防音カーテンってどうよ!?

防音インテリア スターライト スタッフブログ


    暑中お見舞い申し上げます。
    台風一過以降、暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
    猛暑対策には、弊社「サングラス・カーテン」をぜひおすすめします。

    sg_1

    窓に付けるだけで、低コストで簡単に冷房効率を飛躍的にアップできます。
    猛暑の上、電気代高騰のおり、空調電気代の節約によって一年でモトがとれるものと思われます(^ ^)
    もちろん冬場の暖房効率も飛躍的に向上します(結露もしにくくなります)。

    さて、前置きはともかく、皆様にご好評いただいておりますスターライト「東京展示スペース」が移転となりました。

    スペースを提供いただいております「アルノ一級建築事務所」様の移転に伴うものです。

    地図はコチラ

    移転先のビル(シオバラ外苑ビル)は、通り(外苑西通り)沿いですので分かりやすいと思います。
    ですが一応、最寄駅の地下鉄銀座線の外苑前駅からの道を写真付きでご説明します。

    写真 2015-07-16 10 10 43

    外苑前駅で降りたら2番出口へ。青山通りに出ます。
    写真 2015-07-16 10 10 55写真 2015-07-16 10 16 12

    青山通りを南西に歩くと、すぐに南青山3丁目という交差点(青山通りと外苑前西通りが交差)に出ます。
    みずほ銀行の外苑前支店があります。
    この交差点から外苑前西通りに入り、北へ歩きます。
    外苑前駅から歩いてくると、「南青山3丁目」交差点で右に曲がる、ということになります。

    写真 2015-07-16 10 22 28(この交差点を右へ)


    外苑前西通りに入り北へ歩いていきます。
    写真 2015-07-16 10 23 17写真 2015-07-16 10 26 38




    途中に蕎麦屋さんがありました。
    蕎麦どころの人間としては非常に気になったのですが支度中の看板が。
    残念ながらまた次回。店の横を恨めしげに通過(^ ^;)
    写真 2015-07-16 10 26 50


    外苑西通りのここら近辺は、通称「キラー通り」と呼ばれております。
    自分のようなよそ者からすると、一見奇異に感じる通称ではありますね。
    サザンのアルバムのタイトルにも使われているそうで。
    ビクター青山スタジオが近くにあったりして、ミュージシャンに縁の深い街だそうです。
    写真 2015-07-16 10 27 07



    「神宮前三丁目」交差点を通過。
    写真 2015-07-16 10 30 31


    神宮前3丁目の交差点を渡ると、すぐにジャガーのショールームがあります。

    写真 2015-07-16 10 32 11写真 2015-07-16 13 48 25



    その隣のビルが、移転先の「シオバラ外苑ビル」です。
    写真 2015-07-16 10 33 29写真 2015-07-16 10 34 00


    まだ移転して間もないので看板は出ていませんが、このビルの7階に展示スペースをお借りしている「一級建築士事務所アルノ」さんがあります。
    写真 2015-07-16 10 35 18



    ところが、エレベータは6階までという謎仕様。
    写真 2015-07-16 10 35 45



    エレベータを降りて半階分、階段を上がると、、、
    写真 2015-07-16 10 36 20


    「アルノ」さんがあります。
    写真 2015-07-16 10 36 45
    ビルが出来た当初、この階は管理人フロアだったのでこのような構造になっているとのことです。



    以前と同じ、防音シェルターDX S-909タイプが置いてあります。
    入り口も以前と同じ、ドアとカーテンが両方付いた展示用特別仕様ですので、防音カーテン「ソフト音」の検証も可能となっております。

    写真 2015-07-16 13 25 55

    ご不明な点、お問い合わせ等は
    スターライト(フリーダイヤル 0120-568-878)まで。








    (おまけ)
    なお、ビルの隣にはクレープ屋さんが。
    結構評判の店らしいです(本件とは関係ありませんが  ^ ^;)

    写真 2015-07-16 13 50 33



    ビルの近くにある「二万馬力」さんという、ランチもやってる居酒屋さんで昼食をいただきました。
    s-写真 2015-07-16 12 21 57s-写真 2015-07-16 12 40 01
    牛すじ煮込み定食(普通と大盛りがありますが、絶対大盛りがいいと思います。ちなみにご飯ではなく煮込みが大盛りという意味です。)を。丁寧に煮込まれた逸品です。
    向かいの人が食べてた鶏から揚げ定食もすごく美味そうでした。


    s-写真 2015-07-16 12 57 14

    店内の壁には、RCサクセションの忌野清志郎さんらメンバーの日付入りの落書きが。
    (KINGというアルバムリリース後の、ツアー・ファイナルのライブのリハの帰りでは?とか、あとで知人の清志郎ファンからいろいろ聞いたのですが忘れました ^ ^; 話し長いんで。もう語りだすと終わらないんで。)




    というわけで、スターライト展示スペース、今後ともよろしくお願いします  m(_ _)m



    -------------------------------------------------
    <<当記事に関するご注意!!>>

    現在、東京展示スペースは、東京都神宮前2丁目9-11 シオバラ外苑ビル 7F に移転しております。
    当記事は移転前の記事ですので、ご注意ください。
    -------------------------------------------------





    皆さま、ご無沙汰しております。

    このたびアルノ 一級建築事務所さんのご協力を得て、
    東京に展示スペースを開設するに至りましたので、ご案内申し上げます。

    「防音シェルター」と「ソフト音」の展示を行なっております。

    防音効果はやはり自分の耳で確かめたいもの。
    展示スペースでは現物を触って、体感できるようになっております。

    ↓こんな感じです。

    写真 2014-12-27 11 10 50

    さて、肝心の場所ですが
    「東京都渋谷区神宮前5丁目17-5  アルノ 一級建築事務所 内」
    (※くどいようですが、現在は移転しております。現在の展示場について

    地図です。
    map



    と、これだけでは分かりにくいかもしれませんので、散歩番組風に写真をまじえてご案内いたします。




    まず、JR山手線 原宿駅で下車。表参道口から出ます
    写真 2014-12-22 10 09 24

    神宮橋を背に表参道を西へ
    写真 2014-12-22 10 13 55

    表参道は並木道で風情がありますね。
    ずんずん歩いていきます。
    写真 2014-12-22 10 19 09

    キディランド原宿店の前です。
    写真 2014-12-22 10 24 05

    キディランドの先の角には「参道橋」の石碑が。

    写真 2014-12-22 10 25 18

    ここを曲がって裏原宿のメインストリート「キャットストリート」(渋谷川遊歩道)に入っていきます。
    この通りは、渋谷川の上に蓋をして作られています(「暗渠」というらしい)。
    渋谷川を下水道的に使うようになったので、このようなことになったそうです。渋谷川にはちょっと気の毒な気がします。
    参道橋の石碑はその名残なんですね。

    写真 2014-12-22 10 28 19

    キャットストリートをずんずんと歩く。

    左手に「神宮前トーラス」という商業ビルが現われます。
    今は「DKNY」のショップが入っていますので、大きく「DKNY」の看板が出ているので分かりやすいかと。
    この手前で左に曲がって裏道へ
    写真 2014-12-22 10 30 29

    トーラスの裏に回ります
    写真 2014-12-22 10 37 19

    裏道を歩くとトーラスのビルの先に、小さな坂道があるので下ります
    ここらは再開発中の地域らしく、あちこちで工事しています。
    写真 2014-12-22 10 38 09


    坂道を下りたところ。小道なりに左へ入ります。
    写真 2014-12-22 10 38 32

    つきあたりに、今回展示スペースをご提供くださった「アルノ 一級建築事務所」があります

    写真 2014-12-22 10 38 41
    写真 2014-12-22 10 39 04
    写真 2014-12-22 14 29 02

    到着です〜 \(^ ^)/




    もう一つ裏ルートがあります。
    さきほどの神宮前トーラス(表がわ)の隣に、「Paul Smith JEANS HAPPY SHOP」というお店があります。
    写真 2014-12-22 14 55 29
    写真 2014-12-22 13 50 34

    そしてその脇にチェーンのかかった何やらあやしげな階段付きの小道が。
    チェーンをものともせずまたいで下ります。

    ちなみにチェーンは深夜の酔っ払い侵入防止のために地主さんが付けているそうです(^^;)

    写真 2014-12-22 13 50 42
    写真 2014-12-22 13 51 05

    下りた先を右に歩けばすぐアルノ事務所さん前です。
    こちらのほうが猫道っぽくて面白いかもです。キャットストリートだけに(^^;)

    人が立っているところがアルノさんの入り口です。
    立っているのは、アルノ代表の酒本さん。とても気さくな方です。







    展示内容

    写真 2014-12-22 14 25 46

    アルノさんの商談室片隅に「防音シェルター」が設置してあります。
    展示品は、「防音シェルター ソフト音仕様 S-909」
    (近々防音シェルターの商品名を変更する予定のため、展示名は「らくらく防音スタジオ」となっていますが同じ物です。
    展示スペースの関係で、通常品より若干、幅をせまくしてあります。)

    写真 2014-12-22 14 27 50

    室内には、試験用の音源としてお使いいただけるよう、CDラジカセを設置しました。
    CD、カセットテープを再生できます。(USBメモリ・SDカード等のスロットや外部入力端子はありません。ご了承ください)


    写真 2014-12-22 14 26 11

    展示されている防音シェルターは、ドアタイプですが、入り口に防音カーテン「ソフト音」が取り付けてあります。
    ドアを開けた状態で、カーテンを開閉することで「ソフト音」の防音効果を確認することができます。
    (標準仕様のドアタイプ防音シェルターにはカーテンは付いていません。オプションで付けることはできます)


    以上、東京展示スペースの概要でした。

    ご覧になりたい方は、スターライトまで、
    メール(star@softon.jp)か電話(0120-568-878または0776-33-3401)にてご連絡ください。

    (アルノさんへの直接の電話はお避け下さい)

    お待ちしておりますので、お気軽にお問合せください〜(^^)/


    弊社のカーテン商品の一つ、サングラスカーテン

    DCP_0278「サングラスカーテンのページへ」

    二枚のレースの間に、非塩ビ系の透明なフィルムを挟んだ構造のレースカーテンです。
    0.3ミリと厚めのフィルムを使用しているため、光を通しつつ、いくらかの防音性も期待できるという特長があります。

    先日、そのサングラスカーテンについて、福井市内のある学習塾に頼まれて、施工に行ってきました。


    ●廊下も含めて空調しているのだが、問題が2点。
    ●二階を空調したいのだが、冷気が階段から一階へ逃げてしまって二階が冷えない。
    ●また一階は、生徒の出入りが頻繁にあるので、玄関を開放しているのだが、冷気が外に逃げてしまって効率が悪い。

    この状況を改善したい!

    というのが、ご依頼の内容でした。

    で、これを解決すべく、弊社のサングラスカーテンをご提案し、施工に行ってきたわけです。

    実は、サングラスカーテンは、断熱性についてもかなり強力な機能性を持っています。
    コンマ3ミリのフィルムの厚みがいかんなく発揮される部分なのです。
    商品ページにも書いてありますが、「これ(サングラスカーテン)をつけたら、部屋が寒くなってしまった」というクレームが真夏に出たほどです。

    うんぬんはともかく、以下が取付け後の写真です。

    まずは二階の階段の上り口に取り付けた写真。
    階段周りの間取りに合わせてカーブをつけて、カーテンレールを取り付けました。

    s-写真 2014-06-25 14 04 22
    開けたときの写真

    s-写真 2014-06-25 14 03 34
    閉めたときの写真




    下に紹介するカーテンレールは、実際に使用したものです。軟質プラの中にステンレスの薄い鋼板が芯材として入っていて、自由にカーブを付けることができます。

    この手の物は、いろんなメーカーが出していますが、この商品は
    1)レール取り付け留め具が、天井付け・正面付け両用になっている、
    2)レールが長い場合にはカッター一本で簡単にレールを切れる(ほかのメーカーの物は金ノコを使って切る)、
    という点ですぐれものだと思います。

    _SL1500_
    出窓用 カーブレール カーテンレール リフレ 3m ウォームホワイト



    さて取付けなのですが、この天井がクセモノ。
    たいていの住宅建築は、天井は桟の上に石膏ボードを渡して固定してあります。
    要するに、桟の部分以外は石膏ボードしかなく、スカスカで、木ネジでレールを止めてもすっぽ抜けて落ちてきます。
    というか、そもそも木ネジで固定が効きません。くずれて穴が開くだけです。
    また、桟のところは桟のところで、石膏ボードを止めている釘が結構な数量打ち込まれていますので、これまた木ネジが通りません。

    そこでこのような石膏ボード用の調査器具を使います。

    _SL1500_

    シンワ どこ太 L マグネット付

    この手の商品もまた、いくつも出ているのですが、この商品はマグネットが内蔵されていて釘の位置を調べることもできるので一石二鳥です。
    マグネットで釘の位置をある程度把握できると、桟の位置が分かってきますので、無駄に針を刺して調査穴をあけなくて済むというのも利点です。
    (まあ、穴と言っても針でついた小さなものなので、下から見ても分からないんですが、少ないに越したことはないです)

    これで、桟の釘の入っていない部分にレール留め具(取付け用ブランケット)を固定していきます。

    もちろんそんな都合のいい場所だけで、レール全体を固定できるわけがありません。
    いくつかの留め具は、石膏ボードしかないところに固定しなければなりません。

    そこで使用するのがボードアンカーという商品です。

    _SL1500_

    YAMASHIN ボードアンカー G4 25本 G4-25


    これを石膏ボードにねじ込むと、ボードを貫通して先端が広がりがっちりと固定されます。
    で、この固定されたアンカーに木ネジをねじ込んで止めていくというわけです。
    ただ、ここで注意点は、アンカーをねじ込む前に、天井に小さな下穴をあけておく必要があるということです。
    (木ネジをいっぺんねじ込んであく程度の穴でOK。ちなみにアンカーの説明書には下穴のことは書いてないので要注意)



    次は、一階の玄関上り口に取り付けた写真です。
    s-写真 2014-06-25 14 02 10
    開けたときの写真

    s-写真 2014-06-25 14 01 26
    閉めたときの写真

    s-写真 2014-06-25 14 00 35
    カーテンレールのアップです。



    一週間後にお伺いして、効果のほどをお聞きしたところ、

    「見た目も効果も思った以上にバッチグー」

    ということでした(笑)

    そして教室の一部を同じやり方で仕切りたい、という次の受注を頂いたのでありました。
    今度は直線レールでいいからちょっと楽です。

    どうも大変ごぶさたしております m(_ _)m
    いろいろと雑事に追われているうちに月日が経ってしまいまして。

    さて、早速ですがYouTube!
    いまさらですがYouTube!

    Web上ではなかなか伝えにくい防音効果。
    これをYouTubeを使ってお伝えしてみようという活動を始めました(社内的に)。

    ババーン!題して

    You Tube で検証! スターライト防音製品の防音効果 


    まあ、どうってことないそのまんまなタイトルですけど。
    で第一弾は、、、バババーン!

    「防音シェルターでカラオケ歌ってみた」
    youtube


    ということになっております(^_^;)
    まあ、トップページに出してるんで、これ読んでる人は、今さら何だよって感じですよね。

    歌っておりますのは私です。
    歌の途中で入り口のカーテンを開けたり閉めたりして、弊社の「防音シェルター」にどのくらい防音効果があるかを検証しております。
    音源はWiiUを使用して組み上げたカラオケセットです。WiiUカラオケめちゃくちゃいいですね。業務用カラオケマシンと遜色ないです。

    選曲は、WiiUカラオケのCMで西川貴教さんが歌っていた「女々しくて」

    なかなかに騒々しい歌で、防音効果の検証にはうってつけです。
    あ、歌唱力の検証とかは結構です。
    あと、西川貴教というより踊れない芋洗坂係長といった様相である、などの分析も結構です。間に合ってます。

    これからこういう形式で、YouTubeにオモシロ動画検証映像をアップしていきたいと思ってますので、お時間のあるときにでものぞいて頂けると幸いです。


    ちなみに次回は「ソフト音」で検証映像作る予定です。
    なるべく早くやるつもりです。


    かなり更新が滞ってしまい社内的にもひんしゅくの的となっている今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか・・・(滝汗)
    え?2年以上・・・マジですか?  m(__)m

    ところで、
    の2ちゃんねるの防音カーテンのスレッドですが、こんな書き込みがありました。


    -----------
    670 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2010/07/18(日) 16:44:38
    メーカーの者だけど、防音カーテンは効果ないよ。それも全く。。
    高デシベル(例えば飛行機の音)とかだと多少効果はあるけど。
    一番マシなのは裏地付き2倍ヒダのカーテンが一番効果あるよ。
    防音 遮音 吸音の定義が曖昧なカーテン業界にそんなだいそれた商品
    は作れないよ
    -----------

    っていつの話かという・・・m(__)m

    「俺、○○○だけど・・・」っていう書き込みは疑えっていうのは、2ちゃんねるではセオリーかと思いますが、まあこれがホントにメーカーの人によるものかどうかはおいといて。

    ホントにメーカーの人だったら、ずいぶん志の低いメーカーだなあと思います。

    このメーカーは防音というよりも音というものについて、真剣に考えたことがあるのだろうかと疑問に思います。(この人の書き込みだけをもってそのメーカーを断罪することはできないでしょうけど)

    繰り返しになりますが、弊社が防音カーテンを開発した当時、カーテンで防音するという発想は、少なくとも家庭用カーテンにはありませんでした。

    この着想を得てから、工業技術センターに様々な素材を持って1年以上毎日のように通って、当時誰も使っていなかった音響評価施設を使い倒しました。センターの担当者よりも音響透過測定の手法に詳しくなってしまったほどです。

    その経験から言わせてもらえば、繊維といえど素材の組み合わせと構造次第で同重量の材木や金属板より遮音性を持たせることは間違いなく可能です。(おおよその原理についてはHPのコラム「ソフト音に息づく匠のワザ」をご参照ください)

    そしてその蓄積したデータに基づいてベストの素材の組み合わせで実現した「遮音性」と、繊維ならでは手法で空気層を持たせることによって「吸音性」を兼ね備えたカーテンを開発することができたのです。

    このカーテンに遮音性と吸音性を両方とも備えているという意味で「防音カーテン」と名づけました。

    「防音カーテン」という言葉には強い思い入れがあります。

    しかし、普及版防音カーテンとして開発したセミソフト(いわゆる「コーズ」など)がOEM商品として通販や量販店ルートで売れ始めるにつれ、「防音カーテン」という呼称が一人歩きしはじめました。

    普通のカーテンの裏にコーティング加工をしただけで「防音カーテン」として販売するメーカーも現れました。
    中にはうちの透過損失グラフをそのままパッケージに使用するメーカーも出てきました。

    遮音性も吸音性も見た目には分かりません。
    だからグラフや謳い文句さえ付けておけばいいと思うのかもしれません。

    ですがそうした行為は、お客さんにはもちろん、カーテン業界にとっても決してプラスにはならないし、長い目で見て自分の首を絞める行為だと思います。

    先ほどの書き込みをした人に声を大にして言いたいです。
    その業界で仕事してるなら自分たちの仕事に誇りを持って欲しいです。
    デタラメな仕事をしてお客さんを騙し、市場を荒らしておいて自分たちの業界をくさすのは最低です。

    そんなことでしかあなたのプライドは保てないのか、と。

    弊社の商品もお客さんの環境によっては効かないと言われることもあります。
    なのでお客さんの言葉をよく聞いて、品質を改良すると共に、お客さんの環境に合わせた商品をおすすめするなり、場合によってはあまり効果が感じられないかもしれないことを伝えます。

    それがお客さんに対するメーカーとしての最低の礼儀だと思います。




    防音室関連で今、たくさんの引き合いをいただいてるものに「防音シェルター サイドクリアタイプ」があります。(商品ページはこちら
    発表当初から反響が大きく、音は防ぎたいけどあんまり周囲から隔絶されるのも困るんだよなあ、といったお客様の揺れる想いを感じております。


    ということで(どういうことで?)、今回はお客様の要望で「防音ペットルーム」のサイドクリアタイプを製作しました。
    それも両サイドがクリアというサイドクリアならぬ「ダブル・サイドクリア」!

    3
    (出荷前なのでクリア面に保護フィルムが付いています。見苦しくてすいません)









    サイドクリアシェルターはジュウシマツを飼われているお客様の要望で生まれた商品でしたが、今回のダブルサイドクリアペットルームの主は「うさぎ」さんとのこと。
    動物の中でも一、二を争う寂しがり屋のうさぎを、閉鎖空間に閉じ込めるのはなるほどかわいそうです。かといって音に敏感で臆病なうさぎから、できるだけ騒音を遠ざけたいというのも飼い主の愛情というもの。

    サイドクリアってうさぎにぴったりの商品かもしれません。

    4
    扉は両開きタイプにして開放性を確保。
    室内の清掃も楽です。

    2
    こうして側面から見ればダブルサイドクリアならではの開放感が実感できるかと思います。

    no title
    スイッチ、換気ファン、電源コード類は一面にまとめて付いています。


    動物の数だけそれに合わせた設計がある。
    防音室を作っているとつくづくそう思います。













    先日出荷したペットルームです。
    なるべく閉塞感を感じさせないように、ということで
    [廠きタイプのドア
    ▲汽ぅ疋リア
    という仕様でお作りいたしました。


    s-DCP_0263











    下はドアを開けてサイドのカバー布を上げたときの写真

    s-DCP_0270









    なかなかの開放感だと思います。
    構造上、換気扇・スイッチはドアの上に付けられています。


    今回このルームを使用するのは、年を重ねた室内犬だそうです。
    年のせいか夜鳴きが頻繁になってきているのだそうです。
    犬も年を取っていくといろいろとあるんですね。

    最近、こうした比較的高齢の犬の飼い主の方からの注文が増えてきました。
    ペットルームに入ってもらうことで、外の不要な騒音等の刺激をシャットアウト出来ます。
    しばらく使っているうちに犬自体が落ち着いてくるようです。

    空間をペットと共有しながらお互いが快適に暮らせるように、そして周囲と調和して生きていけるようにお手伝いが出来ることをとても嬉しく思います。


    私の好きな映画に「スミス、都へ行く」ってのがあります。
    白熱のカーチェイスもド派手な銃撃戦も情熱的なラブロマンスも一切ない、古きよき時代のアメリカ映画です。ちょっと泣けます。


    それとは全然関係ないんですが、今回出荷する防音シェルターは、なんと海外向けです。(詳しい渡航先はお客様の大事な情報なので申し上げることは出来ませんが)

    いいなあ・・・梱包の中にもぐりこんで一緒に海を渡ってしまいたい・・・

    そんな現実逃避はさておき、



    今回の商品は、工場用装置の防音フード的な使い方をされるということで、写真のように両サイドがのれん(というか御簾ですね)タイプに、そして側面の一部がクリア仕様となっています。

    s-DCP_0227

    s-DCP_0229







    (一方は下ろしてますが同じように上げることができます)

    防音の対象物はラインの上に設置される装置であるとのこと。
    シェルターもラインをまたぐ形で設置されるわけですね。

    s-DCP_0228

    天井から壁に斜めに付けられたすじかいは、装置の稼動上、邪魔であれば取り外せるようになっています。
    (パイプフレーム方式ならでは)
    もちろんすじかいなしでも充分な強度はあります。







    海の向こうでしっかりがんばってきてね。


    防音シェルターは、使用状況・用途に応じて、かなり自由度の高いカスタマイズが可能です。
    サイズ、形状ばかりでなく、例えば、防音パネルを倍厚にして防音性を強化するといった設計も可能です。(もちろんその分重くなりますが)

    お客様と相談しながら、製品を作り上げていくイメージですね。

    お見積もりも含め、お気軽にお問い合わせ下さい。







    うちの商品はお客様によって実にさまざまな使われ方をされているのですが、その中でも多用途No.1といえば

    「防音ついたて」

    待合室の遮蔽から、パーティションの代用、サーバーを囲って簡易サーバースペースの確保と、お客様のアイディアでいろいろとお使い頂いております。


    商品の設計は実にシンプル。
    (写真は最近発売のDXタイプ)


    s-DCP_0224
    フレームを組み立てて






    s-DCP_0220

    パネルを取り付けます。
    (スタンダードタイプは防音布を付けます)

    パネルの構造は「カーテンウォールDX」と同じです。
    (スタンダードタイプは「カーテンウォールW」と同じ)









    s-DCP_0222

    取付はシェルターでもおなじみのマジックテープ式。





    s-DCP_0219






    s-DCP_0213

    防音布でパーツ間と下側の隙間をふさいで完成!





    ご購入頂いたお客様方によれば、
    「移動が簡単でいろいろと使いまわし出来そうなところが良い」
    とのことだそうです。

    防音の効果は使用環境にもよりますが、「人の話し声が、何をしゃべっているかは分からなくなる」レベルといったところですね。
    (「ついたて」なので、天井や左右は開いてますので)


    ちょっとした防音スペースの確保にいかがでしょうか?

    お客様の使用用途に合わせて細かなカスタマイズに応じることが出来るのも、弊社の防音商品の特徴の一つです。

    ↓は先日出荷した防音シェルターS1010。

    s-DCP_0211
















    サイドクリア仕様の上、ドアが観音開きになっております。

    s-DCP_0210s-DCP_0209















    (色がおかしいのはカメラマンの腕の問題;)


    中でインコを飼われるそうです。


    通常はケージに入れておくので、なるべく開放感のあるようにとのことでした。
    s-DCP_0212






    ドアをきっちり締めることもできるように、ドア部には止め金具&下ろし錠も付いています。

    どうぞ健やかに。





    弊社商品をご購入の際には、使用目的をお知らせ下さると助かります。

    より用途にあった商品、設計をご提案できる場合があります!



    以前のエントリでも触れた2ちゃんねるの防音カーテンスレッド(http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/kagu/1101880337/
    結構のぞいてみたりしてるんですが面白いです。
    さて、最近の書き込みにこのブログで勝手にコメント付けてみようかと。


    ちなみに、せっかくのスレッドの雰囲気とか流れとかが壊れたりするといけないので、わたしは2チャンネルの当該スレッドにはなるべく書き込まないようにしています。
    ときどき無性にレス付けたくてウズウズする書き込みがあったりするんですが我慢してます。

    特に今はうちが使っているプロバイダ(YahooBB)が2ちゃんねるサーバーに永久(?)アクセス禁止状態にあるようなので書き込みたくても書き込めないんですけど;; 
    なんとかしてよSoftBank・・・

    そんなわが社の事情はさておき、気を取り直して最新の書き込みから第一回目スタート!





    496 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2009/06/05(金) 22:09:31
    スターライトHPの掲示板の返信やたら遅いよな
    すぐの利益に直結しないにしろ、迅速に対応してこそ客の信用信頼得られるもんだと思うんだが

    手軽に質問できる環境を用意してるのは好印象なんだけどねえ
    あんま放置されると買いたいと思って質問した奴も買いたくなくなるぞw

     






    すいませんでした。
    おっしゃるとおりです・・・orz

     

     

    ああ、とにかくコメントを付けないと;

    返事の文章考えるのにめちゃくちゃ時間かかっちゃってますね。
    いろんな方が見ているだろうから、あんまり過剰に期待させてしまうようなことを書いてもいけないし、とかいろいろ思ってるうちに・・・

    お聞きした以上は責任もってなるべく早く対応いたしますので  m(_ _)m
    どうもすいませんでした
    (ブログのタイトル、「スターライトのどうもすいませんでした」とかに変更しようかな)

     

    これからもこの企画続きます。
    というか続けます。
    お付き合いの程どうぞよろしく



    hc2















    大変ご無沙汰しておりました。
    忙しさにかまけてつい更新が滞ってしまいました。・・・ハハ (^^)ゞ
    ・・・滞ってたってレベルじゃねーぞ ;



