2005年03月18日

尾崎豊 / 卒業

85年「卒業」(シングル)収録。
昨日の斉藤由貴と同年のヒット曲。ちなみに菊池桃子の「卒業」も同じ年というのがちょっと興味を引きます。
今でも若者の教祖として、卒業の定番として、絶大な人気を誇ってます。


卒業

83年のデビュー以来92年の急逝にいたるまで、常に若者の代表として最前線を走り続けてました。
若者の代表ということで、ファンからは熱烈な支持を受けてます。信者というぐらい妄信的な人も多いですね。
今のトップミュージシャンでも、尾崎豊のファンを公言する人がいくらもいます。
先年発売されたトリビュートには宇多田ヒカルをはじめ、数多くのミュージシャンが賛同してました。
私自身は「尾崎の曲は好き」ですが、ファンにちょっと熱い人が多くて「一歩引いてつき合いたい」と思ってます。音楽は「しょせん」音楽ですから、趣味を押し付けるのはやめましょう。

いつの時代も若者の目から見ると既存の勢力というのは古くさく感じるもので、その代表として学校があげられているわけです。
別にホントに「卒業」を歌いたかったわけじゃないんでしょう。
一番最後「この支配からの 卒業」に現れてると思います。
学校が無くなったからって、支配がなくなるわけじゃなく、姿形を変えて、むしろ一層の力で支配されることも多いわけで。
それを感じ取ったからこそ、「先が見えてるうちは戦え」と訴えてるような気がします。

既存勢力との対決という意味では、今のLivedoorとフジテレビの泥仕合はどうなるのでしょうか。一応このサイトはLivedoorをお借りしてやってるので、ちょいと気にしてます。まぁ、私らの手じゃ届かないところでの争いですけどね。

starofkamuy at 06:21│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Man) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM