2005年03月29日

Eighth Wonder / I'm Not Scared

88年「Fearless」収録。
「桜」咲かないですねぇ。開花予想で「そろそろかな」と見切り発車したんですが。
だからというわけではありませんが、ダンス系を一曲挟みます。
というのもユーロビートをやれ、というリクエストを頂きまして...。ま、私の友人ですが。
確かに言われてみるとダンス系ってやってないんですよねぇ。別にユーロビートが嫌いなわけじゃないんですが、どうしてもギターサウンドメインの人間ですんで。


クロス・マイ・ハート

今日は「私の中のダンス系」ということで、エイス・ワンダーを取り上げてみます。
イギリスのアイドルポップグループ。ユーロビートと言い切れるほどではありませんけど。
メインボーカルのパッツィ・ケンジットは子役としてエリザベス・テイラーの作品などでスクリーン活動してました。またモデルとしても活躍。そんな彼女がバンドのギタリストでありリーダー的存在である兄に「入れてくれ」としつこく迫って加入。当時16歳?...うろ覚えでスイマセン。

デビュー曲は86年の「Stay With Me」。本国イギリスではヒットしなかったようですが、ロリコン大国の日本ではパッツィ人気で火がつきます。日本人は弱いですからねぇ。金髪美少女舌ったらずな声に...ハイ、私もです。
デビュー3年目に1stアルバムである「Fearless(邦題クロス・マイ・ハート)」がリリースされます。
「Cross My Heart」「When The Phone Stops Ringing(浮気なテディ・ボーイ)」「Will You Remember」等々、とにかくキャッチーな名曲だらけ。ある意味名盤ですね。
ちなみに「Cross My Heart」は88年にMartikaがカバーしてます。
公式にはこのアルバム一枚しかリリースされてませんが、他にミニアルバムが一枚、日本向けにリミックスアルバムが一枚出てます。

この「I'm Not Scared(モンマルトルの森)」はPet Shop Boysが曲提供・プロデュースと関わっていただけに、音が非常に湿ってます。基本的に当時のPet Shop サウンドです。声だけフレンチロリータにしたらこうなるだろうなぁ。
パッツィの歌は決して上手くはないんですが、アイドルですから。っていうかパッツィですから許しちゃいます。
サンプリングで聞かれるパッツィのバックの声がキュートでお気に入りです。
途中フランス語で囁くとこなんかまさに「萌え〜!!」...取り乱してしまいましたm(_ _)m
曲の完成度はさすがPet Shop。オケの湿った感じとサンプリングの浮遊感とパッツィのウィスパーボイスと。非常に合ってます。

パッツィはこの後モデルなどで活躍し、92年にシンプル・マインドのジム・カーと結婚、そして離婚。さらには97年にオアシスのリアムと結婚してます。
あんなに可愛かった彼女も、もうおばさんなんですよねぇ...しかたないけど。
なんかエイス・ワンダーというよりパッツィばかりだ。仕方ないですねぇ。他のバンドメンバーなんて眼中にありませんでしたから。

今日は天気が良さそうなので、咲くかもしれませんね。
明日はまた「桜」に戻ります。

starofkamuy at 06:14│Comments(0)TrackBack(0)clip!Pop 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM