような顔のしおんで…?
(以上公式HPより引用)


トライスターも案外ヒマなんだな。



アレは仕事ですから。

仲間内の良い話で終わったのにその表現もどうかと思うぞ。

悩み多き乙女のしおんちゃんを皆で励まして笑顔にしましょうというカウンセリングの回。
もちろん実際は違いますが、大体の雰囲気がそんな感じw
いつも通りのアイカツらしくてオーディションの出来レースぶりが大変酷かったですねw
不思議の国のアリスということで登場人物が全員顔見知りというドッキリでしたw
学園長のBBAはいい加減自重せえやw

しおんちゃんが女優を目指すのに格好良い役ばかりじゃなくて
可愛い役も出来るようになりたいとのことで色々とありましたが、
目指す役柄としてはぶっちゃけそんな難しいモンでもなかった気がしますけどw
アイカツに出ている女の子全員に言えることだけど、そもそもしおんちゃん自身が
オーソッドクスにキュートなんで後は雰囲気で自然体の笑顔が出せればいいだけやし、
彼女が女優という仕事が好きでやっていることならそういう雰囲気も出しやすいでしょ。
当たり前の事を当たり前にやればよかっただけのことなのに物事を深刻に
考えすぎてダメになるのは数話前でのどこかのなまくらソードさんと姿がダブりますw
まあ、真面目といっちゃ真面目なんだけどね。
その分真面目じゃないいちごちゃんに中和してもらえたから良かったわけだけどさw
失礼な、星宮だってアレで真面目にやってるんですよw

スターアニスとして学園の注目の的でも仲間内ではいつもの学園ノリの皆様。
美月さんは女王様ということで、まあある意味でのハマリ役でした。
超スペックで皆の度肝もぬくキャラとしてたてられてましたから、
ギャグキャラとして美月が描かれることは多分ないんでしょう。
今でも十分キャラがおかしいような気もしないでもないのですけど、
このトップアイドルは保身に走っているな。攻める事を忘れたらアカンですねw
しおんちゃんを見習うべきはいちごちゃんじゃなくて美月様だと思いますですw


http://www.aikatsu.net/

starlightmemories at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 07, 2013

セイント星矢オメガ第六十七話の回想4


セイント星矢オメガ第六十七話をみました。

第 67 話  昴、驚異の小宇宙!エデンの使命!
2013/08/04放送
脚本:村山 功
演出:貝澤幸男
作画:八島善孝
美術:徳重 賢
 
進撃する光牙を倒すため、タイタンは2級パラサイトのエウロパを刺客として差し向けた。その途中、エウロパは何かに導かれるようにこの戦場へと足を踏み入れたエデンと出会う。さらに二人を遮るように現れる星矢。黄金聖闘士の実力を測ったエウロパはその場から撤退、あとに残った星矢は、戦うことに疑問を感じていたエデンに、自分自身で答えを出すよう諭す。そして青銅聖闘士を一掃するべく、エウロパは光牙たちの前に現れた!

(以上公式HPより引用)


先週もまた見忘れたわけだが。



別に仕事でやっているわけじゃないし(震え声)

そんなルーズなヤツが愚痴ってていいんでしょうかねえ?

人は同じ過ちを繰り返す。(星矢声)

これは、その反面教師なのだよ。


うるせーよバカ、開き直んな。

久しぶりのエデンくん登場の回だけど、そんなことより
終始変な動きをしていた登場人物たちが印象に残った今回。
高速パントマイムの星矢、ゴキブリ登りの昴、変な横歩きで回転するエデンなど、
まあ要するに作画の問題ですね。以前も腕が伸びたりしたことがあったし、
オメガの作画崩れもある種の様式美として楽しんだ方が良いのでしょうか。

話としては生きる意義を見失ったエデンが昴の持つ謎の小宇宙に
導かれてとりあえず彼を監視するに至るという流れ。
神の子たるエデンの苦悩というのもありっちゃありだろうけど、
結局の所そういう苦悩の理由付けみたいなモンが見手に
忌み嫌われる原因になっているような気がするんですけどね。
最終的に神の力はいらない→もったいねーの流れはギャグとして
自分はまあ面白く感じたから別に良いですけどね。
…面白いか、うん。面白いとはまた何か違う気もするけど、まあ。

途中に出てきた星矢さんは話の都合的には納得はいくけど、
状況的には何をしているのかがよくわからん状態になっている気がします。
昴の小宇宙とやらも明かされる度に嫌な展開になっていきそうな感じがして心配に。
この場合の嫌な展開っていうのは話のネタ的なことじゃなくて、
ヤミノチカラガーみたいなまたつまらん話になるんじゃないかという心配の方で。
パラサイトも人間批判をよくするけど、彼ら自身の出生が良くわからんので、
現状の人的姿のままで文句をいわれても、同意するほどのモノには
至らないのですけど。当のパラスの目的が人間粛清とはかけ離れているのも
闘士の話の説得力に欠ける原因で思想の一致がない集団じゃダメですね。


http://www.toei-anim.co.jp/tv/seiya/

starlightmemories at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 05, 2013

アイカツ!第四十二話の回想5


アイカツ!の第四十二話をみました。

第42話 船上のフィナーレ☆
ツアー終盤、いちご達は「まだ終わりたくない」と切ない気持ちで語り合う。そんな皆を、ある場所へ連れて行く学園長。その場所とは、なんと豪華客船で――!?
(以上公式HPより引用)



豪華客船とくれば

沈没やら事件やらがくるはずだろうに

何もなかっただとっ!?



そんなフラグにまみれたお話はみたくありませんから。

ツアー初日で停電が起こるというハプニングが前回にあったけど、
今回の冒頭ではハプニングがない場合のツアーだと適当に流すだけで
終わりという制作上の効率を考えた描写で済ましていましたw
何かをやるたびにハプニングを起こすいちごちゃん達に先週はツッコンだけど、
実際にそれがないとお話になりませんというのが今回はよくわかる話でしたw

スターアニスとしての活動が終わりを向かえて切ない気持ちのいちごちゃんが
共に活動してきた仲間やファンとの個人同士の交流で以ってまた一皮向けた感じ。
かえでちゃんとのカラミで仲間を信じるのと同じように自分自身を信じることの
大切さみたいなモンに考え付くことが出来たみたいね。
美月の個人主義のおかげで個人個人で向き合うことが出来て、
相手を見直すことで自分のことも見直すといったよくある風潮みたいなものですね。
言いだしっぺの美月本人はいちごちゃんの報告に
特にそれを意図することでもなかったみたいだけどなw
気づけたいちごちゃんが凄いのか、当たり前にやっている美月が凄いのか、
はたまた両方か、その辺は個人の考え方次第です。

今回は久しくかえでちゃんが個人的な話をしてくれたけど、
美月並みの才能と努力の持ち主ということよりアメェリカァは
コウダヨーみたいな話のほうが自分には印象に残ってるw
どうも彼女をみていると日本人が勘違いした外人のイメージの塊みたいでイカンw
といっても自分だって外国の知識はからっきしだけどねw
とにもかくにも日本だって他からみたら『外国』なんだし、
内外云々はともかく自信を持つようにすべきなのは万国共通という事で一つw


http://www.aikatsu.net/

starlightmemories at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 29, 2013

アイカツ!第四十一話の回想5


アイカツ!の第四十一話をみました。

第41話 夏色ミラクル☆
ライブツアーに参加することになったいちご達。やる気満々で楽しみにしている中、なんと台風が近づいてきているらしい。何事もなく成功するよう、祈る一同だが…!?
(以上公式HPより引用)


美月までもが加わって修学旅行気分の
いちごたちを見てバカが一言いいたげな様子。




女三人寄れば姦しい。

あ、今の台詞で女の9割以上は確実に敵にまわしたわ。

それでも女の尻を追いかけることは止めない!

いざゆかん、花の桃源郷へ!


台風で飛んできた看板にアタマぶつけて〇ね。

スターアニスとしての初ライブツアーだというのに台風がやってきてさあ大変なお話。
スターアニスとしてもそうだけど、トライスターやらソレイユやらでも
何かやろうとする度にトラブルが起こっているような気がしてならないのですがw
いちごちゃん辺りがそういうトラブルを呼ぶ体質なんじゃないのかとか予想。
ってそもそも順序良くいけばお話にならないというツッコミがありますけどねw

気象相手じゃどうしようもないのでお祈りするだけが頼みのライブ前日。
普段みんなから尊敬と憧れの対象で一歩はなれた存在の美月が
楽しく騒いでいるみんなの前でみせた親しみのある姿は良かったですね。
美月さんじゅうよんさいもそろそろ視聴者に媚びる時期かーとか
最初みた瞬間に思った自分の性格のひねくれ具合にナイタw
美月ちゃんだってこの前のらんちゃんを引っ掻き回した時の反省でもって
少しは変わったんやで!ってことも考えられなくもないわけですよw
別に元からそういう性格だったのをこちらが勘違いしてただけかもですが。

ライブの方は停電でもって中止になりそうになったけどみんなの気を
きかせた機転のおかげで復旧まで場を持たすことに成功してライブも大成功と。
臆することなくそれぞれの個性を発揮できた面々は各々が良かったし、
その采配をした美月がやっぱり素晴しかったですね。
事前に各メンバーに送った気遣いとも取れる激励の言葉とか、
以前の美月からは考えられないレベルで清々しい良い雰囲気を持つようになった。
今回の一件で美月のキャラが良い方向に随分と変わったような気がします。

そうそう、キャラといえばユリカ様だけど今回のいちごちゃんとの舞台上でのカラミで
リアルだけでなく作中でも吸血鬼キャラがファンからネタにされているのだろういうことが
証明されましたwやっぱりみんな微笑ましい気持ちでユリカちゃんを愛でていらっしゃるのねw
睡眠用棺桶が自前だったりして当の本人はその辺きちんと理解しているのか微妙だw


http://www.aikatsu.net/

starlightmemories at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 23, 2013

セイント星矢オメガ第六十五話の回想4


セイント星矢オメガ第六十五話をみました。

第 65 話  破れ鉄壁の門!天馬の矛と龍の盾!
2013/07/21放送
脚本:成田良美
演出:畑野森生
作画:大西陽一
美術:中尾道弘
 
門を破壊した聖闘士たちは、パラスベルダの街へと突入した。パラスのいる城へと続く道を求め、聖闘士たちはそれぞれの道を進む。パラサイトのもっとも多い道を進み、囮となる星矢。その真意をくみ取って光牙たちも先に進むが、行く手に三級パラサイトのタルヴォスが立ちふさがる。重装甲刻衣をまとったタルヴォスの圧倒的な力を見た光牙は、蒼摩たちを先に進ませるために一人で戦う。こうして光牙とタルヴォスの戦いが始まったが…

(以上公式HPより引用)



先週を見忘れて今週をみたんだけど

いつの間にか光牙がローリングクラッシュ

使っててワロタ。



彗星拳で腹をぶちぬいた上に追撃のローリングクラッシュをあびせる光牙マジ鬼畜。

先週を見忘れたので今週はいいかなーとか思ったけど一応みてみることにした今回。
光牙さんがはっちゃけてくれたおかげでスカッとすることは出来たけど、
肝心の龍峰とのタッグについてはとって付けたような感じが否めません。
最強の矛と盾が力を合わせれば必ず勝てるとか言われてもそんな当たり前の事
ああ、うん、そだね。としか思えないんですが、そんな当たり前の事で
仲間の絆(笑)を描写したつもりでいるような感じがドヤガオで
作中から漂ってくるのに、こちらとしては呆ける他ありません。
まあ、当たり前の事を当たり前に出来る事の大切さみたいなモンもあるし、
今までのオメガはそういったことをやってこなかったからそう考えればマシですかねw

序盤に星矢が雑魚を引きつける事で自然とフェードアウトしていったのも良いですね。
今までのオメガはそういった当たり前のことを(以下略
重装甲のタルヴォスさんは自分としては好みのキャラでしたが
どうぞ壊していってね!ってな感じの木偶の坊さ加減には少々ガッカリかと。
街を破壊する事に躊躇がないくせに光牙と龍峰が色々と喋っている間も
紳士に待っていてくれている辺り敵キャラとしてのお約束を守ってくれるナイスガイでした。

一方聖域で安穏としているアテナは相変わらずの無能加減でウンザリ。
オメガの領域に聖闘士達が目覚めるのに期待しましょうって
相変わらずこのクソアマはナニをほざいてくれちゃっているのやら。
そもそもオメガの存在自体が周囲に喧嘩を売るような代物だと思うんですけど、
まあ一期の汚名返上の意味合いもその辺に含まれてはいるんだろうけどさ。
フドウについては色々と複雑な心情のキャラだから別に黄金のままでもいいケド、
一応のケジメとしてハラキリの精神くらい彼には示して欲しいものです。


http://www.toei-anim.co.jp/tv/seiya/

starlightmemories at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 22, 2013

アイカツ!第四十話の回想5


アイカツ!の第四十話をみました。

第40話 ガール・ミーツ・ガール
あおいはFUTURING GIRLの新作プレミアムドレスをもらうため、デザイナーに会いに行く。あおいがアイドルを目指すきっかけとなった「思い出の夏」とは…?
(以上公式HPより引用)


以下、ロリコン禁止。



まだ何も言ってないのにっ!?

どうせお前がいう台詞なんて「ちっちゃいいちごちゃんらぶゆ〜なのですよ」だろ。

否定はせん(キリッ

ダメだコイツ。早くなんとかしないと。

近頃のアイカツはソッチ方面に奔る事に躊躇いがなくなってきている気がする、
そんなお題目を掲げた今回のお話。内容的にはいちごちゃんとあおいちゃんが
よく知り合うきっかけとなった時のお話で至ってノーマルな話なんですけどね。
何故にこうまでして花の香りがタイトルから漂ってくるのかは、
間違いなく自分が穢れた成長過程を歩んできたからであるので気にしてはなりません。

子供の頃から穏やかじゃない口癖だったあおいちゃんが
下手くそな踊りを躍るいちごちゃんを絶対に許せなくてお手本をみせたら
それが夏祭り会場の皆にみられたことでカ・イ・カ・ンを感じてしまったため
アイドルになる道を夢見始めてみましたっていうことだそうで。
人生において何がきっかけになるか、本当に分からないものですね!

重要なのはやっぱりそこにはいちごちゃんが絡んでいるということ。
これも一種の主人公補正といってしまえばミもフタもなくなりますが、
何事も楽しむアイカツ精神にのっとって、いちごちゃんとあおいちゃん、
お互いに欠くことのできない親密な間柄と思いつつ腐ったノウミソを
フル稼働させれば一部の人種はそれなりに楽しむことができまするw

ちなみに今回の格言はドレスは人が着て云々でしたが、
それはまあ以前からよく言っていることですからぶっちゃけどうでもよかw
文字通り殻に篭ったデザイナーの妥協できない生みの苦しみみたいなモンも
よくあるらしいでしょうがとりあえず納期の方は守るようにはしたいものですね!


http://www.aikatsu.net/

starlightmemories at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 16, 2013

アイカツ!第三十九話の回想5


アイカツ!の第三十九話をみました。

第39話 それゆけ、ソレイユ!
いちご達のユニット「ソレイユ」の名前も世間に浸透しはじめライブを開くことに。学園長から「今日の夕方までに客席をいっぱいにしなければ、ライブは中止」という厳しいミッションが与えられて…!
(以上公式HPより引用)


既にある程度の知名度があるユニットが活動した所で大して難しくもなくもないミッションだったんじゃね?



ソレイユ?何それ、おいしいの?

中途半端にボケるのはヤメロ。

いちご、あおい、らんの元気な三人娘をみて楽しんでいるのにソレイユと
聞くたび某サーカス団の名前ばかり頭をよぎる自分の頭が若干憎いw
おかげでアイカツを素直に楽しめないでいるのは勿体無い気分です。

バカッター☆やマスゴミwばかり使ってないで自らの足で告知活動して来いという話。
メディア媒体で済ませりゃいいじゃんっていう意見は最もだし、
あるものは使いこなしてこそだけど、存外こういう原始的な方法も大事だったりしますね。
らんちゃんが言っていたように同じ趣味の者同志、すなわちファンだけの
狭いコミュニティだけだったという見直しも客観的に出来ますし、
逆にあおいちゃんのイケナイ刑事繋がりでサツにファンがいたとか
意外なつながりも発見できたりで色々と良い例を表現できたと思います。
まあ、ライブに集まった人数についてはいつものアイカツ的展開だとも思いますが、
街中で歌声が聞こえりゃ足を止めてみてみたいという想いがわく事もありましょう。

ジョニーはともかく学園長は前から結構放任主義でライオンそのものだと思ってましたけどw
相変わらず気分でモノを言う学園長のスタンスにも最近は馴れてきた気がします。
りんごさんのおにぎりをほおばりながらあおいちゃんやらんちゃんと
仲睦まじい様子のいちごちゃんの姿にニヤついてしまいますw
らんちゃんがトライスターからソレイユに出戻りしてきたせいで
お前ら本当にお互いの事大好きなんだな!って目線でしかみれないからさw
あくまでこの三人は友情だから。必要以上の変な目でみるなよ自分w
ライブは無事成功したし学園長から期待のご褒美がもらえるということで、
ナニカナーと期待していたら何だトライスターとのライブかっていう。
オフじゃないのか(´・ω・`)とか思った自分は多分疲れているんだと思う。
別にそんな忙しい日々でもないはずなんだけどね。ただの怠け者ですw


http://www.aikatsu.net/

starlightmemories at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 09, 2013

セイント星矢オメガ第六十三話の回想4


セイント星矢オメガ第六十三話をみました。

第 63 話  星矢、出陣!アテナの決意!
2013/07/07放送
脚本:小山 真
演出:角銅博之
作画:星野 守
美術:鹿野良行
 
命をかけてパライストラを守った玄武。その死は様々な影響をもたらした。玄武の意思を継いでパラサイトと戦う決意を新たにする光牙たち。だが、多くの聖闘士たちは意気消沈し、戦う気力を失っていた。その不安な心を聞き取ったハティは、この好機にパライストラを陥落させようとパラサイト兵を率いて進軍する。その圧倒的な物量の前にしても、ひるまず立ち向かう光牙たち。その戦いが始まろうとしたその時、黄金の光が飛来した!


(以上公式HPより引用)



自分もアテナのような対面した

相手を跪かせられるような存在になりたい。



アホな事考えてないで今日も一庶民として勤労に勤しみなさい。

(´・ω・`)

そんな顔してもムダです。

神の威光で跪かせたとはいえその相手が昇進狙いの小物である人物では
かえってアテナの権威の格が安っぽいモノにしか描写できんわけですがね。
かつては海王配下の闘士が敵である女神の小宇宙に対して恐れを抱いた事もあったが、
その抱いた闘士というのが音楽を愛していて、それはそれで
尊敬に足る人物の描写だったというのが自分個人の感覚としてあるけど、
そんなやり取りを今回の敵がパクッたところで感動もクソもない。
まあ、初見の人間ならそれで良いんだろうケド、自分みたいなタイプには
すこぶる思い出を汚すのに相変わらずオメガは特化している模様デスね。

この状況下での玄武さんの追悼式の必要性についてはまあそれなりとして、
犠牲が出てから颯爽と登場する女神と近衛兵では有り難味も大してありませんね。
星矢さんはやる気があるのかないのかしらんがヤケに落ち着いてるし、
冷静に見えるというよりなんだかダルそうにみえるのは自分だけだろうか。
小宇宙を燃やせ!奇跡をおこせ!とは真逆で冷めてるってレベルじゃねーな。
パラスの居場所を探るのにアテナ自身が命を賭けたとはいえ
暫く屈み込んで小時間うなっただけで見つかりました☆とかいわれても、
いや、そんな簡単にみつかるならもっと早くからやっとけよって
ツッコミしか自分は感想が出てこないんですがね。
深刻度を言葉でしか表現しないから気にかける暇もない。
聖域から出てきたとはいえ場所がパライストラになっただけでオメガアテナの
引きこもり症候群は今回だけでは解消できているようにはみうけられませんわ。


http://www.toei-anim.co.jp/tv/seiya/

starlightmemories at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 08, 2013

アイカツ!第三十八話の回想4


アイカツ!の第三十八話をみました。

第38話 ストロベリーパフェ♪
アイドルユニットにはリーダーが必要!ということで、話し合いをするいちごたち。そんな中、おとめが新ユニット結成を思い立つ。気になるそのメンバーは…!?
(以上公式HPより引用)



おとめちゃん発案のユニット名

ヒドスギワロス。



リアルで考えた人達ってこれなんて罰ゲーム状態なんだろうな。

そんな事言い出したらそもそも

アイカツ自体が罰ゲームなんだけどね!


現実逃避は必至ですか。

ジョニー先生のいうカオスがまさに自虐とも受け取れるそんな今回の話。
いちごちゃんがソレイユのリーダーなのも先が読めずカオスだけど、
先週の話からトライスターの補充要因としてユリカ様の加入が
今回で即決になったのもなかなかの超スピード展開のカオスだと思います。
美月が学園をふらついててたまたま目にとまったユリカを加入ってどんだけ適当。
確かトライスターは忙しくて学園に帰ってこれないとか言ってたのにね。
メンバーが三人いなくてトライスターでの活動も美月は休止中ですかい。
らんちゃんの憂鬱な話よかいちごちゃん達が協力するユリカちゃんの
トライスター加入奮闘記でもやった方が良かったと思うの。ユリカガンバ!みたいなw

ソレイユになってもいつも通りのいちご・あおい・らんの三人で大丈夫そうですね。
いちごちゃんのパフェ理論は何を言っているかよくわからんですがw
いちごちゃんがしっかりリーダーをするというより、
あおい・らんの二人が暴走する彼女を支えてあげるという図になるようなw
ダメなリーダーほどマンセーしてやりたくなるとかいう状態もアリっちゃアリかw

今回の話は前回までのグダグダを無理矢理
まとめたような気がして特に見所はなかったように思います。
あるといえばやっぱりおとめ節と北大路劇場、そこにちゃっかりいるイケナイ刑事。
おとめ・ユリカ・さくらで三人並んでいる描写が多かったのにここにきて急にはぶられたユリカ様w
ユリカ様のトライスター入りは別にしなくても良い気がするの。
トライスターでの役回りがあるから忙しくてユリカちゃんを拝むチャンスもこの先なくなりそう。
ユリカ様はユリカ様単体で活躍して欲しかったわ。(´・ω・`)


http://www.aikatsu.net/

starlightmemories at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
Profile
バ管理者
ア管理人

★ブログ開設日2006年12/4★
Visitor
  • 累計:

Search
Google WWW starlightmemories
Archive
Memo
私個人がネット上で警戒している事一覧
・工作員によるレビューサイト等ステマ
・SNS捨てアカウントによる印象操作
・インテリヤクザ/ネット総会屋
・ガチャ確率操作・課金額での対立煽り
・エアプネガキャン・風評被害
・恣意的な抽出による海外の反応
・某国からの日本人を装ったカキコミ
・グローバル化による国内文化の破壊
・ユダヤ系金融思想による資本市場支配
・伝統的家族体系を破壊するLGBT利権
・グローバルカルトによるAI開発/人類の監視管理