    さて、ちょっと変わったサイズの防音室を製作しましたので写真を撮ってみました。

    s-_DCP_0169










    この防音室、サイズが100cm×100cm×100cmの立方体なんです。
    名づけて「防音キューブ」!!
    人一人が座ってちょうどというサイズ。
    今回出荷分は個人の方から、声を気にせず電話をかけたい!とのことでご注文頂きました。

    s-_DCP_0172

    入り口部は防音カーテン二重構造








    s-DCP_0175

    室内には余分な突起物が全くありませんので
    思ったよりは中は広い感じです・・・







    側面をサイドクリア仕様にして、ペット用のケージを入れるなど
    このサイズ、アイディア次第で他にもいろいろ使い道がありそうです。

    その他、いろいろなご要望にお応えしておりますので、気軽にお問い合わせ下さい。

    「『防音キューブ』について」という形でメール(
    star@softon.jp)でも電話(フリー0120-568-878)でもどうぞ!


    先日、防音シェルターの出荷の際に、組み立ての経過を写真に撮ってみました ^^
    今回の防音シェルターは「S909サイドクリア」タイプです。

    DCP_0164 
    骨組みを組み立てます(約10分)
    はめ込み式ですので簡単です。












    DCP_0161 

    入り口部を取り付けます(約5分)
    同じくはめ込み式です。










    s-DCP_0157

    サイドクリアパネルを取り付けます(約5分)
    やはりはめ込み式です。 ^^











    DCP_0155
    天井に防音パネルをのせた後、
    壁面に防音パネルをマジックテープで留めていきます
    (約30分)










    DCP_0154
    カーテンを付けます(約5分)












    s-DCP_0153
    かどの部分からの音漏れを防ぐ、コーナー防音布を
    取り付けます(約10分)













    出来上がりです!

    DCP_0148DCP_0149DCP_0151













    簡単そうでしょ?

    このお客様はボイストレーニングにお使いとのことですが、
    ●簡易サーバールーム(パネルは取り外しが容易なので背面部へのアクセスも楽)
    ●工場用電話ボックス(サイドクリアタイプにすれば外を見ながら話せるので安心)
    ・・・など、いろいろ使い道がありそうです。


    防音ついたて」を一度に6セットお買い上げのお客様が!

    DCP_0166










    ご発注されたのは、誰もが生活の中でお世話になっている会社の方。
    展示会のブースの仕切りに使われるそう。

    結構、「防音ついたて」って皆さんいろんな使い方を考えられて、ご注文いただくんですよね。
    最近では、サーバーを囲って防音対策とかって方もかなりおられます。

    s-bptn

    ←これが「防音ついたて」

    ある大手電気会社様のご担当者の方のお話を参考にして開発された商品です ^^





    他にも何かいい使い方ありそうだったら教えてくださいね!





    今年のイチオシ新商品第1弾「ペット防音シェルター」
    今までに蓄積した防音ノウハウ、ペット向け商品ノウハウをぎっしりと詰め込んだ逸品です。



    DCP_0128
    外観です。
    これだけでは商品のすごさは伝わってこないと思いますが、、、










    DCP_0131

    入り口部は、防音ペットルームでも好評の、防音のれん・格子戸・防音パネルの組み合わせ。

    自由度が高く、状況に合わせて開放度を変えられます。




    DCP_0129

    そして、これが一番のポイント「サイドクリア」!
    かかっている防音布をめくり上げると、サイドクリア面が現れます。

    飼い主も安心、ペットも安心








    DCP_0137

    組み立ては簡単!

    まず骨組みを組み立てます。




    DCP_0134

    全部はめ込み式です。
    どんどん組み立てます。





    DCP_0133

    骨組みが出来たら、ドア部パネルをはめ込んで、側面パネルをマジックテープで止めていくだけ。





    簡単!安心!の「ペット防音シェルター」、一度ご検討ください。





    安眠用途に特化した防音室「熟眠館」ですが、より手軽にお使い頂けるように開発した「熟眠館シェルタータイプ」をお客様のお話をお聞きしながら販売してみたところ、好評いただいております。



    DCP_0122
    写真はシングル上半身用です。











    DCP_0121

    上半身だけ入って寝ます。
    入り口は防音布をのれんのように付けており、入り口部からの音漏れも防ぐ構造となっています。








    DCP_0124
    このような骨組みを組み立て、その外側に防音パネル・防音布を取り付けていきます。

    組み立てが非常に簡単なのが特長です。








    騒音で不眠がちな方は一度お問い合わせください。














    先日、お客様のご要望でミント色のペットルームを作りました。
    (このお客様もだいぶお待たせしてしまいました・・・申し訳ありません。 m(_ _)m

    ペットルームは、今までベージュ、ブラウン系が多く、珍しかったこともあり写真を撮ってみました。


    DCP_0116
    カーテンでは人気色のミントですが、ペットルームでは珍しいです。
    (うまく色が表示されているでしょうか?PC画面での色の再現ってなかなか難しいですね)








    DCP_0117

    天井ハッチとドアを開けたところ。

    ドアの脱着式防音パネルや、防音のれんを組み合わせて、入り口を自由にアレンジできるようになっている点も、お客様に喜ばれているポイントです。







    ミントカラーでワンちゃんにも春を呼び込め〜!(^^)




    ここしばらく安眠用の防音室、「熟眠館」の出荷が続いています。

    DCP_0108

    写真は先日出荷された「熟眠館DX」(全身用シングル)です。





    熟眠館は、簡易・標準・DXの3グレードがあり、防音性能はDX>標準>簡易となっています。
    DXは標準タイプの防音構造をさらに重層化することによって高めています。
    また、サイズには上半身用・全身用シングル・全身用ダブルの3種類があります。


    DCP_0112


    室内の様子です。

    スポットライトを+3150円でお付けすることができます。





    部屋の中にカプセルホテルを作るイメージですね。

    騒音で眠れない夜を過ごしている方(ご自分のイビキ・歯ぎしりが気になる方にも好評です)は一度ご検討ください。


    なんとなく納豆が食べたくなるときありますよね・・・あ、ないですか

    今日はやたらめったら納豆が食べたくなったので、いっそ納豆づくしでいってやれと近くの納豆料理専門店の「葵」さんへ行きました。

    ここは自家製の納豆を文字通り納豆づくしで食べさせてくれる店です。
    作りかたが市販のものとは違うのか、とてもまろやかで大豆の甘みすら感じる納豆が食べられます^^

    まずは居酒屋ならとりあえず造りでも、と言うところですが、ここでは「海鮮納豆」をひとつ。
    DVC00028



    また食べ始めてから写真を撮ることに気づく。
    なぜ綺麗に盛り付けしてある状態で撮らないか!


    ここは酒も料理の材料も地元産のものを使うことにこだわっています。
    福井の納豆に福井の魚を合わせる・・・そしてお酒・・・




    ちょっとお腹にたまるものをと「海鮮納豆チヂミ」
    DVC00027






    これはゴマ油と酢を利かせた醤油ベースのタレに引き割り納豆が一杯入っています。
    引き割り納豆がチヂミにからんで一味も二味もふくらみます。
    納豆を調味料的に使うってのもアリですねえ・・・


    そしてお気に入りは
    DVC00026
    納豆かき揚げ!





    かき揚げの材料に納豆をからめて揚げてあります。
    衣ごしにも納豆がしっかりと自己主張。ここでも主役は納豆です!

    他にもいろいろと納豆料理を食べつくし、さあ納豆パスタを!と思ったら、もうお腹一杯になってしまったのでした・・・

    最近、福井では「地産地消」(地元のものを食べよう)という言葉が盛んに使われています。
    地元の農家が助かるという意味もあるのでしょうけど、以前話題にした魯山人の「四里四方外を食さず」ではないですが、やはり生まれ育った土地ところの食べ物が一番体に合うような気がします。

    ということで、次回は早めに納豆パスタを頼もうと固く心に誓ったのでした・・・


    新たな年を迎え、皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

    さて、昨年末からお客様をお待たせしている防音室シリーズの出荷準備に邁進しています。

    下の写真は先日出荷した熟眠館上半身用。
    熟眠館は就寝時の防音対策に特化した防音室です。
    簡易型・標準型・DX型の3タイプありますが今回出荷した写真のものは標準型です。
    DCP_0107修正

     

    ←「熟眠館標準型」(上半身用)

    腰から上の空間だけを防音します。
    防音のれんで入り口からの音漏れも防ぎます。
    (これの上に標準で付属の「防音カバー」 を取り付けて、さらに入り口の防音性をアップできます)

     高さは、中で正座ができるかな?くらいの設定になっています。

     


    騒音がひどくて寝られない、という御相談を頻繁にお受けしますが、隣や外との壁が薄かったりする場合には、なかなか充分な防音対策をすることが難しかったりします。

    ならば、いっそ防音室で静かなスペースを確保するというのも有効な手段。
    スターライトの防音室は、種類やタイプが豊富で、用途・求められる防音性能によって選びやすいのでは、と思っています。

    さて、福井は寒さも冬本番、いよいよ本格的に雪が降ってまいりました^^;
    DVC00025
    早くスノータイヤに変えねば・・・
    でも変えたら止むんだよなあ・・・
    でも変えないと降りつづけるんだよなあ・・・


    皆様もくれぐれもお足元にはご注意ください。








    最後に大変遅くなりましたが
    謹んで新年のお慶び申し上げます。

    本年もご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

    このページのトップヘ