2005年03月27日

井上陽水 / 桜三月散歩道

73年「氷の世界」
桜、三月、となればこの曲しかないでしょう。
日本のレコード史上初のミリオンセラーアルバムです。ユーミンに抜かれるまで、15年間も売上枚数の記録でした。


氷の世界

この曲はもう陽水らしいというか、わけわからんぶっ飛んだ内容です。
「だって人が狂い始めるのは だって狂った桜が散るのは三月」
焦燥感たっぷりです。なぜか意味知らず、焦らされます。タイトル曲の「氷の世界」もそうでしたが、合理性なんか無視したような、むちゃくちゃな詩です。
この狂気性はPink Floydやクリムゾンなんかを聴いた時にも感じました。
この曲では間奏部分で、「夏の日の夕方、学校から帰ると僕らは...」という長いセリフが入ってます。三月の曲に「夏の日の夕方」ですよ。
どこまで考えて作ったんでしょうか。この人のことだから、狙ってるような気もします。なにしろビートルズを聴いて「これなら僕にもできる」と思ったっていうんだから、ある意味天才でしょう。
ま、梶井基次郎じゃないけど、桜を見ると狂気性が疼くのも、なんとなくわかるような気もします。私も花見では潰れるまで呑むタイプですんで。

starofkamuy at 10:21│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Man) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM